サンゴジュハムシ 学名 Pyrrhalta humeralis
分類 鞘翅目
加害樹 サンゴジュ、ガマズミ、ニワトコ、ミズキ
年一回の発生。卵で越冬する。幼虫は4月に現れ、展葉した葉を食害する。葉は穴だらけになり、そのまま大きくなるので見苦しい。
5月半ばすぎころから、土に潜って蛹となり、6〜7月に成虫が現れる。成虫は、葉肉のみを食べるため、食痕は後に茶色となり、美観を損なう。
加害部 幼虫(葉・食害)、成虫(葉・食害)
加害時期 幼虫(4月〜5月)、成虫(7〜11月)
防除方法 成虫の捕殺が良い。数が多い場合はオルトラン、スミチオンなどの有機リン系殺虫剤を散布する。
人への害 特になし。
幼虫は穴を開け、成虫は茶色の食痕を残す。毎年、ハムシが多発するサンゴジュは、無残にボロボロになる。一度、幼虫あるいは成虫のいる時期に、薬剤を散布し、虫のサイクルを絶つ必要がある。
薬剤散布後、10日以上たって、まだ虫がいる場合には、再度散布すると良い。
サンゴジュ被害
060710
幼虫時代(春)に、まず食害し、不規則な食痕を残す。白っぽい方が1齢、黒い方が2齢か? 弱齢幼虫
070413
成虫は,体長が6〜7mm。全体が黄褐色の微毛で覆われてている。 ガマズミの葉を食害する成虫
サンゴジュの葉を食害する成虫

樹木の写真Top