カスタムとメンテ





タ イ ヤ 交 換



通勤に毎日サベージを使っているが、けさ途中でバーストしてしまった。


家に帰り、交換用のタイヤと工具を持ってきて、路上でタイヤ交換をした。
以下はその模様である。

上は交換用の予備タイヤ 下はバースとしたタイヤ



今回使用した工具です。


 
側溝の穴を覆って隠します。部品が転がって落ちないためです。




まずはフロントブレーキレバーを引きつけて縛ります。
リアを持ち上げるためにこれをしておかないと車体が倒れてしまいます。


ジャッキアップする前にシャフトやショックアブソーバーなどのボルトをゆるめておきます。



マフラーステーにジャッキを当て 持ち上げます。



ショックアブソーバーは左だけ外します。fスプロケットカバーも外しました。
スプロケットカバーをはずなければベルトカバーのネジが外せません。




スイングアームと固定するネジ 隠れています。
先にショックアブソーバーを外したのはこの作業をやりやすくするためです。




ベルトを外したところです。



シャフトを抜いたところ
最初はプラハンでたたいてシャフトを入れ あとは引っこ抜きます。
ブレーキワイヤーは外したらすぐに先のネジを着けておきます。
なくさないためです。


では 組み立てです。


まずはベルトを着けます。



リアブレーキカバーはまずここのかみ合わせをきちんとやってからシャフトを通します。



シャフトを通したらベルトカバーを着け、ショックアブソーバーを取り付けます。

全部取り付けたら、シャフトのボルトをゆるめ、タイヤを前後に回してみてベルトの寄りを見ます。

わたしは前進に回すと左により、後進に回すと右に寄るように調整します。
これをやっておかなければベルト鳴きを起こしたりします。

ここまでやると ジャッキを降ろして、各ボルトの増し締めをします。

あとは道具を片づけて終わりです。

ロングツーの時は タイヤとチューブを点検・交換して行きます。
ジャッキと携帯空気入れ、パンク修理道具を持って行きたいな





TOPへ  メンテTOPへ