*季語の検索方法


時候(春)

春   はる 陽春、芳春、三春、九春
二月  にぐわつ
旧正月 きゆうしようぐわつ 旧正
寒明  かんあけ 寒明ける、寒の明け
立春  りつしゆん 春立つ、春来る、立春大吉
早春  さうしゆん 初春、春の初め
春浅し はるあさし 浅き春、浅春
冴返る さえかへる 凍返る、寒戻る
余寒  よかん 残る寒さ
春寒  はるさむ・しゆんかん 春寒し、寒き春、料峭(れうせう)
春めく はるめく 春動く、春きざす
仲春  ちゆうしゆん 春なかば
三月  さんぐわつ
如月  きさらぎ 衣更着(きさらぎ)
啓蟄  けいちつ
春分  しゆんぶん 中日
彼岸  ひがん お彼岸、入彼岸、彼岸過ぎ
春社  しゆんしや 社日、社日様、社日参、社翁の雨
晩春  ばんしゆん
四月  しぐわつ
弥生  やよひ
春暁  しゆんげう 春の暁、春の曙、春の朝
春昼  しゆんちう 春の昼
春の暮 はるのくれ 春の夕、春夕べ
春の宵 はるのよひ 春宵(しゆんせう)、宵の春
春の夜 はるのよ 春夜、夜半の春(よはのはる)
暖か  あたたか ぬくし、春暖
麗か  うららか うらら、麗日
長閑  のどか 長閑さ、のどけし、のどけさ
日永  ひなが 永き日、永日、日永し
遅日  ちじつ 遅き日、暮遅し、暮かぬる、夕永し
花冷え はなびえ
蛙の目借時 かえるのめかりどき 目借時
春深し はるふかし 春闌く(はるたく)、春更く(はるふく)、春深む
八十八夜 はちじゆうはちや
春暑し はるあつし 春の暑さ、暑き春
暮の春 くれのはる 暮春、春暮るる、春の果
行く春 ゆくはる 春行く、春終る、逝春、春尽く
春惜しむ はるおしむ 惜春、三月尽、弥生尽、四月尽
夏近し なつちかし 夏隣る、夏隣、五月近し

天文(春)

春の日 はるのひ 春日、春日影
春光  しゆんくわう 春の光、春色、春の色、春望
春の空 はるのそら 春空、春天
春の雲 はるのくも 春雲
春の月 はるのつき 春月、春月夜、春満月
朧   おぼろ 草朧、谷朧、岩朧
朧月  おぼろづき 月朧、朧夜、朧月夜
春の星 はるのほし 春星
春の闇 はるのやみ
春風  はるかぜ・しゆんぷう 春の風
東風  こち 朝東風、夕東風、強東風、雲雀東風、鯖東風、梅東風、櫻東風
貝寄風 かいよせ 貝寄
涅槃西風 ねはんにし 涅槃吹、彼岸西風
春一番 はるいちばん
風光る かぜひかる 光る風
春疾風 はるはやて 春嵐、春荒れ、春北風、春飆(はるはやて)
春塵  しゆんぢん 春の塵、春埃(はるほこり)
霾   つちふる・ばい 霾曇(よなぐもり)、霾風(ばいふう)、霾天、黄砂
春雨  はるさめ 春の雨、春霖
春時雨 はるしぐれ 春の驟雨(はるのしうう)
菜種梅雨 なたねづゆ
春の雪 はるのゆき 春雪、春吹雪、淡雪、沫雪(あわゆき)、牡丹雪
斑雪  はだれ・はだれゆき はだら雪、はだら、はだれ野
雪の果 ゆきのはて 名残の雪、雪の別れ、別れ雪、忘れ雪
春の霙 はるのみぞれ 春霙
春の霰 はるのあられ 春霰(しゆんさん)
春の霜 はるのしも 春霜(しゆんさう)
別れ霜 わかれじも 忘れ霜、霜の名残、霜の別れ、霜の果、晩霜
春の虹 はるのにじ 初虹
春雷  しゆんらい 春の雷、初雷、虫出しの雷、虫出し
霞   かすみ 春霞、朝霞、夕霞、遠霞、薄霞、棚霞、霞む
陽炎  かげろふ 糸遊(いという)、糸子(いとし)、遊子(ゆうし)、野馬(かげろふ)、かぎろひ
春陰  しゆんいん
花曇  はなぐもり 養花天(ようかてん)
鳥曇  とりぐもり 鳥雲、鳥風
蜃気桜 しんきろう 海市(かいし)、山市(さんし)
春の夕焼 はるのゆふやけ 春夕焼

地理(春)

春の山 はるのやま 春山、春嶺、弥生山、春山辺
山笑ふ やまわらふ 笑ふ山
春の野 はるのの 春野、春郊、はるぬ
焼野  やけの 焼野原、焼原、末黒野(すぐろの)、末黒
春の水 はるのみず 春水、水の春
水温む みずぬるむ 温む水
春の川 はるのかは 春川、春江
春の海 はるのうみ 春の浜、春の渚、春の磯
春の波 はるのなみ 春の浪、春涛(しゆんたう)、春怒涛(はるどたう)、春の川波
春潮  しゆんてう 春の潮
春田  はるた 春の田、紫雲英田、花田
苗代  なはしろ 苗田、苗代田、種案山子(たねかかし)、苗代時、苗代寒
春泥  しゆんでい 春の泥
逃水  にげみず
残雪  ざんせつ 雪残る、残る雪、日陰雪
雪形  ゆきがた
雪間  ゆきま 雪のひま、雪の絶間、雪間草
雪崩  なだれ 雪なだれ
雪解  ゆきどけ・ゆきげ 雪解水、雪解川、雪解風、雪解光、雪解雫、雪解野
雪しろ ゆきしろ 雪汁、雪濁り、雪しろ水
凍解  いてどけ 凍解く、凍ゆるむ
薄氷  うすらひ・うすごほり 春の氷、残る氷
氷解  こほりどけ 氷解く、氷消ゆ、解氷、浮氷
流氷  りゆうひよう 氷流る、流氷期

生活(春)

春闘  しゆんとう 春季闘争
大試験 だいしけん 学年試験、進級試験、卒業試験、入学試験、受験、及第、落第
入学  にゆうがく 入学式、入学児、新入生、一年生、入園、進学
卒業  そつぎよう 卒業生、卒業式、卒業期、卒業証書、卒業歌
遠足  えんそく
花衣  はなごろも 花見衣(はなごろも・はなみぎ)
春服  しゆんぷく 春の服、春装
春袷  はめあわせ
春ショール はるしよーる
春日傘 はるひがさ
花菜漬 はななづけ
櫻漬  さくらづけ 花漬、櫻湯
蕗味噌 ふきみそ
木の芽和 きのめあへ 山椒和
田楽  でんがく 木の芽田楽、田楽豆腐、田楽焼、田楽刺
青饅  あおぬた
蜆汁  しじみじる
蒸鰈  むしがれひ 柳蒸し、柳蒸し鰈
干鰈  ほしがれひ
白子干 しらこぼし 白子、ちりめんじゃこ、ちりめん
目刺  めざし 頬刺
干鱈  ひだら・ほしだら 棒鱈
壷焼  つぼやき 焼栄螺
鴬餅  うぐひすもち
蕨餅  わらびもち
草餅  くさもち 蓬餅
櫻餅  さくらもち
菱餅  ひしもち
菜飯  なめし
白酒  しろざけ
数の子製す かずのこせいす 数の子干す、新数の子
春燈  しゆんとう 春の燈、春燈し、春の燭(はるのひ)
春の炉 はるのろ 春炉、春囲炉裏、炉塞、炉の名残
春炬燵 はるこたつ 春の炬燵
春暖炉 はるだんろ 春の暖炉、春ストーブ
春火鉢 はるひばち 春火桶
炬燵塞ぐ こたつふさぐ 炬燵の名残
暖炉納む だんろおさむ 暖炉外す、ストーブ除く
厩出し うまやだし まやだし
北窓開く きたまどひらく
目貼剥ぐ めばりはぐ
雪囲とる ゆきがこひとる 雪垣解く、雪除とる、冬構解く、雪吊解く、雪割り
屋根替 やねがへ 畳替、屋根葺く
垣繕ふ かきつくろふ 垣手入れ
麦踏  むぎふみ 麦を踏む
野焼く のやく 野焼、野火、草焼く
山焼く やまやく 山焼、焼山、山火
畑焼く はたやく 畑焼、畔焼く、畔焼、畔火
芝焼く しばやく 芝焼、芝火
耕   たがやし 耕す、春耕、耕人、耕馬、耕牛、馬耕
田打  たうち 春田打、田を打つ、田を返す、田を鋤く
畑打  はたうち 畑打つ、畑鋤く、畑返す
畔塗  あぜぬり・くろぬり 塗畔
種物  たねもの 物種、花種、種物屋、種売、種袋
種選  たねえらぴ 種選り(たねより)
種浸し たねひたし 種かし、種ふて、種つける、種ふせる、籾つける、種井、種俵、種池
種蒔  たねまき 種下し、播種(はしゆ)、籾蒔く
物種蒔く もものだねまく 胡瓜蒔く、南瓜蒔く、糸瓜蒔く、西瓜蒔く、茄子蒔く
花種蒔く はなだねまく 朝顔蒔く
苗床  なへどこ 種床、播床、温床、苗障子
苗札  なへふだ
苗木市 なへぎいち 植木市
藍蒔く あゐまく 藍植う
麻蒔く あさまく
蓮植う はすうう
芋植う いもうう
馬鈴薯植う ばれいしようう
木の実植う このみうう
球根植う きゆうこんうう ダリア植う、百合植う
果樹植う くわじゆうう
苗木植う なへぎうう 植林
剪定  せんてい
接木  つぎき 接穂、砧木(だいぎ)、接木苗、芽接、根接
挿木  さしき 挿芽、挿葉、挿穂、挿床
根分  ねわけ 菖蒲根分
菊根分 きくねわけ 菊分つ、菊植う
萩根分 はぎねわけ 萩植う
慈姑掘る くわゐほる
羊の毛刈る ひつじのけかる 羊毛剪る、羊剪毛、剪毛期
桑解く くはとく 桑ほどく
霜くすべ しもくすべ
桑摘  くはつみ 桑摘女、桑摘唄、桑篭、桑車
蚕飼  こがひ 養蚕、種紙、毛蚕、掃立、蚕の眠り、飼屋、蚕棚、蚕室、蚕篭、捨蚕、蚕飼時
茶摘  ちやつみ 一番茶、茶摘時、茶摘女、茶摘唄、茶摘篭、茶摘笠、茶山、茶畑、茶園
製茶  せいちや 茶作り、茶揉み、焙炉、焙炉場、焙炉師
鮎汲  あゆくみ
挿す  えりさす 場(えりば)、簀(えりす)
上り簗 のぼりやな
磯竃  いそかまど 磯焚火
磯菜摘 いそなつみ
海女  あま 磯人(いそど)、かつぎ、もぐり、海女の笛
木流し きながし 修羅落し、初筏
磯遊び いそあそび 磯開き、磯祭
汐干狩 しほひがり 汐干、汐干潟、汐干貝、汐干篭、汐干船
観潮  くわんてう 観潮船、渦見、渦見船、渦潮見
踏青  たふせい 青き踏む
野遊び のあそび 山遊び、春遊び、野掛け、ピクニック
摘草  つみくさ 草摘む
梅見  うめみ 梅見茶屋、観梅
花見  はなみ 観櫻、櫻狩、花の宴、花筵、花見酒、花見客、花見人、花人
花篝  はなかがり 花雪洞(はなぼんぼり)
花守  はなもり 櫻守、花の主
花疲れ はなづかれ
ボートレース 競漕、短艇競漕、レガッタ
凧   たこ・いかのぼり・はた 紙鳶(しえん)、字凧、絵凧、奴凧、切凧、懸凧
風船  ふうせん 風船玉、紙風船、ゴム風船、風船売
風車  かざぐるま 風車売
石鹸玉 しやぼんだま
雉笛  きじぶえ
鞦韆  しゆうせん 秋千(しゆうせん)、ぶらんこ、ふらここ、ふらんと、半仙戯(はんせんぎ)
春の風邪 はるのかぜ 春風邪
朝寝  あさね
春眠  しゆんみん 春睡(しゆんすい)、春の眠り、春眠し
春の夢 はるのゆめ
春愁  しゆんしう・はるうれひ 春愁ふ(はるうるふ)、春かなし、春思(しゆんし・はるおもふ)

行事(春)

曲水  きよくすい・ごくすい 曲水の宴、流觴(りゆうしやう)、盃流し
建国記念日 けんこくきねんび 建国の日、建国祭、紀元節
春分の日 しゆんぶんのひ
憲法記念日 けんぽうきねんび
初午  はつうま  一の午、二の午、三の午、午祭、稲荷講、福参、験の杉(しるしのすぎ)
二月礼者 にぐわつれいじや
二日灸 ふつかきう・ふつかやいと 春の灸
針供養 はりくよう 針祭る、針納め、納め針
桃の節句 もものせつく 三月節句、弥生の節句、雛の節句、上巳の節句(じやうしのせつく)、桃の日
雛市  ひないち 雛店
雛祭  ひなまつり 雛、雛飾、雛人形、紙雛、雛菓子、内裏雛(だいりびな)、官女雛、五人囃(ごにばやし)、雛の宴、雛の客
雛流し ひなながし 雛送り、流し雛、捨雛
雛納め ひなおさめ
鶏合  とりあはせ 闘鶏、鶏合の蹴合、勝鶏、負鶏
雁風呂 がんぶろ 雁供養
伊勢参 いせまゐり  伊勢参宮、伊勢詣、伊勢講、参宮講、抜参、御陰参(みかげまゐり)
十三詣 じゆうさんまゐり 知恵詣、知恵貰ひ
義士祭 ぎしさい・ぎしまつり
釈奠  せきてん 釈菜、おきまつり、孔子祭、聖廟忌(せいびようき)
水口祭 みなくちまつり 水口の弊(みなくちのぬき)、苗代祭、田祭、五十串(いくし)
四月馬鹿 しぐわつばか エイプリル・フール、万愚節(まんぐうせつ)
緑の週間 みどりのしゆうかん 緑化週間、緑の羽根、植樹祭
メーデー メーデー歌、労働祭、労働歌、五月祭
どんたく どんたく囃子、松囃子
都踊  みやこをどり
鴨川踊 かもがはをどり
春祭  はるまつり
北野菜種御供 きたのなたねごく 北野御忌日、天神御忌、梅花祭、梅花御供、道真忌(みちざねき)、菜種の神事
春日祭 かすがまつり・かすがさい 申祭(さるまつり)
鎮花祭 はなしづめまつり 花鎮め
安良居祭 やすらゐまつり 安良居(やすらゐ)、安良居花、夜須礼(やすらゐ)、花踊、今宮祭、花換祭はなかへまつり 花換
高山祭 たかやままつり 高山春祭、山王祭(さんのうまつり)
靖国祭 やすくにまつり 招魂祭
先帝祭 せんていさい 先帝会
涅槃会 ねはんゑ 涅槃図、仏忌、涅槃寺、寝釈迦、餅花煎、釈迦の鼻糞、痩せ馬、涅槃、涅槃像
常楽会 じやうらくゑ
修二会 しゆにゑ 二月堂の行、お松明
お水取 おみずとり 水取、若狭の井
彼岸会 ひがんゑ 彼岸詣、彼岸参、彼岸寺、お中日、彼岸団子、彼岸餅
御影供 みえいく 御影講、大師忌、空海忌、弘法忌
聖霊会 しようりやうゑ 貝の華
開帳  かいちやう 開龕(かいがん)、出開帳、開帳寺
遍路  へんろ 遍路笠、遍路道、遍路寺、善根宿(ぜんこんやど)、四国巡り、一国巡り、島四国、遍路杖
仏生会 ぶつしやうゑ 潅仏会(くわんぶつゑ)、降誕会、誕生会、浴仏会、花祭、花御堂、花の塔、花亭
甘茶  あまちや 仏の産湯、五香水(ごかうすい)、甘茶仏、甘茶寺、潅仏、浴仏
吉野の花会式 よしののはなゑしき 吉野の会式、花会式、鬼踊、餅配
御身拭 ごみぬぐひ
鞍馬の花供養 くらまのはなくやう 鞍馬花会式、花供懺法(はなぐせんぽう)
御忌  ぎよき 法然忌、円光忌、御忌詣、御忌参、御忌の寺、御忌の鐘、御忌小袖、弁当始
壬生念仏 みぶねんぶつ 壬生祭、壬生狂言、壬生踊、壬生の鉦(みぶのかね)、壬生の面(みぶのおもて)
峰入  みねいり 大峰入、順の峰入、順の峰、逆の峰、入峰(にうぶ)
鐘供養 かねくやう
御告祭 おつげさい 告知祭、お告げ祭
受難節 じゆなんせつ 受苦節、受難週
聖金曜日 せいきんようび 聖金曜、受難日
復活祭 ふつくわつさい イースター、聖週間、染卵
良寛忌 りようかんき
義仲忌 よしなかき
実朝忌 さねともき
光悦忌 くわうえつき
大石忌 おおいしき
西行忌 さいぎやうき 円位忌、山家忌
利休忌 りきうき 利久忌、宗易忌
其角忌 きかくき 晋子忌(しんしき)、晋翁忌
梅若忌 うめわかき 梅若祭、梅若参
人麻呂忌 ひとまろき 人麿忌(ひとまろき)、人丸忌、人丸祭
蓮如忌 れんによき 蓮如輿(れんによこし)、中宗会、吉崎詣
友二忌 ともじき
鳴雪忌 めいせつき 老梅忌、二十日忌
風生忌 ふうせいき 艸魚忌(そうぎよき)
茂吉忌 もきちき
立子忌 たてこき
誓子忌 せいしき
三鬼忌 さんきき 西東忌
虚子忌 きよしき 椿寿忌(ちんじゆき)
啄木忌 たくぼくき

動物(春)

