backhome                          

                                                           

                                                                           

古山城の遺構

日光市(旧今市市)塩野室地区内にある古山山(塩野室、小林、沓掛境にある山で、古くは小山山とよんだ)に、古山城(小山城)とよばれる城跡がある。
古山山の山頂部をスケッチしながら歩いてみた。そこには雑木に覆われながらも比較的良好に郭や土塁が残存している。
古山城とよばれる城塞の遺構である(古くは小山と書いてコヤマとよんだ。地元では古山山とよんでいる)。
山頂部分を削平し、幾つかの大小の郭が設けられ、さらに帯郭(横堀跡かも)が配されている。日光山を臨む西側の郭の下は急な断崖となっており来るものを拒んでいる。  
全体的に規模は小さく郭部分は狭隘で、そこに館などの常駐施設を設けるのは困難であることから、番小屋と見張り櫓、板塀や柵を設けていた程度の詰めの城(戦闘時に詰める城)
であったと考えられる。どの方面から敵が来ても迎えうてるような縄張であり、近辺の城跡と比べるとかなり技巧的である。

東側の土塁跡には切れ間があり虎口跡と思われ、その下に広がる裾野に根古屋(館や兵舎などの平時の生活の場)があったのではないだろうか。
この古山城跡は典型的な中世城郭跡といえよう。
(織田信長の安土城、豊臣秀吉の大坂城以降、立派な天守閣を持った城が江戸時代になると築城されますが、中世戦国期の多くの城は「城」という文字が示すように
土から成るもので、掘り、土塁などが主要な構築物であり建物は簡易なものでした。)


 下図は古山城跡のおおよその調査図                下の写真は古山城跡遠景             下は古山城跡航空写真  
                                                              城跡南面に金場という小字がある。武器製造のための鍛冶が行われていたものか               

 1    


         下の写真は堀と城塁            下の写真は塁留めの石積み(後世のものか?)     下の写真は根古屋があったと思われる、山裾にある井戸跡(?)

 

下の写真は城跡東にある虎口跡(写真ではわかりにくい)                  頂上の削平地                        古山城想像図

        

 

 

誰が、いつごろ?

明治の「河内郡小林村地誌編材料取調書」に「小山古城跡アリ、塁涅ノ遺形幽ニ現在ス、何人ノ居住カ不詳、伝ヲ朝比奈某の居シ所ト云フ」とある。
地元の伝承では、鎌倉時代に和田合戦(1213 5月)で敗れた朝比奈三郎義秀(和田義盛の子)が、近郷の轟城(城というより居館)に拠る畠山重慶(鎌倉幕府創設期の
重鎮御家人で、北条一門の策略によって討たれた畠山次郎重忠の末子といわれる。通称は大夫阿闍梨。日光山の僧侶になっていたようである。重忠の死によって
日光山に移されたのか、それ以前から日光山にいたのかは不明)を頼って塩野室地区を訪れ、古山に拠ったと云われている。

しかしながら、この伝承には疑問が残る。
拠ったとすれば和田合戦のあった1213年5月以降となるのであるが、頼りとした畠山重慶は1213年の9月に謀反の動きありと鎌倉幕府に通報され、実朝(鎌倉
3
代将軍)より討伐の命を受けた長沼宗政(有力幕府御家人小山政光の二男)によって討れたと云われている。誰が鎌倉に畠山重慶に謀反ありと通報したかと
いえば、当時の日光山別当の弁覚とうい人物である。この弁覚なる人物は頼朝の信頼を背景に日光山別当の座に就いており、以来鎌倉との繋がりは強いものが
あったようで、和田合戦には弁覚自身も衆徒を率い幕府方として戦っている。(弁覚は下野有力御家人であった小山政光の従兄弟である)
その日光山勢力の目と鼻の先の古山に、和田合戦の残党である義秀が拠るであろうか。周辺には日光山の他にも有力鎌倉御家人宇都宮氏、塩谷氏が居る。
仮に拠ったとしても重慶と同様、鎌倉よりの追討軍に攻め寄せられることは必至であろう。実質、危険な敵地に赴くこと自体考えにくいし、ましてや居を構えるなど
は不可能であったと思われる。

