極楽page(トップページ)

クラシックが使われている映画(映画タイトル別)

映画に使われたクラシック音楽(作曲家・曲別)

映画に使われた賛美歌・国歌・伝承曲・大衆楽曲

おすすめyoutube

映画に使ってほしい名曲あれこれ   

 映画に使用されていない名曲は多い。映画関係者に猛省を促すため、公開します。
from:2017.2.6  
拡大視聴する場合はYouTubeから(誤作動の恐れがあるので)


ジュゼッペ・タルティーニ Giuseppe Tartini 1692.4.8-1770.2.26 イタリア
 12のソナタと1曲のパストラールよりパストラール Pastorale la maggiore イ長調 Op.1-13

 ヴァイオリン曲。こんな名曲がまだ映画にないとは。呆れてしまう。


ジャン・フランチェスコ・マリピエロ Gian Francesco Malipiero 1882.3.18-1973.8.1 イタリア

 マリピエロの曲を使った映画が今のところゼロというのに驚いた。代表曲に何があるか。交響曲やオペラ、ピアノ協奏曲がたくさんある。何が代表曲と言えるんだろう。僕の乏しい音楽的な知識では断定できません。

 とりあえず弦楽四重奏曲第1番を聴いてみてください。


ベラ・バルトーク Béla Bartók 1881.3.25-1945.9.26 ハンガリー

 『ルーマニア民族舞曲(ルーマニア民俗舞曲)Román népi táncok
/ Jocuri poporale Romanesti [Romanes,ti] / Romanian Foikdances
/ Danzas Folklóricas Rumanas』Sz.56

 6曲中、第3曲のみ1本の映画で使用例があります。これはぜひとも全曲いろいろなシーンで使用すべきだろう。

 ピアノ版とオーケストラ版がありますが、ここではとりあえずオーケストラ版を。


イツァーク・アルベニス Isaac Albéniz 1860.5.29-1909.5.18 スペイン

 『入江のざわめき(マラゲーニャ)Rumores da la caleta (Malagueña)』

 ピアノ曲『入江のざわめき』も魅力的な曲。『旅の思い出 Recuerdos de viaje』 Op.71の第6曲。なぜこれがまだ映画に使われてないのか、不思議なほどです。『アストゥリアス Asturias』はよく使われてますね。

 ギターのもありますが、ここはピアノで。


フェリックス・メンデルスゾーン Felix Mendelssohn-Bartholdy 1809.2.3-1847.11.4 ドイツ

 弦楽四重奏の4つの小品 Op.81

 「アンダンテ」「スケルツォ」「カプリッチオ」「フーガ」の4曲。メンデルスゾーンの室内楽は「地味」というイメージがありすぎですが、この曲などは偏見を取り除くのにはいいかと。ビギナーでも安心して聞けます。


スティーヴ・ライヒ Steve Reich 1936.10.3- 米国

 ミニマルミュージック『6台のマリンバ 6 Marimbas』

 『6台のピアノ』の改作ヴァージョン。どちらも映画に使用されていない。

 ライヒの代表作が何になるかは主観によって変わるのでなんとも言えない。個人的には『6台のマリンバ』を推したい。この曲を聴くと瞑想状態になるのです。聴きながら自己暗示をかけて仕事モードに突入するのです。


中山晋平 Nakayama Shinpei 1887.3.22-1952.12.30 日本

 『砂山』 作詞:北原白秋

 有名な歌ですが、壊滅的なほど使用例が少ない。『男はつらいよ 旅と女と寅次郎』だけとは、寂しい。

 ちなみにここで挙げるのは中山晋平の曲ですが、他に山田耕筰、成田為三、宮原禎次が曲をつけています。山田耕筰版はよく知られているものの、あとの2曲は事実上消滅というありさま。よほどの駄作だったか。

 中山晋平はこの他、『雨降りお月』(作詞:野口雨情)『あの町この町』(作詞:野口雨情)『肩たたき』(作詞:西條八十)が未使用で残っています。

真野めぐみの歌とハープで


吉松隆 Yoshimatsu Takashi 1953.3.18- 日本

 ピアノ組曲『プレイアデス舞曲集 Pleiades Dances』

 吉松隆の曲はまだ映画では使われていない。けっして使いにくい音楽ではない、と思うのだが。

 舞曲集は第1集から第9集まである。

第5集より『前奏曲の映像』『暗い朝のパヴァーヌ』『午後の舞曲』『傾いた哀歌』
『夕暮れのアラベスク』『真夜中のノエル』『ロンドの風景』(演奏者不明)