春の馬 はるのうま 春の駒、若駒、馬の子、孕馬
春の鹿 はるのしか 春鹿、孕鹿
落し角 おとしづの 鹿の角落つ、忘れ角
猫の恋 ねこのこひ 恋猫、猫交る(ねこさかる)、うかれ猫、猫の夫(ねこのつま)、猫の妻、春の猫、孕猫
猫の子 ねこのこ 子猫、猫の親、猫の産
亀鳴く かめなく
蛇穴を出づ へびあなをいづ 蛇出づ
蝌蚪  くわと 蝌蚪生る、蝌蚪の紐、蛙子、蛙の子、蛙生る、お玉杓子
蛙   かはづ・かえる 殿様蛙、赤蛙、土蛙、初蛙、遠蛙、昼蛙、夕蛙、蛙合戦
鴬   うぐひす 鴬笛、黄鳥(うぐひす)、匂鳥、春告鳥、初音、鴬の谷渡り
松毟鳥 まつむしり まつくぐり、菊戴(きくいただき)
雉   きじ 雉子、雉のほろろ、きぎす、きぎし
雲雀  ひばり 告天子、初雲雀、揚雲雀、落雲雀、朝雲雀、夕雲雀、雲雀野、雲雀龍、雲雀笛
麦鶉  むぎうづら
鷽   うそ 琴弾鳥、照鷽、雨鷽、鷽姫
頬白  ほほじろ
燕   つばめ 乙鳥(つばめ)、玄鳥(つばめ)、つばくら、つばくろ、つばくらめ、飛燕、燕来る、里燕、初燕
引鶴  ひきづる 鶴帰る、帰る鶴、去る鶴、残る鶴
春の雁 はるのかり 残る雁
帰る雁 かへるかり 帰雁、雁帰る、行く雁、去る雁、雁の別れ
引鴨  ひきがも 行く鴨、帰る鴨、鴨帰る
春の鴨 はるのかも 残る鴨
鳥帰る とりかへる 小鳥帰る、鳥引く、引鳥
鳥雲に入る とりくもにいる 鳥雲に
囀   さへづり 百千鳥(ももちどり)
鳥交る とりさかる 鳥つるむ、孕鳥、鳥の恋
孕雀  はらみすずめ 子持雀
雀の子 すずめのこ 子雀、親雀、黄雀
鳥の巣 とりのす 小鳥の巣、巣組み、巣篭、巣隠、巣鳥、古巣
燕の巣 つばめのす 巣燕(すえん・すつばめ)
雀の巣 すずめのす
鴉の巣 からすのす 烏の巣
巣立鳥 すだちどり 巣立
櫻鯛  さくらだひ 花見鯛、乗込鯛、鯛網
魚島  うをじま
鰊   にしん 鯡(にしん)、春告魚、鰊群来、鰊漁、鰊舟、鰊曇
鰆   さはら
さより 竹魚(さより)、針魚
子持鯊 こもちはぜ
五郎  むつごろう (むつ)、掘る、掛、曳網
子   いかなご こうなご、かますご、・子舟
白魚  しらうを しらを、白魚網、白魚舟、白魚漁、白魚汲む、白魚火
鱒   ます 本鱒、川鱒、紅鱒、姫鱒
諸子  もろこ 諸子魚(もろこ)、諸子鮠、初諸子、柳諸子
公魚  わかさぎ 櫻魚、公魚漁、公魚舟
櫻   さくらうぐひ 石斑魚(うぐひ)、花・
柳鮠  やなぎはえ 鮠(はえ)、はや
乗込鮒 のつこみぶな 乗つ込み、初鮒、春の鮒、春鮒釣
若鮎  わかあゆ 小鮎、鮎の子、上り鮎
蛍烏賊 ほたるいか 松烏賊
花烏賊 はないか 櫻烏賊
飯蛸  いひだこ
栄螺  さざえ つぶ、挙螺(さざえ)
蛤   はまぐり 蛤鍋、蒸蛤、焼蛤
浅蜊  あさり 鬼浅蜊、姫浅蜊、浅蜊舟、浅蜊売、浅蜊汁
馬蛤貝 まてがひ 馬刀貝(まてがひ)、馬刀(まて)
櫻貝  さくらがひ 花貝、紅貝
蜆   しじみ 蜆貝、真蜆、紫蜆、蜆取、蜆舟、蜆掻、蜆売
蜷   にな みな、河貝子(かばいし)、海蜷、河蜷、蜷の道
田螺  たにし 田螺鳴く、田螺取
烏貝  からすがひ
望潮  しほまねき 潮招(うしほまねき)
奇居虫 やどかり がうな(がうな)
磯巾着 いそぎんちやく いしぼたん
海胆  うに 雲丹(うんたん)、海栗(うに)
雪虫  ゆきむし
地虫穴を出づ ぢむしあなをいづ 地虫出づ、蟻穴を出づ、蜥蜴出づ
蝶   てふ 蝶々、胡蝶、初蝶、白蝶、黄蝶、紋白蝶、烏蝶、蝶生る
蜂   はち 密蜂、女王蜂、働蜂、熊蜂、穴蜂、土蜂、足長蜂、蜂の巣
虻   あぶ
春の蚊 はるのか 春蚊、初蚊
春の蝿 はるのはへ
蝿生る はへうまる 蝿の子
蚕   かひこ・こ 春蚕、捨蚕、桑子、毛蚕
春の蝉 はるのせみ

植物(春)

梅   うめ 好文木(かうぶんぼく)、花の兄、春告草、野梅、臥竜梅、枝垂梅、盆梅、老梅梅林、梅園、白梅
紅梅  こうばい 薄紅梅
椿   つばき 山椿、薮椿、紅椿、落椿、乙女椿、八重椿、玉椿、つらつら椿、花椿、散る椿
初櫻  はつざくら 初花
彼岸櫻 ひがんざくら
枝垂櫻 しだれざくら 糸櫻
櫻   さくら 夕櫻、朝櫻、夜櫻、若櫻、老櫻
花   はな 花盛り、花明り、花過ぎ、花の雨、花の山、花の昼、花便り、花の宿、花時
山櫻  やまざくら
八重櫻 やえざくら  
遅櫻  おそざくら
落花  らつか 散る櫻、花吹雪、飛花、花散る、花屑、花の塵
櫻蕊降る さくらしべふる
牡丹の芽 ぼたんのめ  
薔薇の芽 ばらのめ
山茱萸の花 さんしゆゆのはな           
春黄金花(はるこがねばな)
黄梅  わうばい 迎春花
紫荊  はなずはう すはうばな、花蘇枋(はなずはう)
辛夷  こぶし 木筆(こぶし)、山木蘭(やまもくれん)、幤辛夷、やまあららぎ
三椏の花 みつまたのはな 黄瑞香(きずいかう)
沈丁花 ぢんちやうげ 沈丁、丁字(ちやうじ)、瑞香(ずいかう)、芸香(うんかう)
連翹  れんげう いたちぐさ
土佐水木 とさみずき 蝋弁花(らふべんくわ)
海棠  かいだう 花海棠、睡花、ねむれる花
ライラック   リラの花
山櫻桃の花 ゆすらのはな 英桃(ゆすら)
櫻桃の花 あうたうのはな さくらんぼの花、西洋実櫻
青木の花 あおきのはな 花青木
馬酔木の花 あしびのはな 花馬酔木、あせび、あせみ
満天星の花 どうだんのはな 満天星躑躅
躑躅  つつじ 蓮華躑躅、山躑躅、霧島
山査子の花 やまぎしのはな
こでまりの花 こでまりのはな、 小粉団の花(こでまりのはな)、小手鞠の花、団子花
すずかけの花
雪柳  ゆきやなぎ 小米花
木蓮  もくれん 木蘭(もくれん)、紫木蓮、白木蓮、白れん、木蓮華
藤   ふじ 藤の花、白藤、山藤、藤の房、藤浪、藤棚
山吹  やまぶき 面影草(おもかげぐさ)、かがみ草、八重山吹、濃山吹、葉山吹
夏密柑 なつみかん
桃の花 もものはな 白桃、緋桃
季の花 すもものはな 花季
梨の花 なしのはな 花梨
杏の花 あんずのはな からももの花、花杏、杏花村(きようくわむら)
林檎の花 りんごのはな 花林檎
木瓜の花 ぼけのはな 花木瓜、緋木瓜、白木瓜、更紗木瓜(さらぼけ)
木の芽 このめ 芽立ち、芽吹く、芽組む、木の芽時、木の芽雨、木の芽風
蘗   ひこばえ
若緑  わかみどり 若松、緑立つ、初緑、松の芯、松の緑
柳の芽 やなぎのめ 芽柳、芽ばり柳
山椒の芽 さんせうのめ 芽山椒、木の芽
楓の芽 かへでのめ
多羅の芽(たらのめ)
枸杞の芽 くこのめ 枸杞芽、枸杞飯
五加木 うこぎ 五加(うこぎ)、五加木垣、五加木飯、むこぎ
柳   やなぎ 楊柳(やうりう)、青柳、枝垂柳、糸柳、遠柳、白楊(はこやなぎ)、杞楊(こりやなぎ)、柳蔭、若柳、柳の糸、川柳
金縷梅 まんさく 銀縷梅(ぎんろばい・まんさく)、銀縷梅の花
子の花 しどみのはな 草木瓜(くさぼけ)
松の花 まつのはな 松花粉、十返りの花(とがへりのはな)
杉の花 すぎのはな 公孫樹の花(いてふのはな)
銀杏の花 いてふのはな・ぎんなんのはな
楊の花(はんのはな)
榛の花  はんのはな・はりのはな
楓の花 かへでのはな 花楓
白樺の花 しらかばのはな 樺の花、花かんば
樫の花 かしのはな 花樫
猫柳  ねこやなぎ
柳絮  りうじよ 柳の絮(やなきのわた)、柳の花、柳絮飛ぶ
木苺の花 きいちごのはな もみぢ苺の花、粟苺の花、下り苺の花
枸橘の花 からたちのはな 枳殼(きこく)
黄楊の花 つげのはな
接骨木の花 にはとこのはな
桑   くは 桑の芽、芽桑、桑の花
櫁の花 しきみのはな 花櫁、かうしばの花、櫁売
鈴懸の花 すずかけのはな プラタナスの花
通草の花 あけびのはな 木草の花(あけびのはな)、花通草
山帰来の花 さんきらいのはな
猿捕茨の花(さるとりいばらのはな)
郁子の花 むべのはな・うべのはな
常磐あけび(ときはあけび)
竹の秋 たけのあき 竹秋
春の筍 はるのたけのこ 春笋(しゆんじゆん)
ねぢあやめ   馬藺(ばりん)
黄水仙 きずいせん
華鬘草 けまんさう 華鬘、華鬘牡丹、瓔珞牡丹(おうらくぼたん)、藤牡丹、鯛釣草
雛菊  ひなぎく ときしらず、長命菊、延命菊、デージー
東菊  あずまぎく 吾妻菊(あずまぎく)
金盞花 きんせんくわ 常春花、長春花
勿忘草 わすれなぐさ ミヨソティス
シネラリア サイネリア、蕗菊(ふきぎく)、富貴菊(ふきぎく)、蕗櫻
アネモネ
フリージア
チューリップ 鬱金香(うつこんかう)、牡丹百合
ヘリオトローブ 香水木(かうすいぼく)
クロッカス
シクラメン 篝火花(かがりびばな)
ヒヤシンス 風信子(ふうしんし)
オキザリス 花酢漿(はなかたばみ)
苧環の花 をだまきのはな 苧環
糸繰草(いとくりそう)、糸繰
都忘れ みやこわすれ
菊の苗 きくのなへ 菊の芽
菜の花 なのはな 花菜(はなな)、菜種の花、油菜、菜種菜、花菜雨、花菜風
大根の花 だいこんのはな 花大根、種大根
豆の花 まめのはな 花豆
蚕豆の花 そらまめのはな
豌豆の花 えんどうのはな グリーンピース、スイートピー
葱坊主 ねぎぼうず 葱の花、葱の擬宝(ねぎのぎぼ)
苺の花 いちごのはな 花苺、草苺の花、蛇苺の花
萵苣  ちさ レタス、ちしや、かきぢしや
菠薐草 ほうれんそう
鴬菜  うぐひすな 黄鳥菜(うぐひすな)、小松菜
水菜  みずな 壬生菜(みぶな)、京菜
茎立  くくだち・くきだち
芥菜  からしな 芥子菜(からしな)
三葉芹 みつばぜり 三葉
春大根 はるだいこん 三月大根、二年子大根
独活  うど 芋独活、山独活、もやし独活、独活掘る
三月菜 さんぐわつな
春菊  しゆんぎく 蒿(しゆんぎく)、高麗菊(こうらいぎく)、菊菜
韮   にら ふたもじ
蒜   にんにく・ひる 葫(にんにく)、大蒜
胡葱  あさつき 糸葱(いとねぎ)
千本分葱(せんぼんわけぎ)、せんぶき
防風  ぼうふう 浜防風、防風摘み、防風掘る 浜苦菜(はまにがな)
山葵  わさび 土山葵、葉山葵、山葵田、山葵沢
茗荷竹 めうがたけ
青麦  あおむぎ 麦青む
種芋  たねいも 芋種(いもだね)、種薯、芋の芽
春の草 はるのくさ 春草(しゆんさう)、芳草(ほうさう)、草芳し(くさかぐはし)
下萌  したもえ 草萌、草青む、畔青む、土手青む、若返る草、駒返る草
草の芽 くさのめ 名草の芽
ものの芽 もののめ 物芽、菖蒲の芽、芍薬の芽
末黒の芒 すぐろのすすき 焼野の芒、黒生の芒(くろふのすすき)
蔦の芽 つたのめ
若草  わかくさ 嫩草(わかくさ)、初草、新草、若草野
古草  ふるくさ
若芝  わかしば 芝萌ゆ、芝青む、春の芝
草若葉 くさわかば 菊若葉、萩若葉、芭蕉の若葉、罌栗の若葉(けしのわかば)
蔦若葉 つたわかば
葎若葉 むぐらわかば
菫   すみれ 菫草、花菫、香菫(にほひすみれ)、相撲取草、相撲花、一夜草(ひとよぐさ)、一葉草、壷菫、三色菫、パンジー
紫雲英 げんげ 蓮華草、げんげん、五形花(げげばな)
苜蓿  うまごやし 白詰草(しろつめぐさ)、クローバ
薺の花 なづなのはな 花薺、三味線草、ペンペン草
蒲公英 たんぽぽ 鼓草(つつみぐさ)、藤菜、蒲公英の絮
土筆  つくし つくづくし、つくしんぼ、筆の花、土筆野、土筆摘む
杉菜  すぎな 接ぎ松
はこべ はこべら、あさしらげ
櫻草  さくらさう プリムラ
雪割草 ゆきわりさう 洲浜草
一輪草 いちりんさう 一花草(いちげさう)、裏紅一花(うらべにいちげ)
虎杖  いたどり さいたづま
酸葉  すいば すかんぽ、酸模(すいば)
薊   あざみ 花薊
蕨   わらび 早蕨、初蕨、蕨狩、干蕨
薇   ぜんまい 狗背(ぜんまい)、紫薇(ぜんまい)、おに薇、いぬ薇
芹   せり 根白草、根芹、田芹、芹摘む
野蒜  のびる ひる
犬ふぐり いぬふぐり いぬのふぐり
山吹草 やまぶきさう 草山吹
春蘭  しゆんらん ほくろ
金鳳花 きんぽうげ 毛莨(きんぽうげ)、馬の脚形、駒の脚形
一人静 ひとりしづか 吉野静、まゆはき草
二人静 ふたりしづか
母子草 ははこぐさ 鼠麹草(ほうこぐさ)、ははこ、おぎやう、御行(ごぎやう)
蕗の薹 ふきのたう 蕗の芽、蕗の花、春の蕗
蓬   よもぎ 餅草、艾草(がいさう)、さしも草、蓬生(よもぎう)、蓬摘む
嫁菜  よめな 萩菜、よめがはぎ
茅花  つばな 白茅の花(ちがやのはな)
髢草  かもじぐさ 雛草(かつらぐさ)、鬘草(かつらぐさ)
片栗の花 かたくりのはな かたかごの花
春竜胆 はるりんだう 筆竜胆、苔竜胆
水草生ふ みずくさおふ・みくさおふ 藻草生ふ
萍生ひ初む うきくさおひそむ 萍生ふ
蓴生ふ ぬなはおふ 蓴菜生ふ(じゆんさいおふ)
蘆の角 あしのつの あしかび、蘆の芽、角組む蘆、蘆の錐(あしのきり)
蘆の若葉 あしのわかば 若蘆
真菰の芽 まこものめ 若菰、芽張るかつみ、かつみの芽
松露  しようろ
若布  わかめ 和布(わかめ)、若布刈、若布刈舟
搗布  かぢめ
鹿尾菜 ひじき 鹿角菜(ひじき)、ひじき刈
角叉  つのまた
海雲  もづく 水雲(もづく)
石蓴  あおさ 川菜(かわな)
海苔  のり 甘海苔、岩海苔、海苔粗朶(のりそだ)、海苔舟、海苔採、海苔掻、海苔干す
海髪  うご おご、おごのり



時候(夏)

