Call of Duty: Black Ops Multiplayer Tips

「Call of Duty: Black Ops」 (コール オブ デューティ ブラックオプス) マルチプレイに役立つ情報をまとめています
マルチプレイ概要 / PC版パッチ情報 / 国内サーバ一覧 / Steamコミュを活用する / デディケイテッドサーバーの有料レンタルについて
/ シングル・マルチの細かい設定を変更する / Demoを録画する


 Topに戻る



CoD:BO マルチプレイ 概要
----------------------------------------------------
 

< 最大参加人数 / マップ数 >
 ・ PC版の最大参加人数は、ランクサーバーがすべてのゲームモードで18人、非ランクサーバーは24人。
 ・ PS3、Xbox360版は、ゲームモードのGround Warが18人、Free-for-allが8人、その他のゲームモードは12人。
 ・ ローンチ時のマルチプレイマップ数は14。 有料DLCで追加される予定あり。


< PCバージョンの特徴 >
 ・ TreyarchはPC版のゴールとして次の3つを公式フォーラムで
明言している。
   1. PC版はコンソールが持つ全ての特徴を得る。
   2. PC版はPCゲーマーが望むdedicatedサーバと多くのカスタマイズ等、多くの要素を得る。
   3. ゲームの状態の保護とローンチ後のサポートでプレイが楽しい物である様にキープする。

 ・ デディケイテッドサーバーは鯖管がGameServers.comから以下のいずれかを有料でレンタルする形になる。
   ランクサーバー : 最大参加人数18人。 XPとCPが稼げる。 ルール、参加人数のカスタマイズ不可。
   非ランクサーバー : 最大参加人数10〜24人。 XPとCPが稼げない。 設定を細かくカスタマイズ可能。

 ・ PC版はサーバーブラウザとマッチメイキング(いわゆるクイックスタート)の両方が用意されている。
 ・ リーン(上半身傾け)が復活。 クイック(ラジオ)チャットは廃止された。 FOVはマルチのメニュー画面で設定可能。
 ・ PC版は発売後のMod作成ツールのリリースが公式にアナウンスされている。
 ・ 単体サーバベースでは無い、グローバルで持続性を持ったスコアボードを実装。
 ・ アンチチートプログラムはMW2に引き続き、PunkbusterではなくValveのVANを採用。
 ・ PC版のCoDシリーズとしては初めてゲームコントローラーに正式対応した。

 ・ その他PC版ならではの要素 :
   開発者用コンソールコマンド、RCon(サーバコマンド)、KickとBAN機能、デモ録画機能(/record)、マップローテーション、
   管理者用サーバーメッセージ、インゲームで表示されるサーバーバナー、サーバーブラウザなど。


< コンシューマ・バージョンの特徴 >
 ・ 国別、地域別フィルターが復活。
 ・ エイムアシスト機能はシングル・マルチともオン/オフ可能。
 ・ Quickscope(エイムアシストにより照準に近い敵をズームした瞬間に射撃して命中させる技)はBOでは対策され
   利用出来なくなった。 動画_1_2
 ・ マルチプレイでホストプレイヤーが抜けた場合は、自動的に次のホストが選ばれマッチが続行される。(MW2方式)
 ・ パーティープライバシー設定では、パーティーに初心者が紛れ込むのを阻止するような設定も可能になっている。
 ・ パーティチャットは公平性の観点から”hardcore Search and Destroy”などいくつかのゲームモードでは禁止される。

 ・ マルチプレイとゾンビモードを含むCo-opプレイで2画面と4画面分割による複数同時プレイが可能。
 ・ プレイヤーは2つめのコントローラーに加え、オンラインから分割スクリーンのゲストプレイヤーを招待出来る。
 ・ 分割スクリーンのゲストはランクアップやアンロックなどが可能になるが、サインアウトする事でその内容は失う。
   Xbox 360のみ: 十分なオンラインアカウント(ゴールドメンバー向けか)を持つプレイヤーは、分割スクリーンのプレイ
   においてランクアップが可能。

 ・ プレイヤーはマッチメイキングを自由にカスタムできるようになった。 タイムリミットやスコアリミットのようなシンプルな
   設定から、武器やPerk、装備制限といったより細かいルールまでが設定可能。 ピストルオンリーなどの試合も簡単に
   始めることができる。

 ・ CoDタイトルはマイクロソフトと2012年までのDLC優遇の契約を結んでおり、DLCの配信がXbox360版のみ一ヶ月
   先行するという優遇措置がBOでも適用される。


