仮想バスプロワールド  Clio  Bass  Club 2004年 Private Fishing
1/13

マルミ
フィッシング
エリア


ケン鈴木プロが面白いというので行ってきました、茨城のマルミフィッシング
エリア。一キロ以下の魚はいないとの触れ込みの管理釣り場ですが、
いゃ〜すごかったです。釣れてくるのは、一キロどころかすべて
2キロ〜3キロのマスばかり、最低でも50cmは軽くオーバー、
大きい物は60cmくらいありました。その他、掛かった瞬間にラインを10m以上
引き出し、空いているにもかかわらず、3人にお祭りラインをぶっちぎっていく
物が数匹、フックを折っていく魚、あわせ切れ、などなどが多数あり、
取ったのは3人で11匹でしたが、バラシは20匹以上ありました。
なかには70cmくらいのも入っているようです。バスは50cm、60cmなんてなかなか釣れないが、
管理釣り場とはいえ、大物ばかりでけっこう楽しめました。
3匹しかキープできないけど、大物揃いだし、3枚におろして、真空パックしてくれるので、
臭くないし、近所にあげても大喜びです。ルアーがマスに持っていかれて、けっこうなくなるけど、
楽しいよ。またバスのシーズンインの前にもう一度行くつもりです。
3/1深夜

3/8深夜

4/12深夜


磯子周辺

三崎漁港周辺


ルアーは、1/32オンスジグヘッドに、エコギアのストローテール2インチ
パールホワイト。フォール中2ヒットしました。すごいでしょう!(本人談)・
3月1日深夜、横浜では昼間雪が降って、とっても寒い一日でした。
先週、東山湖でイトウにラインを切られてどうにも気持ちが収まらない、
ゲーター唐牛プロは仕事帰りにそのまま、横浜の突堤に直行、メバルをゲット!!
ちっちゃくて良く判りませんが、20cm足らずのメバルが確かにぶらさがってます。
これじゃ余計フラストレーション溜まっちゃうんじゃないの…? (^O^)  以上 3/1深夜
:トラウトのゲーター唐牛プロより、メバルのプロにに昇格した、
ロックフィッシャー唐牛プロが、またまた行ってきましたメバル釣り、
磯子周辺でねばりにねばり、合計3匹をゲットしました。
バス持ちがなんともさびしい写真です。横浜〜三浦半島あたりはけっこう
メバルが釣れるポイントが多いらしいですので、もっとメバルの、てんこ盛りが
見たいものです。早く10匹持ちを見せてちょ〜だい。  以上 3/8深夜
ちなみに同行したケン鈴木プロ、ジャーク中谷プロは???ボ〇ズだったそうです。
今日の釣果は、メバル1匹とウミタナゴ2匹の寂しい結果となりました。
もちろんウミタナゴはルアーで釣ったんです。トラウトチャンプの鈴木プロはサビキで
ウミタナゴと戯れていました。サビキチャンプです。寒いのでかえります。  以上 4/12深夜
:
ちっちゃいメバルです。

今日は全部で3匹!!
ロックフィッシャー唐牛プロ

メバルとウミタナゴ!!
4/14

チャプター
河口湖
第1戦


ヒューマンチャプターが今年から土曜日開催になってしまい、平日休みの私は出場できなく
なってしまって、今年から水曜日の河口湖チャプターに出場してきました。
放流をまったく無視し、朝一でハワイ前に入り、2.5〜3.0mラインのサンドバー上のウィードを
狙ってダウンショットをキャスト、ワームは今回はエコではないので、
やっぱり信頼のゲーリーをチョイス。せこいが3インチのグラブをチョンがけにする。
キャストして数投目、明確なアタリがあり、あわせるとずしりとした手ごたえ、
ドラッグがジージーと出て行く。この引きなら確実に40cmはあるなと思っていたら、
10mほど先で水面にグォボォーとバスが出てきてジャンプする。
遠目にもそのこぶしが入りそうな大きな口を見てかなりの大物がヒットしたのが判る。
思っていたより大きかったのでビックリして大慌て、余計慎重にやり取りをする。
しかし一度ジャンプしてからはなかなかボートに寄ってこず、何度かドラッグを出される。、
しばらくのファイトの後、今回初仕事のNBCのランディングネットに無事にランディング。
何とジャスト50cmで2135gのトーナメント自己記録のバスだった。今回は朝早く、
このバスを獲ったので、あとキーパーを何匹か獲ればお立ち台と思ってましたが、
格好良く釣ろうと思い釣りがダイナミックになってしまい、ハードルアーばかり投げてしまった。
結局40クラスをスピナベでバラシ、もう一本のキーパーもバラシで結局、この一本だけの
ウェイインとなった。この一本で今日の運を使ってしまったのかバラシがなければ、
確実に3500gを超えていたので、残念だった。でも釣りってこんなもんだよね…。
でもたぶんポイントは取れたかな…。    後日、結果22位でポイントも取れず。 {{ (>_<) }}

