トベラ

学名 Pittosporum tobira
別名 トビラノキ、トビラキ
海桐(中)
扉、海桐花 分類 トベラ科トベラ属 (常緑低木、小高木)
節分に、魔よけのために枝を門扉に挿したことに由来する名。学名もトビラ 原産・分布 本州(岩手県南部以南)、四国、九州、沖縄、朝鮮南部、中国、台湾
神奈川県 海岸から沿海地が主な自生地。内陸部にも点在する。
用途 庭木、公園樹
海岸に自生するが、生垣や公園に普通に植栽される。高さは通常2〜3mだが、6〜8mになるものもある。

東京都
海の森
081224
トベラ樹
樹皮は淡褐色で滑らか。

神奈川県
大磯町
高麗山
070406
トベラ幹
葉は互生し、枝の上部に集まる。葉身は倒卵形または長楕円形で革質、表面は光沢がある。縁は全縁で、しばしば内側に巻く。
枝、葉、根に臭気がある。
★薬効★皮膚病(葉を乾燥させ、煎じて患部を洗浄する)


品川区
林試の森030115
春に新芽を吹き、先端に花序を付ける。この時の芽の数だけ枝分かれする。 新芽

東京都
海の森
100328
トベラ新芽
雌雄異株。
4〜6月に本年枝の先に集散花序を出し、芳香のある白い花を、上向きに多数開く。後に黄色になる。


横浜市
鶴見区
(植栽)
030512
朔果は球形で、秋に灰褐色に熟して3裂する。中から赤い、粘った種子を出す。
★食★ヒヨドリ、他
果実・種子

東京都
海の森
081224
トベラ実
冬芽は卵形の鱗芽で、頂生側芽がたくさんある。 冬芽

東京都
海の森
160227

樹木の写真Top