スウェーデンの伝承曲『ジョゼフィンズ・ワルツ Josefin's Waltz / Josephine's Waltz』

作曲:ロジャー・タルロスRoger Tallroth

 ポピュラーな名曲。ほっこりします。いろんな楽器で演奏されます。ヴォーカル・ヴァージョンも少ないながらあります。

ヴェーセンVassenの演奏で。


ハインリッヒ・イグナーツ・フランツ・フォン・ビーバー Heinrich Ignaz Franz von Biber 1644.8.12-1704.5.3 オーストリア

 16のソナタ 16 Sonaten(『ロザリオのソナタ集 The Rosary Sonatas』)

 ヴァイオリン・ソナタ集です。ビーバーもまた映画から完全に黙殺されている作曲家。

 ラスト16曲目の"Sonata of the Guardian Angel"と題された曲はパッサカリアpassacagliaとも呼ばれる。聴くならここ。

少々長いのでパッサカリアだけ。Performer: Gabrielle Wunsch


モーリス・ラヴェル Maurice Ravel 1875.3.7-1937.12.28 フランス

 ピアノ連弾組曲『マ・メール・ロア Ma Mere L'Oye』より第1曲〈眠りの森の美女のパヴァーヌ Pavane de la belle au bois dormant〉

 2曲目以降、〈親指小僧(一寸法師)Petit poucet〉〈パゴダの女王レドロネット Laideronnette, imperatrice des Pagodes [impératrice des Pagodes]〉〈美女と野獣の対話 Les entretiens de la belle et de la bete [bête]〉〈妖精の園 Le jardin feerique [féerique]〉。このうち映画に使われてるのは3と5のみ。それはいかんだろう。

1曲目が短すぎるので、組曲全曲をオーケストラ版にて。けだるく、心地よい。


エンリケ・サボリード(サボリド) Enrique Saborido 1877-1941.11.19 ウルグアイ

 アルゼンチン・タンゴ『フェリシア Felicia』

 タンゴは映画に使われている曲が少なく、どういう理由があるのだろうと思案する。『フェリシア』はタンゴを代表する名曲で、ないはずないと思うものの、今のところ発見できていない。

 映画に使われていないタンゴの名曲は『フェリシア』だけではないですよ。いっぱいある。いちいちあげるのも大変だが、今思いつくのは『ママ、私恋人がほしいの』『やせっぽちのアロルディ』『軍靴の響き』『AA印の悲しみ』『たそがれのオルガニート』『故郷に勝るところなし』『パトリシオス公園』。使われているタンゴの名曲のほうが極端に少ない。

シルバンド・カルテットCuarteto Silbandoによる現代的な演奏で。


フランシス・プーランク Francis Poulenc 1899.1.7-1963.1.30 フランス

 即興曲第15番『エディット・ピアフへのオマージュ(エディット・ピアフをたたえて、エディット・ピアフ讃)Hommage a [à] Edith Piaf』ハ短調

 プーランクはこれしか知りません。なのでよけいなことは書きませんが、この曲はぜひとも一聴を!


スウェーデンの伝承曲『エーミル・ウォルソンの見知らぬ出来事 En Konstig Fan av. Emil Olsson』

 マイナーすぎてここにあげるのが適当なのかどうか迷いました。YouTube投稿もほとんどなし。スウェーデンの曲はいいのがたくさんありながら、僕自身の知識不足もあって、ほとんど拾えていません。