50cm・2135gのバス

ロイヤルワンドは桜が満開

一匹で寂しそう…。
5/3

河口湖





連休さなかの5月3日、行ってきました河口湖。今回も兄と下の子供といっしょにレンジャーで
爆走してくるつもりで行ったのですが…。朝、ロイヤルワンドがすでに満杯になっており、
すこし空いている沖の台地から始める事にする。第一投目で私と息子に500gくらいのバスが
Wヒット。これは今日は爆釣かと思いきや、その後はポツポツで兄親子が来た9時までに6匹。
兄親子と合流後は少し風が出てきて、ボートがステイできないので、風のないロイヤルワンドを
攻めるがこれが最近放流した20cmくらいのコバッチが多く閉口する。なるべく水深のある沖へ
キャストを繰り返していると、兄の子供のロッドが突然引き込まれた。ぐいぐいとした引きで、
バスではないようだが近くまで寄るとラインを引き出しなかなか寄ってこない。
ラインも3ポンドだし無理はできないが、すでに15分くらい経っただろうか、何度目かの突っ込み
の後、姿をみせたのはなんと66cmもある立派な鯉だった。もちろんスレではなく、ゲーリーの
3インチセンコーをばっちりと喰っていた。いやはやこんな鯉がいるんですね…。

これが66cmの鯉です。

下の息子もしっかりいいサイズ
5/26

チャプター
河口湖
第2戦 


Clio Bass Clubの第2戦の河口湖戦の翌日、チャプター河口湖に出場してまいりました。
しなくていいのにまた前日、火曜日に放流があったみたいで、大半の選手はグラブと
ロイヤルに終結するのが判っていたので、私はどうしても船団の中に入りたくなく、
また前日のトーナメントからも、沖の台地で簡単に500gX5匹が揃うと思っていたので、
まずはここでリミットメイクしてアフターのネイティブを狙って白洲かハワイへと作戦をたてました。
結果1時間もかからずリミットは揃いましたが、なんと500gはまったく釣れず、
300gX4匹と400gの1600gで終わってしまいました。
その後は予定どおり、白洲やハワイにも行きましたが、白洲はまったくダメでハワイは
ヘラブナ攻撃で撃沈しました。白洲はタイミングがあったみたいで何度も入りなおしていた人も
多かったみたいです。上位の人は500〜600でベースを作って、700〜1000gを捕って
入賞の人が多かったです。それと昨日は抜き打ちでタックルチェックやライブウェル、
ストレージチェックがあって、失格者続出でした。具体的にはどういう失格かというと
保険の未加入や信号紅炎の期限切れなんかで失格になっている方が多かったですが、
失格者のなかには一人、えさを隠し持っている人がいて、もちろんNBC追放になっていました。
6/16

