BGM 岸壁の母 が鳴りだします。うるさかったら

一番下のプレーヤーの■をおしてください

 

まずは「飛び先あちこち」を開いてください。

年配者

 

電子メールへ

 

飛び先あちこち

アルツハイマの特効薬

 Counter  

副作用はありません

 

  

ゆっくりパソ子と遊んでやったら出来ちゃった。どうしよう?。

四捨五入して七十なのにぃ?。

 

 いや、これ(ホームページ)のことですよ。

  2015年8月2日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 茨城の春

 

裏山はこれから

 

 

人工透析しながらのホームページ

 

 半身不随の車椅子の人工透析の病人

 

67歳の無収入の後期高齢者……

 

でもなんとかならぁな。

 

 

 

 

たろうちゃぁん

 

 

  ここ1年で、ひとりは期待された王子様がアンチバイタリティで崩れ、一人は我慢強い熟練者かと思わせられて、内心心躍らせたのにこれも崩れ、後は野となれ山となれと政権投げ出しが二人続いた。二人とも政治空白を作りたくない、国民に迷惑はかけたくないと、表向きは言ったけれど、実力が無くて、大きな政治空白と斯界にかけた迷惑は図りきれない。おまけに私らをあきれさせ、それでもリストラされない不思議な世界を見せ付けて、先生ズラを続けている。

 

政治家だから虎視眈々と狙われ、足を引っ張られて当然だが、水面下で話し合って決まっていた人のほかに、お祭り騒ぎと、予定される選挙対策に知られた顔4人を揃え、セレモニーをした。

手続きが粛々と私らの手の届かないところで行われ、今度の総裁は立場上ニコリともせずそのときニヒルな顔を見せ、アノ政党と、というよりもアノ党首と対決する姿勢を示した。

面白い政治になると思うが、私らに目線をあわせることを怠ってまで対決をすることは無い。喧嘩太郎と壊し屋一郎、ニッポンをよくしようとしているのは二人とも同じなのだろうが、やり方と手段と方針と、裏付けが違っている。話し合って下々が良くなる方向へ向かうのは出来ないのだろうかと、素朴な疑問を持つ。

 

政党名は似ているのに、やっぱり親分が喧嘩好きだと駄目なんだなぁ。国会って話し合いの場で相手をやりこめる場とは違うのに、遣り込めるのが好きで何もやらず、それが政治家の仕事って誤解している人が多いんですよ。

やり込めるのを自重して話し合える総裁になり、先見の明を持って計画を持ち、信念を貫き、予定ではコメント出来ないなんて言わないで私たちに方向性を示して、グイグイ、グイッと引っ張って行くのがリーダーでしょう!。ア、そう。そんなこと解っているって?。見ててくれって?。イヤこりゃぁまた失礼な事言ってしまっ太郎に・・・。