colorcontentnext

 

この本のこと

著者

 

Karin Kylander

Karin はデザイナー、イラストレーターです。Chalmers工科大学で建築学の修士をとった建築家でもあります。1985年からグラフィックデザインとアート をしています。1980年代後半に、コンピューターを使ったデザインに関心を持ちました。最初は、MacやPCで、Photoshop、 PageMaker、CorelDRAW、Illustratorといったプログラムを使っていました。1996年に、UNIXの世界に入りました。そし て1997年、画像操作とグラフィックデザインのためにGimpを使い始めました。今では、毎日の仕事にGimpを使っています。

Karinの仕事の大部分は、出版物、ポスター、展示ディスプレイに集中しています。彼女の作品のサンプルを見たければ、この本のギャラリーの章に目を通してください。

Olof S. Kylander

Olofは、UNIXとネットワークシステムの管理者です。Chalmers工科大学でフォーマルなコンピュータ教育を受けました。1980年代の初めからコンピュータをさわっていました。 1993年にUNIXに関心を持ちました。それ以来ずっと、いろいろなUNIXシステムとネットワークの設定をしています。

Olof は、現在、GothenburgにあるUNIX/Networkのコンサルティング会社、Sigma-nbitに勤務して、忙しくエリクソンの Solarisサーバーを設定しています。彼は、Mac、Windows、NT、CitrixやNovellのような他のシステムの経験もあります。専門 はインターネットテクノロジーのほか、thinクライアントとX Windowシステムの設定です。彼は、この本のより技術的な部分の著者です。

Frozenriver

Karin の会社、Frozenriverは、いろいろな分野でデジタルデザインを扱っています。そしてまた、デジタル画像操作のトレーニングも提供しています。会 社は、技術文書、報告書、パンフレット、雑誌、展示といった、情報を提供するための色々な素材を専門にしています。ウェブデザインもただいま売出し中の サービスです。 Frozenriverは、商店街のチラシから広告の全体的構想まで全ての範囲を扱うことができます。Frozenriverはトレーニングコースとメー ルによるアドバイスという形でGimpユーザーをサポートすることもできます(Photoshopのような他の画像操作プログラムのユーザーもサポートし ています)。

Frozenriverに連絡したいときは、http://www.frozenriver.nu/で私達のウェブサイトを訪問するか、karin@frozenriver.comにメールしてください

もっといいのは、直接にコンタクトしてください:

Frozenriver
Karin Kylander
N.Dragspelsg 12
S-421 43 V.FRÖLUNDA
SWEDEN

Phone: +46 (0)31 47 43 56
Fax: +46 (0)31 49 48 33

Gimpに貢献した人達

 

まず最初に、多くのGimp開発者に感謝したいです。

Spencer Kimball, Peter Mattis, Federico Mena, Zach Beane, Adrian Linkns, Miguel de Icaza, Tom Bech, Sven Neumann, Albert Cahalan, Adam D. Moss, Torsten Martinsen, Tristan Tarrant, Andreas Beck, David Mosberger, Gordon Matzigkeit, Peter Kirchgessner, Eric L. Hernes, Francisco Bustamante, Thorsten Schnier, Jochen Friedrich, Tim Newsome, Christoph Hoegl, Xavier Bouchoux, Owen Taylor, Andy Thomas, Ray Lehtiniemi, Marcelo Malheiros, Miles O'Neal, Chris Laas, Daniel Risacher, Gerd Knorr, Michel Taylor, Ole Steinfatt, Michael Sweet, 高森 英一, Tracy Scott, Gordon Matzigkeit, Andrew Kieschnick, Alexander Schulz, Thomas Noel, Robert L.Cross, Kevin Turner, Sean Cier, Nick Lamb, Kim-Minh Kaplan, Matthias Cramer, Lauri Alanko, Tim Newsome, Bucky LaDieu, Scott Goehring, Morten Eriksen, Raphael Quinet, Daniel Skarda, Daniel Dunbar, Jens Ch. Restemeier, Marc Lehmann, Scott Draves, Alessandro Baldoni, Michael Schubart, Dan Risache, Josh MacDonald, Eduardo Perez, Daniel Cotting, Nathan Summers, John Beale, Marc Bless, J ohn Breen, Brent Burton, Jim Geuther, Pavel Grinfeld, Matthias Greim, Jan Hubicka, 楢崎 修二, Stephen Robert Norris, Tim Rowley, Christoph Hoegl, Wolfgang Hofer, Shawn Amundson, Edward Blevins, Roberto Boyd, Simon Budig, Seth Burgess, Ed Connell, Jay Cox, Andreas Dilger, Austin Donnelly, Misha Dynin, Larry Ewing, Nick Fetchak, David Forsyth, Heilco Goller, Michael Hammel, Simon Jones, Tim Janik, Tuomas Kuosmanen, Karl LaRocca, Jens Lautenbacher, Laramie Leavitt, Elliott Lee, Ralph Levien, Adrian Likins, Tor Lillqvist, Ingo Luetkebohle, Ed Mackey, Vidar Madsen, Ian Main, Michael Natterer, Erik Nygren, Tomas Ogren, Jay Painter, Asbjorn Pettersen, Mike Phillips, Mike Schaeffer, James Robinson, Manish Singh, Ian Tester, James Wang, Kris Wehner, Matthew Wilson それから私達が忘れているすべての人達。(もし、あなたを忘れていたら、どうかkarin@frozenriver.comにメールして、私達に知らせてください。)

