Angelic Layer

<Artist:SHIKI>

Special:(1.25倍速) Angelic:★(1.75倍速)

 

 

得点報告はこちら

「R」キーでリスタート、「T」キーでタイトルバックできます。

オプション画面中「Shift」キーでキーコンフィグ画面へ。

矢印に全体的なズレが感じられる場合はCorrectionで調整可能です。

 

Dancing☆Onigiri 夏祭り2008参加作品。

『Angelic quartet』がお送りする最後の作品、

正にこのチームの集大成と言うにふさわしいものとなっております。

天界に響き渡る美しい四重奏に、貴方はきっと酔いしれる。

 

今回の夏祭りがチーム戦と知った際、私の頭には一つのビジョンが浮かんでいました。

皆が精一杯作った作品をぶつけ合わせて戦う祭り、

ならその大トリとしてふさわしい作品とはいったいどんな作品だろう。

そこで私の心にあったのが、主催の暗狐さんが掲げた祭りのコンセプトである、

「誰かのために何かをする自分」。

共に戦ってくださるチームメンバーの皆さんのために、私が作れる作品。

リーダーとして、チームのため全力で作っていただいた作品に報いることのできるものを作りたい!

 

――私の答えはこれです。

 

全てが意味を持ち、全てが繋がる。

『Angelic quartet』としての作品全てを支え、同時に支えられた世界。

私たち四人の織り成す天上の創造世界、どうぞご堪能ください。

 

昨年の夏祭りでご好評をいただきました『魅せる』ダンおに第二弾です。

モーション的ギミックを使わずにどこまでやれるかという挑戦。

いつも通りな演出に加えて、今回は一斉色変化を基盤にした視覚効果を。

演出は両譜面共通となっておりますので、

基本的には譜面難度の違いとだけ捉えていただければOKです。

尚、演出が綺麗に見えるよう、初見での倍速はあまり無闇に上げないことをオススメします。

 

最後に、共に戦ってくださったFUJIさん、イズデラさん、セレナードさんに無上の感謝を。

本当にありがとうございました!

 

戻る