prevcontentnext


ペイントツール

Gimpでもっと高度な機能を使えるように、まず、Gimpの基礎的なペイントツールを使えるようにします。まもなく、即席のペイントフィルタを使うよりも、さらに多くのことがこれで達成できると分かるでしょう。

   

スポイト


 

スポイト(Color Picker)は、色を選ぶために使います。利用可能なパレットに使いたいものがないときでも、今、Gimpで開いている画像の好きなところから色を拾えます(パレットについてはパレットを読んで下さい)。したがって、色の選択肢はたくさんあります。画像にある色の上で、ただクリックして下さい。その色が道具箱の下のところに前景色または背景色として現れます。


カラー情報ウインドウ

小さな情報ウインドウが、選んだ色のRGB(赤緑青)とアルファ(アルファチャンネルを参照)を示します。アルファN/Aは画像がアルファチャンネル(アルファチャンネルを参照)を含んでいないことを意味しています。つまり、透明度は使用可能になっていません。透明度情報を画像に加えるには、画像上で右クリック|画像|アルファまたは、右クリック|レイヤーのメニューからアルファチャンネルを追加のコマンドを呼び出してください。それで、消しゴムをかけたり、カットしたり消去したりするときに、道具箱の背景色の代わりに透明な領域が得られます。アルファチャンネルの詳細については、チャンネルとデュオトーンを見て下さい。

16進3つ (Hex Triplet)は、16進法でコード化された色です。HTMLでは色を16進法で表現するので、ウェブページで色をセットするために使えます。グレースケールの画像のために、情報ボックスは0から255で強度(Intensity)を表示します。0は黒、255は白です。インデックス画像はまた、特定の色のためのインデックス番号を持ちます。インデックス画像のアルファ値は0か255である点に注意してください。その中間はありません。

 
 

オプション

道具箱のスポイトのアイコンをダブルクリックすると、スポイトのツールオブションを利用できます。唯一のオプションは、レイヤー結合色チェックボックスです。アクティブなレイヤーが不透明でないときや、標準以外の他のレイヤーモードになっているときは、レイヤーの現在の色と合成画像の色が違っています。アクティブになっているレイヤーの色だけでなく、モニターに見えている色を拾いたければ、チェックボックスにチェックを入れてください。可視レイヤーの色だけが使われます。


 
   

パレット


 

使用する色を拾いたいときには、いつでもスポイトを使えますが、たいていの場合は、色パレットを使うでしょう。たくさんあるレディーメードのパレットから選べますし、あなただけのパレットをつくることもできます。 (訳注)

別のオプションは、右クリック|画像|パレットを保存を使ってインデックス画像からパレットをつくることです。右クリック|ダイアログ|インデックスパレットのコマンドでは、一時的なインデックスカラーパレットを使うことができます(インデックス画像を使っていれば)。

 
 

自分のパレットをつくる

自分のパレットをつくるためには、色パレットを開いてください(道具箱から、ファイル|ダイアログ|パレットをクリックするか、キーボードでCtrl+Pを押します)。パレットウインドウにデフォルトのパレットがあります。それは標準のCMYK/RGBカラーとグレイスケールの範囲を含んでいます。色を、このパレットか、カスタムメイドの他のパレット、つまり、編集メニューから新規を選んで名前をつけた新しいパレットに、加えることができます。

画像から色を追加するには、パレットに加えたい色が見つかるまで、スポイトを画像の上でドラッグして下さい(前景色の四角形を見て下さい。ドラッグとともに色が変化がします)。ちょうどいい色にきたら、マウスボタンを放して下さい。そして、色パレットダイアログの下にある新規ボタンをクリックしてください。色の四角形が、パレットの上に現れます。特定のRGB値またはHSV値の色を加えるには、色選択ダイアログにアクセスするため、前景色の四角形をダブルクリックしてください。色選択ダイアログボックスについて詳しい情報は、色選択ダイアログにあります。

新しいパレットを名前をつけて保存することができます。そして、色を編集し、削除することができます。パレットの色を使うためには、前景色の四角形で選ぶ必要はありません。その時にどんなペイントツール使っていても、パレットの新しい色の上でクリックするだけです。パレットに関するより多くの情報は、パレットで見つけることができます。


