中小企業診断士沖縄県カテゴリー別シティぶら

中小企業診断士@沖縄県シティぶら



中小企業診断士@沖縄県の案内をしています。

中小企業診断士沖縄県の概要


中小企業診断士は中小企業の経営課題に対応するための診断・助 言を行う専門家です。法律上の国家資格として中小企業支援法に基 づき経済産業大臣が登録します。中小企業診断士制度は中小企業者 が適切な経営の診断及び経営に関する助言を受けるに当たり経営の 診断及び経営に関する助言を行う者の選定を容易にするため経済産 業大臣が一定のレベル以上の能力を持った者を登録するための制度 です。中小企業診断士の業務には資金運用の業務があります。 資金運用は調達した資金を設備などの固定資産や在庫などの流動資 産の購入に用いたりします。企業では主に設備や材料・土地や建物 などの実物資産に資金が投下されます。資産が運用先になる資金運 用は収益を求めてわれます。したがって調達に伴って発生するコス トを上回る収益が期待できるときに行われるのが基本とされていま す。 資金運用表は調達資金の調達先と運用方法・長短バランスを見るた めの表でです。実績の資金運用表は企業の2事業年度の貸借対照表 を使用して作成されます。予算の資金運用表は財務方針の妥当性を 検証する為に作成されます。資金運用表は連続する2期分の貸借対 照表を比べてその1年間に資金がどのように動いたかを見るものです。 その間にいくら資金を調達し、どのようなことにいくら支出したか が示されます。そのためこの指標は資金の運用状況を分析するのに 適しているといえます。方法は2期間の貸借対照表を比較する。そ して各科目間の増減を算出します。さらに資金の調達と運用に分類 して表を作成します。 資金運用を行っていく意味とは、それぞれ行っている個人 や会社によって変わってくるかもしれませんから、すべて が同じであるとは言えません。ただし資金運用の意味であ るならば、やはり資産は少ないよりも、増やしたほうがい いということが根底にあることは否めません。そういった ことから、乱暴に資金運用の意味を考えていくならば、ひ とこと「資産を減らさずに増やしていくこと」になるかも しれません。そこで意味を考えてしまうと資金運用を行う ことに意味づける必要があるのか、ということにもなりか ねません。ですから資金運用の意味としては、もっともシ ンプルなものでもある「資産を減らさすに増やしていくこ と」としたほうがいいでしょう。 実際に深い哲学的な意味を資金運用に持たせて行っている 方はいるかもしれませんが、ごく少数派です。意味につい て考えているよりも、もっといろいろと情報を集めて、有 利にことを進めていくことのほうが重要になってくるのが 資金運用です。資金運用をどのように意味づけるのか、と いう問題があったとしたならば、行っている方々それぞれ の答えがあるかもしれません。確かになにかしら意味づけ をしなければ納得できないこともあるかもしれないものが 資金運用ではありますが、資産が増えればいいという方が 多いのではないでしょうか。 つまり資金運用の意味をいろいろ考えるよりも、結果とし て資産が順調に増えていったのであるなら、いいのではな いでしょうか。いうなれば資金運用の意味の最大の答えは、 資産が無事にかなり増えていっていることに落ち着くかも しれません。そこで資金運用がどのような意味を持ってい るのかということが、よくわかるのは資産が増えていった らわかるのではないでしょうか。資金運用に必要なものに なってくるのは、確かな情報であって、意味などはあまり 必要ではないのかもしれません。 ただし資金運用の意味が何であるのかを考えたのであるな らば、やはり「資産を増やしていくこと」というひとつの 答えは欠かせません。どうしてなのかといいますと損をし たくて資金運用を行うという方はまずいらっしゃいません し、資産を増やしたいから始めるわけです。そこで資金運 用を円滑に進めるのであるならば、やはり円滑に資産を増 やしていくことだけを考えたほうがいいでしょう。ですが 意味についてついつい考えてしまう方も少なくはないそう ですから、シンプルに考えるようにしたいのが資金運用です。
