contentnext

カラーセクション

ギャラリー

2-D画像操作を使って、ガラス、水、反射の幻想をつくりだすのには、多少の熟練と計画が求められます。難しい部分は、水とオブジェクトが出会う領域と、反射、きらめき、影のバランスを、説得力をもって合成するところにあります。


写真を絵に変えることは、魅力的なグラフィックスをつくる簡単な方法です。スケッチは、普通の写真より、いっそう個性的でもあります。この目的を実現するために、漫画風のスタイルからクレヨン画まで、様々なテクニックがあります。

ご覧のように、赤、黄、白のレイヤーが、馬の輝きをつくりだしています。鍵は、たいてい、複数のレイヤーをつくって、それらを結合するところにあります。

FXは、もう一つのお気に入りです。光効果は強力なアイキャッチャーで、私たちの「荒馬」画像のように、あなたも最大限それを使いたいと思うことがあるかもしれません。画像をさらにシュールなものにするため、馬の肌を豹にしました。このような画像をつくるときの鍵はレイヤーです。全ての効果は、多数のレイヤーを様々な方法で結合してつくりました。

Chevelleのフォトモンタージュは、クラシックポスターアートの作品です。広告のグラフィックデザイナーは、モンタージュのテクニックをよく使います。レイヤーとレイヤーマスクを使って二つ以上の画像をブレンドする手法が、モンタージュのできるツールとなります。この種のデザインをつくるときの標準的な手段は、イラストレーションのプログラムと画像操作のプログラムを結びつけて使うことです。両方のタイプのプログラムを使えば、ベクターのドローイングとして表現したほうがよいオブジェクトを簡単に変換できるでしょう。私達は、Gimpの中で全てできることを示したいと思います。

ペイントツール

色のツールといえば、色パレットが、とても役に立ちます。普通の絵を描くために使うパレットのようなものと考えてください。色のダイアログから色を選ぶのはあまり効果的ではありません。同じ色を得ようとしても同じ色を得るのが難しいからです。

グラデーション

グラデーションエディタは色のなめらかな移行を作る鍵です。Gimpではそれが多くの種類の重要な作業のベースとして使われます。レイヤーマスクで、2つの画像をブレンドするためにグラデーションを使うことができます。また、歪みをつくるためのマップ画像としても使えます。グラデーションエディタは、全てのパラメータに対する絶対の支配を持ってあなた自身のグラデーションをつくることができるため、高度な画像操作に非常に役立つツールです。


Gimpのような画像操作プログラムを能力の限界まで使おうとするなら、色がデジタルの世界でどのように働くか学ぶ必要があります。カラーモデルの章プリプレスの章で異なる色について理解してください.

異なるカラーモデルや装置が異なった色調の領域を持っていることを理解するのは、重要です。RGBモニタは、プリンタ(CMYK)よりも多くの色を表示することができます。そして、あなたはモニタが表示できる色よりも、多くの色を目で知覚することができます。下の画像は、これらの事実を視覚化しています。

画像メニュー

画像メニューのコマンドは、RGB色空間でもHSV色空間でも、大部分の作業を実行します。

平準化コマンドは、コントラストを強めるのに使うことができ、古い、色褪せた写真の「隠れていた」色を見つけます。

反転は、カラー画像をネガ写真のように見せます。これはスライドスキャナを持っているなら、ネガフィルムをスキャンして、反転コマンドでポジティブ画像に「現像する」ことを意味します。ポスター化コマンドでは、画像の色/シェードの数値を減らすことができます。そうすると、自然主義的な感じも減ります。

もしも、あなたの画像の色がひずんでいるならば、または、私達が青いアヒルにしたように色を変えたいならば、カラーバランスは役に立つ色補正ツールです。

色相-彩度は、たぶん色の問題を補正するためのさらに良いツールです。それは色を変更するためのすばらしいツールでもあります。御覧のように、私達の黄色いトラックは、画像のなかの他の色を変更することなく、青に変わっています。カーブは、もう一つの色制御ツールです。ここで私達は昼を夜に変えてみました。いや、その反対だったかも?