塗りつぶし


 

このツールは、選択を現在の前景色で塗りつぶします。Shift+クリックで塗りつぶしを使うと、前景色のかわりに背景色を使います。

塗りつぶしツールは、すでに色とアルファ情報を含んでいるレイヤーを塗りつぶします。塗りつぶす量は、指定した塗りつぶしの閾値によります。

 
 

塗りつぶしの閾値は、(魔法の杖の働き方のように)塗りつぶしがどれくらい広がるかについて決定します。塗りつぶしは、クリックした点から始まり、色またはアルファ値が「違いすぎる」ところまで、広がります。

透明なレイヤーの塗りつぶし

透明なレイヤーの中にあるオブジェクトを(例えば、文字レイヤーの文字)、まえとは違う色で塗りつぶすときには、塗りつぶしたオブジェクトのまわりに古い色の境界がまだ残っているかもしれません。これは、塗りつぶしオプションダイアログ低い閾値になっているためです。低い閾値だと、塗りつぶしツールは半透明のピクセルを塗りつぶしません。それはもとの色のままなため、塗りつぶしたオブジェクトに対して目立つことになるでしょう。

透明な領域をすべて塗りつぶしたいときは、右クリック|選択|全てを選択を選ばなければなりません。レイヤーの透明保護ボタン(レイヤー&チャンネルダイアログ)のチェックをはずしたことを確認して下さい。透明保護ボタンがチェックされていると、レイヤーの不透明の部分だけが塗りつぶされます。全てを選択コマンドを使わないときは、クリックした部分の不透明な「島」だけが塗りつぶされるでしょう。レイヤー&チャンネルダイアログについて詳しくは、レイヤー&チャンネルダイアログをお読み下さい。

オプション

塗りつぶしの不透明度スライダーでは、塗りつぶしの透明度を設定することができます。ダイアログは、モードオプション(モードについて詳しくは、モードを読んで下さい)を含んでいます。

塗りつぶしの種類では、パターン塗りのラジオボタンで、色ではなくパターンで選択を塗りつぶすことが可能になります。パターンダイアログを開くためには、右クリック|ダイアログ|パターンまたはファイル|ダイアログ|パターンのコマンドを使ってください。そこで、塗りつぶしのパターンを選ぶことができます。

レイヤー結合色は、塗りつぶしが全合成画像の色の境界に反応することを意味し、アクティブなレイヤーに反応するだけではないことを意味します。(しかし、それはアクティブなレイヤーだけを塗りつぶします)。

ぼかすを使った選択領域を塗りつぶす

ぼかす(feather)を使った選択領域では、塗りつぶしは柔らかい同心の塗りつぶしを作ります。それは何度かクリックすることによってより強めることができます。それぞれ異なる色を使うと、オパール的効果で互いに柔らかく融合するでしょう。


ブレンドツールとグラデーション


 

このツールは、デフォルトでは、選択された領域を前景色と背景色のグラデーションのブレンドで塗りつぶします。しかし、Gimpのブレンドツールには、他に多くのオプションがあります。ブレンドをするためには、グラデーションをかけたい方向にカーソルをドラッグして、ブレンドのちょうどいい位置とサイズになったと思ったらマウスボタンをはなして下さい。ブレンドの柔らかさは、どれくらいカーソルをドラッグしたかによります。ドラッグした距離が短いほど、シャープになるでしょう。


オプション

ブレンドオプションダイアログを見るには、ブレンドツールをダブルクリックしてください。

ブレンドツールには、不透明度オプションがあります。半透明の不透明度を使って、異なる方向に何度かドラッグすると、背景に面白いちらちら光る泡だった表面を与えます。

助言。モードメニューの差分オプションをチェックして、また同じ事をすると(不透明度いっぱいでしても)、カーソルをドラッグするたびに、変化し、加わる、ファンタスティックな渦巻きパターンができます。モードを理解するためには、モードを読んで下さい。

