現代(ヒョンデ) グレンジャーの基礎知識

韓国最高峰サルーン・グレンジャーとは!?

              

                            
現代(ヒョンデ)・グレンジャー2.4i オートマティック

         大韓民国の大手自動車メーカー・現代自動車(ヒョンデーチャドンチャ)が、1986年7月に
         それまでのフォード・グラナダ/コルティナ(ライセンス生産車)の後継として
         発表・発売した同社のフラッグシップ車が「グレンジャー」です。
            
         ソウル・オリンピック開催の為、(現代自動車はソウルオリンピックの公式スポンサー)
         VIP送迎用の高級セダンが必要になり、当時の現代グループ会長・鄭 周永氏が、
         「88年ソウル五輪までに、VIPが乗っても恥ずかしくない高級車を製造したい」
         との依頼を三菱自動車・久保富夫会長(当時)に行い、開発・生産が決定した経緯を持つ
         特殊な高級車です。
            
         発売当初は三菱の「デボネアV」と違い、2.0リッター直4/マニュアルミッションのみの設定
         だったのですが、その後ラインナップを拡大。トップセラー高級車となって行きました.
         上写真は初代(1986年7月〜1992年8月)・2.4リッター仕様。

            こちらが三菱・デボネアV(3.0)

   デボネアVとの相違点(初代グレンジャー)

         外装の違い
           ・モール色が黒または灰色(パープル/黒系色のみ)
           ・パープル色の設定があった
           ・白/銀又は黒/灰ツートン色の設定があった(後期型3リッターのみ)
           ・アルミホイール全車標準設定(2.0/2.4は14インチ・3.0のみ15インチ)
           ・ヘッドライトウォッシャー標準装備
           ・グリルの設定が若干違う(デボネアVと逆で、縦縞グリルが2.0仕様)
           ・テールガーニシュに車名ロゴ無し
           ・給油口は鍵穴付き(デボネアVの寒冷地仕様と同じ)
         機構の違い
           ・2.0/2.4は直4SOHCエンジン(三菱G63B/G64B型)
           ・3.0はV6・SOHCエンジン(三菱6G72/現代G6AT型)
           ・5速マニュアルの設定(全車)があった
           ・サイドブレーキは手動式(手引き)
           ・全車リヤブレーキは初期型はドラム式(リーディングトレーリング)
                ’88年のマイナーチェンジで4輪Vディスクに変更
           ・社外ABSの設定あり(ドイツ・BOSCH社製)
         内装の違い
           ・ベンチシートの設定無し
           ・2.4/3.0にのみルーズクッションシート装着
           ・前期・後期共に一本スポークステアリング(オーディオスイッチ付き) 
                    

    発売当時の価格設定(現代自動車資料より)

       86年7月(初期モデル):1690万ウォン(2.0リッター・5速MT)
       87年7月(88モデル・2.4追加):1790万ウォン(2.0MT)
                           2550万ウォン(2.4i・オートマティック)
       88年4月(価格改定):1716万ウォン(2.0MT)
                     2288万ウォン(2.4AT)

       89年9月(初のマイナーチェンジ・3.0追加):
                     2890万ウォン(3.0V6)
       91年3月(92モデル・3.0V6ソシアル追加)
                     2590万ウォン(3.0V6ソシアル)
       100ウォン:14円〜13円程度(当時のレート)で考えれば、実感がつかめると思います.
       当時の平均的な大卒初任給が35万〜40万ウォン程度だったので、グレンジャーは正に
       「高嶺の花」の存在でした。
       その為、当時は個人ユーザーが少なく、専ら企業の役員車としての需要が主でした。
                 


               
New Grandeur V6 3000 ”GOLD”仕様(97モデル)

 

       
DINASTY 3.0SV(下)とEQUUS JS350(上)

       2世代目グレンジャーからは三菱との共同開発となり、バリエーションも拡大。
       (何と2.0直4(ランエボにも搭載している4G63!!)〜3.5V6までのワイドレンジ)
       兄弟車ダイナスティー(写真左上)を独力で開発し、高級車市場のトップの座を
       不動の物にしました.
       3代目では上級シリーズがグレンジャーから独立し、エクウス(写真右上)を発売。
       グレンジャーはミディアムクラスセダンの「グレンジャーXG」として、新たなヒット作となりました。
                                          


            
Grandeur XG (オーストラリア仕様)

       99年にはグレンジャー兄弟の異端児、ミニヴァンの「トラジェXG」を東京モーターショウで
       発表するなど、グレンジャー兄弟の快進撃は留まる気配がありません。

       そして2001年、遂にグレンジャーの伝統を受け継いだミニヴァン、トラジェXGが
       「ヒュンダイ・トラジェ」のブランド名で日本に正規導入されました。
       さらにはヒュンダイXGも日本導入が開始され、日本市場へ足を踏み入れた
       韓国トップブランドカー。今後の展開がますます楽しみです。

    乗用車館・ホームへ戻ります