第8回キングストン大会詳報 写真クリックで一部映像がごらんになれます。

第4回 第5回 第6回 第7回 第8回   第9回  10 11 12回 第13回 第14回  第15回  第16回  第17回  第18回 第19回

 

■バックインタウンオーナー山田さんの 挨拶で始まった第8回大会は10バンドで開催。初参加も2バンド、女性や若い人の参加もあって、ますます拡がりを見せる大会となった。■キングストン・ト リオは半そでストライプ・シャツばかりがステージ衣装と思われているが実際はいろいろ、というわけか、10バンド中ストライプではないバンドがバンド。■キングストン・トリオはトリオとは言ってもグレンキャンベルなどのバックミュージシャンも抱えていたこ ともあってか、5人などの変則構成も4バンド。■キングストンも歌ったかもしれない日本語の曲なども演奏するバンドが2バンド。■客席に紛れ込んだ他バン ドメンバーが合唱する声の方がステージより大きいシーンが多々。客席の野次に勝ったバンド負けそうだったバンド■などなどブラフォー大会やPPM大会では たぶんあり得ない、多彩でエネルギッシュな楽しい大会となりました。

Blackbirds

                       

     

One Too Many Mornings

Where I'm bound

Get Away John

 Stay Awhile

 

 

ベテランの貫禄でトップをきったBlackbirds。  テンガロンハットや "birds" をあしらったシャ ツ、スーツ姿のベースマンなど、個性豊かに決めたステージ。演奏の方も力強く堂々で大きな拍手。

The Kingston MarkV

 

 

Love's Been Good To Me

The Early Morning Rain

The First Time

The New Frontier

 

 

 

ギター2台でしっとり歌い上げる Love's been good to me First time は円熟の技。 音楽談義で騒がしい後部客席も静粛し て聞きほれる。恒例のストライプ衣装でなくてもぴったり決まる演奏すがたに、さすが、の声。

Muckrakers alla Kingston

 

 

Corey, Corey

Weeping Willow

Bimini

Goin' Away For To Leave You

 

 

今大会初出場のバンド名は「キングストン風マッ クレーカーズ」という意味だそうだ。ブルーグラスが本業だが、「キングストンは難しい」とのこと。グレンキャンベルばり、バックギターも従えて熱演。

Mash Liquor

 

 

Coast Of California

Road To Freedom

Where Have All The Flowers Gone

They Call The Wind "Maria"

 

 

今年は本物のキングストン・トリオと共演するなど関西方面でも大活躍。すばらしいバン ジョーの音色でスタートする Coast Of California ベテランの味の「花どこ」に 大きな拍手。健啖のMCは騒々しい客席も静かになるほど。4曲にしちゃ時間が長いの声も。9月17日の

BIT単独ライブが楽しみ。

PPMM

 

 

Hard Travelin'

Hobo's Lullaby

Looking For The Sunshine

Jesse James

 

第一部のトリは 初出場のPPMM。 PPMカバーが本業だが、演奏スタイルがほとんど違うキングストンも情熱でこなす。来週はPPM大会にも出場予定のバイタリティー。  本物のキングストン・トリオはリユニオン・コンサートでPPMのマリーさんとも共演したが、そのシーンを右の写真のように再現してくれた。

Factor Four Men

 

 

Hard Ain't It Hard

MTA

Tomorrow Is A Long Time

Jesse James

 

毎回楽しい演奏を繰り広げてくれる Factor Four Men Five Men 編成。今回も楽しさはぴか一。 演奏前にビール・紹興酒をしこたま飲んでもちゃん弾けるのは一種 の特技との声。 バンジョー2台で演奏した Hard Ain't it Hard はバンジョーソロを2バージョンで弾き分けるなどサービス満点。

The Princeton Party

 

 

Remember The Alamo

Lei Pakalana

Across The Wide Missouri

Stay Awhile

 

 

縦縞、横縞、チェック模様の三人三様のストライプ・シャツで熱演。たった1台のギターだ けでハモる Across The Wide Missouri は圧巻。 Dave Guard のライブ版 Lei Pakalana ではウクレレも入れ、ハワイアンばりの 軽快な演奏は Princeton Party の多彩な力量を彷彿とさせる。

Folk Dreamers

 

 

Where I'm Bound

Oh, Miss Mary

Comin' From The Mountain

あの素晴らしい 愛をもういちど

 

 

500枚作成したCD・DVDはあっという間に売り切れ、追加した500枚は未だ450枚残っているほど有名人となって、サングラスなしには外を歩けな い、フォーク・ドリーマーズ。パーカッションも入れた演奏のまとまり はやっぱり違う、の一言。

 

The Reveries

 

 

Poor Ellen Smith

Hobo's Lullaby

Lei Pakalana

Old Joe Clark

 

太目の、キングストン御用達正調ストライプ、に身を包んだレバリーズは、ロングネックバンジョーでしか弾けない Poor Ellen Smith を好演。Lei Pakalana John Stewart 版をGチューニング演奏、などとマニアック。アンサンブルが上達したとの声もあり、9 月24日のBIT

ライブに向けて張り切っている。

Ramblers

 

 

Children Of The Morning

Lock All The Windows

Omaha Rainbow

Don't You Weep Mary

 

大トリは 「抽選でたまたま」だけではない本物のトリの演奏を聞かせてくれたランブラーズ。12弦を駆使した迫力ある歌声に観客席も圧倒された。John Stewart が歌っていても、キングストンは歌っていない Omaha Rainbow のすばらしい演奏には「イエローカード」の声もかき消される大きな拍手。

 

Copyright 2005 The Reveries