2001  HARU_M のページ

東海道宿駅制400年祭

品川神輿連合渡御

1601年に徳川家康が東海道に宿駅伝馬制をおいてちょうど400年

日本橋を出て最初の宿だった品川で行われる記念祭の一つとして
品川神輿連合渡御」が開催されると新聞で知り2月12日出かけました。


京浜急行の駅に貼ってあったポスターです


この小さな公園に本部が置いてありました
旧東海道は狭い商店街で神輿と人で溢れていました


神輿の棒を結んである縄に水をかけて準備


お囃子の方々も

 
纏を先頭に頭の木遣りが朗々と


可愛い孫もおじいちゃんと一緒に


まずは昭和天皇在位60年祝賀の時の山車から


ちっよと変わった万灯神輿も


担ぎ手は老若男女を問わず
神社によって担ぎ方が違うと聞きましたが判らずじまい

 

  
お面を後ろに付けたり わらじをぶら下げたり


担ぎ手の荷物も行列の中に


この神輿でお終い

北品川の品海公園から旧東海道を通って南太井の鈴ヶ森中学校までの3.5キロを
約5時間かけて練り歩くそうですが 最後の神輿を見送って帰ってきました

総目次へ