夏   なつ 三夏、九夏、炎帝、朱夏(しゆか)
初夏  しよか・はつなつ 夏初め、首夏(しゆか)、孟夏(そうか)
卯月  うづき 卯の花月
五月  ごぐわつ 五月来る、聖五月
立夏  りつか 夏立つ、夏に入る、夏来る
夏めく なつめく 夏きざす
薄暑  はくしよ 薄暑光
麦の秋 むぎのあき 麦秋(むぎあき、ばくしう)
皐月  さつき 五月(さつき)、早苗月
六月  ろくぐわつ 六月尽
入梅  にふばい 梅雨入、梅雨に入る
梅雨寒 つゆざむ 梅雨寒し、梅雨冷(つゆびえ)
夏至  げし  
半夏生 はんげしやう 半夏、半夏雨
晩夏  ばんか 季夏、夏深し、晩夏光(ばんかこう)
水無月 みなづき 風待月、常夏月、青水無月
七月  ななぐわつ  
梅雨明 つゆあけ 梅雨の明、梅雨あがる
夏の暁 なつのあかつき 夏暁、夏の夜明、夏の朝
炎昼  えんちう 夏の昼
夏の夕 なつのゆう 夏夕(なつゆふべ)、夏の暮
夏の夜 なつのよ 夜半の夏、夏の宵
短夜  みじかよ 明易し、明早し、明急ぐ
土用  どよう 土用入、土用太郎、土用三郎、土用明
盛夏  せいか 真夏、夏旺ん(なつさかん)
三伏  さんぷく 初伏、中伏、末伏
暑し  あつし 暑さ、暑、暑気、炎暑、炎ゆ(もゆ)、熱帯夜
大暑  たいしよ  
極暑  ごくしよ 酷暑、劫暑(ごふしよ)
灼く  やく 熱砂、熱風、炎熱
涼し  すずし 朝涼(あさすず)、夕涼、晩涼(ばんりやう)、夜涼、涼風
夏の果 なつのはて 夏果つ、夏終る、夏行く、夏尽く、夏惜しむ
秋近し あきちかし 秋を待つ、秋隣
夜の秋 よるのあき  

天文(夏)

夏の日 なつのひ 夏日、夏日影
夏の空 なつのそら 夏空、夏の天、夏天(かてん)
夏の雲 なつのくも 夏雲
雲の峰 くものみね 入道雲、積乱雲、雷雲、峰雲(みねぐも・ほううん)
夏の月 なつのつき 月涼し、梅雨の月
夏の星 なつのほし 夏星、星涼し、梅雨の星、旱星(ひでりぼし)
南風  みなみ・なんぷう・はえ・みなみがぜ 南吹く、大南風(おおみなみ)
海南風 かいなんぷう、まぜ、まじ
黒南風 くろはえ 白南風
青嵐  あをあらし 風青し、夏嵐
風薫る かぜかをる 薫風、薫る風
朝凪  あさなぎ 朝凪ぐ
夕凪  ゆふなぎ 夕凪ぐ
夏の雨 なつのあめ 夏雨(なつさめ)、緑雨
卯の花腐し うのはなくたし  
梅雨  つゆ・ばいう 黴雨(ばいう)、梅雨湿り、走り梅雨、送り梅雨、戻り梅雨
青梅雨、梅雨雲、梅雨夕焼
空梅雨 からづゆ 旱梅雨
五月雨 さみだれ・さつきあめ さみだる
虎が雨 とらがあめ 虎が涙雨
夕立  ゆふだち・ゆだち 夜立、白雨(ゆふだち)、驟雨、夕立雲、夕立風
喜雨  きう 雨喜び
雲海  うんかい  
御来迎 ごらいがう 御来光、円虹(えんこう)
虹   にじ 朝虹、夕虹、二重虹
雹   ひよう 氷雨
雷   かみなり・らい・いかづち 神鳴(かみなり)、はたた神、雷鳴、雷雨、遠雷、軽雷
落雷、日雷(ひがみなり)
五月闇 さつきやみ 梅雨闇、夏闇
梅雨晴 つゆばれ 五月晴、梅雨晴間
朝曇  あさぐもり  
朝焼  あさやけ  
夕焼  ゆふやけ、ゆやけ 夕焼雲、夕焼空
日盛  ひざかり 日の盛り
西日  にしび 大西日
炎天  えんてん 炎気、炎天下
油照  あぶらでり 脂照
片陰  かたかげ 日陰、片陰り
旱   ひでり 旱天、旱魃(かんばつ)、大旱、旱畑、旱田、旱空

地理(夏)

夏の山 なつのやま 夏山、夏嶺(なつね)、青嶺
五月富士 さつきふじ 皐富士、雪解富士、夏富士
雪渓  せつけい  
お花畑 おはなばたけ お花畠
夏野  なつの 夏野原、青野
夏の川 なつのかわ 夏川、夏河原
出水  でみず 梅雨出水、夏出水
夏の海 なつのうみ 夏の波、夏涛(なつなみ)、夏の浜
卯波  うなみ 皐月波
土用波 どようなみ 土用浪
夏の潮 なつのしほ 夏潮、青葉潮、青潮
青田  あをた 青田風、青田波、青田道
植田  うえた  
田水沸く たみずわく  
噴井  ふけゐ、ふきゐ  
泉   いずみ  
滴り  したたり  
清水  しみず 真清水、岩清水、山清水、若清水、草清水
滝   たき 瀑(たき)、瀑布、飛瀑、滝壷、滝しぶき、滝風、滝道、男滝、女滝、滝見、滝見茶屋

生活(夏)

夏休み なつやすみ 暑中休み、暑中休暇
暑中見舞 しよちゆうみまひ 土用見舞、夏見舞
帰省  きせい 帰省子
夏季講習会 かきかうしふくわい 夏期大学
林間学校 りんかんがくかう 林間学園、臨海学園
更衣  ころもがへ 衣更ふ
夏衣  なつごろも・なつぎぬ 夏着、夏物
夏服  なつふく 白服、麻服
袷   あはせ 素袷、初袷、古袷、綿抜
セル    
単衣  ひとへ 単物
帷子  かたびら 白帷子、染帷子、黄帷子
羅   うすもの 絽(ろ)、紗(しや)、軽羅、薄衣
縮布  ちぢみふ 縮、後縮、白縮
上布  じやうふ 越後上布、薩摩上布
夏羽織 なつばおり 絽羽織、紗羽織、単羽織、薄羽織
夏袴  なつばかま 絽袴、麻袴、単袴
甚平  じんべい・じんべ 甚平衛
浴衣  ゆかた 湯帷子(ゆかたびら)、初浴衣、藍浴衣、古浴衣、貸浴衣、宿浴衣
白絣  しろがすり 白地
夏シャツ なつしやつ 白シャツ、開襟シャツ、アロハシャツ
海水着 かいすいぎ 水着、海水帽
サングラス    
夏帯  なつおび 単帯
夏帽子 なつぼうし 夏帽、麦稈帽子(むぎわらぼうし)
夏手袋 なつてぶくろ 網手袋、レース手袋
夏足袋 なつたび 単足袋
白靴  しろぐつ  
汗拭ひ あせぬぐひ汗手拭、汗拭き、ハンカチーフ、ハンカチ
粽   ちまき 茅巻(ちまき)、笹粽、粽結ふ
柏餅  かしわもち  
夏料理 なつれうり  
筍飯  たけのこめし  
豆飯  まめめし  
麦飯  むぎめし 素麦
鮓   すし 鮨、馴鮓、押鮓、握鮓、一夜鮓、早鮓、巻鮓
水飯  すいはん・みづめし 洗ひ飯、水漬
干飯  ほしいひ 乾飯、餉(かれいひ)
飯饐る めしすえる 飯の汗
鮴汁  ごりじる  
冷麦  ひやむぎ  
冷索麺 ひやさうめん 冷素麺、索麺冷す
冷奴  ひややつこ 冷豆腐
瓜揉み うりもみ 瓜揉む、揉瓜、胡瓜揉み
冷し瓜 ひやしうり 瓜冷す、冷し西瓜
茄子漬 なすづけ・なすびづけ  
茄子の鴫焼 なすのしづやき 鴫焼
梅干  うめぼし 梅干す、梅漬、夜干の梅、干梅、梅酢、梅筵
麦酒  びーる ビール、黒ビール、生ビール、ビヤホール、ビヤガーデン
梅酒  うめしゆ・うめざけ 梅焼酎
焼酎  せうちう 泡盛
冷酒  ひやざけ・れいしゆ 冷し酒
甘酒  あまざけ 一夜酒
新茶  しんちや 走り茶、茶詰、古茶
麦湯  むぎゆ 麦茶
葛水  くずみず  
ソーダ水 そーだすい  
サイダー   冷しサイダー
ラムネ   冷しラムネ
氷水  こほりみず 削氷、かき氷、夏氷、氷小豆、氷苺、氷店
氷菓  ひようくわ 氷菓子、アイスキャンデー、アイスクリーム、ソフトクリーム
葛餅  くずもち 葛練、葛切
葛饅頭 くずまんぢゆう 葛櫻
心太  ところてん・こころぶと 心天(ところてん)
水羊羹 みずようかん  
白玉  しらたま 氷白玉
蜜豆  みつまめ 餡蜜
洗膾  あらひ 洗鯉、洗鱸、洗鯛、生作り
泥鰌鍋 どぢやうなべ 泥鰌汁、柳川鍋
土用鰻 どよううなぎ 土用丑の日の鰻
沖膾  おきなます  
水貝  みづかい  
夏館  なつやかた 夏邸、夏の宿
夏の燈 なつのひ 夏ともし、燈涼し
夏炉  なつろ 夏の炉
夏座敷 なつざしき  
露台  ろだい バルコニー、バルコン、ベランダ
瀧殿  たきどの 泉殿、釣殿、水殿、水亭
噴水  ふんすい 噴上げ
夏蒲団 なつぶとん 夏衾、麻蒲団、夏掛
夏座蒲団 なつざぶとん 麻座蒲団、藺座蒲団、革座蒲団
花茣座 はなござ 絵茣座
箪   たかむしろ 竹筵、籐筵
篭枕  かごまくら 籐枕、陶枕(たうちん)
竹婦人 ちくふじん 竹夫人、抱篭、添寝篭
網戸  あみど 網障子
日除  ひよけ 日覆
青簾 あをすだれ 簾、竹簾、葭簾、伊予簾、絵簾、板簾、古簾
夏暖簾 なつのれん 麻暖簾
葭簀  よしず 葭簀掛、葭簀小屋、葭簀茶屋
葭戸  よしど 葭障子、簀戸(すど)、葭屏風
籐椅子 とういす 籐寝椅子
ハンモック   吊床、寝網
蝿除  はへよけ 蝿覆、蝿帳、蝿入らず
蝿取  はへとり 蝿叩、蝿打、蝿捕器、蝿捕リボン、蝿捕紙  蚊帳 かや (かや)、枕蚊帳、母衣蚊帳(ほろがや)
蚊遣火 かやりび 蚊遣、蚊火、香取線香
香水  かうすい  
暑気払ひ しよきばらひ 暑気下し
天瓜粉 てんくわふん 天花粉、汗しらず
冷房  れいぼう ルーム、クーラー
花氷  はなごほり 氷柱
扇   あふぎ 扇子、白扇、絵扇、古扇
団扇  うちは 白団扇、絵団扇、渋団扇、古団扇、団扇掛
扇風機 せんぷうき  
風鈴  ふうりん 風鈴売
釣忍  つりしのぶ 吊忍
走馬燈 そうまとう 回り燈篭
日傘  ひがさ ひからかさ、絵日傘、パラソル
風炉茶 ふろちや 風炉点前
蒼朮を焚く さうじゆつをたく をけらたく、うけら焼く
虫干  むしぼし 虫払、風入れ、土用干、曝書
晒井  さらしゐ 井戸替、井戸浚(いどさらひ)
打水  うちみず 水を打つ、水撒き
撒水車 さんすいしや  
行水  ぎようずい  
夜潅  よすすぎ  
麦刈  むぎかり 麦車
麦扱  むぎこき 麦扱機
麦打  むぎうち 麦叩、麦つき、麦埃、麦焼き
麦稈  むぎわら 麦藁
牛馬冷す ぎゆうばひやす 牛冷す、馬冷す、馬洗ふ
溝浚へ みぞさらへ 堰浚へ、溝浚ひ
代掻く しろかく 代掻、田掻く田掻馬、田掻牛、代馬
田水張る、代田
田植  たうゑ 田植笠、田植歌、田植時
早乙女 さをとめ 植女、五月女
雨乞  あまごひ 祈雨、雨の祈
水喧嘩 みづげんくわ 水論、水争
水番  みづばん 水番小屋、水守る、水盗む、水盗人
早苗饗 さなえぶり  
田草取 たぐさとり 田草引く、一番草、二番草、三番草
草刈  くさかり 朝草刈、草刈女、草刈篭
草取  くさとり 草むしり、除草
豆蒔く まめまく 大豆蒔く、小豆蒔く、豆植う
菊挿す きくさす 菊挿芽、挿菊
菜種刈 なたねがり 菜種干す、菜種打つ、菜種穀、菜穀焚、菜穀火
藺刈  ゐがり 藺草刈、藺干す、藺車
藻刈  もがり 藻刈舟、刈藻
昆布刈る こんぶかる 昆布干す、昆布船
石花菜採る てんぐさとる 天草採る、天草干す
干瓢剥く かんぺうむく 干瓢干す、新干瓢
袋掛  ふくろがけ  
瓜番  うりばん 瓜守、瓜小屋、瓜番小屋
干草  ほしぐさ 草干す、刈干
漆掻  うるしかき 漆取る
誘蛾燈 いうがとう  
蚕の上蔟 かいこのあがり 上蔟(じやうやく)
繭   まゆ 新繭、白繭、黄繭、玉繭、繭干す、繭煮る
糸取  いととり 糸引、糸取鍋、糸取女、糸取歌
鮎釣  あゆつり 鮎漁、囮鮎、鮎釣解禁、鮎狩、川明
川狩  かはがり 投網、川干毒流し、かへぼり、瀬干し
鵜飼  うがひ 徒歩鵜、鵜匠、鵜遣、鵜縄、荒鵜、疲れ鵜、鵜篭、鵜舟、鵜篝
夜振  よぶり 夜振火
夜焚  よたき 夜焚釣、夜焚舟
夜釣  よづり 夜釣人、夜釣舟
箱眼鏡 はこめがね  
水中眼鏡 すいちゆうめがね 水眼鏡
簗   やな 魚簗(やな)、簗さす、簗打つ、簗かく、簗瀬
烏賊釣 いかつり 烏賊釣火、烏賊火、烏賊釣舟
避暑  ひしよ 避暑地、避暑の宿
納涼  すずみ・なふりやう 門涼み、橋涼み、夕涼み、夜涼み、涼み台、納涼船
川床  ゆか 床、川床涼み、納涼川床、貴船川床、川床座敷
船遊び ふなあそび 船遊山、遊船、遊び船
船料理 ふなりやうり、船生洲(ふないけす)、生洲料理
ボート   貸ボート
ヨット    
登山  とざん 山登り、登山道、登山小屋、登山杖、登山帽、登山靴、登山電車、ケルン
キャンプ   キャンピング、テント、バンガロー、キャンプ村、キャンプファイヤー
泳ぎ  およぎ  
プール   水泳、水練、遊泳、競泳、遠泳
海水浴 かいすいよく 潮浴び
砂日傘 すなひがさ 浜日傘、ビーチハラソル、海岸日傘
瀧浴び たきあそび  
釣堀  つりぼり 箱釣
夜店  よみせ  
金魚売 きんぎようり  
花火  はなび 煙火(はなび)、打揚花火、仕掛花火、線香花火、手花火、遠花火、昼花火、花火見
夏芝居 なつしばゐ 夏狂言、水狂言、土用芝居
ナイター   ナイトゲーム
水遊び みづあそび 水掛合
水鉄砲 みづてつぽう  
浮人形 うきにんぎやう 浮いて来い
水機関 みづからくり  
水中花 すいちゆうくわ 酒中花
金魚玉 きんぎよだま 金魚鉢
箱庭  はこには  
昆虫採集 こんちゆうさいしふ 捕虫網、毒瓶
蛍狩  ほたるがり 蛍見、蛍舟
蓮見  はすみ 蓮見舟
草矢  くさや  
草笛  くさぶえ  
麦笛  むぎぶえ  
蛍篭  ほたるかご  
裸   はだか 素裸、丸裸、裸子
跣足  はだし 跣(はだし)、素足
肌脱  はだぬぎ 片肌脱、諸肌脱
端居  はしゐ 夕端居
髪洗ふ かみあらふ 洗ひ髪
汗   あせ 汗ばむ、玉の汗
日焼  ひやけ 潮焼
昼寝  ひるね 午睡、三尺寝、昼寝起、昼寝覚
寝冷え ねびえ 寝冷子
夏の風邪 なつのかぜ 夏風邪
暑気中り しよきあたり 暑さ負け
水中り みづあたり  
夏痩  なつやせ 夏負け 
日射病 につしやびやう  
汗疹  あせぼ  
霍乱  くわくらん  

行事(夏)

