ゴキブリ撲滅委員会のまとめサイト

薬剤の種類と使用方法

いま現在売られている薬剤は大きく分けて
・スプレー型
・蒸散・拡散型
・毒餌型
の3種類があります。

 

スプレー型の特徴

目の前のGを倒す為に使います。主に殺虫成分で退治しますが、中にはフォーム状になりGを固まらせるタイプのものもあります。

 

蒸散・拡散型の特徴

霧やケムリで退治するタイプの薬剤です。一気に退治できますが、卵には効きません。その為卵が孵化する1ヶ月後を狙い再度使用する必要があります。最近では霧などが出ずに吊るしておくだけで薬剤が拡散するタイプがありますが、生活している場所での使用は避けてください。

 

毒餌型の特徴

代表的な例でいうとホウ酸ダンゴです。餌を食べさせる事により効果が出ます。なお下記のコンバットの例のようにゴキブリの種類によって使用する薬剤は異なる場合があります。

 

コンバットの使い分け

コンバットは プロ用 と 普通のがあります。
なにが違うかというと・・・・
効果のあるゴキブリの種類が違います。
プロ用はチャバネゴキブリ用 茶色の1〜1.5cmのいわゆるチビゴキですね。αは大きいのにも小さいのにも良いようです。だから殆どがチビゴキだったらプロ用を選びそれ以外は 普通のが良いでしょう。 両方いる場合はαが良いようです。用途によって使い分けを・・・