チョット笑える話

チョット笑える話〜留学編21〜 2006/02/05
 ゴールドコーストを走る路線バスは、一社独占の「サーフサイドバス」。黄色くペイントされたボディーがよく目立つ。
 乗車方法は、前払いワンマンで、行き先を申告して料金を運転手に支払うシステム。降りるときは、車内取り付けブザーを押すと停留所で停まってくれる。車内アナウンスは一切ないので、絶えず車外の風景は観察していないと降り過ごしてしまう。
 通学で、毎日このバスを利用していたが、時にはブザー釦のない旧型のバスに当たった。普段通りに、他の客が降りるときはブザーが鳴っていたので、いざ自分がボタンを押す時にこれがないと焦ってしまう。
 いよいよ自分の降りる停留所が間際に迫って、焦りに焦ってブザーを探し回っていたら、ご婦人が笑って天井に張られた紐を引っ張ってくれた。「テロリン!」という情けない音と共にバスは無事に停車した。
 ある日のこと、その旧型バスにバックパックを背負った青年と乗り合わせた。昔の表現を使えば、「ヒッピー風」な出で立ちである。
 案の定、彼はブザー釦を捜し出した。いよいよパニックに陥りそうな雰囲気だったので、私が天井の紐に手を伸ばそうとしたときに事件が起こった。
 「テロテロテロテロリーン」
と、その青年は大声で叫んだのである。バスはその場で急停車。イスラム原理主義による自爆テロを車内一同が連想したことは言うまでもない。




トップへ
戻る
前へ
次へ