イチョウ

学名 Ginkgo biloba
別名 ギンナン
公孫樹、銀杏、白果、鴨脚(中)
銀杏、公孫樹 分類 裸子植物イチョウ科イチョウ属 (落葉高木)、有毒植物
中国名の鴨脚の、宋代の音「イーチャオ」が訛ったとされる。葉が、鴨の水掻きのある足に似ているから。別名ギンナンは銀杏の読み。学名のGinkgoは、誤記をリンネが採用したため。正しくは銀杏(GinkyoあるいはGinkioか)。 原産・分布 中国原産 (13〜14世紀頃の渡来とされる)
神奈川県 神社、公園、街路に広く植採される。有名な大木は、鎌倉八幡宮(推定樹齢800年)、茅ヶ崎鶴嶺八幡(推定樹齢950年)がある。
用途 街路・公園樹、碁盤、将棋盤、器具・建築材
中生代から新生代第三期までにわたり世界中で多くの先祖の化石が見つかっていたが、100万年ほど前に化石の記録は絶える。10〜11世紀頃に中国南部で再発見され、18世紀には再び世界に広まった。
1科1属1種で仲間はいない。化石植物とも言われる。中国南部に自生地と言われる集団はあるが定かでないようだ。
丈夫で、長命。幹は直立し、樹高30mになる。よく分岐し、萌芽力もある。
横浜の保土ヶ谷公園には、見事なイチョウ並木がある。秋にはライトアップをしている。
黄葉

横浜市
保土ヶ谷公園
071205
イチョウ幹
樹皮は淡灰褐色で、縦に浅く割れ目ができる。
枝の付け根から、乳と呼ばれる気根が出ることがある。
材は黄白色で柔らかく緻密。碁盤、将棋盤、木地材、彫刻材などに使われる。樹脂細胞が無いのでまな板にするのに最も良い木とされる。
幹・気根

港区
自然教育園付近
040730
イチョウ幹
イチョウ(鴨脚)の語源となった葉。中央の切れ込みは、写真の様に大きいものから、ほとんど無いものまで、変異がある。
葉脈は数回分岐して葉の縁まで達する並行脈。
★薬効★しもやけ、冠動脈硬化による心臓病。民間療法。
★食★クスサン


世田谷区
瀬田
040428
雌雄異株。
短枝から数枚の新葉とともに、数個の花序が出る。雄花は長さ2cmほどの尾状花序。花被は無く、雄しべが多数つくのが見える。
成長が遅く、結実するまで年月がかかるとして、中国名「公孫樹」は公(祖父の意)が植えて孫が実を採る木の意味。
★花粉散布★風媒。
雄花

新宿区
代々木公園
120415
裸子植物であり子房は無い。つまり果実のように見えるが、枝には黄色い種子がそのまま下垂する。
柔らかく悪臭のある部分は外種皮で、硬い中種皮と薄い内種皮以下を食用にする。
★毒★外種皮にフェノール性物質を含み、皮膚につくとかぶれる。
★種子散布★有毒の外種皮が無くなった後、動物による貯食型散布が考えらる。ネズミやタヌキ、カラスなどが食べるようだ。
種子

杉並区
荻窪
100918
スーパーで売っていた銀杏。丸々として大粒だ。
中種皮は白く2〜3本の綾線がある硬い殻。内種皮は褐色あるいは銀白色で箔膜。中種皮は外からの圧力には強いが、内側からの力には軽く割れる。
実生は、双葉が地上に出ない地下子葉性
★薬効★鎮咳去痰、夜尿症。生薬名「白果」または「銀杏」。中種皮を取り去った仁。青酸配糖体を含むため、大量摂取すると青酸中毒をおこす。
銀杏

横浜市
港北区
160226
長枝から、短枝が直角に突き出る。短枝の先には、半球形の頂芽がある。
冬芽の周りをよく見ると昨年の葉痕が多数見える。短枝の成長具合を推測することができる。
冬芽

立川市
昭和公園
050306
春、一斉に短枝の先から芽吹く。 芽吹き

丹沢
七沢
080412
イチョウ幹

樹木の写真Top