2012/01/06




瀬の海のアジ釣り




茅ヶ崎港



沖右ヱ門丸




Griffonpapa


1月6日、今年の初釣りということでアジ釣りに行ってまいりました。本当はタチウオとアジのリレー船に乗る予定でしたが、今日は三浦半島南部から東京湾方面の船は出初式とかですべて休み…。ならばと¥1500引きの年賀状に釣られて茅ヶ崎の沖右ヱ門丸に決定。朝6時に受け付けをすると右舷ミヨシが空いていたの速攻でここを確保。(まぁどこでもいいんだけどね…。) 第2沖右ヱ門丸は右舷は6名、左舷3名のアンバランスな合計9名の釣り人を乗せて定刻7時少し前に出港となりました。相変わらずエンジン音も静かで快適な第2沖右ヱ門丸は30分ほど西へ走り、7時20分大磯プリンスホテルの沖、水深100mで第1投となりました。1投目から25cm〜30cmくらいのアジが一荷、一匹、一荷、一荷と釣れ、あっと言う間にツ抜けをしたが、その後は急に食いが渋くなり、サイズも20cmそこそこのサイズも混じるようになってしまって1匹づつの拾い釣り…。群れが薄いのかコマセを撒いてもすぐにアジが寄ってこない感じがしたので、最初は軽〜くコマセを撒いてなんとなく寄せて、1分待ってさらに勝負のコマセ撒きでちょっと強く撒くとほとんどこの2回目でアタリ、他の方が空振りが多いのを尻目に1匹づつだがポツポツと釣れ続け沖上がり1時間前で36匹、残り1時間で船は大きく移動してさらに二宮沖の根回りへ…。ここではアタリは頻繁にあるものの掛からなかったり、掛かっても船べりでポロポロと落ちてしまうアジも多かったりでしたが、釣れてくるサイズは全て30cm〜35cmくらいで移動は大正解!! ポツポツと7匹を追釣して最終的には43匹でした。夕飯はデカめ6匹をタタキやナメロウなどにして久しぶりにアジを堪能…。でかアジで干物も9匹作りましたのでこれを食べるのも楽しみです。
2012/01/18



真鶴沖


アカムツ釣り



真鶴港・富丸



Griffonpapa

&

ゴヨーさん

&

BONさん
1月18日、ゴヨーさんとBONさんと3名で真鶴港・富丸よりアカムツを狙ってきました。本来は福浦港の恵一丸から出船するつもりでしたが、この船宿は我々には縁がないみたいで、昨年12月に引き続き予約受付中になっているのに係らず予約を入れると臨時休業になってしまう。(出会い系サイトみたい…)で富丸で2回目のアカムツチャレンジとなりました。朝船長に挨拶を済ますと今日は我々だけで3名との事、左舷ミヨシに私、トモにBONさん、右舷ミヨシにゴヨーさんと陣取り、定刻10分前の6時20分には真鶴港を出港、ゆっくりと走って岩港の沖あたり水深160mで第1投となりました。本日のタックルは私はデープゾーン73にレオブリッツ750MT、オモリ150号のテンビン吹き流しの3本ハリ、ゴヨーさんはリアルにビーストマスターで3本ハリ、BONさんはワンピースにフォースマスターで2本ハリという軽いタックルで開始。開始早々、ゴヨーさんはシロムツとサバ。私やBONさんははユメカサゴなどがポツポツ上がりだすが、サバが多くなかなか仕掛けが落ちない…。運良くサバをかわして底まで着くといろいろな魚が掛かるが、巻き上げの時もサバが掛かって大暴れ…、けっこう魚が落ちてしまうようだ…。結局、11時20分の沖上がりまでサバと格闘し続けてアカムツは船中0匹、私は大・小のドンコ2匹、小キンメ3匹、ユメカサゴ数匹、カタボシアカメバル1匹、シロムツ1匹、とサバ20数匹と35Lのクーラーの大半はサバで埋まりました。ゴヨーさん共々私はアカムツは結局2連続ボウズ…。なんだかサバの仕立て船みたいでした。やれやれアカムツはいつになったら食べられることやら…。来月はフグ行こうっ〜と。
2012/02/02



初めてのフグ釣り


鴨居・大室港
一郎丸

湘南釣り倶楽部

Griffonpapa
&
クラシコさん
&
ゴヨーさん
&
玉さん
&
MIKKAさん
&
たとるさん
&
TAKAさん
2月2日、湘南で釣りがしたい倶楽部のメンバーのクラシコさん、ゴヨーさん、玉さん、MIKKAさん、たとるさん、TAKAさんと7名で鴨居・一郎丸より初めてのフグ釣りに行ってきました。当日の天気予報は晴れ時々曇り、しかし最高気温は4℃の恐ろしく寒いですよ…の予報。朝早めと思って6時20分に船宿到着すると、すでにTAKAさん以外は皆さん揃っていて、クラシコ師匠のカットウ作り教室が始まっていた。今日乗る予定だったふぐ船の第28一郎丸は人数が多くなった為に、急遽我々グループだけで船を出してくれことになり、隣の第8一郎丸に荷物を積み替えて、定刻7時20分に鴨居・大室港を出港となりました。港を出て5分程走ったと思ったら、はいど〜ぞの戦闘開始の合図…。ゴヨーさんが仕入れてくれた旨そうなアルゼンチンエビの4Lサイズを付けて早速仕掛けを投入する。私のこの日のタックルはシマノのライトゲームCL4・アレグロ・タイプ91/185SSという竿にリールはバイオクラフト、PE1号、10号の自作のカットウ仕掛けに食わせ仕掛け3本針でスタート。昨日の風の影響がまだ残り波が高く、長潮なのにけっこう潮が速くてラインがかなり横に走って釣りにくい…。おまけに雪まで降ってきて超寒いが、こんな状況の中でしたが、MIKKAさん、クラシコさん、玉さん、ゴヨーさん、たとるさんと次々にコモンフグがヒットし始める。しかし私にはいっこうにアタリもなくヒットしない。30分くらい悪戦苦闘しながらもなんとかファーストヒットは20cmくらいのチビなコモンフグをGet。その間もMIKKAさんと玉さんがコンスタントに数を伸ばしているようで少々焦る…。私はあまりアタリがないので動かし過ぎかと思いステイする時間を少し長く15秒くらい取って、ゼロテンションというより、弛ませ釣りみたいにラインをフワフワと誘ってみるとアタリが出始め、8時30分を回った頃くらいからはポツポツと釣れるようになり、MIKKAさん、玉さんとツ抜けレースを制して一番乗りでツ抜け。11時くらいまではこの誘い方が良かったようで午前中に30cmオーバーのアカメを含んで18匹。しかし午後からはこの誘い方は合わなかったようですっかり沈黙…。コンスタントにヒットしているMIKKAさんと玉さんの猛追を受けましたが、なんとか2匹追釣して20匹とダブルのツ抜けで竿頭を死守!! 大満足の初フグ釣りとなりました。サイズは20cm〜24cmくらいが11匹。25cm前後が6匹、30cmくらい(アカメフグを含む)が3匹でしたよ。刺身に、鍋に、から揚げ、にと家族で食べるには十分な数が取れました。明日からの夕食はフグ三昧で楽しめそうです。
2012/02/24



走水のアジ釣り



走水港・関義丸



Griffonpapa
2月24日、久しぶりに走水のアジを食べたくなり、アジ釣りに行ってきました。本当は昨日行くつもりでしたが雨だったので止めて、天候が回復する今日にしたのですが、朝、横々の視界が開けたところから見た東京湾は風が強くてウサギがピヨンピョン跳ねてババ荒れ…。馬堀海岸を降りて6時20分に走水港に着くとなんと車が2台しかいない…。もしかして今日は船出ないの…?? 不安になって駐車場に入れずに何気なく通過…。(^O^) 思い直してコンビニでUターンして再度港に行くと車が4台になっていたのでちょっと安心して駐車場に入れる。席札を取りに行くと3番目で左舷トモ2番を取り、船に乗り込んだ。今日は少ないと思っていたら、最終的にはポツポツとお客さんが来て片舷4名づつ計8名での出船となりました。大型船の第8関義丸だが、港を出ると予想通りのババ荒れで、船のスピードを出せずにデッドスローで大揺れに揺れながら、30分くらいかけて緑色のブイの横のポイントに到着、水深80mで第1投となりました。この日は潮が恐ろしく早くて最初から30号の増しオモリが配られ、着底こそ判るがラインがどんどん出て行ってしまうほどで、85m〜86mも出てしまう。底から2〜3mとのタナ指示なので何度かタナを取り直してやっとアジのアタリ。巻き上げると22cmくらいの小さいアジ。2投目は一荷、3投目1匹とポツポツだがコンスタントに上がりだす。ほとんど水深が変わらないようなのでタナを上から78m前後に取って、船の動きで勝手にタナが上下して誘っている感じでたま〜にヒット、結局カラ振りこそほとんどないが1匹づつの拾い釣りみたいな感じで私は43匹でした。サイズは22cm〜25cmくらいのが多く、30cm近いのはほとんど混じらず11時40分沖上がり。数はともかく型が小さくていまいちでしたね〜。この日は初めてフォースマスター1000を使いましたが、このリール、スイベルだけでスルスル仕掛けが落ちるっていうのが特徴みたいですが、謳い文句通りで仕掛けの落ち方が速いですね、パワーもあるみたいだし、質感が高くてなかなか良かったです。これであの価格なら明らかに安いですね〜。
2012/03/08