< その他のマルチプレイに関する情報 >
 ・ スプリント中に伏せ動作をすることでダイブをすることができる。 (ただし、ダイブ直後0.5秒は銃を構えることはできない)
 ・ Perk1のフラックジャケットの対爆発物機能はかなり強力で、グレの至近弾でもスタン効果しか与えられない。
 ・ BOでは落ちてくるケアパッケージがチームメイトをキルする事は無くなった。
 ・ マッチ開始10秒くらいの間は、ランチャーを含むグレネードが爆発しなくなった
 ・ スコアボード用のモデレーターツールを用意しており、ハッカーはBanする予定だと開発者が発言
 ・ マルチプレイにゴア表現はない。 開発者は(CS機の)メモリ容量の関係上、ゴアを捨て、カモフラージュやアタッチメント
   を充実させる方を選んだとTwitterで語っている。 シングルキャンペーンにはゴア表現がある。(日本、ドイツ版では修正
 ・ その他MW2と比べて削除されたもの :
   戦術核、EMP、緊急空中投下、殉教、ストッピングパワー、ジャガーノート、デンジャークロース、コマンドー、デスストリークなど。


< CoD Point / CoDポイント (ゲーム内通貨) >
 ・ BOのマルチプレイでは、経験値”XP”の他に、インゲーム通貨”CoD Point (CoDポイント/CP)”を稼ぐことができる。
 ・ 武器やアタッチメント、キルストリーク、パークなどのアイテムは、ランクアップによって選択可能になったものの中から、
   CPを支払って購入して初めて使用可能になる。
 ・ プレイヤーがお互いのCPを賭けて戦うBO独自のルール ”Wager Match (賞金マッチ)” が追加された。

<主なアイテムのCoDポイント価格> (単位: CP)
Primary Weapons
メイン武器
2000 Reticle
照準(レティクル)
500 Killstreaks
キルストリーク
1200-1600
Pistols
ピストル
1500 Reticle Color
照準の色
250 Perks
パーク
2000
Ballistic Knife
バリスティックナイフ
1500 Lens
レンズ
500 Pro Perks
パークのプロ化
3000
Crossbow
クロスボウ
2000 Lethal Grenades
致死グレネード
2000 Backgrounds
プレイヤーカードの背景
1000-10000
Launcher
ランチャー
2000 Tactical Grenades
戦術グレネード
750 Emblems
エムブレム
100
Attachments
アタッチメント
250-3000 Equipment
装備
2000-5000 Emblem Layers
エムブレムのレイヤー
100-8000
Camouflages
銃の迷彩塗装
250 Facepaint
フェイスペイント
500 Contracts
契約(コントラクト)
50-250


< Combat Training / トレーニングモード >
 ・ BOT相手にマルチプレイ用マップでトレーニングが行える”Combat Training”モードを搭載。
 ・ このモードは1人プレイ、または画面分割(CS)かオンライン上で最大6人までのCo-op(協力)プレイが可能。
 ・ XPとCPを得ることはできるが、トレーニングモードでしか利用できない。
 ・ BOTの頭脳は、開発段階でバランス調整に使われていた”Larry”という名のAIが基になっている。
 ・ BOTは最大11人追加可能で、手強さは Recruit、Regular、Hardened、Veteran の4種類から選択できる。
 ・ トレーニングモードでプレイできるゲームモードはFree-For-AllとTeam Deathmatchのみ。
 ・ このモードにより、初心者プレイヤーはキルデスレートに影響を与えず事前にマルチプレイ用マップを体験でき、ベテラン
   プレイヤーは、各マップでのチームフォーメーションや相性、リスポーンや行動フローを十分に試す事が可能になる。
   関連動画 : CALL OF DUTY BLACK OPS COMBAT TRAINING紹介動画 ‐ ニコニコ動画


< Theater Mode / シアターモード >
   - シアターモードの再生画面
 ・ BOマルチプレイには、自分のプレイ内容を録画し、それを後から再生、編集できる”Theater Mode”が実装される。
 ・ シアターモードには過去7日間にプレイした100戦分が(オンライン上に)保存される。
 ・ 保存されたゲームにはマップ、勝敗、日付、プレイ時間、キル/デスも記録。
 ・ 記録ゲームの再生中にはスクリーンショットの撮影やHUDの切り替え、カメラコントロールが可能。
 ・ 同じく再生中には巻き戻し、早送り、一時停止が可能で録画は1ボタンで行える。
 ・ PC版のシアターモードはマウスの操作に最適化されている。
   関連動画 : 実況!CoD:BO 【ゲーム紹介 on DHARMAPOINT】 (14m50sよりシアターモード解説)
   関連記事 : Call of Duty: Black Ops シアターモードでの操作方法 - みりたりー
          CoD BOのシアターモードでYouTubeに動画をアップロードする方法