オフセットスライダは、ブレンドのぼやけ方(fuzzyness)を制御します。高いオフセット値は、より硬い、より鋭い、ブレンドの縁を与えます、そして、前景色がより強く出ます。オフセットは、画像のブレンドの出発点(前景色が背景色に混ざり始める点)を動かします。オフセットは、線形と形状広がりを除いて、全てのグラデーションタイプで使えます。ブレンドツールでつくる蛍光性の外観や、光沢のある、またはメタリックなオブジェクトを制御したいときは、オフセット値をあげて下さい。

ブレンドオプションダイアログは、前景から背景(HSV)オプション(HSVは、Hue色相、Saturation彩度、Value明度の略)とともに、標準のRGBオプションを提供しています。

 
 

HSVグラデーション

HSVは、360度のスペクトル円に基づくカラーモデルです。これは、HSVブレンドを使っているグラデーションは、単に赤の前景色から濃い紫をへて青の背景色への移行を作るのではないことを意味します。

HSVは、赤から始まって、色の円が時計回りに、黄、緑、青緑、青と続きます。前景色が半円の左半分にあるならば、グラデーションは時計回りに行きます。そして、背景色が半円の右の部分にあれば、反時計回りに行きます。


 

前景から透明には、グラデーションのブレンドのために1つの色を使うだけです。色がだんだん透明になるように、それは徐々にアルファ値(アルファチャンネルを見て下さい)を255から0へ変えます。このオプションは、コラージュで柔らかくブレンドするときや霧の効果をだすときに非常に役立ちます。

カスタムグラデーションのうちの1つを使うか(次に記述するように)、それとも、強力なグラデーションエディタ(右クリック|ダイアログ|グラデーションエディタ)によってあなた自身の手でグラデーションをつくるかという選択もできます。 (訳注2)

グラデーションタイプ

9つの異なるグラデーションタイプから選択できます。次の通りです。

· デフォルトのグラデーションタイプは線形です。線形は、ある色から他の色へなめらかな直線的な移行をつくり出します。

 
 

· 双一次は、直線的なグラデーションブレンドです。言い換えると、双一次は、真中に前景色を置いて両側に背景色への移行をつくります。その結果は、とくに短い距離をドラッグするだけだと、しばしば金属のパイプと似ています。

 
 

· 放射状は、名前が意味するように、前景色(中央)から背景色(周囲)へ放射状の移行を作ります。放射状のグラデーションタイプは、グラデーションエディタで、例えば「眼球」のような特定のグラデーションをつくるために必要です。

 
 

· 四角形グラデーションは、四角形のブレンドをつくります。そして、回廊をのぞきこむ視覚的な遠近を模倣します。

 
 

· 円錐形(対称)グラデーションと円錐形(非対称)グラデーションの効果は、上から見た三次元の円錐のようです。ドラッグする距離は、円錐形のグラデーションでは重要ではありません。円錐のグラデーションに影響を及ぼす2つのものは、出発点とドラッグの方向です。出発点は円錐の頂上が置かれ、ドラッグの方向は、前景色(光か影を表します)が来るところを決定します。

円錐形(対称)は、均等な形による円錐をつくります。

 
 

円錐形(非対称)グラデーションは、「滴の形」の円錐、すなわち1本の鋭い縁のある円錐形を模倣します。

 
 

· 形状広がりグラデーションは、限界付けをした形状、選択に、三次元的な外観を与えます。形状広がりグラデーションは、ドラッグの方向、距離、位置による影響は受けません。角張ったくぼみ(切り立った地形のような外観をつくります)と較べると、球面は、より平らで丸みのある外観の表面を与えます。下の図で異なる形状広がりグラデーションの例を見ることができます。

 
 

反復オプション(鋸歯三角波)によって、グラデーションを繰り返すことができます。ドラッグする距離が短かければ短いほど、グラデーションはこまかく繰り返されます。下の例は、線形グラデーションで鋸歯と三角波の反復オプションを示します。

注意。反復は、円錐形や形状広がりのグラデーションでは使えません。



 
 