子供の日 こどものひ  
母の日 ははのひ  
愛鳥週間 あいてうしゆうかん バード、ウイィーク、バード、デー
時の記念日 ときのきねんび 時の日
父の日 ちちのひ  
海の日 うみのひ  
端午  たんご 端午の節句、五月の節句、初節句、菖蒲の日
幟  のぼり 五月幟、座敷幟、初幟
鯉幟  こひのぼり 五月鯉、吹流し、矢車
武者人形 むしやにんぎやう 五月人形、兜人形、飾兜、武具飾る
菖蒲葺く しようぶふく 菖蒲挿す、軒菖蒲
菖蒲湯 しようぶゆ 菖蒲風呂
薬玉  くすだま 五月玉、長命縷(ちやうめいる)
原爆忌 げんばくき 原爆の日、広島忌
興福寺の薪能 こうふくじのたきぎのう 若宮能、芝能、薪猿楽
夏場所 なつばしよ 五月場所
競渡  けいと ベーロン、ベーロン船、ハーリー
パリ祭 ぱりさい 巴里祭、パリー祭
鬼灯市 ほほづきいち 酸漿市(ほほづきいち)、四万六千日、千日詣
山開  やまびらき  
川開  かわびらき 両国の川開
祭   まつり 祭囃子、祭提燈、祭髪、祭衣、宵宮、山車、神輿、渡御、御旅所、祭太鼓、夏行事、祭笛
諏訪の御柱祭 すはのおんはしらまつり 御柱祭、諏訪祭
競馬  くらべうま・きそひうま 賀茂の競馬
筑摩祭 つくままつり 鍋祭、鍋冠祭、筑摩鍋
葵祭  あふひまつり 賀茂祭、北祭、賀茂葵、懸葵
三社祭 さんじやまつり 浅草祭
三船祭 みふねまつり 舟遊祭、扇流し、西祭
御田植 おたうゑ 御田、神植、御田祭
富士詣 ふじまうで 富士道者、富士行者、富士禅定、山上詣、富士講、浅間講
厳島管絃祭 いつくしまくわんげんさい 厳島祭
名越の祓 なごしのはらへ 御祓、夏越、夏祓、川祓、川社、御祓川、形代、茅の輪、菅貫
祇園祭 ぎをんまつり 祇園御霊会、天王祭、山鉾
祇園囃子、祇園山笠、鉾祭、鉾立、弦召、祇 園会
博多祇園山笠 はかたぎをんやまがたさ 山笠、博多祭
野馬追 のまおひ  
天神祭 てんじんまつり 天満祭、鉾流の神事、川渡御、神輿舟、どんどこ舟、天満の御祓
安居  あんご 雨安居、一夏、夏行、夏篭、夏断、夏入、結夏、解夏、夏書、夏花、夏百日、夏安居、練供養
来迎会、迎接会、曼陀羅会
伝教会 でんぽうゑ 最澄忌、伝教大師忌、延暦寺六月会
鑑真忌 がんじんき  
鞍馬の竹伐 くらまのたけきり 竹伐、竹伐会、蓮華会
蝉丸忌 せみまるき 蝉丸祭
業平忌 なりひらき 在五忌
万太郎忌 まんたろうき 傘雨忌
健吉忌 けんきちき  
たかし忌 たかしき 牡丹忌
多佳子忌 たかこき  
桜桃忌 あうたうき 太宰忌
楸邨忌 しうそんき 達谷忌
茅舎忌 ぼうしやき
秋櫻子忌 しうあうしき 喜雨亭忌、紫陽花忌、群青忌
河童忌 かつぱき 我鬼忌、龍之介忌
不死男忌 ふじをき 甘露忌
草田男忌 くさたをき  

動物(夏)

鹿の子 しかのこ、かのこ 子鹿、親鹿
袋角  ふくろづの 鹿の袋角、鹿の若角
蝙蝠  かうもり・かはほり 蚊喰鳥
亀の子 かめのこ 銭亀
雨蛙  あまがへる 枝蛙、青蛙、夏蛙
河鹿  かじか 河鹿蛙、河鹿笛
蟇   ひきがへる 蟾蜍(ひきがへる)、蟾、蝦蟇(がま)、蝦蟇蛙
山椒魚 さんせうを はんざき
蠑   ゐもり 井守、赤腹
守宮 やもり 壁虎(やもり)、家守
蜥蜴 とかげ  
蛇   へび くちはな、ながむし、青大将、山楝蛇(やまかがし)、縞蛇、烏蛇
蛇衣を脱ぐ へびきぬをぬぐ 蛇の衣、蛇の殻、蛇の蛻、蛇皮を脱ぐ
蝮   まむし 蝮蛇(まむし)、赤蝮、蝮捕、蝮酒
羽抜鳥 はぬけどり 羽抜鶏(はぬけどり)
時鳥  ほととぎす 子規(ほととぎす)、杜鵑(ほととぎす)、蜀魂(ほととぎす)、杜宇(ほととぎす)
郭公  くわくこう 閑古鳥、かっこ鳥
筒鳥 つつどり  
慈悲心鳥 じひしんてう 十一
仏法僧 ぶつぽうそう 木葉木菟
夜鷹  よたか 怪鴟(よたか)、蚊吸鳥
青葉木菟 あをばづく  
老鴬  ろうあう・おいうぐひす 夏鴬、乱鴬、残鴬
雷鳥  らいてう  
鷭   ばん  
燕の子 つばめのこ 子燕、親燕
鴉の子 からすのこ 烏の子、子烏、親烏
駒鳥  こまどり こま
葭切  よしきり 行々子(ぎやうぎやうし)、葦雀
翡翠  かはせみ・ひすい 川蝉、せうびん
浮巣  うきす 鳰の浮巣、鳰の巣
通し鴨 とほしがも  
夏鴨  なつがも 軽鴨、黒鴨
軽鳬の子 かるのこ 軽鴨の子(かるのこ)
鵜 う  海鵜、河鵜
水鶏  くひな 水鶏笛
青鷺  あをさぎ  
白鷺  しらさぎ  
鰺刺  あじさし 鮎刺、鮎鷹
大瑠璃 おほるり 瑠璃
三光鳥 さんくわうてう)  
夏燕  なつつばめ 岩燕
眼白  めじろ
四十雀 しじゆうから  
山雀  やまがら  
日雀  ひがら  
緋鯉  ひごひ 色鯉、白鯉、錦鯉
濁り鮒 にごりぶな  
鯰   なまづ 梅雨鯰、ごみ鯰
鮎   あゆ 香魚、年魚、鮎の宿
岩魚  いわな 嘉魚、巌魚(いわな)、岩魚釣
山女  やまめ 山女釣
金魚  きんぎよ 和金、琉金、蘭鋳、出目金、金魚鉢
熱帯魚 ねつたいぎよ 闘魚、天使魚
目高  めだか 緋目高、白目高
黒鯛  くろだい ちぬ、ちぬ釣
初鰹  はつがつを 初公魚(はつがつを)
鰹   かつを 公魚(かつを)、鰹釣、鰹船
鯖   さば 鯖釣、鯖火
鰺   あぢ 真鰺、室鰺、夕鰺、鰺売
鱚   きす きすご、鱚釣
べら   べら釣
飛魚  とびうを・とびを・あご 燕魚
赤   あかえひ (えひ)、(えひ)
鱧   はも 水鱧、鱧の皮
穴子  あなご 海鰻(あなご・うみうなぎ)
鰻   うなぎ 鰻掻
鮑   あはび 鮑取、鮑海女
海酸漿 うみほほづき  
蝦蛄  しやこ  
蟹   かに 山蟹、沢蟹、川蟹、磯蟹
土用蜆 どようしじみ  
船虫  ふなむし 舟虫
海月  くらげ 水母(くらげ)
夏の蝶 なつのてふ 夏蝶、梅雨の蝶、揚羽蝶
夏蚕  なつご 二番蚕
夏の虫 なつのむし  
火取虫 ひとりむし 灯取虫、灯虫(ひむし)、灯蛾(ひが)、燭蛾、火蛾(くわが)
天蚕  やままゆ 山繭、山蚕
毛虫  けむし 毛虫焼く
尺蠖  しやくとり 尺取虫、寸取虫
夜盗虫 よたうむし 夜盗
蛍   ほたる 初蛍、蛍火、源氏蛍、平家蛍、夕蛍、蛍合戦
兜虫  かぶとむし 甲虫(かぶとむし)
天牛  かみきり 髪切虫 
玉虫  たまむし  
金亀虫 こがねむし 黄金虫、かなぶん、ぶんぶん、ぶんぶん虫
天道虫 てんたうむし 瓢虫(てんたうむし)
穀象  こくぞう 穀象虫、米の虫
斑猫  はんめう 道をしへ
落し文 おとしぶみ 鴬の落し文、時鳥の落し文
米搗虫 こめつきむし 叩頭虫(こめつきむし)
源五郎 げんごろう  
鼓虫  まひまひ 水澄
水馬  あめんぼう・あめんぼ みづすまし、水蜘蛛
蝉   せみ 油蝉、熊蝉、みんみん、にいにい蝉、唖蝉(おしぜみ)、初蝉、朝蝉、夕蝉、夜蝉、蝉時雨
松蝉  まつぜみ 春蝉
空蝉  うつせみ 蝉の殻、蝉の脱殻
蜻蛉生る とんぼうまる  
糸蜻蛉 いととんぼ 燈心蜻蛉、燈墨蜻蛉、燈墨
川蜻蛉 かはとんぼ 御歯黒蜻蛉、御歯黒、かねつけ蜻蛉
蟷螂生る たうろううまる・かまきりうまる 子蟷螂
蝿   はへ 家蝿、青蝿、金蝿、銀蝿
蚊   か 薮蚊、縞蚊、蚊柱
孑   ぼうふら 棒振虫、棒振
まくなぎ 目纏、糠蚊
蚋   ぶよ・ぶゆ 蟆子(ぶと)
ががんぼ   蚊蜻蛉、蚊姥
草蜉蝣 くさげろふ 臭蜉蝣
優曇華 うどんげ  
薄翅蜉蝣 うすばかげろふ  
蟻地獄 ありじごく あとずさり、擂鉢虫(すりばちむし)
ごきぶり  油虫
蚤   のみ 蚤の跡
紙魚  しみ 衣魚(しみ)、雲母虫(きららむし)、きらら
蟻   あり 山蟻、蟻の道、蟻の塔、蟻塚
羽蟻  はあり 飛蟻(はあり)
螻蛄  けら  
蜘蛛  くも 袋蜘蛛、蜘蛛の囲、蜘蛛の巣、蜘蛛の糸、蜘蛛の子
蝿虎  はへとりぐも 蝿捕蜘蛛
蜈蚣  むかで 百足虫(むかで)
蚰蜒  げぢげぢ  
蛞蝓  なめくぢ・なめくぢら・なめくぢり  
蝸牛  かたつむり、くわぎう ででむし、でんでん虫、まひまひ螺
蛭   ひる  
蚯蚓 みみず  
夜光虫 やくわうちゆう  

植物(夏)

余花  よくわ  
葉櫻  はざくら  
櫻の実 さくらのみ 実櫻
薔薇  ばら、さうび 紅薔薇、白薔薇、薔薇園、薔薇垣
牡丹  ぼたん・ぼうたん 富貴草、白牡丹、緋牡丹、牡丹園
紫陽花 あぢさゐ 四葩(よひら)、七変化
石楠花 しやくなげ  
百日紅 さるすべり・ひやくじつこう 白百日紅
梔子の花 くちなしのはな 梔子
杜鵑花 さつき 杜鵑花躑躅
繍線菊 しもつけ  
繍毬花 てまりばな 手毬花、大繍毬
金雀枝 えにしだ  
泰山木の花 たいさんぼくのはな  
額の花 がくのはな 額紫陽花
夾竹桃 けふちくたう  
南天の花 なんてんのはな  
凌霄の花 のうぜんのはな 凌霄花、凌霄葛
梯梧の花 でいごのはな 海紅豆(かいこうづ)
仏桑花 ぶつさうげ 琉球木槿、ハイビスカス
茉莉花 まつりくわ 素馨(そけい)、ジャスミン
花橘  はなたちばな 橘の花
蜜柑の花 みかんのはな 花蜜柑
柚子の花 ゆずのはな 柚の花、花柚子
橙の花 だいだいのはな  
栗の花 くりのはな 花栗
柿の花 かきのはな  
石榴の花 ざくろのはな 花石榴
青梅  あをうめ 梅の実、実梅
青柿  あをがき  
青胡桃 あをくるみ 生胡桃
木苺  きいちご  
青葡萄 あをぶどう  
青林檎 あをりんご  
楊梅  やまもも 山桃、山梅
さくらんぼ   櫻桃の実(あうたうのみ)、櫻桃
山櫻桃の実 ゆすらのみ 山櫻桃、英桃(ゆすらうめ)
李   すもも
杏   あんず 杏子、杏の実、唐桃
巴旦杏 はたんきやう  
枇杷  びは 枇杷の実
パイナップル   鳳梨(ほうり)、あななす
バナナ    
夏木立 なつこだち 夏木
新樹  しんじゆ  
青葉  あをば  
若葉  わかば 谷若葉、里若葉、山若葉、若葉風、若葉雨、若葉寒
新緑  しんりよく 緑、緑さす
茂り  しげり 茂る
万緑  ばんりよく  
木下闇 こしたやみ 木の下闇、下闇、青葉闇
緑蔭 りよくいん 翠蔭
柿若葉 かきわかば  
椎若葉 しいわかば  
樫若葉 かしわかば 樫茂る
樟若葉 くすわかば  
若楓  わかかへで 楓若葉、青楓
葉柳  はやなぎ 夏柳
梧桐  あをぎり・ごとう  
土用芽 どようめ  
病葉  わくらば  
常磐木落葉 ときはぎおちば 杉落葉、樫落葉、椎落葉、夏落葉
松落葉 まつおちば 散松葉
卯の花 うのはな 空木の花(うつぎのはな)、花空木、山空木、姫空木、卯の花垣
茨の花 いばらのはな 花茨、野茨の花
桐の花 きりのはな 花桐
胡桃の花 くるみのはな  
朴の花 ほほのはな 厚朴の花(ほほのはな)、朴散華(ほほざんげ)
橡の花 とちのはな 栃の花
槐の花 ゑんじゆのはな 花槐
棕櫚の花 しゆろのはな 椶櫚の花(しゆろのはな)
水木の花 みづきのはな  
山法師の花 やまぼふしのはな 山帽子、山桑
忍冬の花 すひかづらのはな 忍冬(にんどう)
アカシアの花 あかしあのはな 針槐(はりゑんじゆ)、ニセアカシア
大山蓮華 おほおまれんげ 天花女(おほおまれんげ)
楝の花 あふちのはな 樗の花(あふちのはな)、花樗、栴檀の花(せんだんのはな)
黐の花 もちのはな  
椎の花 しひのはな  
えごの花 えごのはな 山苣の花(やまぢさのはな)
合歓の花 ねむのはな・ねぶのはな 花合歓
沙羅の花 さらのはな 夏椿、あからぎ
瑰   はまなす  
桑の実 くはのみ 桑苺
夏桑  なつぐは  
竹落葉 たけおちば  
竹の皮脱ぐ たけのかはぬぐ 竹の皮散る
若竹  わかたけ 今年竹
篠の子 すずのこ 笹の子
燕子花 かきつばた 杜若(かきつばた)
渓   あやめ 野あやめ、花あやめ、桧扇菖蒲
花菖蒲 はなしやうぶ 白菖蒲、野花菖蒲、菖蒲園、菖蒲田
白菖  しやうぶ 菖蒲、あやめ草、菖蒲髪
グラジオラス   唐菖蒲、和蘭渓、(オランダあやめ)
鳶尾草 いちはつ 一八(いちはつ)、紫羅傘(いちはつ)
芍薬  しやくやく  
ダリア   天竺牡丹、ボンボンダリア
サルビア    
向日葵 ひまはり 日車、日輪草、天蓋花
葵   あふひ 花葵、銭葵、蜀葵(からあふひ)、立葵
紅蜀葵 こうしよくき 紅葉葵(もみぢあふひ)
黄蜀葵 わうしよくき とろろ葵
罌栗の花 けしのはな 芥子の花(けしのはな)、花罌栗、ポピー
雛罌栗 ひなげし 虞美人草
罌栗坊主 けしぼうず 罌栗の実
夏菊  なつぎく  
矢車菊 やぐるまぎく 矢車草
孔雀草 くじやくさう 波斯菊(はるしやぎく)、蛇の目草
石竹  せきちく 唐撫子(からなでしこ)
カーネーション    
睡蓮  すいれん 羊草
蘭 らん 蘭の花、胡蝶蘭
百合 ゆり 鬼百合、姫百合、鹿の子百合、山百合、笹百合、白百合
含羞草 おじぎさう 眠草
金魚草 きんぎよさう  
花魁草 おいらんさう 草夾竹桃
縷紅草 るこうさう 縷紅
松葉牡丹 まつばぼたん 日照草、爪切草
仙人掌の花 さぼてんのはな 覇王樹(さぼてん)
アマリリス    
日日草 にちにちさう 日日花(にちにちくわ)
百日草 ひやくにちさう  
鬼灯の花 ほほづきのはな 酸漿の花(ほほづきのはな)
青鬼灯 あをほほづき 青酸漿
小判草 こばんさう 俵麦(たはらむぎ)
鉄線花 てつせんくわ 鉄線葛、菊唐草
岩菲  がんび  
紅花  べにばな 紅藍花(べにばな)、紅粉花(べにばな)、紅の花、末摘花
茴香の花 ういきやうのはな  
玉巻く芭蕉 たままくばせう 芭蕉の葉巻、玉解く芭蕉
芭蕉の花 ばせうのはな 花芭蕉
苺   いちご 覆盆子(いちご)、苺摘み、苺畑
茄子苗 なすなへ  
瓜の花 うりのはな  
胡瓜の花 きうりのはな  
南瓜の花 かぼちやのはな  
糸瓜の花 へちまのはな  
茄子の花 なすのはな  
馬鈴薯の花 じやがいものはな じやがたらの花
胡麻の花 ごまのはな  
独活の花 うどのはな  
山葵の花 わさびのはな  
韮の花 にらのはな  
豌豆  ゑんどう 莢豌豆
蚕豆  そらまめ 空豆、はじき豆
筍   たけのこ 笋(たけのこ)、竹の子、たかんな、たかうな
蕗   ふき 蕗の葉、蕗畑、伽羅蕗
瓜   うり 初瓜、瓜作り、瓜畑
甜瓜  きくはうり 真桑
胡瓜  きうり  
夕顔  ゆうがほ 夕顔の花
メロン   マスクメロン、西洋メロン
茄子  なす、なすび 初茄子、長茄子
トマト   蕃茄(とまと)、赤茄子
甘藍 かんらん キャベツ、玉菜、牡丹菜
夏大根 なつだいこん、なつだいこ  
新藷  しんいも 走り藷、新じやが、新馬鈴薯
夏葱  なつねぎ 刈葱(かりぎ)
玉葱  たまねぎ  
辣韮  らつきよう 大韮、薤(らつきよ)
茗荷の子 めうがのこ 茗荷汁
蓼   たで  
紫蘇  しそ 赤紫蘇、青紫蘇、花紫蘇
青山椒 あをさんせう  
青唐辛子 あをとうがらし 青唐辛、青蕃椒、葉唐辛子
蓮の花 はすのはな はちす、白蓮、紅蓮、蓮華
蓮の浮葉 はすのうきは 浮葉、蓮の葉
麦   むぎ 大麦、小麦、麦の穂、穂麦、麦畑
麦の黒穂 むぎのくろほ 黒穂
早苗  さなへ 捨苗、苗篭、早苗束、苗運び、早苗取、早苗舟、若苗、玉苗
帚木  ははきぎ 帚草
棉の花 わたのはな  
玉蜀黍の花 たうもろこしのはな なんばんの花
麻   あさ 大麻、麻の葉、麻刈、麻引、麻の花、麻畠
太藺  ふとゐ  
夏草  なつくさ 夏の草、青草
草茂る くさしげる 茂る草
草いきれ くさいきれ 草のいきれ
青芝  あをしば 夏芝
青蔦  あをつた 蔦茂る
青芒  あをすすき 芒茂る
青蘆  あをあし 青葦、蘆茂る
夏蓬  なつよもぎ  
夏萩  なつはぎ 青萩
葎   むぐら 葎茂る、八重葎
石菖  せきしよう 石あやめ
竹煮草 たけにぐさ  
紫蘭  しらん  
風蘭  ふうらん  
鈴蘭  すずらん 君影草(きみかげさう)
昼顔  ひるがほ 鼓子草(ひるがほ)
浜昼顔 はまひるがほ  
月見草 つきみさう・つきみぐさ 待宵草(まつよひぐさ)
水芭蕉 みづばせう  
擬宝珠の花 ぎぼうしのはな 花擬宝珠、擬宝珠(ぎぼうし、ぎぼし)
真菰  まこも 真菰刈
著莪の花 しやがのはな 胡蝶花
沢瀉  おもだか 花慈姑(はなくわゐ)
河骨  かはほね・かうほね  
水葵  みづあふひ 菜葱(なぎ)
菱の花 ひしのはな  
藺の花 ゐのはな 藺草、燈心草、燈心草の花、藺田
蒲の穂 がまのほ 蒲の花、蒲、御簾草(みすくさ)
藜   あかぎ  
虎杖の花 いたどりのはな 紅虎杖
浜木綿の花 はまゆふのはな 浜万年青(はまおもと)
夏薊  なつあざみ  
灸花  やいとばな 屁糞葛(へくそがづら)
酢漿の花 かたばみのはな 酢漿草(かたばみ)
羊蹄の花 ぎしぎしのはな 野大黄(のだいおう)
現の証拠 げんのしようこ  
萱草の花 くわんざうのはな ひるな、花萱草、忘草
車前草の花 おほばこのはな 車前草(おんばこ)、大車前(おほばこ)、かへるば
十薬 じふやく 、菜の花(どくだみのはな)、、菜
蚊帳吊草 かやつりぐさ  
踊子草 をどりこさう 踊草、踊花
射干  ひあふぎ 桧扇(ひあふぎ)、うばたま
虎尾草 とらのを 丘虎尾草
都草  みやこぐさ 黄金花、烏帽子草(ゑぼしぐさ)
狐の提燈 きつねのちやうちん
宝鐸草の花(ほうちやくそうのはな)
捩花  ねぢばな 捩れ花、文字花、文字摺、文字摺草
破れ傘 やぶれがさ  
靭草  うつぼぐさ 空穂草(うつぼぐさ)、夏枯草(うつぼぐさ)
一つ葉 ひとつば  
蛍袋  ほたるぶくろ 釣鐘草、提燈花、風鈴草
半夏生草 はんげしやうぐさ 片白草
浜豌豆 はまゑんどう  
烏瓜の へびいちご  
夏蕨  なつわらび  
鷺草  さぎさう  
鴨足草 ゆきのした 虎耳草(ゆきのした)、雪の下
蝦夷丹生 えぞにう 丹生
苔の花 こけのはな 花苔
布袋草 ほていさう 布袋葵
水草の花 みづくさのはな  
藻の花 ものはな 花藻
萍 うきくさ 浮草、根無草、萍の花
蛭蓆  ひるむしろ  
蓴菜  じゆんさい 蓴(ぬなは)、蓴の花、蓴採る、蓴舟
木耳  きくらげ  
梅雨茸 つゆだけ 梅雨菌(つゆきのこ)
黴   かび 青黴、毛黴、麹黴、黴の宿、黴の香
海蘿  ふのり 布海苔(ふのり)、海蘿干す
荒布  あらめ 黒菜(くろめ)、荒布刈る、荒布干す