中小企業診断士の業務内容は経営指導が27.5%講演・教育訓練業務 が21.94%診断業務が19.69%調査・研究業務が12.84%執筆業務が 11.56%となっています。コンサルティングの各種業務は中小企業 診断士でなくとも行うことができます。しかし中小診断士登録者に は国や都道府県等が設置する中小企業支援機関に専門家として登録 の上で公的な経営支援業務に加わることができます。その一環とし て財務体質改善の業務を担当することがあります。 財務体質改善の基本的な考え方は経営評価をするための指標をより 評価の高い方へ持っていくことに他ありません。経営評価の指針は 売上高増大・キャッシュフロー増大・売上債権回収スピードアップ ・棚卸資産(在庫)削減・自己資本増加・資産不所持・負債圧縮が 主要なものです。平凡であると言ってしまえばそれまでなのです。 配点の高かった指標を考えるとキャッシュフロー増大と自己資本増 加に最も注目する必要があります。金融機関は今後企業の規模では なく企業の収益性を重視して融資する姿勢に転換してきていること に他ありません。売上高よりキャッシュフローを重視しなければな らないといえるでしょう。中小企業においても自己資本の増加をは かることが大切となりました。これらの指標は単年度の値を評価す るだけではなく複数年度にわたる指標の動向に注目されています。 中小企業を取り巻く環境は廃業率が開業率を上回っているという現 状から見ても厳しい状態にあるといえます。こうした厳しい環境下 で中小企業が生き残るためには環境に耐え得る強い財務基盤を意識 して形成する必要があります。色々な視点から、企業の現状を分析 して管理していく事が大切です。
中小企業診断士の活躍フィールドは拡大し続けています。中小企業診 断士の資格取得価値は高まり続けていくことでしょう。中小企業診断 士は中小企業の皆様の様々な経営課題への取り組みをバックアップし ます。ビジネスクリニックは民間企業からの企業経営課題解決や金融 機関・中小企業支援機関などからの支援企業や顧客の経営課題解決の ためのコンサルティングなどの依頼に応じて中小企業診断士を紹介し ています。中小企業診断士の業務のひとつとして事業売却の業務が あります。 事業売却は後継者がいない場合でも事業承継をさせたいと望む時に 事業そのものを売却することが事業承継の有力な手段となっています。 その場合、どのような課題があるか?分析したいとおもいます。 企業の事業売却に対するイメージはどんなものか?確認してみまし ょう。事業売却に対して抵抗感が「ある」とする企業は47.3%で、 「ない」とする企業が52.7%でした。廃業するくらいなら事業売却 を検討したい」と考える企業においても半数近くの企業が事業売却 に抵抗感を持っていることがみてとれます。 一般にM&A等というと小規模企業には無縁のイメージも持たれがち です。従業員規模別に確認すると比較的従業員規模が小さい企業の 方がむしろ事業売却への抵抗感が少ないことに注目すべきです。 事業売却を検討に入れながらも、抵抗感を感じる理由としては、廃 業を検討している企業と同様、「事業売却が自社に可能だとは思え ない」と回答している企業が27.8%あります。事業売却について情 報収集をするよりは、検討する前にイメージで避けている企業が相 当数あると推測されます。一方で「役職員から責任放棄ととられる 恐れ」と回答した企業も27.8%と同じ割合を占め、廃業を検討して いる企業では3.6%で少数であったことと対照的です。現実的に事業 売却を検討すると、家族のような付き合いを続け共に会社を大きく してきた従業員に対し、自分だけ売却益を得て会社を抜けるという ような裏切り行為となるのではないか?と思う感情面の問題が抵抗 感を感じさせるのであろうと推考されます。

中小企業診断士@沖縄県カテゴリー別シティぶら - 地域情報


中小企業診断士@浦添市 - 沖縄県沖縄市 - 沖縄県宜野湾市 - 中小企業診断士@石垣市 - 那覇市


沖縄県シティぶら