適応型スーパーサンプリングは、すこし中間色を加えることによって、わずかながら、ブレンドのなめらかさを改善するオプションです。このオプションは、エディタからのグラデーションで、非常に小さな選択(とくに形状広がり)のために使われない限り、その効果は全く微妙です。グラデーションエディタについては、グラデーションエディタでさらに読むことができます。

鉛筆と絵筆


 

鉛筆と絵筆は、同じようなツールです。 2つのツールの主な違いは、両方のツールは同じブラシ選択(ファイル|ダイアログ|ブラシまたは右クリック|ダイアログ|ブラシ)を使うけれども、だいぶファジーなブラシを使っているときでさえ、鉛筆ツールは、ぼやけた縁をつくらないことです。


直線を引きたければ、線を引きたいところで、Shiftキーを押してマウスをクリックして下さい(マウスはドラッグしない)。

助言。Shift+クリックのオプションは、消しゴムエアブラシスタンプ(clone)ツール、そして色混ぜ(convolver)でも使えます。


絵筆オプション

絵筆には、フェードアウトオプションと重ね塗りオプションがあります。重ね塗りは、半透明の絵の具にだけ有効です。だから、どうなるのかを見るためには、ブラシ選択ダイアログで不透明度の値を変えなければいけません。重ね塗りは、2つの筆跡が交わった領域の不透明度を強めます。ちょっと水彩画を描くみたいです。

フェードアウトは、マウスボタンを放さずにするブラシの連続的な範囲が、絵の具が完全に見えなくなるまで、だんだんと透明になることを意味します。まるで本当に絵筆で塗っているようです。フェードアウトの値の大きさは、「彗星の尾の長さ」とともに、色がどこから抜けていくかを決定します。

スライダーを手で動かして得られるフェードアウトの最も低い値は、34.5です。しかし、キーボードの左右の矢印キーを使ってより適切な値を得ることができます。ブラシストロークは、指定された長さ(ピクセル)に達した後にフェードアウトを始めます。そしてピクセルの総計が2倍になると透明に近くなり、最初のピクセル値の3倍なると完全に消えます。ブラシについて、さらに詳しくは、ブラシをご覧下さい。

 
   

ブラシ選択


 

ブラシ選択ファイル|ダイアログ|ブラシまたは右クリック|ダイアログ|ブラシ)は、鉛筆と絵筆のツールに使えるだけではなく、消しゴム、エアブラシ、スタンプ、色混ぜにも使えます。

いろいろなブラシが利用できます。モードと不透明度のオプションのほか、間隔オプションでは、ブラシストロークを、ブラシの形状をした個々のオブジェクトが並ぶラインにすることができます。また、自分でブラシを作って、ブラシ選択ダイアログに加えることができます。ブラシ選択ダイアログについて、詳しくは、ブラシ選択ダイアログをご覧下さい。

 
   

消しゴムツール


 

図柄をもったブラシで描くことができるように、同じく図柄を使って消すことができます。これは、とくに多数のレイヤーとともに使うと説得力のあるテクスチャーの効果をつくるすばらしい方法です。重ね塗りオプションは、ブラシの不透明度が100未満であるときにのみ有効です。重ね塗りは、2本の筆跡が交わる領域の透明度を高くします。それはちょっと、水彩画で絵の具の水を多くしたみたいです。ハードエッジオプションは、全てのブラシタイプで、ぼやけた縁をなくします(鉛筆ツールのように)。


助言。複雑な選択を分離するには、オブジェクトのアウトラインのまわりの背景を消すために、消しゴムツールを使って下さい。そして、杖(ファジー選択)か投げ縄(自由選択)を使い、オブジェクトまたはその周囲を簡単に選択して、削除するなりカットするなりして下さい。


ヒント

消しゴムツールでフローティング選択のサイズと形を変えられます。これは、消しゴムツールがアルファ値(アルファチャンネルを参照)に影響を及ぼすためです。この値はフローティング選択の範囲を決定します。例えば、消しゴムツールで、縁を切り取ったり(トリミング)、 穴をあけたりして、選択を小さくできます。フローティング選択の範囲を小さくするよりも大きくしようというときは、フロート化のまえに、右クリック|選択|反転を選べば、そうすることができます。その場合、周囲の領域を切り取るかわりに、当初のフロートの範囲を大きくします。古いフロート(それに、今、一部を加えたところの)をまた選択するためには、同じコマンドを使って、また反転します。


