▲TOPディスクシステム資料



◆キャラカードの「イイコト」ってあったの?


コナミのファミコンとディスクシステムの
ゲームソフトのうち、1987年4月〜1988年2月の
10か月の間に発売されたソフトには
キャラカード
というトレーディングカードのようなものが
封入されていました。

クリックで拡大





これらのカードがソフト1本につき1枚入っており、各ソフトごとに最大で6種類存在したようです。

全部揃えようと思ったら最低でも同じソフトを6本買う必要が。
もちろん購入前にはどのカードが入っているかはわからないので、ダブる可能性も高いでしょう。これは大変…。



なお、キャラカード入りのゲームの中で、ディスクシステムのソフトでは以下の10タイトルが該当。
迷宮寺院ダババ 
 1987.5.29 

愛戦士ニコル 
 1987.6.18 

エキサイティング
ビリヤード 
 1987.6.26 

エキサイティング
バスケット 
 1987.7.24 

アルマナの奇跡 
 1987.8.11 

ドラキュラII
呪いの封印 
 1987.8.28 

ファルシオン 
 1987.10.21 

ドレミッコ 
 1987.12.4 

エキサイティング
ベースボール 
 1987.12.8 

エキサイティング
サッカー 
 1988.2.16 
※キャラカード画像は手持ちのものに加え、所持していないものは以下のWebサイトの画像を使用しています。
 「Arcade Gear」 「NINTENDO SEGA JAPAN」 「VGDen」 「FAMICON GARDEN
※ドレミッコのみキャラカードは1種類のようです。
迷宮寺院ダババは6種類ではなく5種類で全てかもしれません。カードのイラストはいずれもゲーム内の全5体のボスを描いているため。
※ダババとドレミッコ以外のディスクシステムソフトのカードは全6種類のようです。






 さて本題。
 キャラカードの裏面には固有のシリアル番号が割り振られており、
 「このキャラカードは大切に保管しておいてね。何かイイコトあるかもね!
 という何やら意味ありげなメッセージが。



 このイイコト、同時期にコナミから発行されていたサブカルチャー情報誌
 『Nan?Da』と関係があるという噂が一部であったらしいです。

 この時期のコナミのゲーム説明書や同封チラシには、
 この Nan?Da の宣伝が必ず入っていたためでしょうか。

  左の写真は愛戦士ニコルの説明書。
  このページだけでなく、前のページにも Nan?da の宣伝が。
  なおカセットのソフトの場合は、説明書ではなく同封のチラシで宣伝されていました。



下の写真は Nan?Da の1977年11月12日、1988年5月12日号。

Nan?Da No.17 より。 ゲーム関連の記事は全く無い。(クリックで拡大)
1冊はキャラカード対象ゲームが発売されていた時期のもの、もう1冊はカード配布終了後少ししてから発行された号です。
この2冊を確認してみましたが、どうもキャラカードに関係しそうな記事は見当たらず。
というよりこの雑誌、ゲームに関する記事自体一切なし。自社ゲームの広告だけは載ってますが。
※キャラカード登場以前の古い号にはゲームの特集も組まれていたようです。



本当に何か “イイコト”、あったの?






実はイイコトありました



こちらはディスクシステムのソフト『ファルシオン』のチラシ。A4サイズ。







このチラシ裏面の右上部分に注目。



なんとキャラカード裏面のシリアルナンバーを用いたプレゼントキャンペーンが行われていたようです。

このチラシによれば、1987年9月〜10月30日の期間に対象のキャラカードをコナミへ送ると
当選者にソフト『ファルシオン』とファミコンの周辺機器『3Dシステム』がプレゼントされたようです。





なお、このキャンペーンが行われたのはほんの一時期だけかもしれません。
一時期、というよりファルシオンだけかも。
というのも、キャラカードの裏面を発売順に並べてみると…



最後のほうの対象ソフト、「何かイイコトあるかもね!」のセリフが無くなっている!


というわけで、後の方では 何かイイコト、なくなったみたい。




▲TOPディスクシステム資料

カウンター