なお、明治四十三年に編集された郷土誌には、和田合戦敗戦により安房へのがれた義秀は、宇都宮頼綱の家臣となり塩野室地区に所領を得、古山山に砦を築いたと
云われている。また、その子孫は同地区に帰農したとも云われる。
しかし、和田合戦のあった
建暦3年(1213年 5月)には、宇都宮頼綱は鎌倉府より謀反の疑いをかけられたため、弟の宇都宮朝業に家督を譲り、京の
嵯峨野に隠遁したと云われる頃であり、そのような時期に謀反人である義秀を家臣にするとは考えにくい。
謀反人を匿えば、宇都宮氏自体の安泰が危ぶまれるであろう。

義秀はヒーロー的な人気者のようで、和田合戦後の消息について各地に伝承や史跡が残っている。下記はその一例である。
・千葉県君津市亀山地区には朝比奈三郎義秀が逃れて来て居(居柄城)を構えたが、最後には北条軍に攻められ敗れ、城は廃城になってまったいう伝承がある。
・長野県木曾地方では彼の地に義秀が隠れ住んだという三浦太夫伝承があり(朝比奈三郎義秀は和田義盛の子、和田氏の宗家は三浦氏)、
 木曽郡王滝村滝越に三浦太夫朝日奈義秀のお墓がある。

・栃木県壬生町大字上田字朝比奈にある中世の館跡(通称 朝比奈館跡)には、義秀が追っ手の目をくらますために造った自分の墓(五輪塔 壬生町指定有形文化財)
 
といわれるものがある。壬生町大字北小林には、三郎とともに落ち延びた家来の熊野五郎と、彼を慕い尼になった「あかね」という娘の墓がある。
・福井県大飯郡おおい町に居を構えていた義秀は、北条軍に攻められ滝に飛び込み最後を遂げたといわれる。
・群馬県吾妻郡長野原町には義秀の墓といわれるものがあり、長野原に居して生涯を終えたのではと云われている。墓は町指定の文化財になっている。
・神奈川県横須賀市の正蓮寺には義秀の墓があり、彼の菩提寺となっている。
朝比奈三郎義秀は瀬戸内海と玄海灘を渡って当時高麗国の釜山に亡命し、釜山の天馬山の麓に住んだ。彼は当時釜山の人々から信望を得ていたので、
 死んだ後に彼を賛える神社が天馬山に建てられたとも云われている。
 後に朝比奈( 三郎) 義秀の孫たちは絶影島に移り、彼の神社も絶影島に移した。絶影島神社が、朝比奈( 三郎) 義秀の神社であると云われている。
等々、彼のにまつわる伝承や史跡は広く分布している。当地区の義秀伝承も各地にある伝承のひとつに過ぎないのではないだろうか。

江戸時代になると塩野室地区は天領や諸藩、幕臣(旗本)の所領や日光神領となったが、その一部が元禄十一年[
1697年]に幕臣の朝比奈(朝伊奈)孫次郎の
所領となっている。
(徳川幕臣の朝比奈氏は、今川氏の家臣であった朝比奈氏の一族であるが、この朝比奈氏は三郎義秀を家祖と称する一族である。ただし真贋のほどは?である。
・・・・因みに、同氏は藤原氏を祖とする系図も持つ)
 
以後、
朝比奈孫治朗などを経て寛政 四年(1792年)まで朝比奈氏の知行地が塩野室村、小林村にあったので、「朝比奈氏の所領が有った」・・・・が、年月が経つにつれ
古山城跡と結びつき、「朝比奈氏の城であった」という伝承が生まれたのではないだろうか。
古山城の遺構は、朝比奈三郎義秀が活躍した鎌倉時代初期のものとは言い難い構造である。 
ちなみに私が子供のころ、祖父が古山には源頼朝が云々・・・馬の蹄の跡が残っている・・・といった話をしていました。地域によって伝承が違うのかも・・・・。