レベルは、ハイライトとシャドウを加えることによって、3次元効果を高める優れたツールです。それを反対にも使えます。色、ハイライト、シャドウのコントラストを小さくして、イメージを平坦にすることができます。脱色は、色情報を取り去ります、しかし、あなたはまだRGB色空間にいます。画像の特定の部分を強調したいとき、脱色は優秀です。周囲が脱色されてしまうと、色のついた部分は見る者の視線を捕えます。

正規化コントラスト伸長HSV伸長は、色あせた、または、さえないカラー写真を強化するための三つの方法です。

画像合成とチャンネル分解は、画像を、異なるカラーモデルへ分解し、または、異なるカラーモデルから合成します。左のRGBオリジナルは、すべてのチャンネル分解作業のために使うことができます。それらはカラーモデルの別々のチャンネルの表現なので、すべてのチャンネル分解された画像は、グレイスケール画像です。

モード

ここに示したカラー画像は、モードの章で説明されます。

モードを比較する

緑の葉のパターンを持つレイヤーをポートレートのレイヤーと組み合わせました。これらの画像は、色モードと色相モードの違いを示しています。

チャンネル



これらの図は、チャンネルに色を加えた結果を示しています。新規画像にチャンネルをコピー、ペーストすれば、イエローのチャンネルは右側の白黒画像のように見えます。イエローの画像が通常のレイヤーだったら、それはグレー画像(脱色後)のように見えるでしょう。

このデュオトーン画像は、ブルーとイエローのチャンネルを使ってつくりました。

プラグイン


ふつう、フィルタとして言及されているプラグインは、Gimpの重要部分です。多くのフィルタは、色変換を使うか、または他の方法で画像中の色に影響を及ぼします。

芸術的効果フィルタ


芸術的効果フィルタのすべては、色に影響を及ぼします。しかし、新聞印刷フィルタだけは、色が使われる方法を変えます。新聞印刷フィルタは、AMスクリーニングプリンタのハーフトーンのパターンをつくるためにRGBかCMYKのモードで色を分離します。

色フィルタ


当然、色フィルタは色で示されなければなりません。色フィルタの章を読むときには、このセクションが役立つでしょう。

前景-背景調整は、単純な色循環フィルタです。

エイリアンマップは循環するサイケデリックな色循環フィルタです。それはコサインとサインの機能を使って色を循環させ、段階的に置き換えます。エイリアンマップは、RGB色空間でだけ働きます。

エイリアンマップ2は、エイリアンマップとほとんど同じ機能を持ちます、しかし、このフィルターはHSV色空間でも働きます。私達はここでは、はやまって春の緑の葉を紅葉させてしまいました。

色範囲マッピングは、前景色と背景色の調整の「先端的」実装です。

色交換は、ある色から他の色に交換します。あなたは、お望みの色のスペクトルの幅を、すなわち、指定した色のためにどれだけのシェードを交換すべきかを設定することができます。

単色塗りの効果は、透明なカラースライドを画像の上に置いたようです。

カラーマップ回転は、強力な色交換フィルタです。

フィルターパックは、暗室フィルタです。それは、間違って色づけされた写真を調整するのにぴったりです。

グラデーションマップフィルタは、グラデーションエディタのグラデーションを使って画像を描画します。

RGB値最大は、最大か最小の値を持つ色だけを表示します。

古い白黒写真をカラー写真にしたければ、使うべきツールはサンプル色付けです。古い白黒写真をカラー化するためにソースとしてサンプル(カラー写真)を使います。

しかし、私達が赤ちゃんのシャツに色をつけたときのように、グラデーションを使うこともできます。

HSV散乱は、色ノイズを画像に加えます。

右クリック|画像|色|反転コマンドのような色の反転の代わりに、明度反転フィルタは、各ピクセルの明度の値を反転します。

輪郭抽出

輪郭抽出フィルタのすべては、カラフルな輪郭をつくります。

そして、ログフィルタでは、即席の漫画絵を作ることができます。

ライト効果

たとえば、フレア効果グラデーションフレア超新星のように、ほとんどのライト効果は、レンズやライトの効果をつくりだします。

下塗り

大部分の下塗りフィルタは、何らかの方法で色に影響を及ぼします。ファンタスティックなIFS合成フィルタの成果の若干の例が、ここにあります。

contentnext


Frozenriver Digital Design
http://www.frozenriver.nu
Voice: +46 (0)31 474356
Fax: +46 (0)31 493833
support@frozenriver.com
Publisher Coriolis
http://www.coriolis.com