ムクロジ

学名 Sapindus mukurossi
別名 ムク
木患子(中)
無患子 分類 ムクロジ科ムクロジ属 (落葉高木) 有毒植物
本来、漢名の音読みだが、同科のモクゲンジの漢名「木欒子」と、本種の漢名「木患子」を取り違えた結果の和名。 原産・分布 本州(中部以西)、四国、九州、沖縄、アジア東南部、インド
神奈川県 丘陵、低山に自生する。公園にも植採されている。
用途 庭木、器具材
日当りがよく湿りけの多い山中に生える。寺社あるいは屋敷林に植えることも多い。

横浜市
旭区
川井緑地
080831
樹皮は灰褐色で平滑。老木になると不規則に剥がれる。

目黒区
自然教育園
0203
羽状複葉の木の多くは、枝分かれが少なく、一年枝が太い。春先の新芽がかわいい。 新芽

神奈川県
自然保全センタ
040418
葉は大きな偶数羽状複葉で、互生する。小葉は4〜8対あり、広披針形で革質。左右がややずれて対生する。縁は全縁で大きく波うつ。

厚木市
自然保全センター
050515
11月には実が黄色く熟す。果実は約2cmの球形で、中に黒い種子が1個ある。
冬に、ムクロジの木の下を歩くと、落ちた実がたくさん見つかる。果皮はサポニンを含み、砕いて水に晒すと泡立つ。かつては石鹸の代用とされたため井戸端などによく植えられた。
中の黒い種子は数珠や、羽根突きの玉に用いられた。
★毒★果皮に配糖体ムクロジサポニンがある(胃腸障害、下痢)。
★薬効★去痰(生薬名「延命皮」果皮を日干し乾燥させたもの)。現在は用いられない。


厚木市
自然保全センター
050515
秋には黄葉する。鮮やかな黄色になる。 黄葉

横浜市
神奈川区
091130
葉が大きいので葉痕は大きい。冬芽は小さい鱗芽。 冬芽・葉痕

東京都
調布市
神代植物園
140129

樹木の写真Top