では、この古山城をだれが築いたか・・・推測の域は出ないが二通り考えられる。

その1.日光山勢力による築城


中世において満願寺(現輪王寺)を中心とする日光山は、広大な所領と共に多くの僧兵を擁する一大武装集団であった。
歴代天皇や源頼朝などの時の権力者によって代々安堵され、隆盛とともに所領を拡大してきた日光山であるが、戦国の世となると下野最大の大名である宇都宮氏との抗争を
繰り返すこととなる。
日光山も各地の寺社領に城を築き所領の防衛を行うことが必要になったからであろうか、古山城の近隣には、天文年間(1532-55)に築城されたという
小倉城や板橋城など、日光山の僧籍領主や土豪らによって築かれた山城がある(先に記した轟城跡もその類か)。

それらの城同様に、古くは日光山領である当地区にも、所領の防衛及び郷支配の意味から古山に城が築かれたとも考えられよう。


その2.宇都宮氏勢力による築城

先に記したように古くは日光山の勢力下であった塩野室地区であるが、戦国期も下ってくると下野国内最大の戦国大名である宇都宮勢力に圧迫されていたと
考えられよう。
天正15年(1587)には日光山本拠地の目と鼻の先の茶臼山に鞍ヶ崎城を築くほど、宇都宮氏の勢力が日光山領に喰い込んでいる。
古山城の周辺には大宮城、風見城、泉城など大須賀党の諸城、玉生氏の玉生城、大須賀党君島氏の船生城、逆面氏の逆面城、
新田氏の徳次郎城、小池氏の石那田城、大橋氏の篠井城など、宇都宮氏配下の諸将の城館が築かれている。
参考:古山城周辺の城の位置略図(クリック)
古山城は、日光山に臨む西面は急な断崖であり、根小屋が有ったと思われるエリアは上記の宇都宮諸将の城に面した方角にあることから考えると、
日光山勢力の城というよりも、鬼怒川沿いに北進を図る宇都宮方による築城と考えた方が自然といえよう。
明治の小林村の地誌編輯材料取調書には、同村は宇都宮国綱の領する村との記載あり)
ちなみに宇都宮記「宇都宮国綱 田下に城築事」及び那須記 巻の十 「「鹿目城落城言付君嶋備中守城入言」に記載の宇都宮国綱の陣立の中に、
小山城主君島弥六朗の名がみえる。
船生城に拠る宇都宮家重臣の大須賀党君島氏の一族であろうか。船生城と古山城は鬼怒川をはさんで目と鼻の先の距離であるので、君島氏による築城と考えても
違和感はない。(那須記については栃木県立図書館所蔵のものを参照)
君島弥六郎とは早乙女坂の合戦で陣没した君島廣胤の弟、君島六郎左衛門尉胤次あたりではないだろうか。

個人的には宇都宮氏側の城と考えてほぼ間違いはないだろうと思う。周辺の日光山勢の諸城と比較するとかなり技巧的でありる。



では、なぜ古山山に城が必要であったのだろうか。

一通の桜本坊宗安書状がある。塩室郷(現 塩野室町)に住する手塚弾正より、塩室郷の領主である桜本坊へ、不作のため年貢減免願いが
あったのであ
ろうか・・。その件に対し、桜本坊の代官と思しき式部小輔へ桜本坊宗安が「手塚弾正の詫び言について了承した。ただし、本年貢五貫文
は必ず納入するように申し付けなさい」と書いた書状である。
[
手塚弾正は塩室郷に住する地侍で、日光山の所領支配組織においては名主(みょうしゅ)職であったと思われる。江戸期には地元の名主(なぬし)であったろう。]

宗安書状 下記参照(いまいち史より抜粋)

塩室 桜本坊給分、手塚弾正就詫言承候、尤相理申候、本年貢五貫文古之事、無々沙汰可被仰究事簡要候、 恐々謹言、
甲子八月十九日 宗安(花押) 
     式部小輔殿へ

‐綉の書状から、甲子=永禄 七年(1564年)ごろは、塩室郷の全部または一部が日光山桜本坊の寺領であったことがうかがえる。
△泙、塩野室町に
将監橋という小字があり、日光山遊城坊綱清を攻めて板橋城主となった壬生氏客将である板橋将監親棟の影響があったのかもしれません。
 
