県南 石川一雄さんを支援する会

 

                                 会長       秦 哲美

                                 事務局長    古河 誠

 
リンク

  コーナー

石川無実

 

五反田 

チャレンジ

   の会 へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 狭山現地に「資料館」の建設を!

 

私たち 県南・石川一雄さんを支援する会 は賛同人、メッセージ、カンパを呼びかけています。

 

    

 2016年水道橋・狭山情宣                    狭山ウォークの様子                                           

 

狭山第3次再審勝利に向けた行動へ!         

 

     日比谷野音での石川さん 

   

◆狭山事件は53年がたちます。いま、証拠開示をめぐっての攻防が続いています。

 東京高裁は、直ちに再審を開始するべきです。これまで出された「新証拠」は、石川さんの無実をはっきりさせました。特に、筆跡の新証拠は重要。これは、石川無実へアクセスしてもらえば比較できます。

 

◆これらの証拠は、石川さんの「無実」をはっきりと訴えています。石川さんの訴えに、そして闘いに連帯し、第3次再審を勝利に向けて、ともに闘いましょう!

 

◆腕時計のバンド穴使用状況検査によって「3大物証」のひとつ「腕時計」が被害者のものではないことがはっきりしました。

 

◆また、この間の三者協議では、石川さん宅で発見された万年筆は、被害者が使っていた万年筆ではないことがインクの科学的な鑑定結果からはっきりしました。新証拠として提出してあります。

 

◆私たちは、この石川さんの行動に連帯していきます。

 

3大物証=「時計」はやはり、被害者のものではなかった。  

 

弁護団による提出された新証拠=時計について

img2.gif 

 

 ■腕時計は、被害者と姉の共用だったようです。姉よりも腕周りの大きい被害者は剣

   先から2番目、3番目を使うはずであるが、剣先から3番目までの穴は、ほとんど

    使われた形跡なし。円形を保っている。しかし、4番目、5番目の穴は、変形が著

     しく、はっきりと使用された形跡が残っている。これは、被害者Yさんが使用し

         ていたものではないことがはっきりわかるものである。 

 

*直ちに事実調べをおこない、再審を開始するべきです。 

  


県南支援する会は

「現地調査」を実施しています

             

現地調査にぜひ立ち寄ってください         

狭山現地事務所へ=『かもい』が見られます

解放同盟埼玉県連に連絡(現地調査)を取って下さい。

現地案内ボランティアの手配ができます。

 

◇三者協議に関しては・・・  

 詳しくは=「石川無実を クリックしてください

 

 

写真は日比谷野音での全国集会の様子

行動、行動! 2016年 

 

◆写真は2016、5、24

  狭山事件の再審を求める市民集会

 (詳しくは左のリンク=石川無実」をクリック)   

    

 

10・28狭山中央集会は・・・

  *10月28日(金)=東京・日比谷野外音楽堂で開催

     【13:00〜です】

  ◎これまで185点の証拠が開示されています。これらの証拠開

   示で自白の矛盾・疑問、証拠のねつ造が次々に明らかになっ

   てきています。特に開示された「取り調べ録音テープ」は石川

   さんの自白が「虚偽自白」「誘導された自白」であることを明ら

   かにしています。

◆弁護団に新たに、小林節(憲法学者)さんも参加

  =会場で発言もありました。(5/24)

5.23マラソンキャンペーン

浦和地裁前から日比谷野音まで

約30劼離泪薀愁鵐ャンペーン

■現在は、狭山ウォークになっています。

狭山闘争支援団体新年交流集会(於:狭山富士見自治会館)

*2017年は1月21日(土)に実施予定。(10:45から)

 写真は2008年のもの(伝統あり)