悲惨なフグ釣り



鴨居・大室港
一郎丸


Griffonpapa

&

常吉小笹プロ

&

ケン鈴木プロ
1カ月ほど前に初めてのフグ釣りで、フグ釣りのスペシャリスト達を差し置いて20匹も釣れてなんと竿頭と良い思いをしたので、3月8日(木)またまた鴨居大室港・一郎丸よりフグを狙ってきました。今回はいつも一緒に出掛ける湘釣りのメンバーではなくて、なんと常吉小笹プロとケン鈴木プロと3名での釣行となりました。常吉小笹プロはフグ釣りにも良く出かけていますが、私は2回目、ケン鈴木プロはフグをたらふく食べてみたいとの事で初めてのフグ釣り…。当日の天気予報は一日曇りで北東の風5〜7mくらいのまあまあの予報でしたが、朝港に着くとやけに風が強く荒れ模様…。朝一番乗りで船宿に着き船長に挨拶すると何でこんな日にと言わんばかりに「今日は釣れないよ〜。」の一言…。不安な気持ちのまま一番乗りの特権、右舷艫から3名で並んで席を取って準備に取り掛かる。エサはこうやって付けて、誘いはこうで…と3人で打ち合わせをしていると、まもなく右舷のミヨシにも人が入って来た。出港30分ほど前になり、右舷はそのまま4名みたいなので間隔を少し広く取り直し、左舷を覗きに行くとあらら誰もいない…。結局、右舷のみ4名での出港となりました。大型船の第28一郎丸は荒れ模様の中、ゆっくり走って10分ほど鴨居港のすぐ沖合いの水深10mで第一投となりました。今日は波もかなりあるが風が強くて潮の流れも速く、仕掛けを底にキープするのも大変な状態でアタリも誘いも訳判らず。しかし、適当〜にシャクっていたケン鈴木プロが25cmくらいのコモンフグを船中初ヒット。その後もポツポツだがカラ合わせのケン鈴木プロと常吉小笹プロにはヒットするが私には一向にフグは微笑まず…。10時くらいになってやっと22〜23cmくらいの小アカメが初ヒット…。結局ここ鴨居沖ではケン鈴木プロが5匹くらい、常吉小笹プロが2匹、私が1匹釣ったところで12時くらいになり、船長は千葉方面(大貫沖)へ走る。こちらは富津岬で多少風がさえぎられるのか少し風や波も収まり、潮の流れもゆるくなって多少釣りやすくなった。こちらに来てからは常吉小笹プロが連発などもあって3匹追釣して合計5匹、ケン鈴木プロもポツポツと5匹ほど追釣して合計10匹、私はこちらでも相変わらず1匹だけで合計2匹とトホホな2度目のフグ釣りでした。今回は割と型が良くて7割くらいが30cm前後のアカメで25cm前後のコモンフグとショウサイフグが少し混じった程度でした。釣れたフグは全てふぐ包丁師の資格を持った船宿のスタッフが捌いて棒身にしてくれますので釣行後の魚の処理もなくて楽〜楽。初めてのケン鈴木プロは良いサイズが10匹ありましたのでお望み通り、てっさ、ふぐちり、から揚げなど存分に舌鼓を打てるのではないでしょうか…? 私は竿頭→スソと悲惨なフグ釣りとなってしまったのでしばらくフグ釣りはお休みしようと思います。次は大漁気分を味わいたいので新島沖のキンメ行ってきます。
2012/03/22



新島沖


ゲロゲロだった
絶品トロキンメ釣り



下田・須崎
番匠高宮丸

 
Griffonpapa

&

BOMBERさん
3月22日、BOMBERさんと下田・須崎の番匠高宮丸より、新島沖・絶品トロキンメ釣りに行ってまいりました。当日はお天気には恵まれたものの南西風の風が強く、海は大荒れ…。朝4時30分出船予定でしたが、明るくなってから目視で波を避けながら新島沖まで走りたいとの船長の意向で、5時30分まで港で仮眠待機することに…。うっすらとあたりが明るくなって5時30分に須崎港を出港となりました。いつものお土産ポイントの石廊あわせは釣れていないとのことで、いきなり新島沖まで行くようでキャビンで寝ていたが、船の速度が良いのか船長が上手く波を避けているのか判らないが、揺れも少なくけっこう快適に新島沖まで到着。これから快適に釣りが出来そうだと窓から外を見ると絶句…。船べりの倍くらいの高さの波が押し寄せて高宮丸は木の葉状態…。これは釣りが出来るのか心配で早上がり必至だなぁ〜と覚悟を決める。今日の席は私がミヨシ3番でBOMBERさんが4番、いつものお気に入りのマキシマムディープクイーン240MにX9sp.、ハイパーレギュレーターを付けて、ハリス14号自作20本針、1.8kgの鉄筋棒を420mの深海に投げ込む。今日のお客さんはレンタルは1人もいなくて、皆さんベテラン風。ミヨシの方はマリンパワー、(使っている方初めて見ました) 2番の方はX10と金持ち風、トモの方は青いディープマスターを使っている。、(こちらも使っている方初めて見ましたよ) この時はまだ周りを観察している余裕がありましたが、着底するころには早くもやばい感じ…、着底後ハデなアタリが何度も続きけっこう付いた感じ…。潮はほとんど流れていない感じでしたが580mくらいまで流したところで巻き上げ開始…。根がかりを切って上がってきたのは1.5kgクラスばかりでしたがたった3匹。先日のゴヨーさんといっしょで回収した仕掛けは途中で切れていて6〜7本なくなっている。やっちゃいました。2投目はなんとか投入してこれも何度もアタリがでていましたが、4名ほどとオマツリをして私の分け前は3匹、しかしいよいよ気持ち悪い…。事前に2セットしかエサを付けていなかったのでこれで終わりと思っていましたが、絶対に酔わないBOMBERさんが、私の仕掛けにエサを付けておいてくれて、なんとか3投目投下…。少し潮が流れ始めてきたようで700mほどラインを送りましたがいよいよダウン、座り込んだまま仮死状態…。BOMBERさんが自動巻きボタンを押して回収開始…。これまた途中でオモリが切れたのは良いがやっぱり途中から仕掛けが切れて下が数本ない感じでしたが6匹付いていた。その後、私はキャビンに避難して1投目でリタイヤした隣のX10のおじさんと並んで2本のマグロ状態のまま残り2投はパスで沖上がりを迎えました。今回の船酔いは過去に経験したことがないくらいで港に戻ってきてからも直らず、しばらくは動くことも出来ないくらいで、した。早上がりで下田漁具に立ち寄ってきましたが5時30分には帰宅できましたので、夕食はキンメのしゃぶしゃぶ、刺身、炙りなどで1.5kgを2匹も美味しくいただきましたが、いまだに胃はよじれたままです。船には多少強くなったかなと思っていましたがやっぱり外海、なかなか絶品トロキンメを食べるのには試練の連続です。上の写真はすでに友人に4匹嫁に出したので8匹だけ自宅に戻ってきましたキンメ達と高宮丸でいただいた帽子とステッカーです。
2012/04/02






初島沖の小キンメ
&
小メダイ釣り






小田原港・平安丸






Griffonpapa
4月2日・3日とBOMBERさんと上越へマダイ釣りに行く予定でしたが、現地では出船出来るかどうか微妙〜な情勢との事、せっかく行って上越往復ドライブになるとイヤなのでやむなく中止となりましたが、中止になっても釣り人は何か釣りたいもの…、という訳でひさびさに沖ノ瀬に行こうと思って前日夜に太郎丸に電話。明日は空いてますか…? 明日は船体整備で休みですとの答え…。あらら…、という訳でそれでは初島沖でも行くかと小田原平安丸より初島沖の根魚釣りとなりました。朝6時に船宿に到着して席を見るとすでに7名の名前が入っていて、私は空いていた左舷のトモ2番になった。(ここの席は船長が竿出すときの席で竿掛けが常設されていました。) 本来平安丸の根魚船は7時出船なのだが、今回も20分も早く6時40分には小田原港を出港となりました。快晴で穏やかな海を初島沖まで50分ほど走り初島沖に7時30分到着、15分ほど慎重に投入地点を探して7時45分水深230mで第1投となりました。本日のタックルはオモリ150号なのでロッドはディープゾーンにレオ750MTでPE6号X700m、ハリス6号のムツ針16号、7本針、エサはカツオのハラモメインでとところどころ船宿支給のサバでスタート。この流しは投入後しばらくして何回かキンメのアタリがありましたが、さらに追い食いを狙っていたらひときわ元気なアタリがあってメダイが付いてしまい大暴れ、巻き上げてくるとキンメは1匹のみでメダイのトリプル…。あ〜ぁキンメは何処へ〜? 私はメダイのヌルヌルがイヤなのでバケツに入れ、魚掴みで掴んで慎重にビニール袋に入れてクーラーBOXへ入れる。2投目はスミヤキのみ、3投目はキンメ3匹、メダイ1匹。4投目はキンメ2匹、5投目も何度もアタリが出てキンメが何匹か付いていましたが、またもやメダイが掛かってキンメは全て振り落とされた。6投目・7投目は潮止まりなのか船中でもあまり当たらず連続スカ。8投目はキンメ3匹、9投目キンメ2匹で午前中の部終了。午後になって10投目スカ、11・12投目はどちらもキンメのアタリが数回ありましたが途中で落ちてしまったのかキンメは1匹づつ。13投目が水深180mの浅場でキンメ1匹、メダイ1匹、最終14投目はさらに浅く170mになってメダイ2匹、キンメ1匹が上がったところで2時になって終了沖上りとなりました。この日はキンメのタナが下から10m〜20mと高く、密かに狙いたかったクロムツは狙えずに船中誰も釣れず…。最終的に私は25cm〜30cmくらいの小キンメ15匹、800g〜1.5kgくらいの小メダイが8匹、スミヤキが1匹という何ともな釣果となりました。今回もカツオハラモを持って行きましたが、メダイには効果抜群???でしたが、小キンメは何でも食っちゃうので特に優位性は感じなかったです。今日は終始170m〜260mくらいの浅い水深ばかり狙っていたので、サイズもいまいちでしたが、飽きない程度にポツポツと釣れ、一日のんびりとしてきました。小田原出船の初島沖の根魚船は軽いタックルで出来るLT深場でお土産も確実なのでまったりしたい方や他の釣りで不調続きの方のリハビリ等にはおすすめですよ〜。今日は1人だけ33匹とぶっちぎりで釣っていた方がいましたが、この方はクラシカルな電動リールを持っていたので常連さんみたいでしたが、ライジャケの前はどうやって止めるのですか…? とか、リールのコードを反対に繋いでいたみたいで、電源が入らなかったみたいで黒はプラスですよね?と訊ねてきたりして不思議な方でしたが、一人だけメダイを避けてキンメばかり釣っていましたね…。私もメダイを避けられればもっとキンメが獲れたのにどうにもヌルヌルに好かれてしまったみたいでした。今回はカツオ使わない方が良かったかもです…。反省ですね。
2012/04/24