チャプター
河口湖
第3戦 


本日河口湖チャプターに行ってきました。今回はエコ戦なので一般のワーム使用禁止、
いつもは使ったことのないエコワームを使うのだか、当日、この日の為に購入した
エコワームの封を切っている私には河口湖のバスは良い反応をしてくれず、
水分が出るわ、干からびて硬くなるわ、昨年使用した時の保管が悪く、
餅のようになってしまっているわ、なんとも扱いづらいエコワームに大苦戦!!
結局、エコワームではノンキーが数匹釣れただけでエコワームを諦める。
自分が得意なハードベイトで勝負することにした。ロイヤルや沖の台地では、
エコワーム組が船団を作っていて、なんぼなんでもその中に入っていって、
でかいプラグを投げるずうずうしさはなく、結局ハワイに移動したが時すでに遅しで、
結果的にはバイブとミノーで2本きりのウェイインとなった。もっと早くエコワームを
あきらめてハードベイトを投げていれば、リミット揃ったような気がします。
またまた玉砕してしまいました。{{ (>_<) }}  少しトッププロにきもを聞いて
きました。i-Modeのバスフィッシングインフォメーションの財津プロ(EKC4)などは
エコワームの成分にあわせて天日に干したり、使うまで水に漬けておいたり、
いろいろエコワームを使う上で気を使っているらしい。今回はカナダ藻のパッチに
岩がからんでいるところに過去放流のバスが溜まっているところがあったようで、
エデュームクロステールシャッドを入れて、放っておくとひったくっていったらしい。
入れ喰ってました。優勝した鹿島プロ(EKA1・EKB1)などはエコのジグヘッドの
ワームキーパーを削って、フックを曲げて、湖底で立つようにチューニングして
使っているらしい。スタンダップジグのようにね…。やっぱりプロは違うね。
7/5深夜
三崎港
今は一番アオリイカにはいい時期だとのことで、またまた仕事帰りに行ってきました三崎港。
ケン鈴木プロは山中湖でのていたらくぶりを払拭したか、久ぶりに釣れましたアオリイカ。
エギはエキ゛王光宮3,5ピンク ボトムにてヒット 雨が降ってきたので1匹にて終了でした。
7/14

チャプター
河口湖
第4戦 


本日も行って来ました。チャプター河口湖。今回も苦手なエコ戦なので気が重かったのだが、
やっぱりやってしまいました。今回はロッドを8本持っていったのだが、内訳はベイトが5本、
スピニングが3本で、スピニングもワームを結んだのはエアリアルHPにダウンショットを1本
だけであとの7本は全てプラグをリグってしまった。朝一でハワイに入り、シャローをミノー、
トップ、2mくらいをシャッド&クランク、3mくらいより深いところをバイブレーションなどで、
丁寧に探るがまったく反応なし、10時くらいまでノーフィッシュだった。ハワイを諦め、
ロイヤルに入り、やりたくないエコワームをキャスト、釣れることは釣れるのだが、
ノンキーまみれ、これだけ釣れるならと思い、スピンムーブを投げるとバスが結構追ってくる。
そのうちにやっとキーパーが一本ヒット、浅いところにM1ミノーを投げると500gくらいのがヒット、
その後もスピンムーブでポツポツとヒットするが全てノンキーで、結局2匹でウェィイン。
順位はたぶん下から数えた方がだいぶ早いと思います。私はエコワームきらいです。
次回は最終戦でエコ戦ではないので、ゲーリーワームを使ってやる…。 (^-^)/ 
8/18

東山湖


本日、東山湖に星スズキを釣りに行ってまいりました。
当日は静岡は嵐のような天気で、ものすごい雨で箱根全山は
通行止め、風も凄くとても釣りをするような状況ではなかったが、
こんな日はほとんどお客さんがいないので、いい場所を確保して
すかさずブザービーターをディアブロに着けてキャストし始める。
しかし桟橋ではアタリがなく、場所を変え、入り口近くの水が
オーバーフローしているところを攻めると根掛かりのような
アタリがあり、ドラッグを締めたにもかかわらずラインがジーと出ていってしまった。
これはすぐにバレてしまったが、あの引き味は確かに星スズキなんだろう凄い引きでした。
気を取り直しキャストを繰り返すと、しばらくするともう一度ヒットし、今度こそはとファイトを
始めるがまたまたラインを引き出されてアウト。、なにやっているんだろう…。 {{ (>_<) }}
気を取り直し桟橋に戻ってシンバルバイブをキャストし始めると、なんと
今度は60cmオーバーがヒット。しかしまたランディング寸前でバラシ。
バラシ3連発でかなり凹んでしまった。その後プレデターに変えてやっと
なんとか小さめの54cmがヒットしこれは無事ランディング、(^O^)
その後は再びシンバルバイブでやっとまあまあサイズの63cmがヒット、
今回ロッドはデスの剛竿ディアブロなので力勝負で無事ランディング、
2.4kgあるまるまる太った星スズキだった。  当日のヒットルアーは
CCプレデターのウッドベイトの塗装をパクった鮎カラー
(右手で持っている星スズキ・54.ocm・1.3kg)と                       どうよ (^O^)
シンバルバイブシルバー(左手で持っている星スズキ・63.0cm・2.4kg)でした。
9/6深夜

