日本将棋連盟旭川中央支部ホームページ

 旭川将棋エトワール

更新 2017年4月30日

 

お問い合わせ

 

支部道場旭川将棋会館

 

木村一基八段がゲスト

駒夢交流会IN札幌

(5月13日・札幌開催)

 

旭川6月の予定UP

 大会 ・こども教室予告

 

大会結果

 

アマ竜王戦旭川予選決勝UP

ハイライト2017

 

将棋スケッチブック

将棋に学ぶ人生訓

小林湊 駒づくりの世界

こども将棋教室のご案内 

リンク

 

■HP管理人の将棋研究

 

渡辺俊雄ワールド分析

厚みの研究ノート

 

 

Bブロック決勝。図で藤田さんは3手1組の攻めを決める。→「ハイライト2017」

 

高岡輝義さん、藤田隆寛さんが全道へ

 

 ■アマ竜王戦北海道大会旭川地区予選(4月30日・旭川将棋会館) 旭川のほか砂川、上富良野、鷹栖から26人が参加し、トーナメント方式で対局した。

 結果、高岡輝義さん、藤田隆寛さんの上位2人が旭川代表を獲得。全道大会は5月28日に札幌で開かれる。

【Aブロック決勝】 〇高岡輝義−村上創音

【Bブロック決勝】 〇藤田隆寛−佐藤郁人

 

こども・初級者教室(4月22日・旭川将棋会館)

ひろがる将棋の輪 過去最高の48人参加

サプライズ大会が開かれる

 先月、46人が参加して、スタッフたちはうれしい悲鳴をあげた。一時的なことだろうと思っていたら、今月は48人!

 「楽しいから行こうよ」。友だちから友だち、きょうだいからきょうだい、口コミで将棋の輪がひろがったようだ。 

大盤教室 講師は小学校教諭の和田幸彦さん(右)。アシスタントは大西渉(左)さんが務めた。母親も含め約40人が見つめる小上がりは、ステージのよう。2人はファッションもばっちり決めていますね〜 いま流行している「九マス将棋」で詰みの形を学んだ。

サプライズ大会 「参加者が増えたいま、大会を開いたら盛り上がると思うんです。次回はサプライズで大会をやりませんか!」。村上美香さんが声を弾ませて、教室事務局に電話してきたのは先月の教室の翌日だった。この日から秘密計画は進められた。

 大盤教室のあと、美香さんは「いきなりだけど、今日は大会をしま〜す」と告げる。

 初級クラスの24人は一発トーナメント。こんなに多くの初心者が参加する大会は珍しい。いつもは私語が多い子どもたちも、真剣な表情で静かに将棋盤を見つめている=写真=。

 大会となると本気モードになるようだ。「本気で戦う」は将棋の醍醐味。それを早い段階で味わってほしい、という思いも込められている。

 中・上級クラスは初の合同リーグ戦。段級位認定を活かして、2級差は香落ち、8級差は四枚落ちというように、駒落ち戦も行った。

手作りの賞品 各大会のベスト4まで賞品が渡された。村上雄己さん、美香さんご夫妻が手作りした将棋駒のキーホルダーだ。名寄の白樺の木を使っている

ビギナークラスは12人参加 毎月、幼稚園〜小学低学年の参加が増えている。

 

こども・初級者教室日誌 4月22日(土)

参加者

48人

講師

阿部卓也 大西渉 上窪靖武 今田聡 高森智春 竹中行雄 村上美香 三岡雄介(紋別) 和田幸彦

大会

結果

【初級クラストーナメント 24人参加】 

@村山諒丞A作山洸樹B箕輪樹B谷川凪流

【中・上級クラスリーグ戦 12人参加】

@今田怜李5級 5-1 @村上創音二段 5-1 B今井健介5級 4-1 1引き分け C相馬翔2級 5-2 D長沼耕汰8級 4-2

 

中学1年から80代が盤を挟んで交流した道北支部対抗将棋大会。

 

審判長講評と次期開催支部挨拶をする旭川中央支部の上窪靖武支部長。

 

旭川A1が3年ぶり優勝

 

 ■第49回道北支部対抗将棋大会(4月16日・留萌市文化センター) 旭川、稚内、留萌、名寄、北見、滝川、歌登、天塩から70人が出場し、Aクラスは8チーム(5人1組)、Bクラスは10チーム(3人1組)による団体戦に挑んだ。審判長は旭川中央支部の上窪靖武支部長が務めた。

 旭川から16人が参加した。Aクラスは旭川A1(武沢涼介、佐藤郁人、今田聡、高森智春、阿部卓也)、旭川A2(千田正幸、広森光則、竹中行雄、村上創音、村上葉音)、団体Bクラスは旭川B1(西田義雄、清水忠雄、高田稔)、旭川B2(佐藤精治、萩野英樹、佐々木雅彦)。

 結果、旭川A1が4勝0敗で3年ぶりに優勝を飾った。

 全勝賞は、佐藤郁人さん、今田聡さん、高森智春さんが獲得した。

 第50回記念大会は来年、旭川で開催される。

 

 (株)LUXE HOMEの大西渉社長はスポンサーあいさつで「僕が優勝して、この大会を今回で止めようと思っています。でも、強敵がたくさんいるので、それはきびしそうですね」とジョークを飛ばす。そのあと、将棋の考え方を仕事に生かしていることを話してくれた。

 

賞金目指して、1回戦スタート。駒音だけが静かに響く。

 

 優勝の佐々木蓮さん(中央)、準優勝の青田和久さん(左)、3位の村上創音くん(右)。

 

賞金目指して 全道各地から25人参加

佐々木蓮さんが2万円ゲット

(株)LUXE HOME杯 春の陣

 

 免状初段以下を対象にした賞金獲得大会。優勝に2万円、準優勝に1万円、3位に5千円、ぞろ目の11位に5千円が提供される。スポンサーは“旭川将棋界の盛り上げ革命児”大西渉さんが社長を務める(株)LUXE HOMEだ。

 旭川、札幌、帯広、留萌、増毛から25人が参加。スイス式4回戦で熱戦をくり広げた。

@佐々木蓮(旭川) 4-0 A青田和久(札幌) 4-0 B村上創音(旭川) 3-1 C相馬翔(旭川) 3-1 D大西渉(旭川) 3-1 D美濃島檜(札幌) 3-1 F広森光則(旭川) 3-1 G松枝祥也(旭川) 3-1 H佐藤希(札幌) 3-1 ぞろ目のJ佐々木雅彦(旭川) 2-2

※星数、点数が並んだため4回戦終了後、1位2位決定戦と3位4位決定戦が行われた。