:撃沈の
マルイカ釣り



茅ヶ崎・一俊丸



Griffonpapa
先週、ゴヨーさんと玉さんとマルイカ釣りに行って撃沈…。くやしくてくやしくてまたまたマルイカ釣りに行ってまいりました。自宅から近くの船宿ということで腰越の多希志丸か茅ヶ崎の一俊丸か迷って、新艇で出船が早くて予約のいらない一俊丸に決定。6時30分出船なのに早めにということで5時過ぎに茅ヶ崎港に着き、席表を見るとまだ左舷ミヨシの方1名のみで私は2番目で右舷ミヨシに席を取った。30分ほど船宿で新聞を見てのんびりしているとポツポツとお客さんが来て、最終的にはお客さんが4隅で4名、今日は暇なのか中乗りさんが胴の間に1名づつで計6名での出船となりました。定刻6時30分に茅ヶ崎港を出港した第三一俊丸はまずは烏帽子岩周辺の水深35mくらいを狙うという。烏帽子岩には10分ほどで到着したが、群れが見つからないのか動きが早くてつかまらないのかなかなか投入が出来ず、30分ほどウロウロしてやっと第1投目投入…。本日のタックルは極鋭マルイカRTにエアドRT、ラインは0.8号で下田漁具の直結5本のキラキラスッテで40号シンカーでスタート。しかし群れが小さいのか動きが早いのか、すぐに巻き上げの合図…。ほとんど移動ばかりでなかなか釣りをしている時間がなく、2時間くらい狙ったが船中アタリすらなくまったくのスカ…。ならばと20分ほどかけて大磯プリンス沖〜二宮沖あたりの水深35m〜45mあたりを3時間近く流すがけっこう濁りが入っているのが良くないのかここでもアタリすらない。中乗りさんも今日はいったいどうしちゃったんだろう〜とぼやくくらい全員にまったくアタリすら無い…。なんと5時間以上もアタリすら無い状態のまま早12時になってしまい、ゴッちゃんは意を決して亀城根方面へ走る。亀城根までは30分ほど走るのでこの間に仕掛けを直ブラに変更してスッテもハダカ系に替える。12時30分過ぎにやっと亀城根到着。腰越・葉山・佐島あたりの船が8隻〜9隻ほど集まっていた。こちらの海は濁りもなく青々としたキレイな海でキラキラしていて、なんだか釣れそうとかな思っていましたが、2投目に左舷の中乗りさんがやっと船中初ヒット。次の流し替えで私にも待望のアタリがあり、バッチリフッキングしてチビマル子が船中第2号。さぁこれからと思って気合いを入れるが後が続かず空回り…。またまた釣れない時間が30分ほど続いたあとにやっと良い群に当たったみたいで、私は一流しで3連発があって合計4杯になったところでタイムアップ、沖上がりの時間となってしまいました。最終的には左舷側がミヨシの方が3杯、中乗りさんが2杯、トモの方が竿頭で7杯、右舷は私が4杯、胴の間の中乗りさんが1杯、トモの方も1杯とボウズこそいなかったものの記録的な貧果でした。この日は茅ヶ崎出船の船は全て午前中は烏帽子岩〜瀬の海方面を狙っていましたが、最初から亀城根方面に入っていた腰越〜佐島あたりの船は20杯を超えを記録していたみたなので船宿の選択ミスでしたね〜。前回のリベンジとはいきませんでしたが、しっかりとアタリも把握出来るようになって、あの状況で次頭(たった4杯ですが…。)だからまぁいいか…。すでに4匹はお刺身でいただいちゃいましたが、やっぱりマルイカ甘くて旨いですね〜。嫁もバクバク食べてましたよ。先日までキンメだけ釣りに行けば良いと言っていたのがキンメとイカだけになりました。やっぱり4杯じゃすぐになくなっちゃうので次回5月2日はなんとかツ抜けしたいものです。
2012/05/15



新島沖
絶品トロキンメ釣り



下田・須崎港


番匠高宮丸


Griffonpapa

&

ゴヨーさん

&

玉さん

&

MIKKAさん
5月15日(火)第44回オフ会新島沖・絶品トロキンメ爆釣乱獲ツアーに行ってきました。当日の天気予報は絶対雨降りますよの降水確率80%、出船時間の頃は波も穏やかだが9時過ぎには波も高くなってくる予報で早上がりも覚悟の出船でしたが…。前日12時少し前に自宅を出発、途中玉さんと一緒になり遅い車に引っかかりながらも朝2時15分須崎港に到着。2〜3分後にはMIKKAさんも合流して釣り談義をしながらゴヨーさんの到着を待つ。3時頃ちょっと近寄りがたい漆黒のゴヨー号登場。船長も到着して早速荷物を積み込み準備を始める。今日の席はトモに玉さん、2番は私、3番MIKKAさん、4番にゴヨーさんと並び、ポツポツと雨が降ってきた定刻3時30分須崎港を出港。1時間ほど走るとのことで船室で仮眠を取る…。ゆっくりと走って4時40分、水深230mでお約束の土産釣り開始…。まずは沖ノ瀬サイズが玉さん3匹、私も3匹、MIKKAさん5匹、ゴヨーさんが6匹で私と玉さんは特大のマサバのおまけつき…。5時15分、2投目は玉さんゾロゾロと9匹、私が5匹に子メダイとサバ、MIKKAさん5匹、ゴヨーさんがゾロゾロ10匹とそこそこのお土産無事確保。さてこれからが本番で型狙いで20分ほど走って新島沖へ到着、6時15分水深460mで第2ラウンド開始。しかしこの流しでは私に1匹ヒットしただけで沈黙…。すぐに流し替えて7時10分、4投目は玉さん2匹、私が4匹、MIKKAさんが3匹、ゴヨーさんがゾロゾロと9匹とちょっと新島沖らしい釣りになってきた。5投目は玉さんが4匹、ゴヨーさんが3匹、私は何匹か付いていましたが玉さんとオマツリしてほどいているうちにすべて外れてしまってスカ…。MIKKAさんもアタリが無いらしく沈黙…。このころから2枚潮で潮の流れも早くなり、着底が良く判らない状態になって私はラインを出し過ぎたみたいで、回収した仕掛けは下5本がなくなっていた。6投目は460m〜500mまでかけ下がっているポイントで玉さん1匹、私が5匹、MIKKAさん1匹、ゴヨーさん1匹。このころからちょっと波も出てきてイャ〜な予感、早上がりが頭をよぎる…。7投目は10時20分同じ場所で全員スカ…。これが最後の8投目に私はラインを490mで強制ストップをして高めのタナを狙って良いアタリが連続して出た。他の方に当たらなかったので船長の指示で全員ラインを巻いて500mにラインの長さを合わせるとアタリが出始めてミヨシから巻き上げ開始。私も玉さんも何度かアタリが出ていて、かなりの重量感でラインがピシピシと食い込んで良い感じでしたが、ミヨシ2番のレンタルの方がラインの出し方がおかしかったのか我々4名とオマツリ、この投入はミヨシからの巻き上げだったので、巻き上がる寸前にはラインがほぼ真横になって上がってくるので我々のラインにかなり負担が掛かってしまったようで、なんと玉さんと私のラインが同時に2人ともブッツリ…。テンションがなくなったリールがカラカラとカラ周り…。オイオイ、この釣りにオマツリは付きものだけどよりによって一番キンメの付いた流しを…。というわけで玉さんと、私はブッチギられて空しく終了…。MIKKAさんが1匹、ゴヨーさんが1.5kg〜1.8kgのナイスサイズばかり6匹で最後を飾りました。終わってみれば玉さんと私がトラブルがあったものの19匹、MIKKAさんが15匹、ゴヨーさんが35匹とそこそこの数が取れましたが、ゴヨーさんは数もサイズも十分満足でしょうが、我々3人はちょっとな〜という感じでしょうか…? まぁこの予報の中で強行して行ったわりには早上がりにもなりませんでしたので良しとしなければいけないのかな…。来月またリベンジ行きますよ〜。
2012/05/21




初めての
マゴチ釣り




磯子・八幡橋




鴨下丸




Griffonpapa
5月21日(月)今日は金環日食が見れるという世紀の日だったのですが、釣り人は海の上で見りゃ〜いいでしょということで、友人とマルイカにでも行こうかと話をしていましたが、前日私の仕事が遅くなり友人と上手く打ち合わせが出来ず、当日朝4時30分に起床したものの、結局友人との連絡が取れずじまいで急遽マゴチ狙いに変更決定!!  磯子の八幡橋・鴨下丸に向かう。マゴチの準備と言っても私は専用の竿もないので持って行ったのは極鋭73Uというライトの竿にマルイカ用のエアドRTを急遽0.8→2号に巻き直して持参。オモリも仕掛けも船宿で購入してのチャレンジとなりました。本日マゴチ釣り初めての私の席は左舷トモ2番と決まり、トモ3番、4番と3名の初心者が横並びカリスママゴチ船長に弟子入り決定、アドバイスを受けながらの釣りとなりした。マゴチの付けエサはサイマキ(10cmくらいのクルマエビ)で、頭の角を半分くらい折ってヒゲの間から、口にハリを入れてアタマにハリ先が少し出るくらいで止めると教わり、朝は潮が行っているのでアタリが出たら送って大きく引き込んだら合わせるなどとひと通りのレクチャーを受けていざいざ出港。30分ほど走って千葉県側の富津岬の北側の発電所の前???あたりの浅瀬に到着、周りには羽田や浦安、深川などの見慣れない船などが続々と集まってきていて、鴨下丸もポイントを探してグルグル…。赤い「ふっつ8」と書いてあるブイの周りの水深13mでマゴチ釣り開始となりました。しかし船中30分以上アタリもなし…。何回かの流し替えの後1時間ほどしてやっと隣の左舷トモの2本竿の方がファーストヒット。肋骨が折れているという船長が間髪入れずにすっ飛んできて無事にネットイン。45cmくらいとちょっと小さい…か。しばらくして右舷トモもヒットするが同じくらいのサイズ…。この後は1時間以上ずっと沈黙が続きましたが、船中3匹目はなんと私に来た。ゴンゴンと2回ほどアタりがあって、スゥーとラインを送って強い引き込みが出たところでバシッとフッキング。グゥ〜ンと重みが加わって気持ち良〜くファイト開始。しかしなんだか割りとスンナリ上がってきてしまって船長が無事ランディング。私の初マゴチは45cmのまあまあサイズでした。早速100均で買った黄色の結束バンドを付けて船のイケスに放り込む。この後は船中ポツポツは釣れるものの今日は食いが悪いらしく、船長も終始ぼやきっぱなし…。やっと1時くらいに私に2匹目となる40cmがヒットしましたが、この時は潮が行ってないのでアタりは小さいからアタリが出ても持って行かないから聞いてみて引き込んだら合わせてという指示でしたが、その通りのアタリでしたね〜。まぁサイズ的には不満が残るものの超が付く高級魚のマゴチが初挑戦で2匹獲れただけまぁ良いか…と。本日、カリスマ船長に弟子入りした他の初心者はお隣りの釣り歴何十年でマゴチ釣りは数回目というおじさん、なぜかスピニングのルアーロッドにバイオクラフトという組み合わせでバドワイザーを8本も飲んでいましたが、終了間際になんとか1匹釣れて滑り込みセーフ…。もう一人の船長の真下でレクチャーを受けていた方は残念無念のボウズでした。もうひとり反対舷にレンタルの初心者の方がいたようですがマゴチは釣れなくてスズキ1匹だったみたいです。この日は両トモと左舷ミヨシの2本出しの常連の方は3〜4匹づつ釣っていましたが、他に釣れたのは私とバドおじさんだけで、常連の方でもボウズの方が数人出てしまったみたいでした。このマゴチ釣りって今日は特にアタリが無かったみたいですが、一日やってアタリがたった2回、他はスミイカと思われるアタリが2回ほどありましたが、しかしアタリの数がない釣りですね…。ずっと集中力を絶やさずにいることがけっこう大変でしたよ。この虎の子のマゴチは現在チルド室で熟睡中で今晩お刺身でいただく予定で楽しみです。※ 現在、鴨下丸のマゴチ船の船長は濱生丸の望月船長がやっていて、マゴチ追いかけて20年、皆からはマゴチ船長と呼ばれていようです。この船長、やたら口が悪いのですが、釣らせることにもの凄く情熱を持っているいるみたいで、操船もさることながら全員の竿先を良く見ていてアタリの段階からアワセまでずっと見られている感じで、今のはアタリとか、送らなきゃ〜ダメとか言われてましたし、魚掛けた瞬間には船長絶叫していましたのでずっと乗船者の釣りを見ているのだと思います。潮の流れ、強さでヒューズ外してとか、ハリスを30cm詰めてとか、けっこう細かいアドバイスもしていましたよ〜。今回いろいろな船が富津沖に集まっていましたが、どの船も2〜3人しか乗っていませんでしたが、鴨下丸だけは10名ほど乗っていましたので人気があるんですね〜、釣らせる船長ということで頼りになる船長という感じでした。またマゴチ釣り行こ〜っと。
2012/06/04