この本に貢献した人達

 

私達はまた、この本に提案、助言、建設的批判、寄稿、等をしてくれた人達全員のクレジットを付けたいと思います。

· Dov Grobgeld(「GimpユーザーのためのPerlチュートリアル」の著者)

· Mike Terry(「Script-Fuの黒帯道場」の著者)

· John Sigerson(GUM0.5から0.9のPDFファイル形式)

· Aristidi Yannick(フランス語の翻訳)

· 白崎 泰弘(日本語翻訳チームのリーダー)

· Mark Probst(ドキュメンテーション)

· Peter Uray(ドキュメンテーション)

· Peter Alanko(ドキュメンテーション)

· Ole Steinfatt(ドキュメンテーション)

· Michal Gomulinski(ドキュメンテーション)

· George Carret(ドキュメンテーション)

· PhotoDisc(この本のプロジェクトへの高品質の画像の寄贈)

· Thom van Os (選択的ガウスぼかしの画像)

· Eric GalluzzoとChristopher Macgowan(校正)

· Nicholas Lamb (選択についての助言)

· Michael Kaiser(レイヤーの校正)

· Cristoph Hogeld(Contribの訂正)

· Marco Schmidt

· Adrian Links

· Adam D. Moss(アニメーションフィルタとpsdについての助言)

· Tom Bech(ライト効果とマップオブジェクトについての助言とレッスン)

· Nathan Carl Summers(はさみについての助言とレッスン)

· Wolfgang Hofer (動画フレームについての助言)

·  Markku Verkkoniemi(プリプレスで画像を運ぶ方法についての助言)

· Matt Chisholm(フォントインストールの章でバグを発見)

· それから私達が忘れているすべての人達(karin@frozenriver.comに書いて私達に知らせてください!)

この本の読み方

 

このGIMPオフィシャルハンドブックは、 Gimpのすべてについてのユーザーズマニュアルです。入手可能なGimp情報の最も包括的な情報源にするため、GIMPという複合的なアプリケーション のほとんど全ての側面をカバーしています。ユーザーマニュアルということでGimpプラグインの書き方のような「マシンの部品」の話題をカバーしていませ ん。しかし、スクリプトを書くための若干のチュートリアルを含めました。このマニュアル中の全ての画像はGimpを使ってつくっています。他のソフトウェ アは何も使いませんでした。

GIMPオフィシャルハンドブックは、いくつかのパートに分割されています。経験豊かなグラフィックスアーティストなら、Gimpとあなたの手に慣れているプログラムの主な違いを拾うために、すぐにその最初のパートを読むことができます。

この本はまた、Gimpの標準配布の一部ではない機能をカバーしています。これらの機能は、開発者のバージョンまたはPlug-in Registryで見つけることができます。感圧性のドローイングタブレット、Gimp Perlスクリプト拡張、ダンプwindow、xmorph(xmorphプログラムのGimpifiedされたバージョン)とHaruspexX(SQL Gimp拡張)を使う方法を除いて、私達は1999年8月現在で利用できるGimpの全機能をカバーしました。