時候(秋)

秋   あき 素秋(そしう)、金秋、三秋、九秋
初秋  はつあき・しよしう 新秋、孟秋(もうしう)、秋初め、秋口
文月  ふみづき・ふづき 七夕月
八月  はちぐわつ
立秋  りつしう 秋立つ、秋来る、秋に入る、今朝の秋、今日の秋
残暑  ざんしよ 残る暑さ、秋暑し、秋の暑さ、秋暑(しうしよ)
秋めく あきめく 秋づく
新涼  しんりやう 初涼、涼新た、秋涼し、秋涼
二百十日 にひやくとをか 厄日、二百二十日
仲秋  ちゆうしう 中秋(ちゆうしう)、秋半ば、仲の秋
葉月  はづき 月見月、萩月
九月  くぐわつ
八朔  はつさく
秋彼岸 あきひがん 後の彼岸
晩秋  ばんしう・おそあき
長月  ながづき 菊月
十月  じふぐわつ
秋の朝 あきのあさ 秋暁(しうげう)
秋の昼 あきのひる
秋の暮 あきのくれ 秋の夕べ、秋の夕暮
秋の夜 あきのよる・あきのよ 秋夜(しうや)、秋の宵、夜半の秋
夜長  よなが 長き夜、夜長し(よながし)
秋澄む あきすむ 秋気澄む、澄む秋、空澄む
冷やか ひややか 冷ゆ、秋冷、下冷え、朝冷え、夕冷え、雨冷え
爽やか さはやか 爽気(さうき)、秋爽、爽涼、さやけし、さやか
秋麗  あきうらら・しうれい
身に入む みにしむ 身に沁む(みにしむ)
そぞろ寒 そぞろさむ
やや寒 ややさむ やや寒し、うそ寒、秋寒
肌寒  はださむ 肌寒し
朝寒  あささむ 朝寒し
夜寒  よさむ 宵寒、夜寒し
冷まじ すさまじ
秋深し あきふかし 深秋、秋闌ける(あきたける)、秋更くる、秋さぶ、秋深む
暮の秋 くれのあき 秋暮るる、暮秋(ぼしう)、秋の末
行く秋 ゆくあき 去る秋、秋の別れ、秋の名残、秋の行方、秋去る、秋過ぐ
秋惜しむ あきおしむ 惜しむ秋
冬近し ふゆちかし 冬隣、冬を待つ
九月尽 くぐわつじん 秋尽く

天文(秋)

秋の日 あきのひ 秋日、秋日影、秋日差、秋の入日、秋没日(あきいりひ)
釣瓶落し つるべおとし 秋の落日
秋晴  あきばれ 秋の晴、秋日和
秋の声 あきのこゑ 秋声(しうせい)
秋の空 あきのそら 秋空、秋の天、秋天
秋高し あきたかし 秋高、天高し、空高し
秋の雲 あきのくも 秋雲
鰯雲  いわしぐも 鱗雲(うろこぐも)、鯖雲
月   つき 初月、二日月、三日月(みつかづき)、新月、弦月(げんげつ)、夕月、昼の月、遅月、月夜、月影、月明り、有明月
盆の月 ぼんのつき  
小望月 こもちづき 待宵(まつよひ)
名月  めいげつ 明月(めいげつ)、望月、満月、今日の月、月今宵、三五の月、十五夜、芋名月
良夜  りやうや 良宵(りやうせう)、佳宵(かせう)
無月  むげつ  
雨月  うげつ 雨名月、雨の月、月の雨
十六夜 いざよひ 十六夜の月、いざよふ月、既望(きぼう)
立待月 たちまちづき 立待、十七夜
居待月 ゐまちづき 座待月(ゐまちづき)、居待、十八夜の月
臥待月 ふしまちづき 臥待、寝待月、寝待
更待月 ふけまちづき 更待、二十日月
宵闇  よひやみ  
後の月 のちのつき 十三夜、名残の月、後の今宵、後の名月、豆名月、栗名月
星月夜 ほしづきよ・ほしづくよ 星明り、秋の星
天の川 あまのがは 銀河、銀漢(ぎんかん)、星河
流星  りうせい 流れ星、走り星、夜這星(よばひぼし)、星流る、星飛ぶ
秋風  あきかぜ・しうふう 秋の風、金風、爽籟(さうらい)
初嵐  はつあらし 秋の初風
野分  のわき 野わけ、野分立つ、野分中、野分後、夕野分、野分雲、野分晴
颱風  たいふう 台風、颱風圏、颱風裡、颱風禍、颱風の眼
雁渡し かりわたし 青北風
黍嵐  きびあらし 芋嵐
秋の雨 あきのあめ 秋雨(あきさめ)、秋霖(しうりん)、秋黴雨(あきついり)
秋時雨 あきしぐれ 秋の時雨
富士の初雪 ふじのはつゆき  
稲妻  いなづま 稲光(いなびかり)
秋の虹 あきのにじ 秋虹
秋の夕焼 あきのゆふやけ 秋夕焼、秋の夕映
霧   きり 朝霧、夕霧、夜霧、山霧、川霧、狭霧、霧襖、霧雨、濃霧、霧笛
露   つゆ 白露、朝露、夜露、露の玉、露けし、露時雨、露葎(つゆむぐら)、芋の露
露寒  つゆざむ 露寒し
秋の霜 あきのしも 秋霜(しうそう)、露霜、水霜

地理(秋)

秋の山 あきのやま 秋山、秋嶺、秋の峰、山澄む、山粧ふ、山の秋
秋の野 あきのの 秋野、秋郊(しうこう)、秋の原
花野  はなの 花野原、花野道
秋の田 あきのた 秋田、田の色
刈田  かりた 刈田道、刈田風
田   ひつぢだ 稲孫田(ひつぢだ)
落し水 おとしみづ 水落す、田水落す、堰外す
秋の水 あきのみづ 秋水、水の秋
水澄む みづすむ
秋の川 あきのかは 秋川、秋江
秋出水 あきでみづ 秋の出水、秋洪水
秋の海 あきのうみ 秋の波、秋の浜
秋の潮 あきのしほ 秋潮(しうてう)
初潮  はつしほ 葉月潮、望の潮(もちのしほ)
不知火 しらぬひ 竜燈(りゆうとう)

生活(秋)

休暇明け きうかあけ 休暇果つ、二学期
運動会 うんどうくわい 秋季運動会
夜学  やがく 夜学生、夜学子、夜学校
秋袷  あきあはせ 秋の袷
新酒  しんしゆ 今年酒、早稲酒、新走(あらばしり)、利酒(ききざけ)、聞酒(もんしゅ)
濁り酒 にごりざけ 濁酒、どぶろく
猿酒  さるざけ ましら酒
古酒  こしゅ・ふるざけ
新米  しんまい 今年米、早稲の飯
夜食  やしよく
枝豆  えだまめ 月見豆
零余子飯 むかごめし ぬかご飯
栗飯  くりめし 栗おこは
松茸飯 まつたけめし
柚味噌 ゆみそ 柚子味噌、柚子釜
干柿  ほしがき 吊し柿、串柿、烏柿(あまぼし)、甘干、枯露柿(ころがき)、柿干す、柿簾
菊膾  きくなます
衣被  きぬかつぎ
とろろ汁 とろろじる とろろ、いも汁、麦とろ
新蕎麦 しんそば 走り蕎麦
新豆腐 しんとうふ
秋の燈 あきのひ 秋燈、秋ともし
燈火親しむ とうかしたしむ 燈火親し、燈下親し
秋の蚊帳 あきのかや 秋蚊帳、の果、の別れ、九月蚊帳、蚊帳の名残
秋扇  あきあふぎ・しうせん 秋の団扇(あきのうちは)、扇置く、団扇置く、捨扇、捨団扇
菊枕  きくまくら
燈篭  とうろう 盆燈篭、切子燈篭、絵燈篭、高燈篭、花燈篭
秋簾  あきすだれ 簾納む、簾名残
障子洗ふ しやうじあらふ 障子貼る、障子の貼替
松手入 まつていれ
風炉の名残 ふろのなごり 風炉名残、名残の茶
冬支度 ふゆじたく 冬用意
秋耕  しうかう
添水 そうづ ばつたんこ、鹿威し(ししおどし)
案山子 かかし 捨案山子
鳴子  なるこ 引板(ひた・ひきいた)、鳴竿、鳴子縄、鳴子綱
鳥威し とりおどし 威銃(おどしづつ)
鹿火屋 かびや 鹿火屋守
鹿垣  ししがき 鹿小屋、犬垣、猪垣
稲刈  いねかり 稲刈る、田刈、刈稲、稲束、稲車、稲舟
稲架  はざ・いなか はさ、稲掛、掛稲、稲木、稲城(いなき)、田母木(たもぎ)、稲棒(ぼつち)、稲干す
稲扱き いねこき 稲打ち、脱穀(だつこく)
稲埃(いねぼこり)
籾   もみ 籾干、籾摺(もみずり)、籾筵、籾臼、籾摺歌
豊年  ほうねん 出来秋、豊作、豊の秋
凶作  きようさく 不作、凶年
新藁  しんわら 今年藁
藁塚  わらづか にほ
蕎麦刈 そばかり 刈蕎麦、蕎麦干す
夜なべ よなべ 夜仕事、夜業
砧   きぬた 碪(きぬた)、砧打つ、衣打つ
渋取  しぶとり 柿渋取る、渋搗く、新渋、生渋、一番渋、二番渋
綿取  わたとり 綿摘、綿取る、綿干す
竹伐る たけきる
若煙草 わかたばこ 新煙草、懸煙草、煙草刈る、煙草干す
櫨ちぎり はぜちぎり 櫨採、櫨買
種採  たねとり
秋蒔  あきまき 菜種蒔く、大根蒔く、芥菜蒔く、蚕豆蒔く、豌豆蒔く、罌栗蒔く(けしまく)、紫雲英蒔く
牡丹根分 ぼたんねわけ 牡丹継木、牡丹植う
薬掘る くすりほる 薬採る、薬草掘る、茜掘る
葛掘る くずほる 葛引く、葛根掘る
牛蒡引く ごぼうひく 牛蒡掘る
萩刈る はぎかる
木賊刈る とくさかる 砥草刈る(とくさかる)
萱刈る かやかる
蘆刈  あしかり 蘆刈る、刈蘆、蘆舟、蘆火
秋繭  あきまゆ
小鳥狩 ことりがり 小鳥網、霞網、鳥屋師(とやし)
囮   をとり 囮番、囮守、囮篭
鳩吹  はとふき 鳩吹く、鳩笛
下り簗 くだりやな 秋の簗
崩れ簗 くずれやな
鰯引く いわしひく 鰯干す、鰯網、鰯船
根釣  ねづり 岸釣
踊   をどり 盆踊、踊子、踊笠、踊太鼓、踊唄、踊櫓(をどりやぐら)
相撲  すまふ 角力(すまふ)、宮相撲、秋場所、九月場所、草相撲
地芝居 ぢしばゐ 地狂言、村芝居
盆狂言 ぼんきやうげん 盆芝居、秋狂言、盆替り
月見 つきみ 観月、月祭、月の宴、月を待つ、月見酒、月見団子
海廻し ばいまはし 海打ち、海・独楽、べい独楽
菊人形 きくにんぎやう 菊師、菊人形展
虫売  むしうり 虫屋
茸狩  たけがり・きのこがり 茸採り、菌狩(きのこがり)、茸篭、茸筵、茸山
紅葉狩 もみぢがり 紅葉見、観楓(くわんぷう)、紅葉酒、紅葉茶屋
芋煮会 いもにくわい 芋煮
鯊釣  はぜつり 鯊舟
秋思  しうし 秋哀れ、秋寂し、傷秋

行事(秋)

重陽  ちようやう 重九(ちようきう)、菊の節句、菊の日、今日の菊、菊酒、重陽の宴
原爆忌 げんばくき 原爆の日、長崎忌
終戦記念日 しゆうせんきねんび 終戦日、敗戦日、敗戦忌、八月十五日
震災記念日 しんさいきねんび 震災忌
敬老の日 けいろうのひ 老人の日、年寄の日
秋分の日 しうぶんのひ
赤い羽根 あかいはね 愛の羽根
体育の日 たいいくのひ
文化の日 ぶんかのひ 明治節
硯洗  すずりあらひ 机洗
七夕  たなばた  星祭、星合、星迎、星今宵、二星、牽牛(けんぎう)、織女(しよくぢよ)、夕竹
梶の葉 かぢのは 七夕流し、願ひの糸
真菰の馬 まこものうま 七夕馬、迎馬
佞武多 ねぶた 佞武多祭、跳人(はねと)
竿燈  かんとう
草の市 くさのいち 草市、盆市、手向の市(たむけのいち)
盆用意 ぼんようい 盆支度
苧殻  うがら 麻殻
阿波踊 あはをどり
風の盆 かぜのぼん おわら祭、八尾の廻り盆
中元  ちゆうげん お中元、中元贈答、盆礼、盆見舞
八朔の祝 はつさくのいはひ 田面の節(たのものせち)、田実の節
高きに登る たかきにのぼる 登高
温め酒 あたためざけ・ぬくめざけ
鹿の角伐 しかのつのきり 角切、春日の角伐、角寄せ
べつたら市 べつたらいち べつたら漬、浅漬市
秋祭  あきまつり 里祭、村祭、浦祭、在祭
吉田火祭 よしだひまつり 吉田浅間祭、芒祭、火伏祭
芝神明祭 しばしんめいまつり 生姜市、だらだら祭
八幡放生会 やはたはうじやうゑ 石清水祭、男山祭、南祭、放生会
鞍馬の火祭 くらまのひまつり 火祭、鞍馬祭、靭大明神祭(ゆきだいみやうじんまつり)
時代祭 じだいまつり 平安祭
秋遍路 あきへんろ
孟蘭盆会 うらぼんゑ 新盆、魂祭、精霊祭、魂棚、霊棚、盆供、茄子の牛、瓜の馬、孟蘭盆(うらぼん)、盆
生身魂 いきみたま 生御魂、生盆、蓮の飯
門火  かどび 迎火、送火、魂迎、魂送、苧殻焚く(をがらたく)、苧殻火
墓参  はかまゐり・ぼさん 墓詣、展墓、掃苔(さうたい)、墓洗ふ
施餓鬼 せがき 施餓鬼会、施餓鬼寺
施餓鬼幡(せがきばた)、川施餓鬼、船施餓鬼
燈篭流し とうろうながし流燈、流燈会、精霊流し、精霊舟
百八燈 ひやくはちとう 百八たい、南部の火祭、投松明
大文字 だいもんじ 大文字の火、精霊送火、妙法の火、船形の火、鳥居形の火
解夏  げげ 夏明(げあき)、夏の果、仏歓喜日、送行(そうあん)、夏書納
六斎念仏 ろくさいねんぶつ 六斎、六斎踊、六斎太鼓
六道参 ろくどうまゐり 精霊迎、迎鐘
地蔵盆 ぢざうぼん 地蔵会、地蔵詣、六地蔵詣、地蔵幡
太泰の牛祭 うづまさのうしまつり 牛祭
菊供養 きくくやう
宗祇忌 そうぎき
鬼貫忌 おにつらき 槿花翁忌(きんくわをうき)
守武忌 もりたけき
西鶴忌 さいかくき
去来忌 きよらいき
普羅忌 ふらき 立秋忌
水巴忌 すいはき 白日忌
林火忌 りんくわき
夜半忌 やはんき 底紅忌
鬼城忌 きじようき
子規忌 しきき 糸瓜忌、獺祭忌(だつさいき)
汀女忌 ていぢよき
蛇笏忌 だこつき 山廬忌(さんろき)
素十忌 すじふき 金風忌(きんぷうき)
年尾忌 としをき
源義忌 げんぎき 秋燕忌

