小石川後楽園  (2004年1月2日)

江戸時代初期、寛永6年(1629年)に水戸徳川家の祖である頼房が、その中屋敷とし

て造ったもので、二代藩主光圀の代に完成した「小石川後楽園」に 行ってきました。

この後楽園は国の文化財保護法によって 

特別史跡・特別名勝に指定されています。 

二重指定されているのはごく限られている 

そうです。                    

 


庭園の入り口では「新春祝い酒」を振舞っていたので頂戴しました。


「ふゆざくら」が咲いていました。

 
        左 しだれざくら     右 大泉水に浮かぶ蓬莱島

 
左 雪吊り(クリックすると木の根元です)   右 丸屋

 
左 白糸の滝     右 松原では「竹馬」や「羽根つき」の道具が置いて有りました

 
九八屋の前では中国楽器の演奏をしていました

 
左の楽器は昨年中国へ行ったとき買ってきたのと同じです   右 赤門

 
左 渡月橋ふきんから見た通天橋     右 水掘れ石

 
入り口に、江戸城外堀石垣を再利用した石積みの説明板がありました(クリックすると大きくなります)

 

 
左 近くの歩道の絵  右 入り口の縁台(一部を背景に使いました) 

随分昔に行ったことがありますが、殆んど覚えていませんでした。

暖かくなったら、本でも持って又行きたいものです。

(2004・1・9)

総目次へ