Finished 2008/06/28

2008年度開発ガレージキット
トライデンター蛮





   





モジュールマシン1号機・トライファイター


 トライデンター蛮  
 第二次トライデンター計画にて完成した唯一にして最強の機体。3機のモジュールマシンによって構成され、3機を組み替えた合体によってあらゆる環境に対 応し、最大の戦闘能力を発揮できる千変万化のモジュールメカ。  

 トライデンター蛮(バン)の名称はこの機体の総称であると共に、1号機トライファイターをヘッドとして合体した空戦形態の呼称でもある。  
 2号機トライアタッカーをヘッドとした高機動陸戦形態・トライデンター断(ダン)。3号機トライボマーをヘッドとしたパワー重視型海戦形態・トライデン ター厳(ガン)の3つの姿を持つ。





  





モジュールマシン2号機・トライアタッカー







  





モジュールマシン3号機・トライボマー





「トライデンター蛮」諸設定

 ・牙獣帝国

 「侵略にあるのは征服と踏破、そ して種の存続の意志だ。彼らもまた、宇宙に拡がり行こうとする種に過ぎん…!」  

 察知されていた迫り来る脅威は、その予想を裏切ることなく破壊という災厄と化した。数年前から地球に迫り来ることが察知されていた大規模巨大宇宙船団、奴等の巨大なる尖 兵は全世界に降り立ち、破壊と殺戮、そして憎悪を地球中に撒き散らしていった。
 地球の生物とさほど変わらぬ獣のごとき姿と、獰猛なる牙をその姿形の意匠とあしらった、破壊の尖兵は滅牙獣(メガビースト)と呼ばれ、それを束ねる宇宙 からの敵を、人はいつしか牙獣帝国と名付けた――。

 瞬く間に進行する牙獣帝国の破壊と侵攻により、人類は1ヶ月と待たず、全世界の40%を侵略の魔の手に奪われていった。

 ・トライデンター計画

 「他の種の繁栄のために人間が踏 み潰される…それを黙っているつもりはない!」  

  予期された脅威に人類も手をこまねいていた訳でもなく、牙獣帝国の侵略兵器・滅牙獣に対抗するため、国連軍を中心に対抗兵器の開発を開始していた。宇宙開 発用ロボットを改造した、陸海空をクロスオーバーするマルチプルロボットウェポン・トライデンター。だがその開発・増産施設の置かれたオーストラリアは 真っ先に牙獣帝国に狙われることとなり、施設は完膚なきまでに破壊され、初期量産されたトライデンター部隊もまた滅牙獣の前には成す術もなかった。  

 対抗する手段を失い、窮地に陥る人類。だが生き残ったスタッフたちによる第二次トライデンター計画は、日本近海に浮かぶ海底資源開発施設「かいしん(海 神)」に移り、牙獣帝国の侵攻が世界を覆い尽くそうとする中、新たなトライデンターが誕生しようとしていた。  

 獰猛なる牙に対抗できるのは野蛮なる野生。その野獣の威力を持たされた鋼鉄の鬼神。それゆえに、並の人間で操ること叶わない、新たなるトライデンター ――“トライデンター蛮”が。

・トライデンター蛮

 「これは…もしかしたら私達をも 滅ぼす。だけど、それだけの野蛮な本能とそれを御する強い意志なくして、牙獣帝国には対抗できない」  

 第二次トライデンター計画を率いる時実黒乃博士より、ついにトライデンター蛮は完成を見た。この野蛮なる巨鬼を操る、野生の三人の絶叫が、巨獣震える戦 場に空高く轟く。  

 姉を目の前で奪われた鉄 銀児。  
 第一次トライデンター計画の生き残りである皇 黄金。  
 若き怪僧藤岡銅節。  

 トライデンター蛮を駆る三人の野蛮なる戦闘意志が、今、侵略の牙獣に対し炸裂する!

・登場人物

鉄 銀児(くろがね ぎんじ)  
 モジュールマシン1号機・トライファイターパイロット。鍛えぬいた強靭な肉体を持つ18歳。力のみを信奉し「目には目を歯に歯を」の主義で立ち塞がる相 手を黙らせてきた根からのケンカ馬鹿。  

 二人きりで生きてきた姉にだけは頭が上がらなかったが、牙獣帝国の日本侵攻開始のその日に、奴等の人間狩りにて目前で姉を滅牙獣に連れ去られる。  
 奪われた肉親を取り戻すため、トライデンターに乗り込む。

皇 黄金(すめらぎ こがね)  
 モジュールマシン2号機・トライアタッカーパイロット。第一次トライデンター計画の生き残りである19歳。  
 飄々とした優男だが、実はトライデンターパイロットとして肉体と記憶を調整された人間。仲間たちの復讐と、失われた自らの過去を取り返すために戦う。

藤岡銅節(ふじおか どうせつ)  
 モジュールマシン3号機・トライボマーパイロット。18歳。若くして俗世と女を愛する破戒僧。自らとトライデンターには運命的な縁があると主張し、半ば 強引に3号機パイロットとして居座る。
 正体不明ながら豪放磊落の好漢だが、敵を前にした気迫は他の二人に決して劣らない。

時実黒乃(ときざね くろの)  
 18歳にして第二次トライデンター計画を預かる天才少女科学者。父は第一次トライデンター計画の責任者であり、第一次計画の壊滅と共に生死不明になって しまっている。



表紙へ