エアブラシツール


 

エアブラシツールは、柔らかい、半透明のスプレーストロークをつくります。オプションダイアログでは、2つのオプションがあります。割合圧力です。割合の値は、スプレーの流量の変化を決定します。低い値は、なめらかで、規則的なブラシストローク(止まっても影響しません)をつくります。高い値では、このツールは、より本当のエアブラシらしく機能します。ストロークの途中で止まると、エアブラシはスプレーし続けて、その位置により濃い色を残します。


 
 

圧力は、「スプレー」するペンキの量を調整します。低い圧力は、ブラシの低い不透明度と同じものではない点に注意してください。高い圧力とブラシの低い不透明度から生じるなめらかな外観と比較して、低い圧力は、より不規則です(つまり「エアブラシ」らしい)。


スタンプツール


 

スタンプ(Clone)ツールは、べたの色ではなく、パターンまたは画像の一部分で描く能力を与えます。パターン選択ダイアログ(パターン参照)から、パターンで描くには、ただ欲しいパターンをクリックして描き始めます。


スタンプツールオプション

連続するパターンが欲しければ、位置揃えオプションを使用してください。位置揃えオプションがチェックされないときは、マウスボタンを放して、再び始めるたびに、パターンの新しい部分を塗ることになります。

 
 

画像源オプションを使用するときには、Gimpでは、画像源からの出発点を選ぶために、Altキー(Photoshop)ではなく、Ctrlキーを使うことに注意してください。Ctrlキーを押して画像の写し取りたい部分の上でクリックします。そして、レタッチをしたい画像に戻って複製します。画像の他の部分からも、あるレイヤーから他のレイヤーへも、または全く別の画像からも、クローンを選択できます。


レタッチのヒント

言うまでもなく、スタンプツールは、レタッチの究極の道具です。例えば、顔のあざをレタッチしたいと思うなら、普通のペイントやグラデーションで皮膚の肌理の複雑な色のバラエティーを模倣することは難しく、ほとんど不可能でしょう。顔の他の部分の皮膚のクローニングは、うまく見せるための唯一の方法です。しかし、そのクローニングが簡単だとは言いません。説得力のある仕事をするには、色々なブラシで、色々な方向から、そして多分、適切な不透明度とモードで別のレイヤーに、クローンをつくらなければならないでしょう。

色混ぜ


色混ぜ(Convolver)ツールによって、画像をぼかすかシャープにすることができます。圧力は、色混ぜの効果の強さを調整します。

 
 

色混ぜのぼかし

色混ぜのぼかしオプションは、どこかPhotoshopのにじむ(Smudge)に似ています。それは、はっきりした縁をやわらかくして、使った範囲の全体がぼけます。ぼかす効果は、常にオリジナルより濃い色を生じます。色混ぜで透明な領域をぼかすことは、それらの領域を不透明な色に変化させます。色混ぜツールは、最も近い色を使って、いっぱいの不透明度で塗ります。

 
 

色混ぜの明確化

明確化オプションは、言葉の伝統的な意味では、本当は明確になりません。その効果は、あまりに「ドッティー」か「ピクセリー」です。

焦点がずれている何かを明確化したければ、右クリック|フィルター|強調|明瞭化または右クリック|フィルタ|強調|非シャープ化マスクを使わなければなりません。しかし、色混ぜの明確化は、版画、印刷、インク画に似た非常に面白いグラフィック(とくにグレイスケール画像で)をつくります。


 
   

前景/背景アイコン


 

前景色/背景色のセレクターは、道具箱の下にあります。前景色は、描いたり、塗りつぶしたりするときの色です。背景色は、消しゴムを使ったり、カットしたり、画像の一部を編集/塗りつぶしするときに得る色です。アルファチャンネル(アルファチャンネル参照)を含む画像の上で、これらの操作をすると、背景色ではなく透明度を得ることに注意して下さい。