(日光山勢力と壬生氏は同盟関係にあったが、宇都宮氏一族の日光山 遊城坊綱清は宇都宮氏と結び勢力拡大を図ったため、壬生氏方の将監親棟に攻められたと云われる。将監は今市方面における壬生氏方の
  対宇都宮勢として、板橋城に拠ったと云われる武将である。

明治の地誌編輯材料取調書に、沢又村は一時宇都宮氏領を経て壬生氏領であったとの記載がある(近隣根室村も壬生氏領であったとの記載あり)。
明治の地誌編輯材料取調書に、小林村は宇都宮国綱領(生没1568-1608)であったとの記載がある(宇都宮氏改易後は蒲生秀行領と記している)。
上記のことから塩野室地区は、北進を図る宇都宮氏と、関東制覇を目指す後北条氏の旗下となり宇都宮氏と対峙する壬生氏及び日光山との勢力争いの狭間にあった
のだろうと考えられる。

そのような状況下、宇都宮氏の日光山領への勢力伸張拠点として、防衛拠点として宇都宮領であった古山山に城を築く必要があったと考えられる。
古山城は周辺の宇都宮勢諸城と比べるとかなり防御力が高い縄張りであり、敵対する壬生氏や日光山勢に対する宇都宮勢の重要な備えの城であったのではないだろうか。
(・・・・・・もともとこの地を支配していた日光山勢が築いた城であったが、鬼怒川沿いに北進を図る宇都宮勢が奪取し改修したとも考えられるが。)


その後、天正18年(1590年)の豊臣秀吉による小田原攻めが終え、小田原北条氏側であった壬生氏や日光山が没落すると、両勢力に対する備えであった古山城の
存在意義も無くなり、秀吉の命である「いらざる城は破却」の原則のもとに古山城は廃城となったのではないだろうか。

                                                                      

城跡の天狗像について

余談であるが、山頂付近に嘉永七年(江戸時代後期)に据えられた祠(裏面に沓掛村の文字、願主の名が刻まれているが風化して読み取れない)がある。
そのわきには安政三年(おそらく)に据えられた天狗、安政四年に据えられたカラス天狗の像がある。
嘉永六年には小田原地震やペリー艦隊(黒船)来航、安政二年には安政江戸地震、三年には八戸地震など天変地異が多かった。
村落の安寧を願って据えられた愛宕権現の社であろうか。
江戸時代中〜後期、愛宕山の修験者により愛宕構は全国に流行した。京都にある愛宕山は火伏せ・防火伏せの神を祭り、太郎坊という
大天狗が住むと云われる山である。愛宕を守るべく大天狗の手下ともいえるカラス天狗と小天狗か中天狗の石像を添えたのであろか。
それとも眷属
神として「鼻高天狗」と「烏天狗」への信仰を合わせもつ、大杉大明神の社であるのだろうか。
尚、この祠に向かう参道は、古くは竪掘であったのかもしれない。
また、古山山の山麓には縄文集落があったようで、土器、石鏃が出土している。


       
          カラス天狗                         祠                   中天狗か小天狗?

                    

小山山という名称についてですが、個人的には小屋山が変化したものではないかと考えています。日光山の桜本坊宗安の書いた「三十講表白」に
天正15年10月の出来事として「同月25日、小倉小屋を宮、佐竹より責め落とす」・・・とあります。小倉小屋とは小倉城のことです。
寝小屋と詰めの城からなる小山城(古山城)と同じような作りの城であったと思われる城です。この文書では小倉城を小倉小屋と書いています。
この当時、簡素な山城を小屋と呼んでいたということです。また、中世の古文書の中にも農民が自前の城(戦乱から身を守るための避難所であったり、
村人自らの手によって外敵から村を守るための防御施設)に籠もる事を小屋上がりと記しているようです。
小屋(城)のある山であるので「小屋山」と古くは呼んでいたのではないだろうか・・・。


                                                                  参考文献 栃木県の中世城郭 いまいち市史 那須記

                                                                                                                                                                               back  home