< DLC / PC版DLC第一弾 『First Strike』 >

  第一弾DLC 予告編 「First Strike Trailer」 (1m22s)
  Youtube (HD) / マルチMAP紹介ムービー (字幕付) / ゾンビMAP "Ascension" トレイラー

  669 名前:UnnamedPlayer[sage] 投稿日:2011/03/22(火) 12:35:03.57 ID:7Q/+VvCS [1/3]
  お前らが憶測でモノ言ってるから公式発表
  http://www.callofduty.com/board/viewtopic.php?f=71&t=458953

  まとめ
 ・ すべてのデディ鯖は、鯖管がDLC買わなくてもDLCマップを回すことが出来る
 ・ 鯖には誰でも入れる。分断ということは無い
 ・ 1.07パッチで、鯖フィルターにDLCの有無を追加
 ・ ただしDLC不所持者が、DLCマップに遭遇した時は自動キックされる(鯖管もDLCを持っていなければ、蹴られる)

 ・ PC版DLC第一弾『First Strike』は日本時間の3月26日にSteamにてリリース。初回価格は10%オフの13.49ドル。
  リリースと同時に1.07パッチも自動配布される予定です。
 ・ 26日現在、日本からは例によってHotspot ShieldなどのVPNを介さないと買えない模様。
  また鯖管にはDLCが無料でプレゼントされています。
   関連記事 : PC版「Call of Duty: Black Ops」の”First Strike”リリースが3月25日に決定、1.07パッチも同時リリース ≪ doope!




CoD:BO マルチプレイ PC版パッチ情報
----------------------------------------------------
< パッチの適用方 >
  "steamのライブラリ欄に行く" → "BOのアイコン右クリからプロパティ" → "ローカルファイルタブ" → "整合性確認"
  これでパッチが出てれば当たるはず。 基本的にはパッチがあればsteam起動時に自動的にアップデートされる。


< 2011/7/13 > 
■ パッチ1.11の修正項目
 ・ MODツールファイルのダウンロードに関係する幾つかの問題を修正
 ・ “Ninja Pro Perk”が地形によじ登る時と伏せ状態へダイブする際に音を出さないよう調整
 ・ シアタースクリーンショット、フィルム、クリップ、カスタムゲームにプレイヤーのレーティングを表示
 ・ Call of the Deadのパスに関する問題の修正
 ・ マルチプレイヤーとゾンビモードにおける様々なバグ利用の修正


< 2011/6/24 > 
■ パッチ1.10の修正項目
 ・ シアターモードのRecent Gamesメニューで“Free For All”が“Team Deathmatch”と表示されていたことを修正
 ・ Default System Settingsを使用した際にいくつかの項目を正確にリセットするよう修正
 ・ Combat Trainingのマップ変更メニューでキーボードの矢印キーを使って通常マップとDLCマップを切り替えられるようになった
 ・ UAVがアクティブな場合、killstreakメニュー(爆撃箇所の指定時など)にレーダーの走査が表示されるようになった
 ・ “Settings”の“Multiplayer options”にプレイヤーのエンブレムを無効化するオプションを追加
 ・ Clipを観ている際、ゲームへの招待を承認した場合にクラッシュする問題を修正
 ・ 様々なExploitの修正
 ・ MODサーバがチートを利用可能に
 ・ MODに制限リストからdvarとcommandを取り除く機能を追加、これによりMODはユーザーにアクセスさせたくないdvarを削除可能。制限リストの上限は256に増加


