変換ツール


gimp.jpg



左よりズームイン&ズームアウト・距離と角度を測る・移動・切り抜き
回転・拡大(縮小)・剪断変形・遠近・ミラー



ズームイン&ズームアウト

gimp.jpg画像の部分をクリックすると表示が拡大する
controlキー+で縮小表示
画像ウィンドウの「表示」→「ズーム」でも出来ます


gimp.jpg画像が大きくて全体を表示出来ない場合は画像ウィンドウ右下にあるpannerをクリック&ドラッグで移動出来ます


切り抜きツール

gimp.jpgレイヤーのみの切り抜きです
このツールで切り抜いて保存すると元のサイズのまま保存されます

gimp.jpg画像の上で切り抜きたい部分をドラッグします
青い丸の角をドラッグすると範囲を変更出来ます
白い丸の角は移動できます
gimp.jpg中をクリックで切り抜けます
画像ごと切り抜くには
選択ツールで切り抜く部分を選択して
画像ウィンドウの「画像」→「画像の切り抜き」でOK



回転ツール

gimp.jpg画像を回転させます




画像をクリックして四隅の四角をドラッグします
この時controlキーを押しながらドラッグすると15°単位で回転します
↓ダイアログで角度の設定も行えます
決まれば↓Rotateをクリック
保存すればややこしい線は消えてます
gimp.jpg gimp.jpg gimp.jpg
gimp.jpg


鏡ツール

gimp.jpg選択範囲を反転させます


選択領域を鏡のように反転します
controlキー+で垂直反転

mirror.gif mirror.gif
ファジー選択ツールで文字をクリックします
鏡ツールを選択して画像をクリックで選択範囲が反転しました
後は色を塗りつぶします

mirror.gif mirror.gif
mirror.gif同じような機能で画像ウィンドウの「水平反転」(「画像」→「変換」→「水平反転」)がありますがこちらは鏡のようにはなりません


ブラシ

ブラシを作る
画像をブラシ化すると元画像には戻れませんので気をつけて下さい
gimp.jpgこの画像からブラシを作ります
まず背景を透明化します
投げ縄ツールで選択して
「選択」メニュー→「反転」
「レイヤー」メニュー→「透明部分」→「アルファチャンネルを追加」
「編集」メニュー→「切り取り」
brush.gif背景が透明になりました
サイズを小さくします
「画像」メニュー「画像拡大縮小」
brush.gifこれを登録します
「Script-Fu」メニュー→「選択領域」→「ブラシへ」
gimp.jpg登録できました
削除はゴミ箱をクリックかドラッグで削除できます
gimp.jpg新しくブラシをつくるには上のブラシタブのいちばん下のアイコンの左から2つ目の「新規ぶらし」をクリックして「ブラシエディタ」で色々試して気に入れば「保存」


パレット

パレットの使い方・新規登録
gimp.jpgパレットタブにある色を使用するには
パレットをクリックして下の左端の「パレットの編集」をクリックします
gimp.jpg左側のウィンドウが開くので任意の色をクリックすると描画色にその色が反映されます
gimp.jpg新規に色を保存するには「新規パレット」をクリックして描画色からドラッグして左下の「保存」をクリックします
パレットタブの下の方に表示されます


レイヤー

レイヤーは透明なシートを重ねたようなもので
画像の他の部分に影響を与えないで操作できるので
簡単にいろんな操作がしやすくなります


gimp.jpg width=背景を塗りつぶしツールで塗ります
gimp.jpgレイヤータブをクリックして「新規レイヤー」をクリック
新規レイヤーに丸を描きます
gimp.jpg width=新規レイヤーを用意して三角を描きます
gimp.jpg最後に文字を入力します
gimp.jpgレイヤーは4つ出来ています
左下の赤い丸が「新規レイヤー」ボタンです
右のゴミ箱をクリックするとアクティブなレイヤーを削除できます
1つのレイヤーを操作してみます

gimp.jpggimp.jpg











三角を描いたレイヤーをアクティブ(クリック)にして
下の「レイヤを背面へ」ボタンをクリック
またはレイヤーを下にドラッグしても画像は入れ替わります
gimp.jpg gimp.jpg











左の目をクリックして消すとそのレイヤーは非表示になります
再びクリックすると表示されます
gimp.jpg gimp.jpg











レイヤーを選んで「不透明度」を下げるとそのレイヤーだけ透けます
gimp.jpg gimp.jpg











モードも色々変えられます「消散」にしてみました

パスの描き方

gimp.jpg 直線や曲線などベクトルデータで構成されるベクトル画像を扱うにはベジェ(パス)ツールを使うと正確に描画できます
pass.gifグリッドを表示した方がやり易い場合は
「表示」メニュー→「グリッドを表示」
グリッドの種類は「画像」→「グリッドの設定」で変えられます
pass.gifクリックしていくとアンカーポイントが繋がって形になっていきます
pass.gif pass.gif閉じるにはcontrolキーを押しながらポインタが赤丸のようになった時にクリックしますと閉じられます
pass.gif pass.gif新たにパスを作成するにはshiftキーを押しながらクリックします
アンカーポイントを削除するにはポイントをクリックしてdeleteキーを押すか
controlキー+shiftキー+アンカーポイントでも削除できます
pass.gif曲線を作るには直線をドラッグすると曲がります
ハンドル(赤丸)をドラッグして調節します
曲線を描く場合

pass.gif画像上でドラッグするとマウスを押しはじめた場所にアンカーポイントがドラッグした方向にハンドルが現れます
pass.gif続けて次のアンカーポイントでドラッグします
pass.gif続けていくとこのような曲線になります

これを描画するには「編集」→「パスをストローク描画」

閉じたパスで塗りつぶす場合は
パスツールのオプションから「パスから選択領域を作成する」をクリックして「塗りつぶしツール」で塗ります

あるいは「選択」→「パスから」で選択して塗りつぶしも出来ます


before page top next page..透過GIF 背景透明化・ストローク描画・点線の描き方・モザイク・画像の合成・縁をぼかす

copyright