葉山沖の
マルイカ釣り



葉山・鐙摺港

長三朗丸


Griffonpapa

&

常吉小笹プロ


6月4日、常吉小笹プロと葉山鐙摺港・長三朗丸よりマルイカ修行に行ってまいりました。前日まで曇りがちで波もそこそこ高いという予報が出ていてマルイカにはどうかな…? という感じでしたが、当日は良いお天気になり波もそれほど高くなく、実に気持ちが良いお天気でマルイカ釣りを堪能してきました。朝、定刻より10分ほど前に出港した第21長三朗丸はゆっくり走って港を出てすぐ、6時に水深20mほどの名島の周辺で第1投となりました。今日の私のタックルはRT147にRT0.8号直ブラで、常吉小笹プロはメタリアにRT1号直結でスタート。しかしこの周辺では船中誰もアタリがない様で少しづつ西へ移動、30分ほどして稲村ケ崎の沖あたりで常吉小笹プロが船中初ヒット、それから30分くらいしてやっと私にもファーストヒット。さてこれからと意気込むものの後が続かず…。常吉小笹プロは2杯目、3杯目とポツポツとヒットしていて直結の方がアタリが多いよとのことなので、私も直結に替えてみるが確かにお触りは多いものの、慣れないからか合わせが強すぎるのか足だけ付いてくる始末…。すぐに直ブラに戻して底からじっくりと探っていたら明確なアタリが出て一荷でマルイカが上がってきた。しかしこの後はだんだんとスレてきてしまったのかなかなかヒットが続かず、あんまりハデな動きをさせない方が良いのかな…? と思ってここでロッドをビロンビロンのRT140にチェンジして底から張り気味で探って来る作戦に変更…。作戦自体は良かったみたいでけっこうお触りが多く出るようになったが、これがなかなか掛けることが出来ずにイライラ、ずっとマルイカとの息詰まる真剣勝負が続き浅場のマルイカ釣りを堪能出来ました。本日の釣果はけっこうイライラしながらもポツポツと追釣して12時前になんとかツ抜け、結局1時の沖上がりまでに2匹追釣して私は12杯、常吉小笹プロはマルイカが15杯にムギイカが2杯と17杯でした。数こそいまいちでしたが、良いお天気に恵まれ景色の良い場所で一日マルイカと戯れてきて何よりな一日でした。さてさて、今晩はマルイカのお刺身が楽しみです。
2012/06/19



新島沖


絶品デカキンメ釣り



下田・須崎港



番匠高宮丸


Griffonpapa

&

BOMBERさん
6月19日(火)BOMBERさんと2人で番匠高宮丸より、新島沖の絶品トロキンメ釣りに行ってきました。ここのところトップでも10匹前後の釣果で数的にはいまいちですが、何といってもこの時期は水深600mに産卵しに入って来るデカキンメを狙うので2kgアップ、3kgアップが期待出来る時期でもあるので、BOMBERさんも気合い十分、ミヤマエのロッドを新調してのデカキンメチャレンジとなりました。定刻3時30分に須崎港を出港した第8番匠高宮丸は心配された台風の影響はまだなく、滑るように静かに50分ほど走って石廊あわせに到着。水深300mで第1投となりましたが、この投入はあれれ…の私が沖ノ瀬サイズ、BOMBERさんが初島サイズと一匹づつ…。すぐに船長は見切りをつけて新島方面へ20分ほど走って今度は水深500mで第2投となりました。この流しはBOMBERさんとオマツリをしてしまい、ほどいている時に水中に巨大なキンメが2匹ユラユラしていてヤキモキしましたが何とか無時に2kgアップと2kg後半のデカキンメが2匹獲れました。この場所では3投目はスカでしたが、4投目が1.5kgクラスを1匹と型こそ良いが何だか1匹、2匹の拾い釣り…。どうも根の周辺を流しているようで、根がかりも多くオモリは1投で1本なくなるし、仕掛けも何度も途中で引っかかり、20本中、4本しか回収できない流しなどもあって釣りにくい…。8時になり少し走って5投目からはいよいよ水深600mでデカキンメチャレンジとなりました。私は最初の5投目に着底後、ラインを750mまで出してそれでもアタリがしっかりと出て巻き上げて来ると、なんと巨大なキンメがユラ〜リと上がってきて無時ランディング。これがなんと3225gという私のレコードのデカキンメでした。しかも少し遅れて仕掛けを回収したBOMBERさんにはなんと70cm、4.5kgのデカクロムツがポッカリ…。恐るべし600m…。我々はもうこの2匹で十分満足なのだが…。さらに期待しての6投目はあららのスカ…。7投目は1.8kgと1.9kgとこれまたナイスサイズを2匹。しかし型は良いのだがやっとこれでやっと7匹とやはりポツポツの拾い釣り…。しかし、これで終わりですの8投目にドラマが起きました。私は630mで着底後、700mまで流してロック、底をズルズル引きずっているとかなりのアタリが出てロッドが良い感じで曲がっていたのでかなり付いていると思っていましたが、なんと1.5kg〜2.6kgクラスが6枚付いていました。残念ながら水面で2kgくらいのがバレてしまいましたが5匹獲って合計12匹、石廊あわせの沖ノ瀬サイズを除くと、あとは1.500kg〜3.225kgばかりでした。BOMBERさんは実は7投目まで初島サイズの小キンメと4.5kgのクロムツのみでしたが、最終8投目はナイスサイズのキンメが4匹付いていてキンメも5匹になりました。船全体でも3、4匹の方が多かったようですが、やはり小さいのの数釣りより、新島沖らしいデカキンメは嬉しいですね…。3225g・2685g・2630g・2175g・2155gと2kgアップが5枚も釣れたのは初めてです。いつも25匹程度で満タンになるトランク大将50Lはわずか12匹で満タンになっていました。記録更新を狙いたい方は急いで新島沖へGoですよ〜。 ※ なお、高宮丸に行っている方はのりたまさんというハンドルネームの釣り好きのおねえさんが時々乗船していたのを知っている方がいると思いますが、実は昨日も居ていろいろと面倒を見てくれましたが、良く来るので中乗りさんのマネごとでしているのかな…? と思っていたらなんと船長と結婚する予定なんですと…。もしかしたら船長の娘さんより若いかも…? 今流行の年の差婚ですなぁ〜、うらやましい限りです。どうでもいいけど顔見てみたい方はのりたまで検索すると出てきますよ…。
2012/07/11


葉山沖の激シブ
マルイカ釣り


葉山・鐙摺港

長三朗丸


Griffonpapa

&

常吉小笹プロ
7月11日、常吉小笹プロと葉山・鐙摺港 長三朗丸より今シーズン最後になるマルイカ釣りに行ってきました。今日は晴れで南よりの風との予報だったので、とりあえず日陰になる席をGetしようということで右舷側の席を取る為に早めに4時45前船宿到着。しかしまだ船宿が開いてなくてあららの拍子抜け…。しばし待機していると船長が5時にやって来たので一番乗りで右舷トモと2番をGet、これで少しは快適に釣りが出来そうだ…。飲み物用に氷を購入して早速タックルを積み込み準備に入る。これから何人か乗って来るものと思っていましたが、出船時間が近づいても他にはお客さんがなく、なんと我々2人だけで仕立て船状態で出港となりました。2人だと当然、竿頭とスソになるし、2人とも釣れないと長三朗丸だけ釣れてないとなるのでプレッシャーもかかる…。(^^;ゞ まず、最初のポイントは港を出てすぐのお約束の名島の周り水深20mで第1投となりましたが、1投目、2投目とスカが続き、3投目にハデなアタりで合わせるとグッと重くなって巻き上げ開始…、途中で2度ほどフッと軽くなり上げてみたらゲソだけX2…。やってもうた、どうも嬉しくて早く巻きすぎて足が切れちゃったみたい…。(^^;ゞ その後はゆっくりとリールを巻いてここで4杯、少し沖の次のポイントで2杯とポツポツの乗り…。しかし、8時を回った頃から後はさっぱりになってしまい葉山沖をウロウロ…、3時間ほどはアタリもほとんどなくあららの状態…。無線が入ったのか11時くらいになって烏帽子岩まで走るがここでもやっと2杯取っただけ…。12時には再び葉山沖に戻って1杯、2杯と追釣して、最後にちょっと良い群れに当たったみたいで、明確なアタリで合わせると今までにないグッとした重みが伝わって一荷で釣れて合計12匹になりました。しかし友人は朝一で3杯取っただけでそのままジ・エンド…。何でもRT買ってからまだツ抜けしていないとかで早速今シーズンもう一回リベンジに行くと言っておりました。今日は空いていたのでほぼ1日中船長もいっしょに釣りをしていましたが、何が違うんだか良く判りませんが船長は操船しながらも29匹も釣っていました。この日は葉山周辺の船宿の釣果を見ても17匹とか15匹とかがトップだったようなのでけっこうシブかったみたいでした。とりあえず家族でマルイカの刺身は十分食べられそうなのでまぁいいか…と。
2012/07/19



