prevcontentnext


変換ツール

この章では、移動ツールや切り抜きツールを含む、数々の変換ツールを見ていくことにしましょう。

 

移動ツール

 

移動ツールは画像全体やレイヤー、ガイド、フローティング選択領域もしくは空の選択形状などを移動させることができます。レイヤーについてはレイヤーとフローティング選択領域の章を読んで下さい。

移動ツールを使わずに移動させる

選択ツールのところでは、移動ツールではなく選択ツールが有効になっている時にも選択領域上にカーソルを置くと、Gimpが移動シンボルを表示することを説明しました。

この移動シンボルを使って選択領域を移動させると、選択領域はフローティング選択領域になります。一旦マウスボタンを離すとすぐに移動シンボルは消えてしまうので、一度しか移動が行えません。選択領域を2度動かすためには、移動ツールに切替えなければいけません。

選択ツールの移動シンボルを無視して直接右クリック|選択|フロート化コマンドを使うこともできます。こうすることで選択領域を現在の場所から移動させることなくフロート化することができます。移動させると決めた場合には、移動ツールを通常通りつかうことができます。

フローティング選択領域を移動させる

フローティング選択領域上で移動ツールを使う場合に。ポインタを選択領域の外にずらすと二重矢印のシンボルが単一矢印に変化します。この単一矢印になっている時にマウスをクリックすると、フローティング選択領域は最後に有効になっていたレイヤーと結合されます。

画像全体もしくは単一レイヤーの移動

領域選択を行っていない場合には、移動ツールで画像全体を描画領域の外に移動させることができます。複数のレイヤーを持った画像の場合には。有効なレイヤーを移動させることができます。

透明なレイヤーの移動

空の透明なレイヤーを移動ツールで移動させることはできません。試しにやって見ると、重なったレイヤー中の一番上のレイヤーを移動させてしまいます! これは移動ツールがつかむことのできるものが必要だからです。当然、空のレイヤーに一点だけ色を付けて、他のレイヤーを非表示にして(レイヤーとフローティング選択領域参照)から、その一点をつかむことでレイヤーを移動させることはできますが、全く効率がよくありません。

この問題を解決するために、ドラッグする時に Shift キーを押してやるとよいでしょう。黄色のレイヤー境界が青色に変化して、望んだレイヤーを動かしていることが分かると思います。

グループ化されたレイヤーの移動

小さな結合シンボルのついているグループ化された複数のレイヤーは、どのレイヤーが有効になっていても全てが一緒に移動することに気が付くかもしれません。例えば、文字のレイヤーとその影のレイヤーをグループ化しておくと、他のレイヤーを移動させる前に非グループ化したり、統合しておかなければ、全部で3つのレイヤーを同時に移動させてしてしまいます。レイヤーについてはレイヤーとフローティング選択領域を参照してください。

空の選択領域を移動させる

選択領域の場所をずらしたい場合には、Alt キーを押しながら移動させてやることができます。こうすると、選択領域の中身を動かすことなく、空の選択の形状だけを移動させることができます。

 
 

この方法で移動させることができるのは、通常の空の選択領域だけであることに注意してください。Alt キーを押しながらフローティング選択領域を移動させることはできません。

このオプションを用いると選択領域をテンプレートとして利用することができます。選択領域を移動させつつ、その中を塗りつぶしていくわけです。このテクニックを利用する時には、移動ツールが、すなわち、選択ツールが有効になっていないといけません。

ヒント

移動ツールがアクティブな場合に、フローティング選択領域を矢印キーを利用してほんの少しだけずらすこともできます。Shift キーを押しながら矢印キーを押すと少し多めに移動させることができます。空の選択領域をずらすためには、Alt キーと矢印キーを組み合わせます。

複数の領域を選択した場合にはそれらがひとまとまりとして扱われることに注意してください。移動ツールを使用した場合に、全ての選択領域が一緒に移動するため、ある選択領域を他の選択領域に近づけるようなことはできません。

切り抜きツール

 

切り抜きツールは、Photoshopでいうところの『はさみ』に相当します。画像の一部分だけが必要な場合に切り抜くことができます。切り抜くためには、切り抜く領域の対角をクリック-ドラッグします。うまく範囲を指定できたら、マウスボタンを離します。すると切り抜き情報ダイアログボックスが表示されます。このダイアログボックスについての詳しい説明は次の節にあります

切り抜きの印は正確に配置しなおすことができます。左下や右上の角をドラッグすることで切り抜き部分を移動させたり、左上や右上の角をドラッグすることで大きさを変えることもできます。

キーボードの矢印キーを使って、切り抜き領域をちょっとだけずらすこともできます。その他にも、切り抜き領域をガイド(右クリック|表示メニュー中のガイドに付けるがチェックされていること)に付けることもできます。

 
 

