カスタムとメンテ




サベージ650のフロントホークオーバーホール 1



わたしのサベージ650は、たぶん30歳ぐらいになるだろう
昨年夏 信州へ行ったときに軽トラにぶつけられて以来Fフォークが気になっていた。
そこで、ネットでFフォークオイルを購入しオイルだけ変えてみた。

ところがどうしたことか 規定量のオイルを入れたとたんオイルがにじみ出してきた。
けっきょくFフォークをOHすることになった。

なぜ最初からOHしなかったかといえば・・・・ 怖かったからである。
なにせド素人メカニック 未知のことには躊躇してしまう。

さいわいわたしにはアドバイスをしてくれるプロの方がついている。
いつも始めるまではいろいろ考えて不安になるが、まずはやってみることだ。

と・・・ これも毎回同じことを言いながら・・・・


まずはフォークの取り外し  手順は・・・

1・アクスルシャフトをゆるめる  2・ウィンカーとその下のステアリングのボルトをゆるめる
3・ブレーキキャリバーをはずす  4・ジャッキアップしタイヤをはずす 
4・ホークの一番上のキャップをはずし、フォークを下へ抜く

注意することは・・・・キャップはバネで押されているので慎重にしないと飛んでいきます。
わたしは飛ばしてしまい、タンクの上に落ちて見事に傷を入れてしまいました。
作業前にタンクには厚手の布等を掛けておいた方がいいですね

アクスルシャフトをゆるめるのは・・・まず右ホークの一番下・前の方についているボルトを六角レンチでゆるめます。
アクスルシャフトはぎちぎちに締めてあるので、わたしはホームセンターで買ったステンパイプをメガネレンチの上にさしてゆるめます。上の写真のように・・・


キャリバーをはずしたら 上の写真のように台の上にのせておきましょう
ぶら下げておくとブレーキパッドがひっついてあとで苦労します。わたしは苦労しました。



ステアリングのボルトは六角レンチ ウインカーホルダをゆるめるのには8mmのメガネレンチが必要です。


ホークのキャップです。


キャップをはずしたレンチです。サイズは27



ジャッキアップは3寸の角材の30cmぐらいの切れ端をステップの下に置き(ちょうど車体が直立します)反対側のフレームにジャッキを噛まします。
ジャッキは車の車載のものを自動車の修理工場の友人からもらって3つもっています。
ジャッキアップしたあとはくれぐれも車体に余計な力を加えないように・・・ 
倒したら大変です。 ジャッキも安定した床におきましょう


TOPへ  メンテTOPへ  NEXT