なっ、何だったんだ! あのブームは?

あの頃は思わず夢中になってしまいました。
趣味多き管理人があのブームを振り返ります。

パノラマ写真 2005/04/17
 「写ルンです」シリーズで、世に初めて登場したパノラマ撮影機能です。1989年4月のことでした。なんか、その当時は、「パノラマ機能の付いてないカメラはカメラでない」と言わんばかりのブームでした。そのお陰で、現在使っている我が愛用の、1眼・2眼のカメラとも、その機能が搭載されています。
 さて、1989年当時といえば、我が輩がスキーに夢中になっていた時代。確かに、ゲレンデで撮る記念撮影にはもってこいのパノラマ機能でしたが、現像(焼き増し)のコストは高いし、仕上がりまでに余計な日数を要するし、画像は粗いし、そして何よりも「アルバムに貼れないと」いったデメリットの目白押しでした。
 昨今は、めっきりパノラマ機能付きのカメラを見かけなくなりました。そしてDPE屋さんを訪れても、プリントの価格表に「パノラマ」の表記は見られません。
 タマには切り替えモードでパノラマ撮影をしようかと思っています。DPE屋さんの店員の困る顔が見たいという悪戯心で。


トップへ
戻る
前へ
次へ