ツタウルシ

学名 Rhus ambigua
別名 ウルシヅタ
蔦漆 分類 ウルシ科ウルシ属 (落葉つる性) 有毒植物
ツタに似たウルシの意。ウルシについてはヤマウルシを参照。 原産・分布 北海道、本州、四国、九州、台湾、中国、樺太、南千島
神奈川県 全域の、山地〜丘陵に分布するが、多くはない。
用途 特になし
気根により、他の樹木にはい上がる。
体質によりかぶれる。ウルシ科の中では、毒性が強いので注意が必要。


丹沢
三ケ瀬川
080706
ツタウルシ樹
若い茎。茶褐色の気根を出して、宿主にしがみついている。

丹沢
神の川
060730
ツタウルシ幹
葉は互生で、葉身は3出複葉。幼いときには鋸歯があるが、後に全縁となる。

丹沢
神の川
060730
雌雄異株。
ツタウルシの核果は、直径5mmほどの偏球形で、縦にしわがある。


秋田県
鳥海山
060830
ツタウルシは、秋には早くから、綺麗に紅葉する。 紅葉

群馬県
みなかみ町
赤谷
051002

樹木の写真Top