チョット笑える話

チョット笑える話〜面接編U〜 2005/11/20
 昭和61年夏。8月20日の会社訪問解禁日を境に、面接の掛け持ちをする日が続きました。当時は、就職協定なんていうルールがあったんですね。ミンミンゼミが鳴き叫ぶ中、紺のスーツで歩き回りました。
 面接方法は、1対1、1対多、多対多など、様々ありました。今回の「笑える話」のネタでは、2対多(面接を受ける方が2名で面接官が3人以上)の形式でした。まず私に対する質疑が行われ、その後もう1人に質問が集中しました。
 
 被面接者A(私): ハイ、趣味はオートバイです。ナナハンで街を走っていると気持ちいいんです。
 
 被面接者B: ハイ、父親は3年前に交通事故で亡くなりました。オートバイにはねられて即死でした。 




トップへ
戻る
前へ
次へ