prevcontentnext


アニメーションフィルタ

いくつかのアニメーションフィルタの説明、GIFアニメの説明と利用できる機能の話です。

フィルタメニューのアニメーションフィルタ


動画再生

動画再生は、レイヤーまたはGIFアニメをフィルムのコマのように表示します。もしもレイヤーが特有のアニメーション情報を含んでいなければ、各レイヤーは結合モードで再生されるでしょう。コマ送りにすることもできます。

このプラグインは、画像がウェブページでどのように見えるかのプレビューをすることもできます。あなたは、再生フレームの中で画像を掴んで、フレームの外へドラッグし、ほかのウィンドウ(ブラウザのウィンドウを含む)にドロップすることができます。画像をクリックして、持って行きたいところへドラッグするだけです。

画像は、レイヤー化されている必要がないことに注意して下さい(つまり、再生可能画像である必要はありません)。通常のJPEG、GIF、TIFF、といった画像に使えます。

動画最適化

GIFアニメは、多数のレイヤーからできています。レイヤーのうちのあるものは、おそらく前のレイヤー(アニメーションの前のフレーム)の情報の大部分を繰り返しているでしょう。不用な情報は、全部スキップできたらいいのにと思いませんか。これを手動でやったら大変で、時間がかかりますが、あなたのために、それができるフィルタがあります。

アニメーションのファイルを開いて、右クリック|フィルタ|アニメーション|動画 最適化コマンドを適用します。それでは、レイヤーを見てください。レイヤーは、とても小さくなっています。なぜならば、追加的な、または、異なった情報だけが表示されるからです。このフィルタは、GIFアニメのファイルをとても小さくして、ダウンロードにかかる時間を短くします。このフィルタを、大きな、複数のレイヤーを持つXCFファイルにサイズ縮小のために使うこともできます。

動画非最適化

画像の最適化後は(動画最適化を使うか手動で最適化した後は)、通常、画像の拡大縮小がとても難しくなり、しばしば画像操作は酷い結果になります。動画非最適化フィルタは、この問題を解決します。そこで、このフィルタを、最適化画像に手を加える前に、使って下さい。

全レイヤーに適用

右クリック|フィルタ|全レイヤーに適用は、GAP プラグイン(Gimpの高度なアニメーション、動画フレームの使い方参照)でアニメーションをつくるために使われますが、どんなマルチレイヤー画像にも適用できます。 このフィルタを選択するときは、ブラウザが現われます。ブラウザは、プラグインがリストされている点を除けば、DBブラウザそっくりです。

適用したいフィルタを選び、一様に適用変化させつつ適用かを選んで、それをどのように適用したいかを指定します。選択すると、フィルタダイアログがポップアップして、値を尋ねてきます。一様に適用を選ぶと、ダイアログは一度だけ現われて全てのレイヤーに指定した値が適用されるでしょう。変化させつつ適用を選べば、ダイアログは全てのレイヤーごとに現われ、それぞれのレイヤーに異なった値を適用できます。

GIFアニメの作り方


Gimpは、GIFアニメを作るための素晴らしいツールです。Gimpは、各レイヤーフレームとして取り扱います。背景レイヤーはフレーム1になり、新規レイヤーがそれぞれ新しいフレームになっていきます。背景レイヤーに新規レイヤーを追加すると、フレーム2、フレーム3、等々と名前がつけられます。

フレーム間の時間の指定

レイヤー&チャンネルダイアログのレイヤーの上でダブルクリックして、レイヤーの名前を編集します。それをフレーム X (xxxxms),という名前にします。X はフレームのナンバー、xxxx はミリ秒のフレーム間の時間です。フレームの名前をフレーム 5 (100ms)とすれば、100msのフレーム間の時間が与えられるでしょう。



フレームの結合

レイヤーを前のレイヤーと結合するためには(結合は、フレーム2がフレーム1(背景)に加えられ、フレーム3がフレーム2とフレーム1に加えられ、等々ということを意味します)、レイヤーに、フレーム X (xxxxms) (combine)と名前をつけます。

フレームの置換

アニメーションを実際の映画のように動かすためには(つまり、新フレームをそれぞれ前のフレームと置き換えるには)、(combine)にかえて(replace)を加えます。(combine)と(replace)は任意の順序にできます。

GIFを保存するときに、指定しない場合のフレーム処理についてたずねるダイアログボックスを見るでしょう。気にしないをチェックしないで下さい。なぜならば、それはレイヤーダイアログで(combine)として表示していなくてもレイヤーを結合にしてしまうからです。combineを選ぶだけなら、レイヤーダイアログの設定はそのまま保存されます。

五つのレイヤー/フレームの例です。

· 背景 (100ms) (replace)

· フレーム2 (100ms) (combine)

· フレーム3 (100ms) (replace)

· フレーム4 (100ms) (combine)

· フレーム5 (100ms) (replace)

前の五つのフレームは、各フレーム100ミリ秒のフレーム間の時間で、次の順序で再生するでしょう。

· 背景

· フレーム2と背景

· フレーム3

· フレーム4とフレーム3

· フレーム5

· 背景

そして、再生を止めるまで繰り返します。

注意。Combineは、フレームを前のフレームと結合します。しかし、背景レイヤーをcombineに設定しても、それはトップレイヤーと結合しません。背景レイヤーは常にループが最初に戻って繰り返すときにトップレイヤーと置換するでしょう。


prevcontentnext


Frozenriver Digital Design
http://www.frozenriver.nu
Voice: +46 (0)31 474356
Fax: +46 (0)31 493833
support@frozenriver.com
Publisher Coriolis
http://www.coriolis.com