新島沖・
絶品トロキンメ釣り



下田・須崎港
番匠高宮丸



湘釣りキンメ会



Griffonpapa

&

ゴヨーさん

&

BOMBERさん

&

玉さん

&

MIKKAさん
7月19日、湘釣りキンメ会のメンバー5名で新島沖・絶品トロキンメ釣りに行って参りました。ここのところ新島沖はあまり良い状態ではなく、トップでも10匹前後の日が多く、酷い時はトップ2匹なんて事もあったみたいで、それでは我々が行って良い釣果を出してあげようと高宮丸に乗り込む。今日はゴヨーさんが何だか作戦があるみたいで大トモに座りたいということで、ミヨシ〜3番まで一般のお客様に入ってもらい、我々は4番〜大トモまで5名で並ぶ事にして、前からBOMBERさん、私、MIKKAさん、玉さんと並んで大トモにゴヨーさんという席となり定刻の3時30分、第7番匠高宮丸は須崎港を出港となりました。私は前日の寝不足がたたり、釣りする前からすでに眠いので50分ほどベッドでウトウトしていると船長のアナウンス…。お約束の石廊あわせに4時20分到着するが、群が薄いのか散っているのかなかなか投入地点が決まらずに竿入れ開始時間からけっこう遅れて4時50分、やっと水深220mで第1投となりました。ここのところ潮が流れずあまり良い釣果が出ていなかったようですが、今日は逆に潮がカッ飛んでいて、おまけに2枚潮、3枚潮みたいで220mの水深にも係らずラインは右に流され、左に流され250m以上出て行く。仕掛け全長が30m以上あるので糸フケで60m以上も余計にラインが出ている計算になる、さすがに外海ですね流れも早い…。この流しはゴヨーさんが5匹、玉さん、MIKKAさんが2匹づつBOMBERさんが1匹と、皆さん新島サイズ混じりで沖ノ瀬サイズのキンメが付いていましたが、私だけスカ…。2投目はちょっと深くなって280mダチでしたが、この流しもゴヨーさんが3匹、玉さんが4匹、BOMBERさんが5匹とキンメが順調に付いてきて良し良し…、しかしこの流しでもっと良かったのは遅れて上がった我々でMIKKAさんが9匹、私もハデなアタリが何度も出てこれはと期待していましたが10匹付いてきた。とりあえず2投で全員が6匹〜11匹とまぁお土産を確保してひと安心…。さあ、これから型狙いということで3投目からは少し走ってお約束の新島沖480mダチに入ったが、この流しは船中誰も当たらず全員スカ…、4投目からはさらに深い510mに入り、やっと新島沖らしいサイズがゴヨーさんに3匹、玉さん2匹、MIKKAさん3匹とポツポツ上がり始める…。しかし5投目は玉さんの2匹のみ、6投目が私とMIKKAさんに1匹づつ…といまいちの状態…。船長曰く今日は海が澄んでしまって食いが悪いらしい…。しかも活性が低いのか群れが小さいのかキンメが掛かってくるハリが一番下のハリばかり…。それではと7投目は捨てイトを1ヒロ半にしてみるとやはり一番下のハリに私だけ1匹付いていた。8投目はなぜか根がかりをした私のラインが捨てイトではなく320mで早々に高切れ…。どうも前回引っかけられて玉さんと2本同時にぶっつりやられた付近だっただけにキズが入って弱っていたのかも知れませんね…。反省です。(^^;ゞ というわけで最終8投目は早々終了してしまったので眠いのもあって横になって須崎港まで1時間あまり爆睡してしまいました!! 結局8投目は誰も釣れなかったみたいで、最終釣果はゴヨーさんが11匹、玉さんが10匹、MIKKAさんが竿頭で15匹、私が12匹、BOMBERさんが6匹といういまいちな釣果でしたが、前の3名の方はみなさん3〜4匹だと思いますのでまぁ、良いか…と。この日はトモ寄りの方が全員ツ抜けだったので多少良かったみたいです。家に帰ってキンメを捌きましたがまだまだ真子や白子が入っていましたよ。当日は1.5kgくらいのを刺身に潮汁をいただきましたがやっぱりここのキンメは脂が乗っていて絶品ですね〜。
2012/08/07



マルイカ釣り



佐島・海楽園



Griffonpapa

&

常吉小笹プロ

&

玉さん

&

MIKKAさん
8月7日、常吉小笹プロと玉さんとMIKKAさんと4名で今シーズン本当に最後になるであろうマルイカ釣りに行ってまいりました。大半の船宿はマルイカをやめてしまっているので、マルイカ船を12日まで延長すると言う佐島の海楽園に決定…。ナデシコの試合終了後、4時に自宅を出発。4時50分に船宿に着くと、マルイカは1番乗りみたいで迷わず左舷トモから4名の席札を取った。結局左舷は我々4名、右舷はミヨシとトモのみの6名での出港となりました。本日のスタメンは極鋭マルイカレッドチューン140にエアドレッドチューンLに8本撚りPE0.8号の直ブラ仕掛けをセット。気持ちの良い朝日を浴びながら20分ほど走って、投入の合図…。てっきり30mくらいの水深かと思っていたら50mを過ぎてもラインが出て行って55mで着底…。着底即乗りで船中第1号をGet出来たのは良いが、けっこう巻き上げが大変…、この水深じゃあ電動リールが欲しくなっちゃいますね〜。(^O^) スタートしてから30分ほどはかなりのお触りがあって良い感じでしたが、ほとんどが足だけ、スミだけで、やっとかけたマルイカも途中でバレてしまう。MIKKAさんなどは全部のハリに足とスミが付いてきた流しもあったくらいで活性は高いのかと思いましたが、良かったのは朝の30分ほどでその後はポツポツ…。1時の沖上がりまでそんな状態が続きました。結局玉さんがさすがの18杯、常吉小笹プロと私とMIKKAさんが揃って10杯と最低限の目標は達成できました。さすがにこの時期まで乗っているはみなさんマルイカの常連さんみたいで我々3名はスソだったみたいです。まぁ10杯でも家族でたっぷりお刺身をいただくには十分ですね〜。大変美味しくいただきました。もう1回行っちゃおうかなあ〜
2012/08/15



相模湾
カツオ&キメジ釣り



長井・漆山港
かねい丸



Griffonpapa

&

ケンさん

&

メジさん

&

うーさん

&

もんぺさん

&

メジさんの同僚

&

ケンさんの友人
8月15日、長井・漆山港かねい丸よりケンさんの企画したカツオ&キメジチャレンジに7名で行ってまいりました。当日は6時過ぎてもMIKKAさんが現れず、寝坊してしまったようで痛恨の不参加…。今日の第8かねい丸は右舷がミヨシにケンさん、胴の間がうーさん、もんぺさんがトモ、左舷はミヨシにケンさんのお友達、2番がメジさん、3番がメジさんの会社の同僚の方、トモに私と合計7名が乗り込み定刻より少し遅れて6時30分に長井・漆山港を出港となりました。当日は晴れたもののけっこう波が高く、うーさんなどはオキアミを背中にしょっていたのもあって早くも気持ち悪い〜とぐったり…。そんなことはお構いなしに第8かねい丸は相模湾を南西方向にけっこう揺れながら1時間30分程走っただろうか、小田原の沖あたりでやっと群れが見つかり8時に第1投となりました。本日の私のタックルはゴウマン240HにレオブリッツMT750にPE6号、ヒラマサ針13号の14号ハリス3mに特選オキアミ55のケイムラに大き目のオキアミの抱き合わせでスタート。この流しはコマセを振ってしばらくアタリがなかったので私はコマセの詰替えの為いち早く回収…、しかし私が回収したとたんに周りではバタバタと連続ヒットが続く…。(^^;ゞ メジさんの会社の同僚の方はバラしてしまったようですが、メジさんとケンさんの友人は無事ランディング、カツオは3kgくらい、キメジは4.5kgくらいだろうか…。コマセを詰替えた2投目には私にもキメジがアタり電動スイッチオン、問答無用でグリグリ巻いて無事タモに収まった。遅ればせながら私もキメジGet…でボウズは逃れましたよ〜。次の3投目は今度は3kgくらいのカツオがHitして早くも本日のミッション達成…。これで私はいつ沖上がりになってもOKである…。これからは余裕でライト泳がせのロッドにTICA12HにPE12号、ハリス24号に替えて20kgオーバーのキメジを本気で狙うつもり…。(^O^) しかしこの後は群れが見つからないようでお約束の相模湾クルーズが始まり、延々と1時間30分ほどクルージング…。10時くらいになって無線が入ったのか、慌ただしく各船が一斉に西に向けて大移動を開始…。なんと初島を通り越して、伊東の沖あたりまで移動してきて第2ラウンド開始…。私はここでバタバタと4kg〜5kgくらいのキメジを2匹獲ってニンマリ…、続いて3匹目は掛かった瞬間にかなりラインが引き出されて少し型の良いキメジが掛かったが、ランディング寸前でなぜかハリが外れて痛恨のバラン…。これが7kgくらいのサイズで逃がしたキメジが一番大きかった…です。その後も4.5kgくらいのキメジと3kgくらいのカツオ、なぜか1kgくらいのオマケの豆キメジがヒットして、12時30分沖上りとなりました。今日の釣果は3kgくらいのカツオが2本、4.3kg〜5.1kgのキメジ4本とおまけの1kgくらいの豆キメジで私は計7匹でした。他の方はメジさんともんぺさんが3匹づつ、ケンさんが2匹、うーさんとメジさんの同僚の方、ケンさんの友人が1匹つづと全員がヒットしてボウズなし…、なかなか良かったのではないでしょうか…? なお、ケンさんは新品の6号のPEを切られる大物がヒットしたそうですよ〜。残念でした。今相模湾熱いです、すぐにカツオ&キメジにGoですよ〜。
2012/08/18


恐怖のマルイカ釣り


小網代港・大和丸


Griffonpapa
この時期たぶん唯一マルイカ乗合をまだやっていた小網代の大和丸に行ってきました。定刻の朝7時に出船して城ケ島方面に向かいましたが、港を出ると進行方向になにやら真っ黒な雲があり、やはり途中で大雨に遭遇して亀城根方面へ90度ターン、7時20分亀城根到着。3投したところで、7時30分雨雲(カミナリ)が迫ってきたとのことで一時港に避難しますとのことで小網代港へ帰港…。途中もの凄い雨とカミナリでマジ怖かったので外に居られずに船室に避難…。しかしここもポールの真下でなんだか生きた心地がしない…。港に着いてさらにカミナリ・雨ともにもの凄く、船も危ないとのことで船宿へ避難してくださいの指示…。(なんでもこの船に以前カミナリが落ちたことがあるらしい…。)2時間ほど船宿で天候の回復を待ちましたが、一向に天候が回復せず、そのまま今日は再出船は中止となりました。船にそのままになっているタックルを片づけたくてもカミナリが凄くてバリバリという音たてて、ビリビリと空気まで振動して危なくて船に近寄れず、さらに1時間ほど船宿で過ごして、少し雨とカミナリが収まったタイミングで船に戻ってなんとか無事に後片付け…、12時過ぎには自宅に戻ってきてしまいました。やれやれ…です。※以前、河口湖でありがたやのご主人が30年間、船宿やっていて初めという天候急変に遭遇したことがありましたが、(この時はバケツをひっくり返したような雨とカミナリ・1cmほどの雹で、河口湖大橋の下へ逃げ込んで無事でしたが…) 今回はこの時いらいの2回目の恐怖体験でした。 ※この船宿、予約の電話を入れた時からおかみさんが大変親切でいろいろ気を使ってくれましたが、一応出船して3投(わずか10分くらいでしたが…)したのですが、ジャガイモのお土産付きでなんと全額返金してくれましたよ。まだ立ち上げて5〜6年の船宿のようですがお客さんを大切にしようとする姿勢が心地よく大変親切でしたよ。まさにサービス業の鑑ですね〜。マルイカ釣りは絶対にこの船宿にしようと思いました。
2012/08/30