ニッケルハルパとタンブールの演奏で。


ディオニシオ・アグアド Dionisio Aguado y García 1784.4.8-1849.12.29 スペイン

 ギター独奏曲『華麗なロンド Trois Rondo Brillants』Op.2

 軽快で洒脱で美しいメロディ。ギターの代表的名曲です。知らなきゃモグリの音楽ファン呼ばわりされてもしかたないぐらい。

performer: Giacomo Susani


ジャン=フィリップ・ラモー Jean-Philippe Rameau 1683.9.25-1764.9.12 フランス

 クラヴサン曲集第5組曲第7曲〈未開人 Les sauvages〉

 映画界が見落としている名曲の一つ。鍵盤曲ですが、オーケストラヴァージョンもあります。

 原題のソバージュ(フランス語)には野蛮とか野生的とかいう意味があります。タイトルに似合わない垢抜けた曲調です。

スピーディーな演奏で、短い。


スティーヴ・ハケット Steve Hackett 1950.2.12- 英国

 『旅(ジャーニー)The Journey』

 アコースティックギターのソロアルバム『ベイ・オブ・キングス Bay of Kings』1983 に収録された曲です。初めてのクラシックギターによるソロアルバムだったそうです。バックのストリングスを含め、実に美しい。美しすぎて映画に使えない?

 《CD》『ベイ・オブ・キングス』PHCR-4302 他の収録曲も名曲揃い。『ベイ・オブ・キングスBay of Kings』『キムKim』『マリゴールドMarigold』『セント・エルモズ・ファイアーSt.Elmo』『ペトロポリスPetropolis』『セカンド・チャンスSecond Chance』『キャスト・アドリフトCast Adrift』『ホライズンズHorizons』『ブラック・ライトBlack Light』『ザ・バレン・ランドThe Barren Land』『カラマリアCalmaria』『タイム・ラスプ・アット・ミルトン・キーンズTime Lapse At Milton Keynes』『テールズ・オブ・ザ・リヴァーバンクTales Of The Riverbank』『スカイ・ボート・ソングSkye Boat Song』


英国の伝承曲『わたしのロビンは緑の森へ My Robin is to the Greenwood Gone』
もしくは『愛しのロビン Bonny Sweet Robin』

 16世紀後半のエリザベス朝イングランドで流行った物語歌(バラッド)。

 パーシー・グレンジャー編曲のオーケストラ版もありますが、オリジナルのリュート演奏をお勧めします。声楽版もあって、こちらもお勧めしたい。


アントニオ・ヴィヴァルディ Antonio VIvaldi 1678.3.4-1741.7.28 イタリア

 協奏曲集『調和の霊感』第10番 Op.3-10, RV.580, F.IV-10, P.148

 バッハによる4台のチェンバロのための協奏曲ヴァージョン(BWV.1065)がある。ヴィヴァルディの有名曲というと、すべてが映画に使われていそうだけど、これだけない。

 ちなみにボリス・ポレーナBoris Porenaは、『ヴィヴァルディVivaldi』(3楽章)という曲で全曲引用している。特に第1楽章はほぼそのまんま。なんでそんなことをしたのかは不明。YouTube投稿はないみたいだ。


ウルリッヒ・インゲンボルト Ulrich Ingenbold ドイツ

 ギター二重奏曲『夏の雨 Sommerregen』

 『冬の旅 Winterreise』というLPが1982年に出ています。その中の一曲。

 LPはハーヨ・ウェーバー Hajo Weber とのギター・デュオにより発表されました。全8曲を二人が半分ずつ書いています。CD化はされなかった模様。国内盤LPも出ていません。

 これを発表後、二人は完全に沈黙しています。曲としての、アルバムとしての完成度の高さを思うと、完全に消えたことが信じがたく思えます。名前で検索してもヒット数は少なく、当ページ以外、個人や曲、アルバムに関するコメントはゼロ。情報は何もない。生きてるのかどうかすらわからない。

 『メリーゴーラウンド(カルーゼル)』はおすすめyoutubeにあげています。こちらも必聴の名曲。

《LP》ハーヨ・ウェーバー&ウルリッヒ・インゲンボルト Hajo Weber & Ulrich Ingenbold『冬の旅』
 ECMレコード ECM1235(輸入盤・絶盤)
 収録曲:『奇妙な道 Der wundersame Weg』『メリーゴーラウンド(カルーゼル)Karussell』
     『冬の旅 Winterreise』『疑念 Zweifel』『夏の雨 Sommerregen』
     『空中旋回 Derhung in der Luft』『映画音楽 Filmmusik』『息子の歌 Son's Song』
     (日本語タイトルはすべて船越がつけています)


