水稲荷神社と稲荷鬼王神社の豆まき

2004年2月3日

氏神様である 水稲荷神社 の豆まきへ。

社殿では豆まきをする年男・年女の方々が神妙に坐って祝詞を聞いていました。
その後4時すぎから豆まきが始まり、蜜柑と袋入りの豆が神楽殿から撒かれました。

 

神主さんもお出まし。社殿の前の植木にはおみくじが沢山結んでありました。
 

蜜柑一個と豆一袋を取得。

4時半には水稲荷を出て、都バスに乗り「東新宿駅」下車、歌舞伎町にある

稲荷鬼王神社 の豆まきへ。

5時前につきましたが、6時からと云う事で準備中で、人影もまばらでした。
薄暗い中少しだけ写真を撮り、歌舞伎町の方へ歩いて行き、やっとみつけたカフェでコーヒーを飲み時間を
つぶしましたが、そこには、一寸こわ持てのお兄さん達が声高に話しをしており、さすが「歌舞伎町」の感じ。

稲荷鬼王神社

厄を除き福を授ける鬼の王様の名を持つ全国で唯一つのお宮だそうです。

御祭神は  宇賀能御魂命(うかのみたまのみこと=お稲荷さま)  月夜見命(つくよみのみこと)
            大物主命(おおものぬしのみこと=大黒さま)  天手力男命(あめのたぢからおのみこと)
で境内には七福神の一つ「恵比寿さま」も祀られていました。

本殿 と 恵比寿さまの小さな祠。
 

鬼王神社の水鉢 と 狛犬。
暗くてよく判りませんでしたが、水鉢を支えているのは鬼だそうでクリックすると説明板になります。

  

社殿のなかで祝詞・お払いが有り、神主さんは外へ出てきて参拝客の頭上でお払い。
その後「鳴弦の儀」が有りいよいよ豆まきが始まりました。

ここでは鬼を「春の神」として尊び、「福は内、鬼は内」と唱えて福と春の到来を祈願します。
節分になると、あちらこちらで追い出される鬼を、この神社では迎え入れるそうです。
最年少の年男・年女の小学六年生も、最前列で元気一杯豆を撒いていました。
 

かがり火を焚いての豆まきは風情がありました。
撒いた豆は拾わないで下さいと云っていましたが、この混雑ではかがんだら危ないでしょう。

 

 帰りに福袋のお土産を頂いてきました。

 豆・蜜柑・ラーメン・濡れティシュ

 簡易スリッパ・バドワイザーのバッグ

 が入っていました。

 豆と蜜柑以外は掻き集めのような。

 あまり寒くなく助かりました。

昨年は浅草へ行きましたので、浅草寺節分会 もどうぞ。

おわり

水稲荷神社TOPへ 総目次へ