道具箱中の切り抜きボタンを押したり、切り抜きマークの内側の画像の一部をクリックすることで新しく画像が生成されます。

切り抜き情報ダイアログ

このダイアログには切り抜く領域のXY位置, 高さがピクセル数で表示されます。画像中で領域選択を行っていた場合にダイアログ中の選択ボタンを押すと自動的に切り抜き領域を選択領域に近づけてくれます。

 
 

変換ツール

 

変換ツールは、Photoshopでいうところの『効果』メニューに近いものです。
変換ツールのオプションダイアログを表示させるためには変換ツールをダブルクリックします。これには選択領域を回転拡大縮小剪断遠近法に変形させる選択肢が含まれています。

回転

変換ツール中の回転を行う場合には、マウスをドラッグして選択領域を回転させます。回転させた後に画像の一部が描画領域からはみ出してしまった場合には、画像サイズを変更しなければならないかもしれません。

 
 

マウスで画像を回転させる際には、回転角が小さなダイアログボックス中に表示されます。このダイアログに数値を入力することはできません。このダイアログは単に画像を回転させた角度を表示するだけで、あまり正確ではありません。しかしCtrlキーを押しながら画像をドラッグすることで、15度単位で選択領域を回転させることができます。

横向きに取り込んだ画像を縦にしたい場合等、90 度や270 度といった単位で画像やレイヤーを回転させたい場合には右クリック|画像|変形|回転オプションを用いる方がよいでしょう。

回転させる角度を正確に指定したい場合には、右クリック|レイヤー|変形|任意角回転オプションを使用するとよいでしょう。任意の角度回転のダイアログ中のスライドバーをドラッグするだけでは正確な値にはならないことに注意してください。スライダーの右側や左側を一回クリックすることで、1度づつ角度を変化させるようにしなければなりません。

 
 

拡大縮小

変換ツールのオプションダイアログで拡大縮小を選択してから画像をクリックすると拡大縮小情報ダイアログが表示されます。拡大縮小情報ダイアログには選択領域の元の幅高さ、そして現在の幅高さの情報が表示されます。

 
 

画像上でマウスをドラッグすることで画像の拡大縮小を行えます。拡大率 X拡大率Yとしてどの程度元の画像から変形させたかが表示されます。

Ctrlキーを押しながらだとX軸方向に固定されるので、画像の高さだけを変化させることができます。Shift キーを押しながらだとY軸方向が固定されるので、画像の幅だけを変更することができます。Ctrl+Shiftの場合は縦横比一定のまま拡大縮小します。

 
 

剪断

剪断変換は画像を水平方向や鉛直方向に変形させるものです。矩形領域を平行四辺形にするとも言えます。

 
 

変換ツールのオプションダイアログ中で剪断オプションをクリックし, 画像上でクリックすると剪断変形情報ダイアログが表示されます。 角の部分をクリックしたりドラッグしたりすることで画像を剪断変形させることができます。上下にドラッグするとY方向に剪断変形し、左右にドラッグするとX方向に変形します。ただし、一度に剪断変形できるのはXもしくはYのどちらか片方のみです。つまり、X剪断変形率が0でない場合にはY変形率は0でなければならないということです。

 
 

技。縦横の両方向に変形させたい場合には、一旦他のツールアイコンを選択して、再び変換ツールを選択するようにするとよいでしょう。

遠近法

変換ツールのオプションダイアログの最後のオプションは遠近法です。実際には遠近法という名前は正確ではありません。遠くのものを小く、近くのものを大きくするという遠近法変換をしているわけではないからです。

ゆがめ効果と表現する方がよいかもしれません。四つ角の変形ポイント全てを独立に動かすことができるからです。実際には矩形選択領域を遠近法のようにすることもできますが、これは手で行わなければなりません。


 
 

「遠近法」をひっくりかえすこともできます。試しに遠近法の矩形を構成する辺を交差させたり重ねたりしてみると、選択領域を鏡面反転させたり捻ったりできることがわかるはずです。あまりやりすぎると何がなんだかわからなくなってしまいます。

変換結果のスムージング

変換ツールのオプションダイアログ中にあるスムージングのチェックボックスを選択しておくことで、アンチエイリアシングするようにしてギザギザした縁を滑らかに見えるようにできます。このスムージングを利用しない場合には、選択領域周辺に荒いピクセルが目立つでしょう。逆にスムージングオプションによって周辺部がぼやけてしまう可能性もありますので、良く考えてから利用してください。

 
 

鏡像反転ツール

 

道具箱中の鏡像反転(flip)ツールはその名の通り画像をひっくり返します。正確には鏡像反転ツールでは選択領域を水平方向鉛直方向鏡面変換します。(水面やガラス、金属表面のような)鏡像を伴う画像を作成する場合にはこのツールを利用します。


虫めがねツール

 

ズームツールを参照してください。

prevcontentnext


Frozenriver Digital Design
http://www.frozenriver.nu
Voice: +46 (0)31 474356
Fax: +46 (0)31 493833
support@frozenriver.com
Publisher Coriolis
http://www.coriolis.com