2002  HARU_M のページ

浜離宮へ白雲木と藤を観に
2002年4月26日

新聞に白雲木(ハクウンボク)の花が見ごろとでていたので早速出かけて行きました。
朝日新聞によると「盛者必衰の理を・・・」の見出しで、ハクウンボクはエゴノキ科の植物で
「沙羅双樹」(さらそうじゅ)の名で寺院にも良く植えられる。とありましたが、私が調べたところ
沙羅双樹はフタバガキ科の植物で別名インドボダイジュとなっており
写真で見ると違うように思えるがどうなのでしょうか。

 
浜離宮恩賜公園入り口

 
築地川に架かる南門橋から

 
白雲木の全体 

 
白雲木 クリックして下さい

 
背景は草の上に散った白雲木の花です。

 

 
左は普通の藤
右は八重咲きの「八重黒龍」
ともにクリックして下さい


 

 
潮入り池に架かるお伝い橋

 
園内には  子供か

 
新聞を見てと・・年寄りが

総目次へ