縦書き源氏物語

ごゆっくりと、なつかしいメロディーで

 

 img1.gif  

第二部 (1)女三宮降嫁   

 

 若菜 上 (源氏三十九歳冬-四十一歳三月)
 源氏の四十歳を祝い、正月に玉鬘が若菜 を献じる。一方で朱雀院は出家に際して末娘 女三宮の行末を案じ、これを源氏に嫁がしめ る。紫の上の憂慮はひとかたならず、源氏自身 もほんの少女にすぎない彼女に対して愛情を 感じられないが、兄帝の願いを無下には断れ ない。
秋、源氏四十の賀が盛大に行われる。 さらに翌年の春には明石女御が東宮の子を 出産し、源氏の権勢はいよいよ高まりつつある が、その陰で、六条院の蹴鞠の催に女三の宮 を垣間見た柏木(内大臣の子)は彼女への 密かな思慕をつのらせるのであった。

 若菜 下(源氏四十一歳三月から四十七歳十二月)
 朱雀院五十の賀に際して女楽が催され、 源氏は女三の宮に琴を教える。女楽の直後、 紫の上が病に臥し、源氏はその看護に余念が ない。その間に柏木はかねての思いを遂げ、 女三宮を懐妊させてしまう。柏木が女三宮に 送った手紙を手にした源氏は事情を知って懊 悩する。一方で源氏の遠まわしな諷諌に、 柏木は恐怖のあまり病を発し、そのまま重態に 陥る。

 柏木 (源氏四十八歳正月から秋)
 年明けて女三の宮は男の子(薫)を生み、柏木 は病篤くして間も亡くなる。女三の宮も罪の意 識深く、また産後の肥立ちの悪さから出家して しまう。源氏は薫出生の秘密を守りとおすことを 決意する。
一方で柏木に後事を託された親友 の夕霧は、残された柏木の妻女二宮(落葉の 宮)を見舞ううちに彼女に引かれるようになって ゆく。

 横笛 (源氏四十九歳春から秋)
 秋、柏木の一周忌が営まれる。落葉の宮 の後見をする夕霧はその礼として宮の母から 柏木遺愛の横笛を贈られるが、その夜、夢 に柏木があらわれて、自分が笛を贈りたいの は別人である(薫を示唆)と言う。夕霧は源氏 にこのことを相談するが、源氏は言を左右に してはっきりと答えない。

 

   鈴虫(源氏五十歳夏から秋)
 夏、出家した女三宮の持仏開眼供養が行 われる。秋、その御殿の庭に鈴虫を放って、 源氏らが宴を行う。その夜、秋好中宮が死霊 となって苦しむ母六条御息所の慰霊のため出 家したいと源氏にうちあけるが、源氏はこれを 諌める。

 夕霧  (源氏五十歳秋から冬)
 秋、想いをおさえきれない夕霧は人目を忍ん で落葉の宮に意中を明かすが、彼女はこれを 受入れない。しかし世上両人の噂は高く、落 葉の宮の母御息所はこれを苦にして病死して しまう。落葉の宮はいっそう夕霧を厭うが、 夕霧は強引に彼女との契りを結び、妻とする。 雲居雁は嫉妬のあまり父致仕太政大臣の もとへ帰って、夕霧の弁明をも聞きつけない。 末尾に夕霧の行末とその一門の繁栄が語ら れる。

  御法 (源氏五十一歳春から秋)
 「若菜」の大病ののち紫の上の健康は優 れず、たびたび出家を願うが、源氏はこれを 許さず、紫の上はせめて仏事によって後世を 願う。春から秋にかけて六条院最後の栄華と 紫の上の病状が描かれる。秋、紫の上は 病死し、源氏は深い悲嘆にくれる。

 幻 (源氏五十二歳正月から年末)
 紫の上亡き後の源氏の一年を四季の風 物を主として叙情的に描く。年末に源氏は 出家の意志をかため、女君たちとの手紙を焼 き捨てる。

 雲隠 (帖名のみあって本文はない。帖名に源氏 の死が暗示されているというのが古くからの説。 なお「宿木」に出家後数年、嵯峨に隠棲して 崩御したことが記されている。)

 源氏は崩御した。
  

 

        2013年8月24日 土曜日 修正