ツクバネウツギ

学名 abelia spathulata
別名  
衝羽根空木 分類 スイカズラ科ツクバネウツギ属 (落葉低木)
果実の先端に、5枚の萼片が残り、羽根突きの羽根に見えるため。 原産・分布 本州、四国、九州
神奈川県 山地のシイ、カシ、ブナ帯、全域に普通
用途 庭木
日当たりの良い山地に生える。林道沿い、沢沿いに多い。

厚木市
自然保護センター
080428
ツクバネウツギ樹
若枝は赤褐色(冬芽写真)。後に樹皮が縦に裂ける。縦縞模様の樹皮のときがある(写真下)。さらに樹皮が落ちて、灰白色のはだになる。


丹沢
天王寺尾根
050816
ツクバネウツギ幹
春先の芽吹き。 芽吹き

丹沢
臼ケ岳
060430
ツクバネウツギ新葉
葉は対生、葉身は広卵形または長楕円形で先に急に狭くなる。縁は粗く不揃いな鋸歯が、上半分にある。両面に毛がある。

丹沢
塩水川
040513
ツクバネウツギ葉
5月、本年枝の先端に淡黄色の花を2個開く。花冠は筒状鐘形で5浅裂し、内側に黄赤色の斑紋がある。
萼片5枚が花冠基部にあり、この形がツクバネの名の元になった。


丹沢
塩水川
040513
ツクバネウツギ花
ウゴツクバネウツギ(変種)の花。主に北日本の日本海側に分布する。ツクバネウツギより花は大きい。

新潟県
村上町
三面川
070525
ウゴツクバネウツギ花
ベニバナツクバネウツギ(変種)の花。関東北部から中部地方に欠けて分布する。
若い枝は赤褐色。花はツクバネウツギよりひとまわり小さい。


栃木県
日光市
鳴虫山
120519
ベニバナツクバネウツギ花
果実は線形(棒状)で、先端に5片の萼が残る。写真のような状態を衝く羽根(ツクバネ)に見立てた。 若実

丹沢
大室山
070720
ツクバネウツギ若実
頂芽は、芽燐が2列に並び平たい。芽燐の先が外に尖る。側芽は丸みをおびる。 冬芽

丹沢
天王寺尾根
070107
ツクバネウツギ冬芽

樹木の写真Top