手と手を繋いで見上げた空に、ぼくらはまた恋することを、誓った――

 

いろとりどりのセカイ

 

ジャンル

優しい魔法がふたりを繋ぐ恋愛ADV
種別 18禁
メディア DVD-ROM

総合評価  88点

プラットフォーム 

PC

メーカー

FAVORITE

 

シナリオ

キャラクター性

音楽

システム

A

A

B

主人公属性             作品属性         キャラ属性

ヘタレ度

萌え度

☆☆☆

ヤンデレ度

空気度

☆☆

超展開

☆☆

サブキャラ個性

☆☆☆☆

熱血度

☆☆

冗長度

☆☆☆

異世界度

☆☆☆☆☆☆

神様度

☆☆☆☆☆☆☆・・

泣き度

☆☆☆

隠し伏線度

☆☆☆☆☆☆

◆OPムービー◆

 

異世界に通じるとらう学生寮の地下室を中心に逃がし屋を営む主人公と学生寮に住むヒロインたちのお話。

独特の世界観がマッチした不思議ながらも惹きつけられる作品。

ただ全体的にボリューム大なので長丁場は覚悟。

 ◆以下ネタバレ反転◆

キャラクターの極端な個性・・・という感じの昨今の萌えゲーのキャラとは違いオーソドックスながらも秘密のありそうなキャラクターという意味で個性付けをしてるのが印象的。

まあもちろん萌え要素も押さえてはいるが。

各ヒロインはもちろんサブキャラだけでなく主人公にまで謎要素が多く、各ヒロインのルートごとにそれが明かされていくと同時に新たなる謎が生まれるなど・・・プレイヤーにとっても挑戦的なシナリオ。

故に少し難解だが・・・その分やりごたえ、読みごたえは十分にある。

シナリオ自体も実にいい出来で特に真紅ルートはなかなかの読みごたえ。

ただ内容的に回想シーンが多く、共通ルートが長い。

序盤は物語がほとんど動かず少し退屈などの欠点もある。

あと本作品はルートによっては奇を狙いすぎて結果不快に感じる部分や思いっきり外してる部分も多いので全ルート手放しにすばらしいとは言えないのが問題。

もう少し日常イベントを上手く回せてたならば完璧だっただけに残念。

☆ネタバレ中のネタバレ☆(個別ルート感想)

鹿野上 悠馬

実は主人公でありラスボス。この世界は彼が作ったセカイだった。

二階堂 真紅

真ヒロイン。このお話は彼女が本当の恋をするお話であり、まさに真紅ゲー。他のヒロインなんていらなかったんや。でも最後はハッピーエンドで良かった。この娘はくわしくはゲームをやってくれ(おい

観波 加奈

幼いころ神隠しのあって異世界に落ちた少女。その時記憶を食らう蝶に寄生される。余命少ない状態で主人公と再会して押しかけ女房を気取るが・・・。どうもこのルートはあゆむが助けるのはいいけど・・「もう君(主人公)におは任せておけない」とかどうも感じ悪いかも・・・主人公ェ

如月 澪

実はよく似た世界でもう一人の自分と入れ替わってた娘。偽幼馴染。でもとおるの登場って唐突過ぎる気がした。後序盤ゲームで引っ張りすぎ・・・・。オチは良かったけど。

敷島 鏡

実は蝶を操る式使いの一族の落ちこぼれ。最後は事件解決して式を操れるようになってグッドエンドなものの・・・加奈ルート先にやってると・・・あのお兄さんの変貌ぶりにげんなりするルート。

東峰 つかさ

幼少の自分を救ってくれたおばあちゃんを助けるためにバイトする少女。しかしその目的はばあちゃんと体を入れ替え自分が犠牲になる予定だったが・・・商店街の人らに助けられる。普通にいいお話。

以上。

☆管理人が斬る!☆

 

 いい作品ですし、シナリオが特にいい!

と心から叫びたいのですが・・・・

 

まあ上にも書きましたが・・・・真紅ルート以外は少し駄目な部分が多いんですよね。

そこさえ無けりゃ90点台なんですが・・・・

いくつか書くと・・・

・澪ルートの回想の入れ方。

・加奈ルートのあゆむの台詞や態度と主人公の棚ぼたっぷり

・鏡ルートの兄の手紙の酷さ

などがちょっとなぁ・・・と思いました。

 

何となくライターさんが奇を狙ってるんだろうとは思いましたが・・・

もうちょい王道で締めてほしかったですね。

 

まあ真紅ルートはもう文句なしですが。

真紅ゲーですよね!!

 

 

サイトへ戻る

ゲーム一覧に戻る