ヨハン・セバスチャン・バッハ Johann Sebastian Bach 1685.3.21-1750.7.28 ドイツ

 ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ(全6曲) BWV.1014-1019

 バッハの頂点といっても過言ではない名曲集。この中で映画に使われているのは第3番の第3楽章のみです。よさが広く知れわたってないんじゃないかと思いたくなる。

 6曲の中の4番(BWV.1017)を。演奏はたくさんありますけど、その中で最もオーソドックスな演奏。ヴァイオリンはヘンリク・シェリング、チェンバロはヘルムート・ヴァルヒァです。


エルネスト・ナザレー(エルネスト・ジュリオ・ジ・ナザレ)  Ernesto Júlio de Nazareth (Ernesto Nazare) 1863.3.20-1934.2.4 ブラジル

 ピアノ曲『オデオン Odeon』

 ナザレーの代表曲で、最もポピュラーな曲。不思議なことに、この曲が映画に使われず、これ以外では複数の彼の曲が使われている。

ここはギターのヴァージョンで。


スウェーデン、ゴトランド島の伝承曲『アンデターグAndetag(息吹、呼吸)』

 グンフヤゥンス・カペルGunnfjauns Kapellのアルバム『ヴォールンドVolund』に収録されている。なんと荘重で美しい歌であることか。映画には使いづらいかもしれない。

 《CD》『ヴォールンドVolund』 ノルディック・ノーツNordic Notes DHN-1027。

ヴォーカルはグンネル・モーリッツソンGunnel J. Mauritzson


イギリスの伝承歌『私の素敵な人(マイ・ボニー・ボーイ)My Bonny Boy』

 えっ、これがなかった?とびっくりするぐらいのポピュラーな英国民謡。広く愛されている歌です。大事にしてくれ。

なぜか表記がないのですが、歌は波多野睦美。


湯山昭のピアノ組曲『お菓子の世界』

 全部で26曲あります。短い曲ばかりです。

 『柿の種』とか『鬼あられ』『金平糖』『甘納豆』の和菓子系もいいですが、洋菓子もそれぞれに。遊び感覚で作られたと思えるピアノ曲集です。

全曲あります。


ヒルデガルド・フォン・ビンゲン HIldegard von Bingen 1098.9.16-1179.9.17 ドイツ

 『魂の羊飼い O Pastor Animarum』もしくは『愛はすべてに富む Caritas abundat in omnia』

 紫式部よりはあとだが、作品が現存する作曲家としては最古の人。女性です。

 宗教曲の一篇をマンダラ映像にて。

animation: Timothy Helgeson


アイルランドの伝承歌『サイレント・オ・モイル Silent, O Moyle』

 トマス・ムーアが神話を下敷きにし、『親愛なるイヴレーン Arrah, My Dear Eveleen』という曲に詩をつけたもの。アイルランドの誇れる名曲。モイルは地名です。

歌はメイヴ Méav Ní Mhaolchatha


米国の歌『灯台守 The Golden Rule』

 ポピュラーな歌なのに情報が乏しく、大半が間違って伝えているという悲しむべき曲。賛美歌『天なる神には』を原曲としてたり(少し似てるが別の歌)、唱歌集などではいまだに英国の曲としている。しっかり確認することなく、間違った情報をコピペするウェブ世界の情けない悪習!

 日本語詞の作詞は勝承夫です。ですが、日本発のYouTube投稿はすべて原曲に関して間違って表記をしてるので、外します。韓国語版です。


アイルランドの伝承歌『クールモアの少女 The Maid of Coolmore』

 アイルランド音楽にしては少々垢抜けきった印象もある美しい歌。

 トリーナ・ニ・ドーナルの歌、ボシー・バンドの演奏で。

 同じアイルランドでもベタな『ゴールウェイの女の子 Galway Girl』との落差を比べてほしい(笑)。


英国の伝承曲『行方不明の婦人が見つかった The Lost Lady Found』
 パーシー・グレインジャー Percy Aldridge Grainger 1882.7.8-1961.2.20 オーストラリア・米国

 軽快な明るい曲。何かの映画に使われていそうなんですけど。

 編曲版ですが、組曲『リンカーンシャーの花束 Lincolnshire posy』より。



組曲の全曲版を聞きいてみたいと思われるなら、
Percy Grainger- Lincolnshire Posy- Eastman Wind Orchestraこちらを。