動物(秋)

鹿の子 しかのこ・かのこ 子鹿・親鹿
鹿   しか 牡鹿、牝鹿、小牡鹿(さをじか)、鹿の声、鹿笛
猪   ゐのしし・しし 野猪(ゐのしし)
馬肥ゆる うまこゆる 秋の馬、秋の駒
蛇穴に入る へびあなにいる 秋の蛇、穴まどひ
鷹渡る たかわたる 落鷹(おちだか)
渡り鳥 わたりどり 鳥渡る、小鳥来る、鳥雲(てううん)
色鳥 いろどり  
燕帰る つばめかへる・えんかへる 帰燕(きえん)、去ぬ燕(いぬつばめ)、秋燕
稲雀  いなすずめ  
鵙   もず  百舌鳥(もず)、鵙猛る(もずたける)、鵙の贄(もずのにへ)、鵙の声、鵙日和
鶫   つぐみ  
鵯   ひよどり ひよ
懸巣  かけす 樫鳥(かしどり)、橿鳥(かしどり)
鶸   ひは 金雀(きんじやく)
鶲   ひたき 尉鶲(じようびたき)、火焚鳥
鶻鴒  せきれい 石たたき、庭たたき、黄鶻鴒、背黒鶻鴒
椋鳥  むくどり むく、白頭翁(はくとうをう)
鶉   うづら 鶉篭
啄木鳥 きつつき・けら 啄木鳥の巣(けらのす)、啄木鳥突き、赤啄木鳥、青啄木鳥
鴫   しぎ 田鴫、磯鴫
雁   かり・がん・かりがね 真雁、菱喰(ひしくひ)、初雁、雁渡る、雁来る、雁の列、雁の棹、雁行、雁の声、落雁
初鴨  はつがも 鴨渡る、鴨来る
鶴来る つるきたる 鶴渡る、田鶴渡る
落鮎  おちあゆ 錆鮎、渋鮎、下り鮎、子持鮎、秋の鮎
紅葉鮒 もみぢぶな  
鰍   かじか 石伏(いしぶし)、石斑魚(いしぶし)、川をこぜ
鰡   ぼら 鯔(ぼら)
鱸   すずき 鱸網
鯊   はぜ 沙魚(はぜ)、ふるせ、今年鯊、鯊の秋、鯊の湖、鯊日和
秋鯖  あきさば  
鰯   いわし 鰮(いわし)、真鰯、潤目鰯、片口鰯
秋刀魚 さんま さいら、初秋刀魚
鮭   さけ 初鮭、鮭漁、鮭打ち、鮭小屋
秋の蛍 あきのほたる 秋蛍、残る蛍、病蛍
秋の蝿 あきのはへ 残る蝿
秋の蚊 あきのか 残る蚊、別れ蚊、後れ蚊、蚊の名残
秋の蜂 あきのはち 残る蜂
秋の蝶 あきのてふ 秋蝶
秋の蝉 あきのせみ 秋蝉(しうせん)、残る蝉
蜩   ひぐらし 日暮(ひぐらし)、茅蜩(ひぐらし)、かなかな
法師蝉 ほうしぜみ つくつく法師、つくつくし
蜻蛉  とんほ・とんぼう・あきつ 赤蜻蛉、秋茜、麦藁蜻蛉、塩辛蜻蛉
蜉蝣  かげろふ
虫   むし 虫の声、虫の音、虫時雨、虫の秋、昼の虫、残る虫、すがれ虫
竃馬  いとど・かまどうま 竃虫(かまどむし)
蟋蟀  こほろぎ 蛬(こほろぎ)、・(こほろぎ)、ちちろ、ちちろ虫、つづれさせ
鈴虫  すずむし 月鈴子(げつれいし)
松虫  まつむし ちんちろ、ちんちろりん
邯鄲  かんたん  
草雲雀 くさひばり 金雲雀、朝鈴(あさすず)
鉦叩 かねたたき  
螽   きりぎりす ぎす、機織
馬追  うまおひ 馬追虫、すいつちよ、すいと
轡虫  くつわむし がちやがちや
ばつた 飛蝗(ばつた)、螽(はたはた)、きちきち、きちきち
蝗   いなご 螽(いなご)、稲子、蝗採
浮塵子 うんか 糠蝿(ぬかばへ)、小糠虫
蟷螂  かまきり・たうらう 鎌切、斧虫、いぼむしり
螻蛄鳴く けらなく お螻蛄鳴く
蚯蚓鳴く みみずなく  
蓑虫  みのむし 鬼の子、蓑虫鳴く
茶立虫 ちやたてむし あづきあらひ
放屁虫 へひりむし・へつぴりむし へこき虫
芋虫  いもむし  
秋蚕  あきご  

植物(秋)

木犀  もくせい 金木犀、銀木犀、桂の花
木槿  むくげ きはちす、花木槿、白木槿、紅木槿、底紅、木槿垣
芙蓉  ふよう 花芙蓉、白芙蓉、紅芙蓉、酔芙蓉
椿の実 つばきのみ
南天の実 なんてんのみ 実南天
梔子の実 くちなしのみ 山梔子(くちなし)
藤の実 ふじのみ
桃の実 もものみ 桃、白桃、水蜜桃
梨   なし 有の実、水梨、洋梨
柿   かき 甘柿、渋柿、富有柿(ふいうがき)、木守柿
熟柿  じゆくし
林檎  りんご 紅玉、国光、林檎園
葡萄  ぶだう 葡萄園、葡萄棚
栗   くり 山栗、柴栗、毬栗(いがぐり)、笑栗(ゑみぐり)、落栗、虚栗(みなしぐり)、焼栗
石榴  ざくろ 柘榴(ざくろ)、実石榴
棗の実 なつめのみ 棗
無花果 いちじく
胡桃  くるみ 姫胡桃、鬼胡桃、胡桃割る
青蜜柑 すだち 木酢(きず)
柚子  ゆず 柚子の実
柑子  かうじ 柑子蜜柑
橙   だいだい・かぶす 回青燈
九年母 くねんぼ 香燈(かうとう)、くねぶ
金柑  きんかん
檸檬  れもん レモン
榠の実 くわりんのみ 花梨の実(くわりんのみ)
紅葉  もみぢ・こうえふ もみづる、色葉、夕紅葉、谷紅葉、村紅葉、紅葉山、紅葉川
初紅葉 はつもみぢ
薄紅葉 うすもみぢ
黄菜  くわうえふ 黄葉(もみぢ)
照葉  てりは 照紅葉
紅葉かつ散る もみぢかつちる 色葉散る、色ながら散る
黄落  くわうらく 黄落期
柿紅葉 かきもみぢ
雑木紅葉 ざふきもみぢ
漆紅葉 うるしもみぢ
櫨紅葉 はぜもみぢ
銀杏紅葉 いてふもみぢ
櫻紅葉 さくらもみぢ
白膠木紅葉 ぬるでもみぢ
五倍子 ふし・ごばいし 五倍子干す
柞   ははそ 柞紅葉、楢(なら)、小楢
色変へぬ松 いろかへぬまつ
新松子 しんちぢり 青松毬(あをまつかさ)
桐一葉 きりひとは 一葉、一葉落つ
柳散る やなぎちる 黄柳、秋の柳
銀杏散る いてふちる
木の実 このみ 木の実落つ、木の実降る、木の実雨、木の実独楽
杉の実 すぎのみ
七竃 ななかまど
櫨の実 はぜのみ
橡の実 とちのみ 栃の実(とちのみ)
椋の実 むくのみ
樫の実 かしのみ
団栗  どんぐり 櫟の実(くぬぎのみ)
一位の実 いちゐのみ あららぎ、おんこ
檀の実 まゆみのみ
楝の実 あふちのみ 栴檀の実(せんだんのみ)、樗の実(あふちのみ)、金鈴子(きんれいし)
榧の実 かやのみ
椎の実 しいのみ 落椎
橘   たちばな
銀杏  ぎんなん 銀杏の実
菩提子 ぼだいし 菩提の実、菩提樹の実
無患子 むくろじ 無患子の実
臭木の花 くさきのはな 常山木の花(くさきのはな)
臭木の実 くさきのみ 常山木の実(くさきのみ)
枸杞の実 くこのみ 枸杞子
子の実 しどみのみ 草木瓜の実(くさぼけのみ)
瓢の実 ひよんのみ 瓢
桐の実 きりのみ
山椒の実 さんせうのみ 実山椒
錦木  にしきぎ 錦木紅葉
梅擬  うめもどき 落霜紅(うめもどき)、梅嫌(うめもどき)
蔓梅擬 つるうめもどき 蔓擬
皀角子 さいかち 皀角子の実、皀莢(さいかち)
茱萸  ぐみ 秋茱萸
茨の実 いばらのみ 野茨の実、野薔薇の実
蝦蔓  えびづる (えびづる)、蝦葛(えびづる)
山葡萄 やまぶどう 野葡萄
通草  あけび 通草の実
蔦   つた 蔦葛(つたかづら)、蔦紅葉、錦蔦
竹の春 たけのはる
芭蕉  ばせう 芭蕉葉
万年青の実 おもとのみ
破れ芭蕉 やればせう
カンナ 花カンナ
朝顔  あさがほ 牽牛花(けんぎうくわ)、(あさがほ)、朝顔の実、種朝顔
鶏頭  けいとう 鶏頭花
葉鶏頭 はげいとう 雁来紅(がんらいこう)、かまつか
コスモス 秋櫻(こすもす・あきざくら)、おほはるしや菊
白粉花 おしろいばな 白粉の花、花白粉、白粉
鬼灯  ほほづき 酸漿(ほほづき)、鬼燈(ほほづき)
鳳仙花 ほうせんくわ 爪紅(つまくれなゐ・つまべに)
秋海棠 しうかいだう 断腸花(だんちやうくわ)
菊   きく 隠君子(いんくんし)、千代見草、白菊、小菊、初菊、厚物咲、懸崖菊(けんがいぎく)、菊畑、菊の宿、菊日和
残菊  ざんぎく 残り菊、十日の菊
紫苑  しをん 紫苑の菊、しをに
弁慶草 べんけいさう 血止草
敗荷  やれはす 破れ蓮(やれはちす)
蓮の実 はすのみ 蓮の実飛ぶ
西瓜 すいくわ 西瓜畑、西瓜番
南瓜 かぼちや 唐茄子(たうなす)、なんきん、ぼうぶら
糸瓜 へちま・いとうり 長瓜、糸瓜棚
夕顔の実 ゆふがほのみ
瓢   ふくべ ひさご、瓢箪(へうたん)、種瓢、青匏(あをふくべ)
茘枝  れいし 苦瓜(にがうり)、錦茘枝(にしきれいし)、蔓茘枝
秋茄子 あきなす・あきなすび 秋の茄子、名残茄子
種茄子 たねなす・たねなすび
馬鈴藷 じやがいも・ばれいしよ
甘藷  さつまいも・かんしよ 薩摩薯(さつまいも)
芋   いも 里芋、親芋、八頭(やつがしら)、子芋、芋畑
芋茎  ずいき 芋殻(いもがら)
自然薯 じねんじよ 山の芋、山芋
薯蕷  ながいも 長薯(ながいも)
零余子 むかご ぬかご
貝割菜 かひわりな 貝割れ菜
間引菜 まびきな 摘まみ菜、小菜、抜菜、虚抜菜(うろぬきな)
紫蘇の実 しそのみ
唐辛子 たうがらし 蕃椒(たうがらし)、鷹の爪
茗荷の花 めうがのはな 秋茗荷
生姜  しやうが 新生姜、葉生姜、薑(はじかみ)
稲   いね 初穂、稲穂、陸稲(をかぼ)、粳(うるち)、糯(もち)、稲田、稲の秋
稲の花 いねのはな
早稲  わせ 早稲の香、早稲田、早稲刈る
中稲  なかせ
晩稲  おくて
落穂  おちぼ 落穂拾ひ
ひつぢ 稲孫(ひつぢ)、田
稗   ひえ
玉蜀黍 たうもろこし もろこし、南蛮黍(なんばんきび)
黍   きび 黍の穂、黍畑
粟   あは 粟の穂、粟畑
蕎麦の花 そばのはな 花蕎麦
隠元豆 いんげんまめ 花町(はなささげ)、千石豆(せんごくまめ)、味豆
豆   ささげ 十六豆、十八豆
刀豆  なたまめ 鉈豆(なたまめ)
落花生 らくくわせい 南京豆、ピーナツ
大豆  だいづ 新大豆、味噌豆
小豆  あづき 新小豆
胡麻  ごま
藍の花 あゐのはな
煙草の花 たばこのはな 花煙草
棉   わた 棉の実、棉実る、棉吹く、桃吹く
秋草  あきくさ 秋の草、色草、千草、八千草
草の花 くさのはな 千草の花
草の穂 くさのほ 穂草、草の絮(くさのわた)、草の穂絮
草の実 くさのみ
草紅葉 くさもみぢ 草の錦、色づく草
末枯  うらがれ 末枯るる
秋の七草 あきのななくさ
萩   はぎ 萩の花、白萩、小萩、山萩、野萩、こぼれ萩、乱れ萩、萩原、萩叢(はぎむら)
芒   すすき 薄(すすき)、花芒、鬼芒、糸芒、十寸穂の芒(ますほのすすき)、尾花
萱   かや 萱の穂、萱原
刈萱 かるかや 男刈萱(をがるかや)、女刈萱(めがるかや)
蘆の花 あしのはな 蘆の穂、蘆の穂絮(あしのほわた)、蘆、蘆原、蘆洲、葭(よし)
荻   をぎ 荻の風、荻の声、荻原
数珠玉 じゆずだま ずずこ
葛   くず 真葛、真葛原、葛の葉
葛の花 くずのはな
郁子  むべ うべ、郁子の実
薮枯らし やぶからし 貧乏葛(びんぼうかづら)
撫子   のぎく 紺菊
めはじき 益母草(やくもさう)
狗尾草 ゑのころぐさ 猫じやらし
牛膝  ゐのこづち
藤袴  ふぢばかま
薮虱 やぶじらみ 草虱
蔓珠沙華 まんじゆしやげ 彼岸花、狐花、死人花、天涯花、幽霊花、捨子花
桔梗  ききやう きちかう
千屈菜 みそはぎ 鼠尾草(みそはぎ)、聖霊花、溝萩(みそはぎ)
女郎花 をみなへし をみなめし
男郎花 をとこへし をとこめし
吾亦紅 われもかう 吾亦香(われもかう)
水引の花 みづひきのはな 水引草、金線草(きんせんさう)
美男葛 びなんかづら 南五味子(さねかづら)、実葛(さねかづら)
竜胆  りんだう 笹竜胆、深山竜胆
みせばや たまのを
杜鵑草 ほととぎす ほととぎす草
松虫草 まつむしさう 輪鋒菊(りんぽうぎく)
露草  つゆくさ 月草、蛍草
鳥兜  とりかぶと 鳥頭(とりかぶと)、兜花
蓼の花 たでのはな 蓼の穂、穂蓼
犬蓼  いぬたで 赤のまんま、赤のまま
溝蕎麦 みぞそば
烏瓜  からすうり
菱の実 ひしのみ 菱採る、茹菱(ゆでひし)
水草紅葉 みづくさもみぢ 萍紅葉(うきくさもみぢ)、菱紅葉
茸   きのこ・たけ 菌(きのこ)、毒茸、茸飯
松茸  まつたけ
占地  しめぢ 湿地(しめぢ)、占地茸
椎茸  しいたけ



時候(冬)

