チョット笑える話

チョット笑える話〜ツーリング・処女航海編 その1〜 2003/07/29
 社会人になって初めての夏休みを取ったとき。昭和62年の8月のこと。与えられた休暇は僅か3日間、日曜日を足しても4連休だった。この時バイク歴は既に6年。日帰りツーリングの経験はあったものの、泊まりの長距離は一切なし。ツーリングでなくとも、遠出した経験は修学旅行の日光と京都くらいなもの。
 (これでは駄目だ、世間を知らな過ぎる)
と、いうことで午前4時、心配そうなおふくろが見送るなかテントとシュラフを積んだナナハンは北に向かって出発した。
 一般道だけでどこまで走れるか?正午に仙台通過。ここからリヤス式の海岸道路をひた走る。突然の雨で、ラーメン屋で雨宿り。記憶は薄れたが、松島から宮古の途中だったと思う。ここで食べた海鮮ラーメンは海の臭いプンプンの感動の旨さだった。隣のテーブルは黒い上下皮スーツを着こなす紳士。やはり雨宿り中であった。
 「一緒に宮古まで走ろう」
と誘ってくれた。おじさんのマシンはハーレー・FLHで、東京から帰省する途中と言うことだった。
 午後8時、青森の三沢を通過。まだまだ走れる。深夜0時、下北の六ヶ所村に到着。さすがに疲れてテントを張る気力も無し。仕方なく牧草地の上でそのまま寝るが、蚊が大群で襲ってくるのでとても寝れたものではない。再びバイクを走らせると小学校があった。朝礼台の下にシュラフにくるまって深い眠りに就いた。
 午前6時。人の声、笑い声、子供だ。夢かうつつか、判断もおぼつかない状態で、一生懸命事態を考えた。
「学校で野宿したらいかんがに!」 
教育者風の男性に叱られた。私を取り巻く、首からひも付きカードを下げた子供たち。夏休み恒例・ラジオ体操の風景であった。(その2に続く)




トップへ
戻る
前へ
次へ