ジー・アイ・ディーKAZOKUの会

 
→ HOME
→ KAZOKUの会って?
→ 活動について
→ みんなの広場
→ GID用語集
→ パッと見て分かる!     嫡出子問題
 
→ 前田良の日記
→ 旧日記
→ ゲストブック

メール メール

,修發修發里っかけは…

 

平成22年1月10日。

KAZOKUの会としての『活動』を

する発端となった出来事を、まず

ここで紹介します。

詳しくはこちらへ

 


 

 ■烹腺擅錬烹佞硫颪できるまで

 

「何かの会をたちあげたら?」と

アドバイスをくださったのは、

井戸まさえ衆議院議員。

朝日新聞の記事を読み、

連絡を頂きました。

実は、それまでの僕(前田)は、

一個人として動いていました。


 

 

 J神22年2月15日

 

いざ!第一回目の出陣!!

法務省の千葉景子大臣(当時)と

面会しました。

 その時、以前からアクアビューティーさんの方で力をお借りし、募っていた署名があったのでそれを手渡し、「性同一性障害者の子供も嫡出子として扱う」様、お願いしました。

署名にご協力していただいた皆様、本当にありがとうございました!!

署名は全部で1000名を超えるほどの数になり、大臣にも重みが

伝わったのではないかと思います。


 

 な神22年5月7日

 

「300日問題」をかかえる方々が

国会で勉強会を開くというので、

こちらも参加。

あらためて千葉大臣(当時)に

お願いに行きました。

前回、面会の後に集まった署名も

手渡しました。


 

ナ神22年11月20日・21日

 

20日に大阪と、21日東京で

「性同一性障害者の嫡出子問題に

ついて」講演会をしました。

忙しい中足を運んでくださった皆様、

そして力をお貸しくださった先生方、アクアビューティーの阪田様、ありがとうございました!

詳しい内容はこちらへ↓

 

資料【僕は父親になる】という

冊子を配らせていただきました。

…良かったら見て下さい!


 

 

κ神22年12月16日

 

法務省のおしりを叩く為、記者会見!

 井戸議員の力をお借りし、

場を設けてもらいました。

同日、法務省の事務官の方とも

面会しました。 

 

記者会見には、前田と同じ境遇に

置かれたGIDの方々にも同席して

いただきました。1人よりも

数人いたほうが、より強く

メッセージを伝えられたと思います。

参加くださった方々、本当に感謝

しています!

ありがとうございました!!


         平成23年…国に対し、働きかけをしてきたものの、なかなか動きがなく、

             裁判を起こすことにしました。

             現在、弁護士の先生方と打ち合わせを重ねながら準備中!!


 

平成24年1月27日

 

裁判の為、東京に本籍を移し、

新宿区役所に出生届を出しに

行きました。この時点では、

長男の出生届は「保留」扱いで、

元本籍地の大阪で「役所でも

預かるだけだから、自分で

持っていてもいい」と言われ

この日まで僕が持っていました。


 

 平成24年3月20日

 

KAZOKUの会の交流会を東京で

開きました。

詳しくはこちらへ↓

 


 

 

 平成24年3月21日

 

東京家庭裁判所へ

申し立てを行いました。

その後、マスコミに向けて会見を

しました。テレビや新聞を通して、

僕らの事を少しでも知って

頂けたらと思います。

詳しくはこちらへ↓

 


         平成24年10月31日…審判の結果が出ました。

                   「本件は、申し立てる理由が無いから却下する。」

                   望んだ結果にはならず、11月13日付で上告しました。


        平成24年12月26日…高裁の結果が出ました。

                   あまりにも早すぎる判決。判決文は数ページで、家裁と

                   ほぼ同じ内容でした。使われた言葉は 「棄却。」

                   平成25年1月4日最高裁に特別抗告しました。


 

 

      平成25年1月19日

 

東京でKAZOKUの会の

勉強会をしました。

詳しくはこちらへ↓

資料【僕は父親になるvol2】

を配らせていただきました。

良かったら見て下さい。


 

平成25年3月14日

 

【要請行動】

最高裁に自分たちの思いを

言う場を設けてもらい、

30分だけではありましたが、

要請を行いました。

僕達を応援してくださっている

数名の方にも同席して頂きました。

ご協力頂いた方々、

ありがとうございました。

同日の朝、最高裁の職員の方に

この裁判を知ってもらうため

ビラ配りもしました。

ビラはこちら


         平成25年4月17日…次男の分の裁判が始まりました。

                   大阪家庭裁判所に「訴訟提起」をしてきました。
                   長男の分は、国がした事の違法性を問う裁判でしたが、
                   今回は、裁判所に「親子関係を判断してくれ」という裁判に

                   なります。


 

  


 


 


Yahoo!ジオシティーズ