H/P top

 

トライアルのトライアル

ゆらゆらへ

E-mail 

 

 

回転パネル2

 画像以外のスペースに文字列を書き込み、ディスプレーの有効使用を図るのには、カーソルを指定して「表」をインデントで位置を指定して設置する。書き込む文字量により、変動する表の大きさはまた、「段落」で書いた「枠」や「文字」もよけさせて変動してゆく。 

 

 「表」の「枠」を表示させないと、文字だけが表示されるので浮き上がって見える。文字量によって自動的に大きさが変化するので便利である。

 

 こうして作ったページを、このページの中でコピペして新しいページを作ってみる。

 

始めて「段落スタイル」を使うとき: 「編集」でツールバー「書式」「段落スタイル」「枠線」と行き、線種、線の色を選択

作ってある段落を変更するとき:: 対象の「段落」を選択し、「書式」「段落とリストのプロパティ」一番下の「スタイル」から何をするか選び、条件を与える。

動く画像の横のスペースを使うのには、まず書きこめる様にすること。

 どうやったら画像のわきを埋め込めるか?。カーソルを置くのはつぎのようにする。ツールバー「表」「表の描画」で表を作り、その表の「プロパティ」でインデント右か左にし、枠なしに設定してO