アントニーン・ドヴォルザーク(ドヴォジャーク) Antonín Dvořák 1841.9.8-1904.5.1 ボヘミア

 ピアノ曲『ドゥムカ Dumka』Op.12, B-136

 『ドゥムカとフリアント』と、組になっているうちの前半。哀愁をおびた旋律の名曲です。演奏はラドスラフ・クヴァピル Radoslav Kvapil。



『フリアント』のほうは、
Antonín Dvořák Furiant Op.12, Radoslav Kvapilこちらを。

ドミトリー・ショスタコーヴィチ Dmitrii Dmitrievich Shostakovich 1906.9.25-1975.8.9 ロシア

 ピアノ五重奏曲ト短調 Op.57

 テレビでの使用例は発見しましたが、映画ではまだ。白眉は第2楽章のアダージョと思います。

 シャルル・リシャール=ハムランCharles Richard-Hamelin (piano)
 アポロン・ミュザジェット四重奏団Apollon Musagète Quartett

 曲のスタートは0:24から


ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven 1770.12.16-1827.3.26 ドイツ

 ピアノソナタ第14番嬰ハ短調『月光 Mondschein / Moonlight』Op.27-2 第2楽章

 メールでアニメの曲情報をいただきました。その曲がこれだったのですが、第2楽章が初登場。使いまくりの第1楽章との落差はなんなのか。第1楽章よりこっちのほうがいいと思うのだが。

 短すぎるせいか、第2楽章のみの投稿が乏しい。なので全曲版を。演奏はヴァレンティナ・リシツァValentina Lisitsa。第2楽章は5:25から。


ターロック・オキャロラン Turlough O'Carolan 1670-1738.3.25 アイルランド

 『エレノア・プランケット Eleanor Plunkett』

 『ドラフト Carolan's Draught』を使った映画を発見して初めて、これがオキャロランの初登場と知りました。それはなかろう。ないがしろにしすぎ。とりあえず一曲を。

 演奏は行灯社によるハープとホイッスルで。

『シーベグ・アンド・シーモア Sheebeg and Sheemore』も使用してなかった!

ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven

 チェロ・ソナタ第3番

 『台北ストーリー』でチェロ・ソナタ第3番の第3楽章だけが使われているのを知りました。この楽章の初登場。1楽章は2本の映画。2楽章はまだ使用映画が見つかっていません。扱いの軽さはこの名曲に対する侮蔑です。失礼です。第2は優れた楽章なのに、見捨てられています。

 このほか、気になるのは第5番です。まだ使用例が見当たりません。こちらも名曲。どっちを取り上げようかと迷いましたが、第3番にしました。全楽章です。

 他にもないだろうかと調べてみると、ああ、ブラームスのチェロ・ソナタ第1番も第1楽章のみが一つの映画だけという惨状。しっかりしろ、映画界!


レイナルド・アーン Reynaldo Hahn 1874.8.9-1947.1.28 フランス

 歌曲『クロリスに À Chloris』 詩:テオフィル・ド・ヴィオーThéophile de Viau

 海外のテレビでは1本、使用例があるようですが、現物を確認してません。それ以外、映画もアニメも使っている例が見つからない。アーンの代表作で、静かな名曲です。

 歌はスーザン・グラハムSusan Graham。伴奏のピアノはロジェ・ヴィニョールズRoger Vignoles。


ジュゼッペ・タルティーニ Giuseppe Tartini 1692.4.8-1770.2.26 イタリア

 ヴァイオリン協奏曲 D.45 ニ短調 第2楽章 Grave

 タルティーニをもう一曲。この人は『悪魔のトリル』しかないような誤解でもあるのか、他の名曲が見過ごされている。ちょっと聴いてよこの厳かな名曲を。


ヘンリク・ヴィエニャフスキ(ヴィニャフスキ) Henryk Wieniawski 1835.7.10-1880.4.12 ポーランド  『カプリッチョ・ワルツ(奇想円舞曲)Capriccio-valse』Op.7

