加工・編集


透過GIF

gimp.jpg width= 画像ウィンドウの「レイヤー」メニュー→「透明部分」→「アルファチャンネルを追加」
gimp.jpg width=ファジー選択ツールで透明にする部分をクリックします
gimp.gif 「編集」メニュー→「切り取り」で背景が透明になりました
保存はgifかpngでしてください

背景透明化

gimp.jpg width= 画像ウィンドウの「レイヤー」メニュー→「透明部分」→「アルファチャンネルを追加」
gimp.jpg width=画像の背景透明化も手順は一緒です
選択ツールは投げ縄ツールを選び子猫の周りをドラッグして最後は閉じます
gimp.gif 細かい部分は画像ウィンドウ左下の「クイックマスクの切り替え」ボタンを押して修正します
gimp.gif 鉛筆のブラシサイズを細くした方がやりやすいと思います
描画色"白色"が選択領域で"黒色"が透明化する領域になります
gimp.gif もう一度「クイックマスク切り替え」ボタンをクリックすると選択領域ができています
gimp.gif 「選択」メニュー→「反転」して透明にする部分を選択します
「編集」メニュー→「切り取り」で背景が透明になりました
保存はgifかpngでしてください
jpgは透明情報が扱えません


ストローク描画

gimp.jpg width=楕円形のストロークをきれいに描くにはパスにするときれいになります
まず楕円選択して
gimp.jpg width=「編集」メニュー→「選択領域をストローク描画」で開いたダイアログで「線幅」3pxにしました「Stroke」をクリック
gimp.jpg width= ちょっとギザギザです
gimp.jpg width=同じ楕円形を「選択」メニュー→「パスへ」
「編集」メニュー→「パスをストローク描画」
gimp.jpg width=縁取りを描くには「選択」メニュー→「全て」
「編集」メニュー→「選択領域をストローク描画」で描けます


点線の絵描き方


(1)描画ツールで描く方法
gimp.jpg width=
描画ツールで点線を描くには
ブラシオプションの下の方の
「間隔」を広くすれば点線になります
gimp.jpg width=
鉛筆ツールでブラシの間隔200で描いた例です
gimp.jpg width=
絵筆ツールで同じく間隔200です
(2) 選択ツールから描く場合

select.jpg width=ベジェ選択から
gimp.jpg width=2ヶ所クリックして線がギザギザだったら移動してまっすぐにします
gimp.jpg width=「選択」メニュー→「パスから」
「編集」メニュー→「パスをストローク描画」

  ダイアログの「線種」の左の三角をクリックして表示されるメニューの「規定の破線」右のプルダウンメニューから任意の破線を選んで「Storoke」をクリック

ベジェ選択を解放するには他のツールをクリックします(鉛筆でもなんでもいいです)
gimp.jpg width= 線幅2.0
密点で描きました


モザイク

mosaic.gif width= このテキストにモザイクを施します
mosaic.gif width= まずモザイクを入れる部分を選択します
mosaic.gif width= 「フィルタ」メニューの「ぼかし」→「ピクセル化」で
出来上がりです
mosaic.gif width= 「フィルタ」メニュー「歪み」→「モザイク」だと
こんな風になります


画像の合成

合成はコピー&ペーストで行います
gimp.jpg width= gimp.jpg width=




この緑の塀にペンギンのgif画像を合成します
両方の画像をGIMPで開いておいてまずペンギンの画像ウィンドウをクリックしてアクティブにします
「編集」メニュー→「コピー」または「control」キー+「c」キー
gimp.jpg width= 塀の画像をアクティブにして(クリックして)「編集」メニュー「貼り付け」または「control」キー+「v」キー
movement移動キーをクリックして任意の位置までドラッグして決まればイカリマークが出ている所でクリックすれば
gimp.jpg width=出来上がり


縁をぼかす

gimp.jpg width= gimp.jpg width=
gimp.jpg width= 縁をぼかすには画像ウィンドウの「Script-Fu」→「装飾」→「ファジー縁取り」で右のようになります


before page top next page..レイヤーマスク・コントラスト・レベル調整・イメージマップ・アニメーション

copyright