ホーム | 目次 | 案内 | ライセンス


増補

Gimp1.2の機能を中心に、訳注に書いた以外の追加情報がここにあります。



定規

画像上にカーソルを置くと、画像の下のステータスバーの左端にものさしで測ったカーソルの位置が表示されますが、道具箱の定規ツール(measure tool)を使えば、さらに距離と角度を表示させることができます。

定規を使うためには、測りたい位置にカーソルをのせてクリックしたら次の位置までドラッグして、またクリックします。情報ウィンドウに表示させるオプションもあります(道具箱の定規アイコンをダブルクリックして、ツールオプションで設定する)。日本語索引へ

色を透明度に

右クリック|フィルタ|色|色を透明度に(color to alpha)は、指定した色を持つピクセルを画像全体にわたって透明に置き換えます。そのため、これをそのまま特殊な効果に使いたい場合もあれば、部分的に元の色を補充して効果の及ぶ範囲を限定したい場合もあるでしょう。このフィルタはアンチエイリアスされたオブジェクトがあるときに、背景色を別の背景色に変えたり、透明レイヤーにオブジェクトを取り出すために使うと、とても便利です(単純な色の背景に向いています)。

まず画像上で右クリックしてフィルタを呼び出すと、ダイアログボックスがポップアウトします。次に、道具箱のスポイトツールアイコンをクリックしてスポイトをアクティブにして下さい。透明にしたい色の上でクリックします。そうすると、スポイトの情報ウィンドウが現われてクリックされた色が表示されます。そこで表示された色をクリックして、そのまま色を透明度にダイアログボックスの色ボタンまでドラッグ&ドロップして下さい。色が変わったことを確かめてから了解を押します。これでその色のピクセルが透明化されます。

色ボタンを押すと「色を透明度に」色選択ダイアログが出てくるので、それを使うこともできます。このダイアログの赤緑青は0.00から1.00なのでスポイトの0から255の値をそのまま使えません。スポイトの色見本をクリックして出てくる色選択ダイアログのHSVを「色を透明度に」色選択ダイアログの色相、彩度、明度に利用するのが便利です。(ドロップがうまくいかなければ、この手でいきます)。日本語索引へ


ホーム | 目次 | 案内 | ライセンス