冬   ふゆ 三冬、九冬、玄冬、冬帝、冬将軍
初冬  はつふゆ、しよとう 冬初め、冬浅し
神無月 かんなづき、かみなづき 神去月、神有月、時雨月、初霜月
十一月 じふいちぐわつ
立冬  りつとう 冬立つ、冬に入る、冬来る、今朝の冬
冬ざれ ふゆざれ 冬ざるる
小春  こはる 小春日、小春日和、小六月
冬暖か ふゆあたたか 暖冬、冬ぬくし
冬めく ふゆめく
霜月  しもづき 霜降月
十二月 じふにがつ
冬至  とうじ 冬至粥、冬至南瓜
師走  しはす 極月、臘月、春待月
年の暮 としのくれ 歳暮、歳晩、歳末、年末、年歩む、年の瀬、年の果、年暮るる
数へ日 かぞへび
年の内 としのうち 年内
行く年 ゆくとし 年逝く、年流る、年送る
大晦日 おほみそか 大年、大つごもり、大三十日(おほみそか)
年惜しむ としおしむ
年越  としこし 年を越す
除夜  じよや 除夕(じよせき)、年の夜
一月  いちぐわつ
寒の入 かんのいり 寒に入る
小寒  せうかん
大寒  だいかん
寒   かん 寒中、寒の内、寒四郎、寒九
冬の朝 ふゆのあさ 冬曙、寒暁
短日  たんじつ 日短、日短し、暮早し、暮易
冬の暮 ふゆのくれ 冬の夕、寒暮
冬の夜 ふゆのよ 夜半の冬、寒夜
霜夜  しもよ
冷たし つめたし 底冷え
寒し  さむし 寒fさ、寒気、寒冷
凍る  こほる 氷る、凍つ(いつ)、冱つ(いつ)、凍む(しむ)
冴ゆ  さゆ
寒波  かんぱ 寒波来る
三寒四温 さんかんしをん 三寒、四温、四温日和
厳寒  げんかん 極寒、酷寒、厳冬
冬深し ふゆふかし 冬深む、暮の冬、真冬
日脚伸ぶ ひあしのぶ
春待つ はるまつ 春を待つ、待春
春近し はるちかし 春隣、春信
冬尽く ふゆつく 冬終る、冬の名残、冬去る
節分  せつぶん

天文(冬)

冬の日 ふゆのひ 冬日、冬日向、冬日影
冬晴  ふゆばれ 冬日和、冬麗、冬うらら
冬旱  ふゆひでり 寒旱
冬の空 ふゆのそら 冬天、寒天、寒空
冬の雲 ふゆのくも 冬雲
凍雲  いてぐも
寒雲  かんぐも
冬の月 ふゆのつき 寒月、冬三日月、月冴ゆ、月氷る
冬の星 ふゆのほし 寒星、荒星、凍星、冬銀河、星冴ゆ
冬凪  ふゆなぎ 寒凪
凩   こがらし 木枯
北風  きたかぜ、きた 冬の風、朔風、寒風、北吹く
空風  からかぜ 空つ風、北颪、北下し
隙間風 すきまかぜ
虎落笛 もがりぶえ
鎌鼬  かまいたち 鎌風
初時雨 はつしぐれ
時雨  しぐれ 時雨るる、朝時雨、夕時雨、小夜時雨、村時雨、片時雨
冬の雨 ふゆのあめ 寒の雨
霰   あられ 玉霰、夕霰、初霰
霙   みぞれ 霙るる
霧氷  むひよう 樹霜、粗氷、霧氷林
樹氷  じゆひよう 木華、霧の花、樹氷林
初霜  はつしも
霜   しも 霜の花、大霜、深霜、強霜、朝霜、夜霜、霜晴、霜凪、霜雫、霜解、霜の声
雪催  ゆきもよひ
雪   ゆき 六花(むつのはな)、大雪、粉雪、綿雪、細雪小米雪、根雪、雪明り、雪の声、夜の雪
雪国  ゆきぐに
雪晴  ゆきばれ 深雪晴
雪女郎 ゆきぢよらう 雪女、雪坊主
風花  かざはな、かぜはな、かざばな
吹雪  ふぶき 地吹雪、雪煙、雪浪
雪しまき ゆきしまき しまき
冬の雷 ふゆのらい 寒雷
雪起し ゆきおこし 雪雷、雪の雷
鰤起し ぶりおこし
冬霞  ふゆがすみ 冬の霞、寒霞
冬の靄 ふゆのもや 冬靄、寒靄
冬の霧 ふゆのきり 冬霧
冬の夕焼 ふゆのゆふやけ 寒夕焼、冬茜、寒茜
冬の虹 ふゆのにじ

地理(冬)

冬の山 ふゆのやま 冬山、枯山、雪山、冬嶺、雪嶺、冬山路、冬山家
山眠る やまねむる 眠る山
冬野  ふゆの 冬の野、冬の原、雪野、雪原
枯野  かれの 大枯野、朽野、枯野道、枯野人、枯野宿、枯原
冬田  ふゆた 冬の田、冬田道
枯園  かれぞの 枯庭、冬の園、冬の庭
水涸る みづかる 川涸る、沼涸る、滝涸る
冬の水 ふゆのみづ 冬の泉、寒泉
寒の水 かんのみづ 寒水
冬の川 ふゆのかは 冬川、冬川原
冬の海 ふゆのうみ 冬海、冬の浜
冬の波 ふゆのなみ 冬浪、冬涛、寒涛
寒潮  かんてう 冬の潮、冬潮
霜柱  しもばしら
凍土  いてつち、いてど 凍上、大地凍つ
初氷  はつごほり
氷   こほり 厚氷、氷点下、氷面鏡(ひもかがみ)、結氷
氷柱  つらら 垂氷(たるひ)
凍滝  いてたき 冬滝、滝氷る
氷湖  ひようこ 湖氷る、冬の湖、冬の沼
氷海  ひようかい 海氷る、凍港、氷原、氷江
波の花 なみのはな 浪の華、潮花
狐火  きつねび 鬼火、狐の提燈
御神渡り おみわたり 御渡り

生活(冬)

年末賞与 ねんまつしやうよ 年末手当・ボーナス
年用意 としようい 春支度
年の市 としのいち
飾売  かざりうり
煤払  すすはらひ 煤掃・煤竹・煤篭・煤湯
門松立つ かどまつたつ 松飾る
社会鍋 しやくわいなべ 慈善鍋
年木樵 としきこり 節木樵・年木積む・年木売
餅搗  もちつき 餅米洗ふ・餅搗唄・賃餅・餅筵・餅配
注連飾る しめかざる
御用納 ごようをさめ 仕事納
年忘  としわすれ 忘年会
掃納 はきをさめ
年守る としまもる
晦日蕎麦 みそかそば 年越蕎麦・つごもり蕎麦
冬休み ふゆやすみ
寒施行 かんせぎやう 野施行・穴施行
寒稽古 かんげいこ 寒中稽古・寒復習(かんざらひ)
寒声  かんごゑ
寒弾  かんびき
寒中水泳 かんちゆうすいえい 寒泳
寒紅  かんべに
寒灸  かんきう・かんやいと
寒見舞 かんみまい 寒中見舞
冬服  ふゆふく 冬着・冬シャツ・皮羽織
綿入  わたいれ 布子・綿子(ぬのこ)
夜着  よぎ 掻巻(かいまき)・小夜着
衾   ふすま 紙衾
蒲団  ふとん 干蒲団
ちゃんちゃんこ   袖無
背蒲団 せなぶとん 肩蒲団・腰蒲団・負真綿
ねんねこ   ねんねこばんてん
厚司  あつし
重ね着 かさねぎ 厚着
着ぶくれ きぶくれ
褞袍  どてら 丹前
紙子  かみこ 紙衣(かみこ)
毛衣  けごろも 裘(かはごろも)・皮衣
毛皮  けがは 毛皮売・毛皮店
毛布  もうふ ケット
角巻  かくまき
セーター  
ジャケツ  
外套  ぐわいたう オーバー・コート
マント 二重廻し・トンビ・インバネス
雪合羽 ゆきがつぱ 雪蓑
頭巾  ずきん
冬帽子 ふゆぼうし 冬帽
雪眼鏡 ゆきめがね ゴーグル
頬被  ほほかむり・ほほかぶり
耳袋  みみぶくろ 耳掛
襟巻  えりまき 首巻・マフラー
ショール   肩掛
手袋  てぶくろ 皮手袋・マフ
足袋  たび 白足袋・色足袋
マスク  
毛糸編む けいとあむ 毛糸・毛糸玉
餅   もち
水餅  みづもち
寒餅  かんもち
熱燗  あつかん 燗酒
鰭酒  ひれざけ 身酒
玉子酒 たまござけ 卵酒
葛湯  くずゆ
蕎麦掻 そばがき
湯豆腐 ゆどうふ
寒卵  かんたまご
薬喰  くすりぐひ 紅葉鍋
雑炊  ざふすい おじや
焼藷  やきいも 焼芋・石焼芋
夜鷹蕎麦 よたかそば 夜鳴蕎麦・夜鳴饂飩
鍋焼  なべやき 鍋焼饂飩
河豚汁 ふぐじる 河豚鍋・ふぐと汁・ちり鍋
狸汁 たぬきじる
納豆汁 なつとじる
のっぺい汁 のつぺいじる のっぺ
根深汁 ねぶかじる 葱汁
蕪汁  かぶらじる
干菜汁 ほしなじる
粕汁  かすじる 酒の粕
闇汁  やみじる
鋤焼  すきやき 牛鍋
牡丹鍋 ぼたんなべ 猪鍋・山鯨・猪肉
鮟鱇鍋 あんかうなべ
寄鍋  よせなべ
おでん   関東煮
煮凝  にこごり 煮凍・凝鮒
風呂吹 ふろふき 風呂吹大根
茎漬 くきづけ 菜漬
酢茎 すぐき
乾鮭 かんざけ 干鮭
海鼠腸 このわた
塩鮭 しほざけ 新巻
新海苔 しんのり 寒海苔
寒造  かんづくり
寒晒  かんざらし 寒曝(かんざらし)
凍豆腐 しみどうふ 氷豆腐・寒豆腐・高野豆腐
凍豆腐造る
沢庵  たくあん 沢庵漬・沢庵漬製す・大根漬く
切干  きりぼし
冬構  ふゆがまへ 冬囲
冬籠  ふゆごもり 雪籠
冬館  ふゆやかた 冬の家・冬の宿
北窓塞ぐ きたまどふさぐ 北塞ぐ
目貼  めばり 隙間貼る
霜除  しもよけ
風除  かぜよけ 風垣・風囲
雪囲  ゆきがこひ 雪垣・雪構・雪除・墓囲
雁木  がんぎ
薮巻  やぶまき 竹巻・菰巻
雪吊 ゆきつり
雪掻  ゆきかき 除雪・除雪夫・除雪車・ラッセル車
雪踏  ゆきふみ
雪下し ゆきおろし 雪卸(ゆきおろし)
冬の燈 ふゆのひ 冬燈・冬ともし・寒燈
冬座敷 ふゆざしき
畳替  たたみがへ
障子  しやうじ 冬障子・腰障子・明り障子
襖   ふすま 唐紙
屏風  びやうぶ 金屏・銀屏・枕屏風
絨緞  じゆうたん 緞通・カーペット
暖房  だんばう スチーム・ヒーター・暖房車
ストーブ   暖炉・ペチカ
炭   すみ 炭火・埋火・消炭・炭斗・炭篭・炭売・炭屋・炭俵
炭団  たどん 豆炭
石炭  せきたん
煉炭  れんたん
炬燵  こたつ 切炬燵・置炬燵・掘炬燵
炉 ろ  囲炉裡・炉火・炉明り・炉話
榾   ほだ 榾火・榾明り・榾の宿
火鉢  ひばち 火桶・手焙・手炉
行火  あんくわ
懐炉  くわいろ 温石
湯婆  たんぽ 湯たんぽ
炉開  ろびらき
敷松葉 しきまつば
口切  くちきり
湯気立て ゆげたて
賀状書く がじやうかく
日記買ふ につきかふ 古日記
暦売  こよみうり
古暦  ふるごよみ 暦の果・暦の終り
焚火  たきび
火の番 ひのばん 夜番・夜廻・夜警・寒柝(かんたく)
火事  くわじ 大火・小火(ぼや)・類焼・近火・遠火事
火事見舞・半焼
雪沓  ゆきぐつ 藁沓・爪籠(つまご)
かんじき
橇   そり 馬橇・犬橇(いぬぞり、のそ)・手橇・雪車(そり)
すが漏り すがもり
冬耕  とうかう
甘蔗刈 かんしよがり・きびがり
大根引 だいこんひき・だいこひき
蒟蒻掘る こんにやくほる 蒟蒻干す
蓮根掘る はすねほる 蓮掘
麦蒔  むぎまき
藺植う ゐうう
大根洗ふ だいこんあらふ
大根干す だいこんほす 懸大根・干大根
干菜吊る ほしなつる 干菜・懸菜・吊菜・干葉
寒肥 かんごえ・かんぴ 寒ごやし
フレーム   温床・温室
狩   かり 猟解禁・狩猟・猟犬・猪狩・鹿狩・狩人・猟夫
狩の宿
熊突  くまつき 穴熊狩
兎狩  うさぎがり 兎罠・兎網
狸罠  たぬきわな
狐罠  きつねわな
鼬罠  いたちわな
鷹狩 たかがり 鷹匠
網代  あじろ 網代木・網代床・網代守
柴漬  ふしづけ
竹瓮  たつぺ
藁仕事 わらしごと 縄綯ふ・筵織る
捕鯨  ほげい 捕鯨船
鰤網  ぶりあみ 鰤場
泥鰌掘る どぢやうほる
牡蛎剥く かきむく 牡蛎割る・牡蛎割女
炭焼  すみやき 炭焼小屋・炭焼竃・炭竃
池普請 いけぶしん 川普請
注連作 しめづくり
歯朶刈 しだがり
味噌搗 みそつき 味噌作る
寒天製す かんてんせいす 寒天造る
紙漉  かみすき 紙漉場・紙漉女・楮蒸す
避寒  ひかん 避寒宿
雪見  ゆきみ 雪見舟・雪見酒
探梅  たんばい 梅探る・探梅行
牡蛎船 かきぶね 牡蛎料理・牡蛎鍋
寒釣  かんづり 穴釣
顔見世 かほみせ 顔見勢
竹馬  たけうま
雪遊び ゆきあそび 雪投げ・雪礫・雪丸げ・雪合戦
雪達磨 ゆきだるま 雪兎・雪釣
スキー   スキー場・スキーヤー・ゲレンデ・シャンシェ
スケート 氷滑り・スケート場
ラグビー ラガー
風邪 かぜ 感冒・流行風邪・流感・風邪声・風邪心地、鼻風邪・風邪薬・風邪の神
湯ざめ ゆざめ
咳   せき 咳く(しはぶく・せく)
嚔   くさめ くしゃみ・はなひる
水洟  みづばな 鼻水
息白し いきしろし 白息
木の葉髪 このはがみ
ひび 薬(ひびぐすり)
皸   あかぎれ あかがり
霜焼  しもやけ 凍傷・霜腫(しもはれ)
雪焼  ゆきやけ
雪眼  ゆきめ
悴む  かじかむ
懐手  ふところで
日向ぼこ ひなたぼこ 日向ぼつこ・日向ぼこり

行事(冬)

勤労感謝の日 きんろうかんしやのひ
天皇誕生日 てんわうたんじやうび
亥の子 ゐのこ 玄猪(げんちよ)、亥の子餅
髪置   かみおき
袴着  はかまぎ
帯解  おびとき 紐解
七五三 しちごさん 七五三の祝、七五三祝、千歳飴
牡丹焚火 ぼたんたきび 牡丹焚く、牡丹供養
針供養 はりくやう 針休み
事初  ことはじめ 正月事初
羽子板市 はごいたいち
柚子湯 ゆずゆ 柚子風呂、冬至湯
熊祭  くままつり 熊送り、贄の熊、イオマンテ
追儺  ついな 鬼やらひ、なやらひ
豆撒  まめまき 豆打、年の豆、鬼は外、福は内、年男、鬼打豆
柊挿す ひひらぎさす 焼嗅し
厄払  やくはらひ 厄落、厄の薪
神の旅 かみのたび 神の旅立
神送り かみおくり
神の留守 かみのるす 留守の宮、留守詣
神在祭 かみありまつり 神在、神集ひ
神迎  かみむかへ
神等去出の神事 からさでのしんじ 神羅佐手、からさで祭
恵比須講 えびすこう 夷講、蛭子市
御火焚 おほたき 御火焼(おほたき)
鞴祭  ふいごまつり 踏鞴祭(たたらまつり)、ほど祭、鍛冶祭
酉の市 とりのいち お酉さま、酉の町、一の酉、二の酉、三の酉、おかめ市、熊手
神農祭 しんのうさい 神農の虎
秩父夜祭 ちちぶよまつり
春日若宮おん祭 かすがわかみやおんまつり おん祭
神楽  かぐら 御神楽、神楽歌、夜神楽、神遊び、庭燎(にはび)
里神楽 さとかぐら
奥三河花祭 おくみかははなまつり 花祭、花神楽、榊鬼
札納  ふだをさめ 納札
和布刈神事 めかりしんじ 和布刈禰宜、和布刈桶
年越詣 としこしまうで 除夜詣、節分詣、年越参
年篭  としごもり
春日万燈篭 かすがまんとうろう 春日の万燈
十夜  じふや 十夜法要、お十夜、十夜粥、十夜婆
御命講 おめいこう 御会式、日蓮忌、万燈、御命講花
鉢叩  はちたたき
大師講 だいしこう
御取越 おとりこし 引上会
報恩講 ほうおんこう 御正忌、御七夜、御講、お霜月、親鸞忌
臘八会 らふはつゑ 臘八、成道会、臘八接心、八摂心
大根焚 だいこだき 鳴滝の大根焚
冬安居 ふゆあんご 雪安居
除夜の鐘 ぢよやのかね
寒参  かんまゐり 寒詣、裸参
寒垢離 かんごり 寒行
寒念仏 かんねんぶつ
クリスマス   降誕祭、聖誕節、聖樹、聖夜、聖歌、聖菓
達磨忌 たるまき 初祖忌(しよそき)、少林忌
芭蕉忌 ばせうき 桃青忌、時雨忌、翁忌
嵐雪忌 らんせつき
空也忌 くうやき 空也念仏
貞徳忌 ていとくき
一茶忌 いつさき
近松忌 ちかまつき 巣林子忌
蕪村忌 ぶそんき 春星忌、夜半亭忌
亜浪忌 あらうき
波郷忌 はきやうき
一葉忌 いちえふき
漱石忌 そうせきき
青邨忌 せいそんき
青畝忌 せいほき 万両忌
一碧楼忌 ゐつぺきろうき
寅彦忌 とらひこき
乙字忌 おつじき
久女忌 ひさぢよき
草城忌 さうじやうき
碧梧桐忌 へきごとうき 寒明忌