撃沈のキメジ釣り


小坪港・洋征丸


Griffonpapa

&

ゴヨーさん

&

ケンさん

&

BOMBERさん

&

BONさん

&

MIKKAさん
8月30日、第47回オフ会、相模湾カツオ・キメジチャレンジ@小坪・洋征丸に行ってきました。ここの船宿は予約時にグループごとに船長が座席を割り振ってくれるので、予約の早かった我々のグループは右舷トモから一列に横並びの席で6名分確保されており、右舷トモにMIKKAさん、トモ2番がケンさん、3番が私、4番がBONさん、5番がゴヨーさん、6番がBOMBERさんの順番で並ぶ…。前日まで大型のキハダを含めて釣果も安定しており、お天気も波もまずまずとの予報で大きなキハダを期待して、前日夜までハリスは20号だいやいや30号だ、ハリは15号か16号かとか、特船オキアミはどこにも売っていないぞ、PEは6号じゃ細いとか…とタックルの話で盛り上がり、20kgオーバーが釣れたらクーラーに入らないから港で解体だぁ〜ということになり、トランク大将ほどのまな板や出刃包丁、魚のアラを入れる米袋まで用意しての準備万端のオフ会となりました。洋征丸は本来6時出船なのだが、皆さん気持ちが高ぶっているのかとても用意が早く、なんと定刻より20分も早く小坪港を出港となりました。(となりの太郎丸はさらに早かったけど…(笑) しばらく相模湾を南下して黄色のパヤオの沖あたりでやっと戦闘開始…、だが船中誰も当たらず…。ほぼ一流しごとに流し替えるが船中誰も当たらない状態がずっと3時間ほど続くが、9時頃だろうか左舷ミヨシで何回目の流し替えでカツオがヒットした様子…。しかしこの方はロッドが弱いのか左舷側はもちろん、右舷側の真ん中よりトモ側の私〜BOMBERさんまで4名ともマツってさぁ大変…。船長が必至に解くが、結局オマツリが解けずに私のテンビンは途中でラインを切られて戻ってきた。(^^;ゞ この方はなんとかランディング出来たみたいでやっと船中1本目のカツオGet!! その後は右舷ミヨシ寄りの方にもキメジがヒットするが、この方も遠征五目くらいのロッドだろうか根元からヒン曲がり、良いように走られてあえなくジ・エンド…。それからはまた3時間ほどは相模湾クルーズになってしまい船中誰もヒットせず12時を回ったところで、今度はゴヨーさんのダイナソー&BM9000(この日の為に新調した…。)に待望のキメジ初Hit〜!! しかしドラッグを締めていたようであえなく瞬殺…。なんでも食いが悪いのでハリスを16号に落としたら食ってきたらしい…。(ご愁傷様でした…)。ゴヨーさんの瞬殺後すぐに、今度はケンさんに当たり、ラインがリールから出ていったので安心していたらこちらも補強したチモトの上からブッツリ…。あぁ〜ケンさんもやっちまった…。私は今日は探見丸を持ってきたので、かなり気にして覗きこんでいましたが、今日はカツオやキメジの群れがなかなか見つからず、見つかっても小さい群れの様で、ビシが到着する前に全て抜けてしまったり、上手く群れに当てられなかったようでなかなかヒットさせられなかった感じでした。結局船長が2時間残業してくれたものの食いは好転せず3時に沖上がりとなりました。今日は我々6名はアタリ=瞬殺が2回あったのみで他はかすりもせず、4名はアタリも無しの完全試合。帰りに湘南シラスとボウズの方だけ貰えるあまりありがたくないリベンジ券(¥2000引き)をいただいて帰ってきました。写真はエアカツオやエアキハダを持っているメンバーです。あぁ〜あ、でかいまな板と出刃包丁、アラを入れる米袋はなんだったのでしょうか
2012/09/05




本当に最後の
マルイカ釣り




小網代港・大和丸





Griffonpapa
9月5日、唯一まだ乗合船を出している大和丸から本当に今シーズン最後となるマルイカを狙ってきました。前日昼頃電話を入れるとまだ予約は私一人だけだと言う、2人から出船しますとのことで後で確認の電話をくれると女将さん…。しかし、ちょっと不安なのでマルイカと一応カツオ&キメジの準備もしておくかと準備を始めようとしたら、女将さんから電話で出船確定になりましたとの連絡をいただきマルイカ釣りに決定…。当日、最終的には大和丸のスーパー常連さんも来て3名でのマルイカ釣りとなりました。ここのところの状況を聞くと潮が物凄く早くて、流れも複雑でなかなか思うように釣りが出来ない状態だという、潮が速いのでブランコが良いみたいだ…との船長からの事前情報。とりあえず、いつものRT140に直ブラでスタートするが65mも水深があってやはり流れが速く、ラインが横に走ってしまう。しかし底を取り直したら重い…。なんと一投目から着乗りで船中第1号のマルちゃんGet!! してしまいました。 しかし柔らかい竿で潮が速くてこの水深だと何やっているんだか訳が判らず、ならばとロッドを喜平治丸マルイカスペシャルに変更して、レオ150・オモリも50号に上げての初ブランコ仕掛けにチャレンジしてみました。ブランコ仕掛けって釣り方も良く判らないのですが、着底後にロッドを煽ったらガツッとアタリ…、もう乗っちゃっているので電動スイッチオン。上がってきたのは嬉しいマルちゃんとムギちゃんの一荷…。足元のオケに入れて早くも3杯…と思ったら最初の1匹が脱走したらしく見当たらず、排水溝から逃げちゃったみたい…。(^^;ゞ 次の投入もまた当たってこれはちょっと早く巻きすぎたのか途中でフッと軽くなり、あ〜ぁのマルちゃんの足だけ2本…!!。次の投入はしっかりアタリが取れて慎重に巻いてまあまあのサイズのマルちゃん2杯となかなかのスタート。この分なら20杯は堅いかな…? などと取らぬ狸が頭をよぎるが、しかし良かったのはここまでで、この後は群れがなかなかつかまらずノーヒットが2時間ほど続く…。船長は一度城ケ島の沖、通称島下というポイントまで行きましたが、とても潮が速く一投でスゴスゴと退散…。結局この後は少し西へ走り、ずっと佐島沖周辺での釣りとなりました。しかし、ここの周辺はムギイカが多く、マルイカはほとんど混じらなくなってしまいました。ムギイカは上品なマルイカのアタリと違って暴力的なアタリで引きも強いのでこれはこれで楽しめましたが…、結局私はマルイカ5杯、ムギイカ5杯の何ともな釣果に終わってしまいました。もう一人のおじさんは9匹と同じような釣果でしたが、反対舷に居たスーパー常連さんは何が違うんだか判りませんが25匹も釣っていましたよ〜。ビックリです。宿に帰ってお話を聞くと今日はハダカ系のピンクとグリーンが良く乗ったと話をしていました。帰りはボウズでもないのに女将さんにアジの干物をいただいて帰ってきました。やっぱり大和丸は親切です。来年はシーズン始まったら早いうちからちょっと通ってみようと思います。
2012/09/19





お気軽に

LT金アジ釣り




金沢漁港・忠彦丸




Griffonpapa

&

ケン鈴木プロ

&

道楽須賀原プロ
先日、道楽須賀原プロからアジが食べたいとのメールがあり、じゃあ軽い道具立ての金アジでも…という事になり忠彦丸のLTアジに行くことに決定。前日の天気予報では今日は波こそだんだんと収まる傾向でしたが、雨は必ず降りますよ、覚悟してくださいね…の予報。まぁ、雨なら良いかと釣行を決定。しかし前日夜11時頃に突然凄い雨が降りだして、しかもカミナリがゴロゴロ…。先日の恐怖のマルイカ釣りを思わせるような天気になってしまい、急遽中止の決断をしてケン鈴木プロ・常吉小笹プロ・道楽須賀原プロにメール発射。しかし、夜も遅かったのでメールを見ないで来ちゃう者もいると思って、とりあえず私も金沢漁港に向かう…。7時少し前に港に着くと何やら見覚えのある車…、やっぱりメールを見ていないとの事でケン鈴木プロが来ちゃっていました。すでに受付まで済ませてしまっていたので、私もどしゃ降りの中一緒に釣りをすることになってしまいましたよ。右舷トモ2番にケン鈴木プロ、トモ3番に私と場所取りをして準備をしていると、なんと出船15分前になって言いだしっぺの道楽須賀原プロが登場。慌ただしく準備をしての出港となりました。最初のポイントは港の前(中…?)で水深17m程度、底を取って、2mで待っていると船中第1号が私にヒット、23cmくらいのまあまあサイズ。ポツポツと18cm〜25cmくらいのアジがヒットし続けて30分ほどでツ抜け。その後少し移動して大きな造船所の前あたりでシロギスやメバル、カサゴ混じりでポツポツ。10時30分くらいになって少し移動して港の外に出て20mくらいの水深のところを狙い始めると再び食いが立ってきて20cm〜27cmくらいのアジを追釣して11時に沖上がりとなりました。本日の釣果は私が金アジが32匹、イシモチ2匹、シロギス1匹、メバル1匹でした。ケン鈴木プロも道楽須賀原プロもやはりイシモチ、カサゴ、シロギスなどの混じりで22匹・23匹と金アジがそこそこ釣れて満足の様子でした。この日の忠彦丸の釣果ではなぜかトップ25匹となっていましたが私が32匹で竿頭だったみたいです。自宅に戻り刺身となめろう用にアジとシロギスを20匹ほど捌き、イシモチ、メバルも刺身で炙ってみました。捌いている時から包丁に脂が絡んでくる感じでしたが、やっぱり金アジ、脂が乗っていて大変美味しゅうございました。毎回々、竿・リールから仕掛けまで私頼みで本人はクーラー1個で来る道楽須賀原プロは、今度はキンメに釣れて行けとのたまっておりますので、今度は鉄筋棒の上げ下げでもやってもらいましょうかね〜。(笑)
2012/10/03



キハダリベンジ



長井・漆山港・昇丸



Griffonpapa

&

ゴヨーさん

&

MIKKAさん

&

相模キンメ会の方
8月15日にかねい丸から今年初めてのカツオ&キメジ釣りに行って私はキメジ5本、カツオ2本、しかも全員ヒットで船中ボウズなし、と好釣果に恵まれ、その勢いで行った8月30日の洋征丸は6名中瞬殺2名で私は丸ボウズ。くやしくてくやしくて10月3日、リベンジで長井・漆山港・昇丸よりまたまたキハダ釣りに行ってまいりました。ここのところ数日は台風18号、17号の影響で時化続きで相模湾の船はどこも出船していませんでしたが、今日は19号が来る前の空白の1日ということで各船宿はキハダ船が一斉に出船していて、佐島沖あたりには小田原港の平安丸、坂口丸や松輪港の成銀丸、間口港の喜平治丸までの各船宿の船が30隻以上勢揃いして大船団が出来あがっていました。当日の天気予報は曇りで波は2.0mうねりありという予報でしたが、実際に出船すると風があって思っていたより白波が立っていて船は木の葉のように揺れて波しぶきを被る。おまけにずっと雨が降り続いてとても寒く、私はカッパの下はポロシャツ一枚だったのを早くも後悔する…。1時間ほどゆっくりと走って佐島の沖あたりだろうか、7時過ぎにタナ30〜40mとの事でやっとキハダ釣り開始。私はゴウマン240Hにレオ750MTにPE8号、ハリス20号3mという道具立てでスタート。皆さんもダイナソー、泳がせ用ワンピースなどにBM9000、ペン、TICA12、CX4など本気のキハダ狙いのゴツいタックルを持ち込んで準備万端…。しかし船中誰もアタらず流し替えの連続…。その度にタナも50〜60m、70〜80mとだんだん深くなり仕掛けが落ちて行くのももどかしく釣りにくい…。途中何度か船団になった時には他船の様子も見ていましたがまったくアタっている様子もなく、ただただオキアミをせっせと撒き続ける…。相変わらず海は白波が立ち、ミヨシのゴヨーさんは波でコマセ桶が飛ばされるほどで、唇は紫色になり船べりでうつ伏せになり少々グロッキー気味…。結局一日中こんな状況でキハダはアタリもなく船中丸ボウズ、船長は無線で交信していましたがどこの船も丸ボウズだったみたいです。(昇丸の船長の話だとイワシを追っていてオキアミに反応しなかったみたいとの事…。洋征丸の船長の話だと台風の影響でキハダは潜ってしまい、口を使わなかったとも…。) 台風で大荒れの直後の出船でしたので、正直あまり期待もしていませんでしたが、それにしてもとんでもない1日に出船してしまったみたいです。雨の中、木の葉のように揺られながら、パンを食べての相模湾ランチクルーズでした。帰りには船宿で暖かい山菜素麺にタコのから揚げ(これ旨かったです。)などをいただいて、冷えた体を温めて帰ってきましたが、まぁこれも釣りですかね〜。リベンジ行こう〜っと。
2012/10/12