前後矢印のシンボルを押せば、前景色と背景色を交換します。また、Xのキーを押しても色を交換できますし、Dのキーでデフォルト値(黒/白)に戻すことも選択できます(これらのショートカットを使うときには、マウスカーソルが画像の中にないといけません)。

色選択ダイアログ

前景色または背景色のアイコンをダブルクリックすると、色選択ダイアログが出てきます。そこで、簡単に他の色に変えることができます。

 
 

右側にある色のスペクトルのフィールドで色をクリックして、手動で色を変え、左側にある大きなカラーボックスの十字をドラッグして、欲しい正確な色を選べます。

特定のRGBカラーまたはHSVカラーが欲しければ、HSVまたはRGBパラメータのフィールドに正確な値をタイプできます。あるいは、色を指定するためにスライダーをドラッグできます。

色選択ダイアログを開いたとき、デフォルトでは、H(色相)チャンネルが色のフィールドに表示されます。しかし、欲しい色を探すために別のチャンネルを選べます。パステルカラーまたはネオンカラーが好きならば、色相ではなく彩度で探すためにS(彩度)ラジオボタンをクリックできます。元気のない陰気で暗い色が欲しければ、V(明度)ラジオボタンをクリックしてください。また、R(赤)、G(緑)、B(青)のチャンネルを使って、欲しい色合いを探すこともできます。

色相チャンネル以外で探すとき、指定したチャンネルの近似値で、色のスペクトルのフィールドはなめらかなグラデーションに変わります。このグラデーションでクリックすることは、チャンネルのスライダーをドラッグすることと同じです。そして、大きなカラーボックスは、この特定のチャンネル値とともに全ての色を表示するので、十字をドラッグすることは他の全てのチャネルの値を変えるでしょう。しかし、それは選ばれたチャンネルの値に影響を及ぼしません。


** 訳注1 **

Gimpの現在のパレットは、色パレットとパレットエディタ(色パレット編集ダイアログ)から構成されています。色パレットのダイアログには、選択タブとパレットタブがあります。選択タブには、利用できるすべてのパレットが小さいサムネイルで表示されます。色数やパレットの名前の情報もあり、その上をクリックしてパレットタブに移ると、選んだパレットをすぐ使うことができます。パレットの色をクリックすれば、どのペイントツールでもその色を使えるようになります。パレットタブでは、パレットにある色を使うだけでなく、使用中のパレットを編集することもできます。色を追加したいときは、パレットスペースで右クリックしてポップアップしてくる新規を選択します。そうすると前景色の色がパレットに追加されます。本文にあるようにスポイトツールを使って画像中の色を前景色にサンプリングしておけば、その色がパレットに追加されます。パレットの色を変更したいときには、変更したい色の上で右クリックしてポップアップしてくる編集を選択します(新規は色をさらに追加し、削除はその色をパレットから削除します。)そうすると、色選択ダイアログが出てくるので欲しい色を選び、了解を押します。

色パレットダイアログの一番下には、編集ボタンと閉じるボタンがあります。この編集ボタンで色パレット編集ダイアログを呼び出すことができます。

色パレット編集ダイアログについては、12章の訳注、または、Gimp1.2の付属ヘルプを見て下さい。戻る

** 訳注2 **

Gimp1.2では、カスタムグラデーションを使うときには、右クリック|ダイアログ|グラデーションで、グラデーション選択ダイアログを呼び出します。そしてグラデーション選択ダイアログのグラデーションリストから使いたいグラデーションをクリックします。そうすると、選んだグラデーションがブレンドツールから使えるようになります。アクティブなカスタムグラデーションは、道具箱の右下に表示されます。このグラデーションをクリックすることによっても、グラデーション選択ダイアログを呼び出すことができます。

グラデーション選択ダイアログの一番下にある編集ボタンを押せば、グラデーションエディタを呼び出すことができます。 戻る

prevcontentnext


Frozenriver Digital Design
http://www.frozenriver.nu
Voice: +46 (0)31 474356
Fax: +46 (0)31 493833
support@frozenriver.com
Publisher Coriolis
http://www.coriolis.com