パート1

· ギンプとは。 GimpとGTK+の簡潔な歴史

· Gimpのデフォルトショートカット(アクセラレータキー)とそれを再設定する方法 。

· Gimpの強力なリソースで何を達成できるか、とか、先進の画像操作について多少の洞察を提供しているギャラリー。

パート2

· Gimpを入手してあなたのシステムへインストールする方法とトラブルシューティング

· PhotoshopからGimp へのお引越し。

パート3

· Gimpがサポートするファイル形式とその使い方。Gimpでファイルを開いて、保存する方法 。

· 自分用の環境設定

· いろいろなペイントツールの使い方。

· いろいろな編集機能の使い方。

· 変換機能。

· 文字ツールの使い方。

· ブラシ、パレット、パターンに関する情報、グラデーションエディタの使い方。

パート4

· カラーモデルについての一般的な話(異なるモードがGimpでどう働くか理解するために、この章の情報が必要です)。

· プリプレスのためにGimpの画像をどのように準備するか。

· キャリブレーションの話。

· スキャニング、スキャナのタイプや何を買うかという話。

· Sane(Gimpのスキャナインタフェース)のインストールとGimpでのSaneの使用。

パート5

· 色、明るさ、カーブその他の画像の調整を含む画像メニューについての深い議論。RGB画像からインデックス画像への変換、画像の変形

· いろいろな選択の手法。

· Gimpのモード

· 高度な画像操作をするときの鍵になるレイヤーの使い方の掘り下げた話。

· チャンネルとは何か、その使い方。

パート6

· Gimpで使えるフィルタのプラグイン、その全体像を一瞥する。

· さまざまな色交換フィルター 。

· ライト効果の使い方。

· 素敵なパターンとイメージをレンダリングする。

パート7

· アニメーション動画フレームで高度なウェブアニメーションを簡単につくる方法。

· Xinput、Linux(XFree86)でのWacomタブレットのインストールと使用。

パート8

· GimpのScript-Fuの話。

· Script-Fuの書き方、Gimpの仕事の自動化をどのようにScript-Fuが支援するか。

パート9

· GimpのPerl-Fuについての話。

· Perl-Fuの書き方、Gimpの仕事の自動化をどのようにPerl-Fuが支援するか。

パート10

· GimpとX Windowシステムのフォント。 フォントをさらにインストールする方法 。

· プラグインをコンパイルする方法、自分でmake fileする方法、configure scriptの使い方。

パート11

· Gimp配布のマニュアルページ。

· コマンドラインフラグと初期化ファイルの説明。

· Script-Fuスクリプトを書く人のための SIODリファレンス。

· お役立ちリンク

約束事

 

GUMでは、普通の文字の他に2つの異なるタイピングスタイルを使っています。

重要な概念や項目または話題が紹介される最初のときに、重要な点を強調するときに、Gimpのメニューコマンドを記述するために、また、警告のために、太字を使っています。これは、例えば、Gimpの画面上で見る言葉(プルダウンメニューのタイトル、ダイアローグタイトル、オプション等)だけでなく、もっと一般的な用語、例えば、色彩理論、フォントマネージャ、ハーフトーンパターン等にも使っています。

ターミナルウインドウで実行する必要があるプログラム、ファイル名とコードは、クーリエです。

シンボル

左に示したシンボルの意味を上から順番に説明しておきます。

Gimpの標準配布に入っていない

このシンボルは、機能またはフィルタがGimpの標準配布の一部でないときに現れます。これは、あなたがそれをダウンロードして、多分あなた自身でコンパイルしなければならないだろうということを意味します。特別な機能とプラグインの主要なソースは、
http://registry.gimp.org
または、
ftp://ftp.gimp.org/pub/gimp
です。
この本の紙版を買うと、CDの中に標準のプラグインと機能のほかに非標準のものもソースコードとバイナリーの形で入ってます。

警告!

こ のシンボルには気をつけてください。その目的はあなたの注意を捕えることで、あなたは決定的な、または重要な警告の一節を読み過ごさずにすむでしょう。ど んな一節なのかというと、例えば、これをしないでください。さもないと、あなたのシステムはクラッシュします。あるいは、その他の若干不愉快なことが起こ ります!

バグに注意してください!

このサインは、フィルタまたは機能がまだ開発段階にあること、そして、バグの問題があるかもしれないことを示します。あなた自身のリスクでこのシンボルがある機能のインストール、使用をしてください。


チュートリアル

このサインの次に、記述された機能を理解するのに役立つ実例またはチュートリアルを見つけるでしょう。


助言

このサインは、ある機能の使い方のアドバイスや役に立つ小技、または、重要な主題を記述する一節が次に来ることを示しています。



colorcontentnext


Frozenriver Digital Design
http://www.frozenriver.nu
Voice: +46 (0)31 474356
Fax: +46 (0)31 493833
support@frozenriver.com
Publisher Coriolis
http://www.coriolis.com