< 2011/5/27 > 
■ パッチ1.09の修正項目
 ・ 来るツールリリースに向けたMODサポートの追加
 ・ マルチプレイヤーとゾンビモードの様々なExploitを修正
 ・ マルチプレイヤーのメモリ使用量を改善
 ・ サーバブラウザのDLC用フィルタを拡張し、所有しないマップを実行するサーバを全て隠すことが可能に
 ・ まれに武器上のエンブレム或いはクランタグの買い直しを要求する問題を修正
 ・ プレイヤーがゾンビモードへの招待を受けられないケースの問題を修正
 ・ Wager MatchのGun GameにおけるRPGとGrim Reaperを交換
 ・ ナパームと爆撃の屋内で受けるダメージを調整
 ・ まれに発生していた不死身の問題を修正
 ・ Demolitionの爆弾が爆発と解除が同時に行われる問題を修正
 ・ One in the chamber中にSpy planeが常に有効になるよう調整
 ・ “Steady Aim”perkの“Sprint Kills”チャレンジ達成に必要な達成数を正確な数に修正
 ・ Hackerが破壊されたCamera Spikeを所有する状態で、まれに別のCamera Spikeが正常に機能しない問題を修正
 ・ Clipの録画時にSpeed mode用に2台のカメラをセットし、1台のカメラを前後に移動した場合にスピードが上昇する問題を修正
 ・ シアターモードで見られるZiplineの機能性を改善
 ・ カスタムゲームの設定が全てクリアされ、別のカスタムマッチに設定を持ち越さないよう設定
 ・ Nova gasが自身のTactical Insertion上に立つプレイヤーにも影響するよう修正
 ・ Hardcoreゲームにおいてセカンドチャンス状態で味方をキルした場合に適切にポイントを失う様修正
 ・ Gunshipが撃墜された直後にChopper Gunnerを呼び出した際に、Chopper Gunnerの有効時間が早まる問題を修正


< 2011/4/23 > 
■ パッチ1.08の修正項目
 ・ Wager MatchのOne in the Chamberで2人のプレイヤーが残る場合、常にレーダーがアクティブになる
 ・ 全てのゾンビマップにおける壁の武器購入でPack-a-Punch ammoの情報が可視化される
 ・ Action Report後にChallengesが表示されなかった問題を修正
 ・ ゾンビモードのペンタゴンマップでZombie Thiefのターゲットの接続が切断された場合にZombie Thiefがフリーズする問題を修正
 ・ 様々なバグ利用を修正
 ・ サーバ情報画面で間違ったゲームタイプが表示される問題を修正
 ・ サーバブラウザのDLCマップを隠すフィルタがその他のセッティングと同様configに保存される
 ・ 全マップの投票メニューがアップデート
 ・ 予約スロットが無いサーバが予約済みスロットのキックを引き起こす問題を修正
 ・ Dedicatedサーバにスナイパー用の設定項目を追加
 ・ 武器アンロックが間違ったアイコンで登場する問題を修正
 ・ 3D stereo時における味方の名前を正確に描画するよう修正
 ・ ゲームプレイ中、或いはフィルム再生中に発生するいくつかのクラッシュを修正
 ・ 安定性の追加改善


< 2011/3/26 > 
■ パッチ1.07の修正項目
 ・ ゾンビモードのマルチプレイヤーとDedicatedサーバの安定性改善
 ・ 休止状態のクライアントがキックされた時に発生するサーバのひっかかりを修正
 ・ 第1弾DLC用のサーバブラウザを追加
 ・ クイックマッチは所有する地図だけを利用するサーバを優先的に選ぶ
 ・ マルチプレイとゾンビモードの様々な”Exploit”を修正
 ・ シアター編集モードにドリーカムを追加
 ・ 最近行ったゲームのフィルムを適切にセーブするよう信頼性を改善
 ・ ゾンビモードの接続性を改善
 ・ JammerにCounter Spy-Planeの効果を無効化する能力を追加
 ・ プレイヤーが敵をSecond Chanceにし、相手が死ぬ或いは”Coward’s Way Out”(Useキー長押し)した場合のクレジット加算を正常に修正
 ・ プレイヤーには仲間の装備品のヒットマーカーを表示しないよう修正
 ・ Chopper GunnerとGunshipを使用する間にクラスが変わってしまう問題を修正
 ・ Ninja perkを使用する場合にプレイヤーの移動音を無効に
 ・ マッチ開始時のChina Lakeを利用した”Spawn Tube”を行えないよう修正
 ・ BombのPlants/Defuses時のオーディオレベルを微調整
 ・ ヘッドショット時の”音”が聞こえる様になった
 ・ Hardline Proを利用した再抽選はケアパッケージのみ可能に、他のkillstreakドロップには適用できないよう修正
 ・ 観覧モードで他の選手を見る場合に正しくないPerkが表示される問題を修正
 ・ RC-XDを調整
 ・ キルされた直後にChopper GunnerとGunshipを呼び出すことが出来る問題を修正
 ・ マルチプレイヤーとゾンビモードのスコアボードに様々な改善を適用


< 2011/2/19 > 
■ 修正項目
 ・ 今後登場予定のNvidiaドライバーとの互換性におけるShader Warmingのfix
 ・ 追加の安定性改善
 ・ ゾンビモードの"Five"と"Dead Ops Arcade"が最初からアンロックされるように変更された。


