7回キングストン大会詳報       

第4回 第5回 第6回 第7回 第8回   第9回  10 11 12回 第13回 第14回  第15回  第16回  第17回  第18回 第19回

 

■BIT恒例の同大会も7回を迎え、何回も出場しているベテラン10バンドの競演となっ た。■各写真をクリックすると、映像が見られます。

特別企画

■休憩時間には、5つのバンドから、姿背格好が兄弟のような6人を選出、臨時ユニット、「おそ松君ズ」を結 成、大会盛り上げに一役買った。

 

Princeton Party

                             

Georgia Stockade

Where Have All The Flowers Gone

Tom Dooley

 Hard Travelin' 

                   

「3色信号機色」のシャツもあざやかに、ベテランの貫禄でトップをかざった。  キングストン・マニアが演奏を避ける、有名ヒット曲をあえて選曲、堂々の演奏で大きな拍手。

Ramblers

Good News

500 Miles

Blowin' In The Wind

Marcelle Wahine

 

1月のMG4との競演ライブが好評だった Ramblers は都合により、Reveries のベース奏者を臨時雇用しての参加。本物のキングストンより上手なタヒチ語を駆使し たMarcelle Wahine は大受け。

Guardians

Buddy Better Get On Down The Line

Colorado Trail

Mary, Don't You Weep

Round About The Mountain

 

Dave Guard 時代の キングストンの曲だけを演奏する Guardians はひさびさの登場。4弦 Plectrum Banjo と購入したばかりの 1926年製 Vega Long Neck Banjo を ひっさげて、難曲をこなし、大喝采。

Gin Fizz

Hard Travelin'

Jane Jane Jane

Long Time Blues

Midnight Special

 

フルメンバーでKT大会に参加するのは久々。ギター2台とは思えないすばらしい演奏で、Gin Fizz 流の洗練されたアレンジの数々に感嘆の声。

The Kingston MarkV

Stay Awhile

Those Who Are Wise

Lock All The Windows

Farewell Captain

 

第一部のトリはキングストンマークIII。右の写真を見てもおわかりのとおり、貫禄とい い、演奏の安定感といい、写真映りの良さといい、右に出るものな し。

Factor Four Men

 

Tell It On The Mountain

Georgia Stockade

Pullin' Away

A Worried Man

 

MG4 と合体し、「心筋梗塞など不慮の事故に対応できるよう」、5人で演奏し、「ルール違反」の冗談声も。 第2部トッ プを飾る演奏は、迫力満点で会場を圧倒、「すごい」の声が。。

The Reveries

Oh, Miss Mary

The Early Morning Rain

The First Time

Hard Ain't It Hard

 

トチリにもめげず、下を向くマイクにも負けず、 譜面も見ずに完奏あっぱれ。 Andy Williams Versionの「朝の雨」は12弦の音だけが良かったとの声も。

Blackbirds

This Little Light

Chilly Winds

One More Town

One Too Many Mornings

 

特製の8弦ギターと8弦テナーを武器に、力一杯繰り広げる情熱の演奏に大きな拍手。 Special Version Chilly Winds も注目のまとだった。

 

TUT Excaliburs

Low Bridge

Brown Mountain Light

Whistling Gypsy

This Little Light

関西地区予選?を勝ち抜き、たった4曲のために新幹線で駆けつけたメンバーも。。。 笑 顔、リズムに動きを加えたすばらしい演奏と歌唱力、軽妙なMCも冴 えて、さすが西日本1,2を競う同バンドは3年ぶりの出場。

第6回のBCBと共に、関西パワー炸裂。

Mash Liquor

Salty Dog

River Is Wide

Colors

Rolling River

 

大トリは 「ボブ節MC」も健 在な Mash。購入したばかりのアップライトベースに乗せて、切れ味よい演奏。 DaveJohn 時代以降にレコーディングされ た Rolling River は関東勢では初演奏。守旧派キングストン・フリークからは「裏切り者」、「Go Home」の大合 唱。

 

Copyright 2005 The Reveries