初めての

ヤリイカ釣り




小田原港・平安丸




Griffonpapa
来週の17日・18日あたりに新島沖のキンメに行くつもりでしたが、なんだかまた台風がやって来そうで来週はキンメ中止だろうな〜と思い、ならば来週ダメなら今日釣りに行っちおうと思い、近場でマダイ&イナワラでも釣って来るか…と家族に話をしたらタイやワラサなら要らない、イカが食べたいとのリクエストがあって、今日はやったことのないヤリイカ釣りに行くことになってしまいました。釣果情報を調べているとヤリイカは初島周辺でポツポツ始まったみたいで、小キンメ釣りで何度かお世話になったことのある小田原の平安丸に決定。すこし早めに出船するかもとの事で5時20分小田原港到着。席を見ると右舷も左舷もすでに4名づつ8名の名前があり私は左舷の胴の間に席を確保。私の後にもうひとり右舷胴の間に入って第8平安丸はやはり定刻より30分も早く、10名のイカ親父を乗せて6時に小田原港を出港しました。途中、反応があったみたいで真鶴の三ツ石沖で2〜3投しましたが船中誰も当たらず、すぐに初島の東沖まで走って7時過ぎに到着、水深160mでヤリイカ釣り開始。本日のタックルは極鋭175MHテクにフォースマスター1000をセット、ブランコにも直結にもなるというダイワの市販の仕掛け6本針でスタート。とりあえず見よう見まねで底に着いたら聞いてみてシャクリを入れて探ってみるがアタリなし、周りを見ると皆さんもアタリがないようだ…。何回かの流し替えの後で右隣の方がやっとムギイカをGet!! しばらくしてミヨシの方もムギイカ、私もムギイカ…とポツポツアタリ出すがムギイカばかり…。しかも忘れた頃にたま〜に釣れる感じで1時間で1杯くらいのペース…。私は12時までにムギイカ3杯、ヤリイカ1杯のわずか4杯…。しかも回りのベテランイカ親父も6〜7杯程度…。なんだか良くあるとても渋い日に当たっちゃったみたい…。12時を過ぎて初島を通り越して初島と伊東の間くらいのところに入りましたが、ここでは1時間ほどやっても船中で2〜3杯…。船長もたまらずまた東沖に戻った。残りわずか30分ほどでしたが、最後に入った場所がなかなか良い場所で、私は一度ムギイカの3点掛けがありましたよ〜。しかもこの時は先に上げた隣の方とオマツリをしていて、私の仕掛けは30m付近で止まっていましたので本当はもっと付いていたかも知れませんね…。最後の最後の流しでは型の良いヤリイカが2点掛けでしたが、今日一番のでかい方のヤリイカが水面でバレてしまいました。私は結局ムギ6杯、ヤリ2杯でイカは合計8杯。その他サバと最近ではめっきり見かけなくなった特大のウマヅラが釣れました。まぁイカも家族で食べるには十分だったのでとりあえずはミッション達成かな…?
2012/10/31




渋〜い湾フグ釣り




鴨居・大室港
一郎丸




Griffonpapa

&

ケン鈴木プロ

&

BONさん

&

土地さん

&

森さん

&

岡本さん
釣りの経験が一度もない会社の同僚が、私が釣ってきたキメジの写真を見て、俺もマグロが釣りたいと言い出して、そりゃ〜いきなりマグロは無理でしょ…と説得。代わりにフグではどうかと提案するとフグなら食べたいとのことで即OK。ならばと周りの同僚にも声を掛けるとまさに怒涛の入れ食いであっと言う間にフグを食べたい同僚4名が集まり、BONさんと私を交えて合計6名で10月31日、鴨居・大室港 一郎丸よりショウサイフグ爆釣乱獲ツアーに行ってまいりました。今回は6名のうち3名はフグ釣り経験者だが、1名は磯釣りしかやったことのない者、残りの2人は釣り自体がまったく初めてという凸凹メンバーで、当然ロッドやリールを持っている訳でもなく全てレンタル…。出船前に船長にエサの付け方から釣り方までひと通りレクチャーしてもらって定刻の7時20分、第28一郎丸は我々6名の他、4名の一般のお客様を加えて計10名を乗せての出港となりました。港を出て20分ほど剣崎方面に走り、下浦の500mくらい沖合いくらいだろうか、慎重にポイントを探り水深10mでアンカーを投下。はいどうぞ…との掛け声で第1投となりました。するといきなり我々と同じ左舷のトモの釣り人が1.5kgくらいのヒラメをGet…。なんとも一投目からうらやましい限りで拍手をしていましたが、良く見ると魚の向きが右を向いていてこれは大きなカレイでした。(笑) その後は他の釣り人にもベラ、カワハギ、エソ、イイダコ、ヒトデなどがポツポツとヒットするものの、なかなか本命のフグがヒットしない。一時間ほどして少し移動をしたところで、なんと釣りが初めてのTさんに25cmくらいのアカメフグがヒットしてこれが我々グループの第1号。その後は皆にポツポツとアカメフグがヒットして私にも待望の25cmくらいのアカメフグがヒット。とりあえずボウズを逃れてやれやれである。しかしその後も忘れた頃にたま〜に誰かにヒットするもののけっして食いは良くなく、私は午前中は25cmと35cmのアカメフグ2匹と26cmのカワハギで終わり、友人達もそれぞれ1〜2匹のフグとカワハギなど外道の釣果だった。なんだかこのまま終わっちゃうのかな…などと思っていたら12時30分くらいになって移動しますと船長…。これはてっきり大貫沖に行くのかと思っていたら、ちょっと方角が違う…。10分ほど戻って今度は発電所の真ん前100mくらいの沖合でアンカーを打った。なんだ結局大貫沖に行かないのか…と少々ガッカリするが、しかし船長のこの判断が大正解でこの場所に入ってからはポツポツとショウサイフグのアタりが出始めて、立て続けに4〜5名にヒットすることもあってにわかに船内が活気づく。私は2時間ほどでショウサイフグ4匹を追加、友人達もそれぞれショウサイフグ数匹を追加して3時に納竿となりました。結局私は25cmと35cmのアカメ2匹、23cmほどのショウサイフグ4匹、20〜26cmのカワハギ3匹でした。友人達もアカメ・ショウサイ混じりで、2匹、3匹、3匹、7匹、7匹と渋い中、ポツポツとフグが釣れて、25cmクラスのカワハギなども各自2〜5枚混じり、その他ウマヅラ、カサゴ、ベラ、サバ、イイダコなど外道もかなり混じり、フグの数こそ伸びませんでしたが、まぁボウズが1人も出なくて何よりでした。晩飯にはショウサイフグ4匹を刺身にしましたが、型の良いカワハギが3匹あったのでかなり豪勢に刺身が堪能できました。あとはアカメが2匹あるのでどうやって食べようかただ今思案中です。(笑)
2012/11/07








初めてのタチウオ
&
アジのリレー釣り








鴨居・大室港 
一郎丸








Griffonpapa
11月7日はコミュの仲間が大原へフグを釣りに行って大漁80匹リミット達成…。しかし先週フグ釣りに行ってしまった私は、今回フグはパス…。なんと2週連続でこの日も一郎丸から初めてのタチウオとアジのリレー釣りというのに行ってきました。ここのところタチウオも安定して釣れていたので乗合船も混むかな…? と思い早めに到着して左舷トモ2番に席を確保。しかしそれほど混むこともなく片舷4名づつの8名でちょうどい感じ。定刻の7時20分に鴨居港を出港した第18一郎丸は観音崎の沖まで20分ほど走り、うらが3号という緑色の浮標の周辺水深80mのポイントでいよいよタチウオ釣り開始…。私が本日リレー釣りの為に用意したタックルはライトゲームCI4 82 190Hにフォースマスター1000でタチウオのオモリは120号、テンビン仕掛けに水中ライトを付けてダイワの2本針仕掛けでスタート。船長の案内だと水深80mで下から5m〜15mまでを探ってくださいとの指示…。とりあえず底から5m上げてシャクリ始める。と7mくらいのところであまり元気のないアタリ…、これがタチウオのアタリなのか初めてなので良く判らず、とりあえず慎重に巻いてくるとなんと35cmはあろうかというアジでした。まったくタチウオより先にアジを釣っちまった…。数投後にはガツガツという激しいアタリがありましたが、これは上手くハリにかけられず空振り…。さらに数投後にガツガツ、スゥーと聞き合わせをするとガツガツと食い込んで電動スイッチONでビンゴ!! けっこうな引きで上がってきた初タチウオは指4本のまあまあサイズ…。続いて3本半くらいのサイズをGet!! しかしこの後に隣の方がタチウオを掛けてランディング寸前に私のラインと交差していて、隣の方に掛かったタチウオが私のラインにタッチ…、あえなく私のラインはテンビンごと70mで高切れ…。おいおいせっかく食いが立っているのに…。幸いテンビンやオモリの予備を持っていたので、アセリながらもなんとかセットしてすぐに戦線復帰…。しかしこの時に電動りールのレベルワインドに糸が通っていなくて、巻き上げの時に並行に巻けず人間レベルワインダーで巻くはめに…。(^^;ゞ しかもこの時は電動リールのゼロリセットも忘れていて、船べりストップが効かずに穂先を巻き込んであえなく破損…。やっぱり焦っていると冷静さを失ってしまったようです…。その後は穂先がないので2番目のガイドにラインを通して釣りは続行しましたが、いやはやドタバタで何ともな釣りになってしまいました。初タチウオもだんだんとアタリ→アワセまでスムーズに出来るようになって7本釣ったところで12時になってタチウオ釣りは終了…。今度はアジ釣りになり、オモリを130号のビシに変更して普通のビシアジ釣りスタート。ところが潮の流れが早くてオモリがななめになってタナ取りが難しく、何やっているのか訳が分からず???状態。着底した時には4m〜5mほどラインが出ているので、コマセを振らずにしばらく待ち再度、タナを取り直すと実際の水深より1m〜1.5mのイトフケがあるようで、探見丸を見ながら水深マイナス2mを常にキープするようにするとビンコ…。25cmくらいのアジがポツポツと上がりだす。順調に釣れているのに船長は型が悪いと判断したみたいで移動を敢行。タチウオを釣っていた周辺まで戻り、デカアジ釣り開始…。すると30cm〜35cmほどの幅の広いアジがポツポツとヒットし始めて移動は大正解でした。結局アジは17匹で終わってしまいましたが幅広の良いサイズが釣れたので良しとしたいと思います。自宅で早速、タチウオ&アジの刺身などをいただきましたが、やっぱり観音アジ&タチウオ…。当たり前ですが旨かったですね〜。リレー釣りってなかなかお勧めです
2012/11/21