磯子周辺
いつも仕事帰りにメバルと戯れに行くつもりが、メバルにもて遊ばれてしまう、
ロックフィッシャー3人組、いつもボウズばかりのバイハ゜ー中谷プロはやっと釣れました(^O^)
場所は・・磯子日清製油の横。   状況・・波は穏やかでした。
タックル・・ロッドはもちろんDAY'S、リールはアルテグラ1000を新調、ラインはリバージュのフロロ
黄色。ルアーがハードルアーでちっちゃいミノー、ロックフィッシュ用のゴーストカラー
釣り方は、タダ巻いてきたら釣れました(^O^) 1匹目がメバルで11時ごろヒット!
2匹目はシーバスというと聞こえがいいが、立派なセイゴです。時間は午前1時ぐらいにヒットです。
念願のメバルやりました。(^O^)とは本人談。なおブルーダ唐牛プロとケン鈴木プロは凹凹でした。
9/8

チャプター
河口湖
第5戦


チャプター河口湖の最終戦に行ってまいりました。一週間前のペア戦の台風16号と同様、
今回も台風18号がほぼ同様のコースを通り、風、雨凄い中、本当にチャプターやるのかなと
思いながら行ってまいりました。でも河口湖は偉大でした、風こそかなり強く残っていたものの、
時間を多少遅らせて午前8時くらいにスタート、ただでさえエリアのせまい河口湖チャプターだが、
10時までは大橋の橋内のみということで、さらにエリアが狭く、どうしても船団になってしまうのは
避けられない状態でした。この日は前日にロイヤルに放流が入ったとの情報があり、
ロイヤルはボートがぶつかるんじゃないかと思うくらいの大船団でした。
私は船団のはじっこに入るが、もちろん釣れる訳もなくそうそうに退散する。
仕方がないのでロイヤルはあきらめ、、比較的空いているグラブワンドの外で釣りをする。
しかし、放流はなかったはずのグラブワンドでしたが、どうも放流があったようで、
釣れて来るのは24cm〜30cmどまりだが、きれいな傷のないバスばかり、
ダウンショット、ノーシンカーでもポツポツと釣れるが、どうもこの日は中層にバスが浮いていて
ジグヘッドのただ引きで手返しよく、キーパーを揃えるのが正解だったようです。
数では20〜30匹釣っただろうか、mm単位、グラム単位の入れ替えをしてなんとか
5匹揃えましたが、そこでタイムアップでした。この日は5本揃っていない方も多く、
けっこうロイヤルをメインでやっていた方たちは苦労した様子でした。
上位の方はワカサギに付くネイティブを魚探で見つけてシューティングで狙って取った方が
お立ち台に上がっていました。やっぱりネイティブ取らないとだめですね…。
10/12

野池3連発

震生湖

タックルベリー


ブルーダ唐牛プロが秦野のタックルベリーに行きたいというので、じゃあついで
に平塚〜大磯あたりの野池でバスを釣りながら、秦野に行こうということになり、
行ってきました野池3連発。まずは湘南平近くの池をめざし地図とナビを頼りに
行くが迷ってしまい、結局シャッド西田プロに電話で聞きながらなんとか着くが
着いてびっくり、水がど茶濁りでおまけにへらぶな釣りのおっさんの車が6〜7台、なんと10人以上がへらぶな釣りをしていて、ここはそうそうに退散。
帰り際に小さな野池を見つけそこで釣りをすることにする。
子供の頃のようにフェンスを超え、ヤブこぎをし泥々になりながら釣りをしたが、
結局はギルのアタリのみに終わってしまった。その後は大磯の東池…??? 
というハスがいっぱい生えている池で釣りをする。1人バスをやっている方が
いたので状況を聞くとアタリはあるが釣れてはいないようだ。
でも過去に50cmクラスを釣ったことがあると言う。なんだか少しは期待できそう
だが結局はアタリもなく、本日唯一の獲物のアメリカザリガニをGetしただけ
でした。たぶんタバスコ漬けのゲーリーワームが良かったの
だろうか…。ザリガニは入れ食いでした。その後は秦野の
震生湖に行って、いかにも釣れそうでしたがしたがあえなく
玉砕。 {{ (>_<) }} その後タックルベリーでカディーフとハンティングシャフトボロン
とプレミアムプラスを4巻買って散財してきました。タックルはデストロイヤー
エボルジォン、ディアブロF5 1/2 68Xti、アンバサダーモラムSX1600Cに
マシンガンキャスト16LB、5インチスーパーグラブのタバスコチューンという
超大げさなタックルでした。あ〜ぁデスが泣く…。 {{ (>_<) }}
10/17深夜

