初めて消費者金融会社の取立てが怖い?

初めて消費者金融会社の取立てが怖い?

借金の取り立てが怖いというイメージを持っている人が多いと思いますが、最近の初めて消費者金融会社は違法な取り立てをすることはほとんどないでしょう。
何年か前に、大手初めて消費者金融会社が違法な取り立てをしていたことが問題になり、違法な取り立てをしている業者に対しての取り締まりが強化されました。
違法な取り立てをすると、その初めて消費者金融会社は大きなマイナスになりますので、怖がる必要はありません。
Vシネマなどで違法な取り立てをしている初めて消費者金融会社は、現在では違法なヤミ金くらいなものでしょう。
相手が誰であれ、違法な取り立てをしている業者に対しては、行政が取り締まってくれるので、安心して借り入れをすることができます。

こちら


ですが、借り入れをするときに、返済を滞納してしまうような返済計画を建ててはいけません。
返済計画をしっかり建てて、返済計画に沿って返済することができない状態になることが問題なので、返済が終わらない状態で仕事を辞めてしまったり、ギャンブルにお金を使いすぎたりせず、全額返済できるように努めましょう。

兄弟の初めて消費者金融からの借金は返さなくてはいけないか

兄弟が初めて消費者金融でお金を借りて返済が滞った場合、身内が代わりに支払う義務が生じるのでしょうか。
ポイントとなるのはお金を借りる時点で連帯保証人になっているかどうかです。
連帯保証人は債権者が返済できなくなった時にその返済を保証する役割を担うため、債務者と同等の返済義務が生じてきます。

こちら


つまり連帯保証人になった時点で、何かあった場合の責任を取らなければいけなくなるわけです。
それだけ連帯保証人というものは責任が重いと言えるのです。
今回のケースの場合、初めて消費者金融の借金ということになっていますが、この場合初めて消費者金融のカードローンは借りる際には基本的に保証人が必要無いため、無担保・保証人不要でお金を借りていることになります。
そうなると身内であっても保証人になっていない場合には、返済する義務は一切生じないということになります。
仮に身内だからという理由で返済を迫られたとしても、もちろんお金を支払う必要はありません。

自営業が初めて消費者金融からお金を借りる場合に注意すべき点とは?

自営業はお金が借りにくいとされているのが一般的です。

こちら


最近では学生やパートでも利用ができる初めて消費者金融なども増えてきていますが、それはやはり「一定の収入がある」ことは強みなわけです。
審査の際には「この人が定期的に遅延することなく返済できるか?」を判断しているわけであって、自営業はそれが不明瞭なため、審査が厳しくなり、お金が借りにくいわけです。
逆にいうと、安定した収入があると証明できれば自営業でも借り入れは問題なくなるわけです。
確定申告書のコピーであったり、納税証明書といったものが必要とされます。
低額(〜5万円程度)であれば、収入証明書を必要としないこともあります。
そのほか、「実際に事業を行っているか」の確認のため、「事業実態を証明する書類」を求められることがあります。

こちら


これは営業許可書や納品書、領収書といったもので、ふつうに事業を行っていればすぐに用意ができるものと思います。
また、そういった特性をもつことから、自営業向けの商品を用意しているところもあります。
あくまでも自営業者がその事業を行うための資金として貸し出すため、個人で使うお金ではなく、運転資金や開業資金を目的としたものに限られます。
そのかわり住宅ローンや教育ローンのような目的のある融資と同様とされ、プライベートな利用にかかわる、年収の1/3に限定する総量規制の制限を受けません。
したがって、「自営業でも収入を証明すれば借りることのできるローン(個人向け、総量規制あり)」と、「自営業者の事業向けのローン(個人事業者のみに限定、総量規制を受けない)」の違いをはっきりと把握して融資を申し込むのがよいでしょう。


こちら こちら


  次のページへ>>