久しぶりの新島沖
キンメ釣り






下田・須崎港
番匠高宮丸





Griffonpapa


&


ゴヨーさん
11月21日、ゴヨーさんと新島沖のキンメ釣りに行ってまいりました。本当は20日に予約を入れていて、相模湾、東京湾は良い凪予報で実際も穏やかな1日でしたが、なぜか伊豆方面だけはシケ予報…、前日夜には出船中止になり一日日程が遅れての21日の出船となりました。この日は自宅を深夜2時に出発しようと思い、前夜は8時から横になりましたが11時には起きてしまい、これ以上寝られそうにないので夜12時に出発、2時間30分ほどで下田に到着。待合所に行くとなんと席が6名分すでに埋まっていて我々はゴヨーさんが4番、私が5番になった。時間まで2時間ほどあるのでイスをフラットにして先日購入した人型のシュラフにくるまって爆睡…。これ圧迫感がなくて寝やすくて超〜お勧めです。4時すぎに起きて高宮丸に荷物を積み込み始めると、今日は釣りビジョンの取材があるみたいで、記者も乗り込んできて釣りする前からバチバチ写真を撮っていましたよ〜。なんとかキンメをいっぱい釣って写真もいっぱい撮ってもらいたいものです。(笑) 定刻を少し遅れて慌ただしく須崎港を出発した番匠高宮丸は6時少し前に石廊あわせに到着、ポイントで待機して6時を待って240mで第1投となりました。今日はこの海域にしては珍しく潮がほとんど流れてなくてなんとか310mまで流したところで巻き上げ開始、アタリからして3〜4匹かと思っていましたが、この流しは沖ノ瀬サイズが2匹と新島アベレージサイズが1匹の3匹。なんとミヨシの方は10匹以上掛けていましたが、すべて沖ノ瀬どころか初島サイズ…、あ〜お気の毒…。次の流しは少し移動しただけでしたが水深が390mあって期待が持てそうな感じ…。しかし潮がますます流れず仕掛けを踊らせながらやっと415mまで流して良いアタリが連続して出て、この流しは新島サイズが6匹。表紙候補ということで6匹持ってパチリ…写真を撮られる。3投目からは少し利島寄りの460m前後を狙っていましたが、3投目全員スカ、4投目私は1.5kgくらいのが2匹、5投目も1.5kgのが1匹とポツポツ程度でなかなか数が伸びず…。ゴヨーさんもポツポツの拾い釣り…。しかしポツポツながらも釣れていたのはここまでで、その後は6投目〜8投目までは私はすべてスカ…。いつもはあまりカラスザメを釣らない私ですが、今日は何匹か掛かって来ちゃいましたよ〜。 気持ち悪る〜。今日は重さで言えば船中1番の釣果のようでしたが、数でいえば合計12匹でなんともな釣果で終わってしまいました。翌日は出勤日なので眠いのにノンストップで自宅に戻り、道具の後片付けも早々に慌ただしくキンメを12匹全部捌いてクタクタです。(笑) 翌日、キンメを1匹半ほど刺身にして会社に持って行きましたが、当たり前ですが、なんだこのキンメ、こんなキンメは食べたことがない…旨めぇ〜、旨めぇ〜の連発、大好評でした。またキンメ釣り行こう〜っと。
2012/12/12



タチウオ&アジ例会


鴨居・大室港

一郎丸


Griffonapa

&

ゴヨーさん

&

BONさん

&

MIKKAさん

12月12日、鴨居・大室港・一郎丸より秋の例会でタチウオ&アジのリレーに行ってまいりました。集まったメンバーは寒さもへっちゃらのゴヨーさん、BONさん、MIKKAさん、うりりんさんと私の5名で左舷トモより5名並びで、第18一郎丸は定刻の7時20分出港となり20分ほど走って観音崎沖80m〜85mでタチウオ釣り開始となりました。本日の我々のタックルはリーディング、CI4、リアル、メタリアなどの8:2調子の竿に150番、270番、1000番などの小型リール。PE2号〜3号の細目のライン、オモリは80号〜100号のテンビン仕掛けに、各自ケミホタルや水中ライトなどの光物を付けてスタート。タナは底から5m〜15mとのことで底から5mほどあげて優しく〜誘い開始…。ただでさえ潮の流れの早い観音崎周辺は今日は大潮に当たり潮の流れがとても早くかなりラインがナナメに入る状態…。しかしタチウオ釣りを開始して早くも2投目??くらいにMIKKAさんが船中第1号の指3本半くらいのタチウオをHit!! 続いて私に指3本くらいの小型タチウオHit!! すぐにBONさんにもHitするが右舷の方のオマツリして痛恨のバラシ…。実はこの日は右舷の胴の間に6号のPEを使っている方がいて周囲の方とオマツリ連発…。一番の被害者は潮裏で釣っていたBONさんでバラシ、バラシの連続…。それでもポツポツながらも手が合ってタチウオが上がり初めて我々は2〜6本上がったところで12時になりタチウオ釣りは終了…。小さいのもいましたが指4本〜4本半クラスも何匹も混じってサイズ的にはまぁ満足の釣果かな…?  さてこれからはアジ釣りになるので急いで仕掛けの交換、コマセやエサの準備に取り掛かり、なかにはロッドまで交換している方も…。今日のアジ釣りのポイントは観音崎からさらに10分ほど走水寄りに行ったところで、周辺には関義丸や高司丸といった走水港の船もいて12時15分第2ラウンドのアジ釣り開始。しかしここのアジのポイントもやはり潮が早くおまけに右舷から左舷に向かって潮が流れているので、6号のラインの方のビシが左舷側にフケてきてさらにオマツリ連発…。3投に2回くらいはオマツリするという状態でまぁ〜釣りにくい…。しかも着底した時はイトフケがほとんど出ないのだが、すぐにフケ上がって3m〜5mほどタナが上ずってしまう。それでも何度かタナを取り直して、うまく底から1.5m〜2m程度のタナにビシがキープ出来ると幅の広い25cm〜35cmくらいのナイスサイズの観音アジがポツポツと釣れ出しひと安心。オマツリ連発のアジ釣りでしたが、終わってみればアジも8匹〜25匹とまあまあ満足のゆく釣果でした。このリレー釣り1日で旨いタチウオとアジと両方狙えておすすめです
2012/12/27



お寒い沖ノ瀬
納竿釣行



葉山・鐙摺港


長三朗丸



Griffonpapa
12月27日、地方に赴任している息子が正月休みで帰って来るので、キンメの刺身でも食わしてやろうと思って、久しぶりに近場の沖ノ瀬のキンメに行ってきました。行ったのは葉山・鐙摺港の長三朗丸。朝7時出船なので6時前に港に着くとずいぶんと北風が強く寒い…。慌てて自宅を出てきたのでネットの割引券を忘れてしまってしまいましたが、おかげで私は一番乗りだったみたいで左舷のトモに席を取って早速タックルを積み込みセット開始。本日の私のタックルはファイアジャックSにCX4のテル・オカモト仕様をセットして竿もリールもキンメのように真っ赤…。気合い十分、それともから回り? 結局左舷側はその後お客さんが入らず右舷が常連さん3名さんプラス船長、左舷が私だけとヘンな席のまま定刻出船。港を出るとやはり波が高く、下田並み…。しかし船長はそんなことはお構いなしで、かなりの速度で船を走らせ約1時間、沖ノ瀬到着。先に出船していた太郎丸、まさみ丸、伊三郎丸と合流して、7時55分、水深380mで第1投となりました。この流しは30cmくらいのギリ沖ノ瀬サイズが1枚。2投目はちょっと東京湾口よりに移動して、なんと480mで40cmほどの立派な沖ノ瀬サイズが1枚とスミヤキ、サバ。3投目は390m〜430mまでかけ下がりを流して2kgくらいのメダイが2枚と巻き上げ途中で、サバに捕まってオマケのヤセサバ4匹。4投目は少し洲ノ崎寄りに移動して350mでまたまた2kgくらいのメダイ1枚、メダイはぬるぬるがイヤなのだが、船にはブラシが用意されているので、バケツの中でゴシゴシとぬめりを取ってクーラーに入れる5投目は他船の無線が入ったのか、洲ノ崎寄りはあまりパッとしなかったので、船長は再び西に20分程かなりのスピードで走って、再び太郎丸とまさみ丸と合流。しかし時すでに遅しか、かなりのアタリがあって満を期して巻き上げてきた仕掛けは何本もハリがブッツリ、エサもスパッと切られていたりとなんだかここはスミヤキの大群だったみたい…。次の6投目は着底前にキンメのアタリがあってこれはと思っていましたが、結局30cmくらいのが2枚のみ…。しかも1枚は水面でバイバイ…。7投目はギンメダイ(アゴナシ)1匹、8投目は370mで30cmくらいのチビアコウとユメカサゴのみ…。これで最後の9投目は見事にスカ…。という訳でキンメ3枚、メダイ3枚、アコウ、ユメカサゴ、スミヤキにヤセサバ5匹、ギンメと何ともお寒い釣果でした。家に持ち帰って早速キンメを捌きましたが、これアブラキンメ(フウセンキンメ)だったので下田沖の1.5kgオーバーと同じくらいアブラが乗っていました。メダイもプリッとして刺身に旨みがあって旨かったですね〜。これからスミヤキ、アコウ、メダイと塩焼、バター焼き、西京漬けなどにして食べるつもりでいます。そうそう、家に帰って風呂入って気が付きましたが、私は手袋をほとんどしないので、指先が軽い凍傷になっちゃったみたいで、ただ今感覚がおかしいです。今回もカメラは持って行きましたが、寒さの為かバッテリー残量なしで撮影出来ず、という訳で人間も釣果もカメラまでお寒い1日で今年を締めくくりました。(^^;ゞさて初釣りは8日あたりに行かれそうですが、ムラがあるみたいですがヤリイカとオニカサゴとアマダイのリレー、マダイとアマダイのリレーあたりでも行こうかな…? などと考えています。
Griffonpapaの沖釣り日記 2010年の
トップページへ戻る

チルド室で熟成中のアカメフグ…。