相模川
神川橋


この70UPのシーバスちゃんは神川橋下流のテトラで茅ヶ崎側から
釣り上げました。人生最大記録(笑)です。ちなみにサイズは74cm
です。増水のためかなり流れがきつく初めは、しっかり泳ぐメガバス
X80や、悟空をキャストしていたんですが、反応ないのでヤケクソで、
タックルベリーで売ってたパチ物ルアーをフルキャストしてたら
釣れちゃいました。どうも流れの緩い岸よりのたるみの中に潜んで
いたらしく目の前でいきなりボコ!!と捕食音が闇夜を割いて聞こえ、
ドラグがうなり足ガクガクの心臓バクバク (^O^)。やっと上がってきたのが人生最大魚となる、
このシーバスちゃんでした。  ちょっと大袈裟です。ハイ (^O^)
ちなみに、この日は86cmのシーバスちゃんも上がってましたよ!
皆さんお暇な時にいかがですか?今度の台風の後なんて期待できそうですよ!
W3 トッププラッガー ザラ田島プロでした。
10/18深夜

三崎港
岸壁
いつもの防波堤へいって見ると月曜の夜とは思えないほどの釣り人の数、
海面を覗いて見るとなんといたるところでボイルが発生していてかなり
ワクワクな状況早速得意のサビキを用意し釣り開始。
一投目より大きなあたり上がってきたのは25センチ位の鯖。
その後も鯖の入れ食い状態が続きちょっと飽きてきたのでルアーを持ち出し
ねらって見ると!小型のミノーでもジグ、スプーンでも3、4投に一匹という
まさに釣り堀状態!大満足な釣行でした。(原文のまま)  どうでもいい鯖の
 爆釣の模様を今度は写真まで添付して送ってきたのはサビキチャンプのケン鈴木プロです。
11/28


エコリーダ
試験

&

ついでの
陸っぱり


河口湖
秋晴れの11月28日、晩秋の河口湖にエコリーダ試験を受けに行ってまいりました。
当日は、なんと10000万人以上参加した、河口湖マラソンがあり、周辺は渋滞&交通規制で、
なんでこんな日に試験やるんだろうと思うくらい河口湖は大賑わいでした。まーったく!!
試験は人類にとって自然環境とは何か…から始まって、環境保護の歴史、現状、問題、
管轄する役所、リサイクル、資源〜エネルギー、プラスティック製品の今後までを出題され、
かな〜り、難しい試験でした。私はそれでも一通り読んだのでなんとか大丈夫かな…。 (^^;ゞ
試験は午後からだったので、せっかく河口湖行くのだからと思い、朝早く行って少し陸っぱりを
することにしました。多分クラシックの1週間くらい前の放流後には放流が入っていないのでしょう、
ロイヤルワンドでもほとんどアタリらしいアタリもなく、簡単に何匹も釣れると思っていた我々の
考えは甘い事を知らされる。だんだんハードベイトからワームへ、
ワームも知らず知らずサイズがだんだん小さくなってくる。(^^;ゞ
開始して一時間くらい経っただろうか…。やっとシャッド西田プロが、
ガルプのジグヘッドで300gくらいの小バスをヒィ〜ット!!しかしその後が
続かず、西川の溶岩帯へ、ここには見えバスが数匹いたので、
こいつらを狙う。しつこく狙って3匹ほどサイトで300gくらいの小バスを
取る。水路でも追加して、午前の部はタイムアップ。うどんの不動で
腹ごしらえをして試験に臨んだ。けっこう美味くてなかなかお勧めです。試験は3時30分に
終わってしまったので、一時間ほど、さかなやワンドで最後のあがきをすることにする。ここでは
 ウィードがかなりあったので、軽めのシンカーのダウンショットで、
 リーダーを長く取り、ウィードの上っ面をなぞる
 ように引いてくる。すると絵に描いたように
 アタリがあり今日最大の450gくらいのバスが
 ヒィ〜ット!!さらにその後もこの方法でもう一匹
 追加し、シャッド西田プロも同様に追加して、
 この日はジ・エンド。試験の合間にちょっと
楽しむつもりで久々の陸っぱりでしたが、思いのほか苦戦してしまい。
最後は2インチグラブまで登場してしまいました。放流ないと厳しい湖になってしまう河口湖でした。
トップページへ戻る
PrivateFishing2001〜2003へ
Private Fishing 2005へ