 ヴァイオリン曲といえばこれもまた。魅力的なヴァイオリン曲を一つ、忘れ去られないよう置いておかねば。

 ヤシャ・ハイフェッツJascha Heifetzの演奏で。


ヘロニモ・ヒメネス Jerónimo Giménez 1854.10.10-1923.2.19 スペイン

 サルスエラ Zarzuela『テンプラニカ La tempranica』より〈サパテアード Zapateado〉

 サルスエラはスペインのオペラです。ヒメネスも映画に使われた曲がありません。サパテアードは魅力的と思うんですけど。

 ビクトリア・デ・ロサンヘレスVictoria de los Angelesのライブ映像があります。1分43秒と短いです。


アレッサンドロ・スカルラッティ Alessandro Scarlatti 1660.5.2-1725.10.24 イタリア

歌劇『愛のまこと L'honestà negli amori』より〈ガンジス川に陽が昇りぬ Già, il sole dal Genge〉

 日本のテレビドラマに一件だけ。そんなマイナーな歌ではないはずなんですけど。

 ゲラルド・コルッチGerald Colucciの歌で。



海沼実(海沼實、かいぬま みのる)1909.1.31-1971.6.13

 童謡『蛙の笛』 作詞:斎藤信夫

 『あの子はたあれ』も未使用で残ってますが、なんといってもこの歌です。



ヨハン・セバスチャン・バッハ Johann Sebastian Bach 1685.3.21-1750.7.28 ドイツ

 クラヴィア小品集『4つのデュエット 4 Duets』BWV.802-805

 バッハの名曲の中では知名度が低そうなので、特にあげておくことにします。

 ズザナ・ルージチコヴァーZuzana Růžičkováのチェンバロで。



アルカンジェロ・コレッリ(コレルリ)  Arcagelo Corelli 1653.2.17-1713.1.8 イタリア

 バッハより少し前の時代の作曲家。『ラ・フォリア La folia』や『クリスマス協奏曲 La notte di Natale』のような通称のあるものは映画に使われるが、ないものは軽視される。

 コレッリはゆったりした楽章から入る曲が大半なので、とっつきにくいんでしょう。ヴァイオリン・ソナタ第11番Op.5-11の第2楽章のみという演奏を。誰が演奏してるのか、皆目不明です。

 ちなみこの曲、第5楽章は一つだけ使用例あり。



伊福部昭 Ifukube Akira 1914.5.31-2006.2.8 日本

 『箜篌歌(くごか)』

 穏やかな曲です。じっくり耳を傾けることをお奨めします。伊福部の曲は、「音楽界の岡本太郎」ばかりではないのです。

 二十五絃箏の演奏は野坂恵子



カナダのクリスマス賛美歌『The Huron Carol』もしくは『Twas in the Moon of Wintertime』



ジョン・ダウランド John Dowland 1563-1626.2.20 英国

 『ご婦人のための素敵な小物 Fine knacks for ladie』

 perform by: The DwsChorale



マヌエル・デ・ファリャ Manuel de Falla 1876.11.23-1946.11.14 スペイン

 スペイン舞曲 第1番(歌劇『はかない人生 La vida breve』から)

 ファリャは『恋は魔術師』しか映画に使われていません。

 いろいろあれど、ギターとチェロのヴァージョン。  ギター:イョラン・セルシェルGöran Söllscher チェロ:ジャン・ワンJian Wang



エイトル・ヴィラ=ロボス Heitor Villa-Lobos 1887.3.5-1959.11.17 ブラジル

 『メロディア・センティメンタル(感傷的なメロディ)Melodia Sentimental』

 ソプラノ(スミ・ジョーSumi Jo)+ギター+ストリングスのヴァージョンで



米国の子守唄『すべてのかわいい子馬へ(ハッシャ・バイ)All the Pretty Little Horses (Hush-A-Bye)』

 著名な歌が、サラ・スヌーク主演のB級ホラー『ジェサベル』だけにしか使われていないことに気づきました。
 この曲の人気の高さを思うと信じられないものがあります。

 歌はキャロリン・へリングCaroline Herringで。



 あらためて調べてみると、社会派ドラマの『シルクウッド』でも使われていました。


アイルランド伝承曲『Mo Ghille Mear (My Gallant Hero / Our Hero)』

 チーフタンズのアルバムでは『素早き戦士』となっている。

 映画に使われていそうに思ったが、今のところ見当たらない。

 歌はスティングSting。


当ページ http://www.geocities.jp/gokuraku_ya/musik/unused.htm
・メッセージボード・
アドレスは公開されません。
メッセージがこちらに到着するまで、かなりのタイムラグがあるようです。ご理解ください。