新宿ミニ博物館
東京染ものがたり博物館

(2004年1月26日)

我が家から10分ほど歩いた所に「東京染ものがたり博物館」が有ります。以前から行こう行こうと

思って居ましたが、なかなか機会が無く、機会は自分で作るものと漸く行ってきました。

神田川は昔 染色に必要な良質の水だったようで、神田川と支流の妙法寺川の流域には染色と

その関連業者が多数あつまり、新宿の地場産業として、江戸以来の伝統を守りつづけているのです。

富田染工芸は、大正3年にこの地で創業し、東京染小紋の老舗として活動してきたそうです。
(パンフレットより)

  

東京染小紋 と 江戸更紗 を中心に展示してありました。
(ここから下の写真はクリックして下さい。大きくなります。)

  

 

 

 

 

館長さんが風邪でお休みだそうで、お話が伺えず残念でした。


新宿区三栄町に 新宿歴史博物館 があります。

その他、区内の文化財や史跡、伝統産業を担っている職人さんの仕事場などを

ミニ博物館」として展示公開しています。此処もその一つです。

新宿ミニ博物館 


林芙美子記念館・染の里二葉苑・目白学園遺跡・つまみかんざし博物館

東京染ものがたり博物館・須賀神社三十六歌仙・内藤新宿太宗寺の文化財
 

私が訪問してホームページにしてあるのは、
 林芙美子記念館 東京染ものがたり博物館  つまみかんざし博物館 です。 

他の博物館にも追々行ってみましょう。

総目次へ