キブシ

学名 Stachyurus praecox
別名 キフジ
木五倍子 分類 キブシ科キブシ属 (落葉低木)
実からタンニンを取ることができる。ヌルデの虫こぶ(フシ)の、代用品にしたための名。 原産・分布 北海道(渡島半島)、本州、四国、九州。
神奈川県 全域に分布する。ブナ帯〜シイ・カシ帯の林縁に生える。
用途 庭木、公園樹、楊枝
山に普通に生え、幹は真っすぐに斜上する。よく分枝して3〜5mになる。林縁や谷沿いの斜面に多い。
枝が太く、葉や花穂の大きいものを、キブシの変種でハチジョウキブシと言う。海岸近くの山地に多い。


八王子市
森林科学園
050409
キブシ樹
株立ちで細い幹が何本も生える。樹皮は褐色だが、皮目が白い斑点状になる。 若幹

神奈川県
二宮町
080412
キブシ若幹
葉は互生し、卵形〜卵状楕円形。先は長い鋭尖頭、基部は円形。印象としてはサクラの葉に似る。

丹沢
水の木
040430
キブシ葉
雌雄異株
3〜4月、葉に先立ち、昨年の枝の葉腋から、穂状花序を下垂させて、淡黄色の花を多数付ける。雄花は雄しべが8本ある。雌花は花穂が短く、雄しべは退化している。
外見で雌雄の区別は難しいが、雄花の方が花序が一般的に長い。
★食★キブシの花は、早春の山菜でもある。おひたし、天ぷらにして食べることができる。ただし受粉した雌花は子房が固くなり、タンニンが多く渋くなる。
雄花

港区
自然教育園
0203
キブシ花
果実は8mm程度の楕円形で、初めは緑色だが、熟すと黄色を帯びる。個々の実は硬いが形状は液果。
五倍子(フシ)の代用として、染料にする。

「夏の虫こぶいろいろ」


丹沢
塩水川
040802
キブシ実
初秋に何かの加減でわずかだが紅葉する。 紅葉

丹沢
塩水川
050917
キブシ紅葉
一年枝は赤褐色で光沢がある。細い陵があり無毛。葉芽とは別に花芽が前年中に形成される。 冬芽

丹沢
塩水川
050320
キブシ冬芽

樹木の写真Top