動物(冬)

熊   くま 羆(ひぐま)、熊の子、熊穴に入る
冬眠  とうみん  
狐   きつね きつ
狸   たぬき たのき、むじな
鼬   いたち  
鼠   むささび  
兎   うさぎ 兎汁
籠猫  かまどねこ へつつひ猫、かじけ猫
鯨   くじら 勇魚
鷹   たか 大鷹、小鷹、さしば、隼
鷲   わし  
冬の鳥 ふゆのとり 寒禽(かんきん)
冬の雁 ふゆのかり 寒雁
冬の鵙 ふゆのもず  
冬の鴬 冬のうぐひす 寒鴬、鴬の子、笹子、薮鴬
笹鳴  ささなき 笹子鳴く
冬雲雀 ふゆひばり  
寒雀  かんすずめ 冬雀、凍雀、ふくら雀
寒鴉  かんがらす、かんあ 冬鴉
梟   ふくろう、ふくろ  
水菟  みみづく、づく  
鷦鷯  みそさざい 三十三才(みそさざい)
水鳥  みづとり 浮寝鳥
鴨   かも 真鴨子鴨、鴨の声、鴨の陣
鴛鴦  をしどり、をし  
千鳥  ちどり 鵆(ちどり)、磯千鳥、川千鳥、夕千鳥、小夜千鳥、群千鳥、友千鳥、遠千鳥、鳴く千鳥
鳰   かいつぶり、にほ、にほどり  
都鳥  みやこどり 百合鴎
冬鴎  ふゆかもめ  
鶴   つる 凍鶴冬の鶴
白鳥  はくてう スワン、鵠(くぐひ)、大白鳥、黒鳥
鮫   さめ 鱶(ふか)
鰰   はたはた 雷魚(はたはた、かみなりうを)
魴   ほうぼう  
鮪   まぐろ 鮪船、鮪釣
鱈   たら 雪魚(たら)、真鱈、助宗鱈、鱈場、鱈船、子持鱈
鰤   ぶり 寒鰤
鮟鱇  あんかう  
杜父魚 かくぶつ、とふぎよ 杜夫魚(かくぶつ、とふぎよ)、霰魚、霰がこ
氷下魚 こまい 氷下魚釣、氷下魚汁
河豚 ふぐ、ふぐと、ふく  
柳葉魚 ししやも  
潤目鰯 うるめいわし 潤目
寒鯉  かんごひ 凍鯉、寒鯉釣
寒鮒  かんぶな 寒鮒釣
いさざ 舟、漁
松葉蟹 まつばがに ずわい蟹、越前蟹
海鼠  なまこ 酢海鼠
牡蛎  かき 真牡蛎、酢牡蛎、牡蛎飯
冬の蝶 ふゆのてふ 冬蝶、凍蝶
冬の蜂 ふゆのはち 冬蜂、凍蜂
冬の蠅 ふゆのはへ 冬蠅
綿虫  わたむし 大綿、雪蛍、雪婆、白粉婆
冬の虫 ふゆのむし  

植物(冬)

冬の梅 ふゆのうめ 冬梅、寒梅、寒紅梅、冬至梅
早梅  さうばい 梅早し
臘梅  らふばい 唐梅
帰り花 かへりばな 返り花、忘れ花、狂ひ花、狂ひ咲き
室咲  むろざき 室の花
冬櫻  ふゆざくら 寒櫻
冬薔薇 ふゆさうび、ふゆばら 寒薔薇
寒牡丹 かんぼたん 冬牡丹
寒椿  かんつばき 冬椿
侘助  わびすけ 佗助、唐椿
山茶花 さざんくわ 姫椿
八手の花 やつでのはな 花八手
茶の花 ちやのはな
寒木瓜 かんぼけ
ポインセチア 猩々木
枯芙蓉 かれふよう 芙蓉の実
青木の実 あをきのみ
蜜柑 みかん 蜜柑山、冬植物、蜜柑狩
朱欒 ざぼん 内紫、文旦
枇杷の花 びはのはな 花枇杷
冬紅葉 ふゆもみぢ
紅葉散る もみぢちる 散紅葉
木の葉 このは 木の葉雨、木の葉散る
枯葉  かれは
落葉  おちば、らくえふ 落葉焚、落葉掻、落葉篭、落葉期
柿落葉 かきおちば
朴落葉 ほほおちば 朴散る
銀杏落葉 いてふおちば
冬木  ふゆき 冬木立、冬木影、冬木道、冬木宿
寒林  かんりん 寒木
名の木枯る なのきかる 蔦枯る、銀杏枯る、葡萄枯る、欅枯る
枯木  かれき 裸木、枯枝、枯木立、枯木道、枯木山、枯木宿、枯木星
枯柳  かれやなぎ 冬柳
枯桑  かれくは 桑枯る
枯蔓  かれづる 枯葛
冬枯  ふゆがれ 枯る
霜枯  しもがれ
雪折  ゆきおれ
冬苺  ふゆいちご 寒苺
柊の花 ひひらぎのはな 花柊
寒菊 かんぎく 冬菊、霜菊、しま寒菊
水仙  すいせん 水仙花、雪中花
葉牡丹 はぼたん
千両  せんりやう 仙蓼(せんりやう)、実千両
枯菊  かれぎく 菊枯る
万両  まんりやう 実万両
枯芭蕉 かればせう 芭蕉枯る
枯蓮  かれはす、かれはちす 蓮枯る、蓮の骨
冬菜  ふゆな 冬菜畑、冬菜売
白菜  はくさい
葱   ねぎ、き 一文字、根深、葉葱、葱畑
大根  だいこん、だいこ おほね、清白(すずしろ)、大根畑
人参  にんじん 胡蘿蔔(にんじん)
蕪   かぶら、かぶ 清菜(すずな)、赤蕪、蕪菜
麦の芽 むぎのめ 芽麦
冬草  ふゆくさ 冬の草、冬植物、冬青草
冬の草枯る ふゆのくさかる 名草枯る
枯葎  かれむぐら
枯蘆  かれあし 枯芦、枯葦、枯蘆原
枯萩  かれはぎ 萩枯る
枯芒  かれすすき 枯薄(かれすすき)、冬芒、枯尾花、
枯草  かれくさ 草枯る
枯芝  かれしば
薮柑子 やぶかうじ
石蕗の花 つはのはな、つはぶきのはな 石蕗
冬菫  ふゆすみれ 寒菫
竜の玉 りゆうのたま 竜の髯の実、蛇の髯の実
冬萌  ふゆもえ 冬木の芽、冬芽

新年


時候(新年)

新年  しんねん 年新た、新玉、年始、年立つ、年明く、年改まる、年来る、年迎ふ
初春  はつはる 新春、明の春、今朝の春、千代の春
正月  しやうぐわつ お正月、祝月、元月
睦月  むつき、むつみつき むつび月
今年  ことし、こんねん 当年(とうねん)、若き月
去年今年 こぞことし
去年  こぞ、きよねん 古年、旧年、初昔、宵の年
元日  がわんじつ お元日、日の初め、鶏日
元朝 がわんてう 元旦、大旦(おほあした)、鶏旦、歳旦
三が日 さんがにち
二日  ふつか
三日  みつか
四日  よつか
五日  いつか
七日  なぬか、なのか
人日  にんじつ 人の日、霊辰(れいしん)、人勝節、元七
七日正月 なぬかしやうぐわつ
松の内 まつのうち 松七日、注連の内
松過ぎ まつすぎ 松明け、注連明
小正月 こしやうぐわつ 十五日正月、花正月、望正月
女正月 をんなしやうぐわつ、めしやうぐわつ
二十日正月 はつかしやうぐわつ 団子正月、二十日団子、骨正月、頭正月

天文(新年)

初空  はつぞら 初御空
初日  はつひ 初陽、初旭、初日の出、初日影
初明り はつあかり 初夜明
初東雲 はつしののめ 初曙
初茜  はつあかね
初晴  はつばれ
初東風 はつごち 節東風
初風  はつかぜ 春の初風、初松籟(はつしようらい)
初凪  はつなぎ
御降り おさがり 富正月
初霞  はつがすみ 新霞(にひがすみ)
淑気  しゆうき

地理(新年)

初景色 はつげしき
初富士 はつふじ
初筑波 はつつくば
初比叡 はつひえい
初浅間 はつあさま
若菜野 わかなの

生活(新年)

若水  わかみづ 初水、福水、若井、井華水(せいくわすい)、若瀬、若潮迎へ
歯固  はがため
馬騎初 うまのりぞめ 騎馬始、馬場始、初騎
弓始  ゆみはじめ 初弓、的始、弓矢始、射初
鞠始  まりはじめ 蹴鞠始
門松  かどまつ 松飾、飾松、竹飾、飾竹
藁盒子 わらがふし 幸篭、ヤス
幸木  さいはひぎ、さいぎ
飾 かざり お飾、輪飾
注連飾 しめかざり 注連縄、七五三縄(しめなは)、年縄、牛蒡注連飾(ごほうじめ)
蓬莱  ほうらい 掛蓬莱、蓬莱飾
鏡餅  かがみもち 御鏡、飾餅、具足餅、鎧餅
飾海老 かざりえび 海老飾
飾臼  かざりうす 臼飾る
飾米  かざりごめ 米飾る
橙飾る だいだいかざる
野老飾る ところかざる
穂俵飾る ほだはらかざる、ほんだはらかざる
福藁  ふくわら 福藁敷く、福さ藁
年男  としをとこ 若男、節男
年賀  ねんが 年始、年礼、廻礼、年始廻り、賀詞
御慶  ぎよけい
礼者  れいじや 門礼、門礼者、賀客、年賀客、女礼者
年玉  としだま お年玉
賀状  がじやう 年賀状、年始状
礼受  れいうけ 礼者受、名刺受
書初  かきぞめ 筆始、試筆、吉書
初硯  はつすずり
読初  よみぞめ 読書始
仕事始 しごとはじめ 事務始、初仕事
初旅  はつたび 旅始、旅行始
乗初  のりぞめ 初乗、初電車、初車、船乗初、初飛行
御用始 ごようはじめ
初市  はついち 市始、初市場、初立会、初相場、初糶(はつぜり)
初商  はつあきなひ 商始、売初
初荷  はつに 初荷舟、初荷馬、飾馬
買初  かひぞめ 初買
新年会 しんねんくわい 新年宴会
初句会 はつくくわい 新年句会
福達磨 ふくだるま 達磨市
帳綴  ちやうとぢ 帳書、帳始、帳祝
鏡開  かがみびらき 鏡割
蔵開  くらびらき 御蔵開
年木  としぎ 若木、節木、祝木
鬼打木 おにうちぎ 鬼木
万歳  まんざい 三河万歳、大和万歳
獅子舞 ししまひ 大神楽、竃祓ひ、獅子頭
猿廻し さるまはし 猿曳、猿使ひ
春駒  はるこま 春駒舞、春駒万歳
鳥追  とりおひ
傀儡師 くわいらいし 傀儡(くぐつ)、夷廻し
着衣始 きそはじめ
春着  はるぎ 正月小袖、春襲(はるがさね)
屠蘇  とそ  屠蘇祝ふ、屠蘇酒、屠蘇袋
年酒  ねんしゆ、としざけ 年始酒
大服  おほぷく 大福(おほぷく)、福茶、大福茶
福沸  ふくわかし 福鍋
雑煮  ざふに 雑煮祝ふ、雑煮餅、雑煮椀
太箸  ふとばし 祝箸、柳箸、箸紙、雑煮箸
喰積  くひつみ 重詰、重詰料理、組重
草石蚕 ちよろぎ ちようろぎ、ちようろく
数の子 かずのこ 鰊の子(かどのこ)
田作  たづくり 五万米(ごまめ)、小殿原
切山椒 きりさんせう
俎始  まないたはじめ 包丁始
初手水 はつてうづ
掃初  はきぞめ 初箒、初掃除
初暦  はつごよみ 新暦
初湯  はつゆ 初風呂、湯殿始
初刷  はつずり 刷初、初新聞
初写真 はつしやしん 初写し
初便り はだより 初郵便
初電話 はつでんわ
笑初  わらひぞめ 初笑
泣初  なきぞめ 初泣
初鏡  はつかがみ 初化粧
初髪  はつがみ 初結、結ひ初、梳初
初日記 はつにつき 日記始
縫初  ぬひぞめ 縫始、初針、針起し
初染  はつぞめ 染始
初竃  はつかまど 炊始
初釜  はつがま 初茶湯、初点前
機始  はたはじめ 織初、初機
鍬始  くははじめ 鋤始、一鍬、鍬入れ、初田打
山始  やまはじめ 初山、初山入り、山入り、斧始、手斧始、若山踏み、木伐り初
初漁  はつれふ 漁始、初網
歌留多 かるた 骨牌(かるた)、歌歌留多、花歌留多、いろは歌留多、歌留多会
双六  すごろく 盤双六、絵双六
十六むさし じふろくむさし
投扇興 とうせんきよう 投扇
福笑ひ ふくわらひ
羽子板 はごいた 胡鬼板、はご
羽子つき はねつき 羽子、追羽子、揚羽子、遣羽子
手毬  てまり 手鞠、手毬つく、手毬唄、手毬子
独楽  こま  独楽廻し、独楽遊び、独楽打つ
正月の凧 しやうぐわつのたこ 凧揚、紙鳶(しえん)
福引  ふくびき 宝引
稽古始 けいこはじめ 初稽古
吹初  ふきぞめ 籟初(ふきぞめ)、吹始
弾初  ひきぞめ 初弾、琴始
能始  のうはじめ 初能
舞初  まひぞめ 仕舞始
初鼓  はつづつみ 鼓始
謡初  うたひぞめ 初謡
初芝居 はつしばゐ 初春狂言、春芝居、初曽我、二の替
初音売 はつねうり 初音笛
初夢  はつゆめ 貘枕、初寝覚
宝船  たからぶね 宝船敷く
寝正月 ねしやうぐわつ
寝積む いねつむ 稲積む、寝挙る(いねあぐる)

行事(新年)

朝賀  てうが 朝拝、参賀、拝賀
四方拝 しほうはい
国栖奏 くずそう 国栖舞、国栖笛、国栖歌、国栖入、国栖翁
歌会始 うたくわいはじめ
講書始 かうしよはじめ
成人の日 せいじんのひ 成人式
小松引 こまつひき 初子の日、子の日の遊び
出初  でぞめ 出初式、消防出初式
七種  ななくさ 七草
薺打つ なづなうつ 七種打つ、七種はやす
七種粥 ななくさがゆ 七日粥、薺粥
七草爪 ななくさづめ 薺爪
松納  まつをさめ 松取る、門松取る
飾納  かざりをさめ 飾取る、注連取る
鳥総松 とぶさまつ
宝恵゙籠 ほゑかご 宝恵駕、戎籠
餅花  もちばな 繭玉、稲穂、団子花
小豆粥 あづきがゆ 十五日粥、望の粥
粥杖  かゆづゑ 粥の木、祝棒
綱引  つなひき 綱曳
成木責 なりきぜめ 木責、果樹責、木を囃す
ちやつきらこ 左義長後祭
なまはげ なもみ剥ぎ、あまみ剥ぎ
土竜打 もぐらうち 土竜追、海鼠曳(なまこひき)
注連貰 しめもらひ
左義長 さぎちやう 三毬杖(さぎちやう)、どんと、とんど、どんと焚く、飾焚く、注連焼く、吉書揚      
上元の日 じやうげんのひ 上元、上元会、上元祭、元宵節(げんせうせつ)
ぼんでん 梵天
薮入  やぶいり 里下り(さとおり)、宿下り
かまくら
えんぶり えぶり、ながえんぶり、御前えんぶり
田遊び たあそび
初詣  はつまうで 初参、初社
歳徳神 としとくしん 年神、若年様、正月様
恵方詣 ゑほうまうで 恵方、吉方(えほう)、明きの方、恵方道
白朮詣 をけらまゐり 白朮祭、白朮火、白朮縄、火縄売、祇園削掛の神事
破魔弓 はまゆみ 破魔矢
七福神詣 しちふくじんまゐり 七福詣、福神詣、福神巡り、福詣
初神楽 はつかぐら 神楽始
繞道祭 ねうだうさい
初伊勢 はついせ 初参宮
玉せせり たませせり 玉取祭、玉競祭、玉せり
鷽替  うそかへ 鬼燻(おにくすべ)、鬼すべ
十日戎 とをかえびす 初戎、宵戎、初恵比須、戎祭、戎笹、福笹、残り福
初金毘羅 はつこんぴら 初金刀比羅(はつことひら)、初十日
初卯  はつう 初卯詣、卯の札、卯杖、卯槌
新野の雪祭 にひののゆきまつり 雪祭、田楽祭
初天神 はつてんじん 宵天神、残り天神、天神花、天神旗
初勧行 はつかんぎやう 初鐘、初読経、初燈明、初燈(はつともし)
初寅  はつとら
初弁天 はつべんてん 初巳(はつみ)
初薬師 はつやくし
会陽  ゑやう 西大寺参、神木(しんぎ)、裸押し、修正会
初閻魔 はつえんま 閻魔詣
初観音 はつくわんおん
初大師 はつだいし 初弘法
初不動 はつふどう
初場所 はつばしよ 一月場所、正月場所
初弥撒 はつみさ

動物(新年)

君が嫁 きみがよめ
初鶏  はつどり
初声  はつごゑ
初鴬  はつうぐいす
初雀  はつすずめ
初鳩  はつばと
初鴉  はつがらす
伊勢海老 いせえび 鎌倉海老

植物(新年)

楪   ゆづりは 弓弦葉(ゆづるは)、親子草
歯朶  しだ 裏白、山草
福寿草 ふくじゆさう 元日草
若菜  わかな 若菜摘、粥草、七草菜
薺   なづな 薺摘
御行  おぎやう 御形(ごぎやう)、五形
仏の座 ほとけのざ 田平子
子日草 ねのひぐさ 姫小松、茶筅松、子の日の松