< 2011/2/8 > 
■ パッチ1.06の修正内容
 ・ 1.05以前に作成されたfilmとの後方互換性
 ・ いくつかの状況でプレステージ後に購入武器が残る問題を修正
 ・ サーバを離れ、別のサーバにジョインする際に前のサーバのマップを示していた問題を修正
 ・ サーバ上の複製プレイヤー名を”Unknown Soldier”からプレイヤーネーム+スロット番号に変更
 ・ Demolitionmマッチ中の”Auto-balancing teams”オプションが、防御側プレイヤーのリスポーン時に
   ”Bomb”持ち状態で復活する可能性があった事を修正
 ・ ShaderWarmingの速度の少し向上
 ・ “One In The Chamber”時にdemoclientを生存プレイヤーとして数えない様修正
 ・ 互換性を持つGPU用に16xAAメニューオプションを追加
 ・ 更なる安定性向上


< 2011/1/21 >
■ 修正項目
 ・ 特定のシステムで発生するオーディオのシャッタリングを修正
 ・ 時折プレイカードが適切に表示を行わない問題の修正
 ・ 3種類のプライベートマッチサーバ設定を追加、Team ChangeとTeam-Up Period、Keep Balanced Teamsの3種
 ・ SettingsとMultiplayer、Player名インジケータにアクセシビリティを目的にした代替カラースキームを追加
 ・ Team-Upの終了カウントダウンインターバルを10秒に変更
 ・ コンバットトレーニングでのセッションはサーバブラウザのUnrankedタブにはカウントされない様変更
 ・ チームに存在するフレンドはミニマップ上で青色で表示される
 ・ 様々なexploits(バグ利用など)の予防
 ・ オブジェクティブのマーカーを全ての言語の為にローカライズ
 ・ 様々な安定性の向上

■ サーバツールの改善
 ・ 新しい”invalid password”サーバーレスポンスを認識


< 2010/12/15 >
■ 修正項目
 ・ 2コアCPUのみを搭載するコンピューターでのスレッディングパフォーマンスを改善
 ・ 新たなパフォーマンスの最適化を追加
 ・ ロード時間の間にシェーダーを予めキャッシュするオプションを追加、これによりマップの新しい
   エリアを最初に描画する際にいくつかのビデオカードで発生していた”引っかかり”を修正(※)
 ・ 特定のあるコンピューター構成でランダムに発生していたフリーズを修正
 ・ ランクサーバにおけるアンバランスなチーム構成時のチーム変更を可能に(サーバAdminオプション)
 ・ マッチ開始時にチーム変更可能な時間を許可(サーバAdminオプション)
 ・ 4つの予約スロットを追加(サーバAdminオプション)
 ・ /connectを追加
 ・ クイックマッチの結果を改善(※ サーバ側の改善)
 ・ “Combat Record”からのフィルム閲覧を修正
 ・ compassSpectatorsSeeEnemiesの脆弱性を修正
 ・ 3人称視点FOVの脆弱性を修正
 ・ サプライドロップが無限に得られる脆弱性を修正(※ ケアパッケージグリッチ)
 ・ stereoがアクティブな場合に発生する照準がブレる現象を修正
 ・ 様々なスポーンの改善
 ・ 様々なサウンドの改善
 ・ Zombiesでチームメイトの影描写が正しく行われない問題を修正
 ・ One in the Chamberモードでのレーダー表示を状況に合わせ修正(※ 2人のプレイヤーしか存在し
   ない場合にレーダー走査の機能が停止される事を指していると思われます)
 ・ Dominationマッチに発生していたPosition Secured medalの遅延を解消
 ・ Hardened用チャレンジの”Equipment Shot”はCamera Spikeの破壊でも完了可能に
 ・ ファイナルキルカメラのカクカクした挙動を修正
 ・ 複数のマップに存在したグリッチを修正
 ・ 週間/月間のスコアボードが全てのキル・デス・アシストを集計を適切な物に(All Time leaderboards
   はこれに影響を受けていませんでした)
 ・ “Mixed Hardcore”のプレイリストを追加
 ・ “Mixed Barebones”のプレイリストを追加
 ・ 全てのプレイリストに12プレイヤーバージョンを追加

■ Rcon(サーバ側の修正)
 ・ タイムアウト値を縮小、コネクト及びコネクト失敗が高速に
 ・ ランクと非ランクサーバの全てのホワイトリストされたdvar値を追加、Adminは全ての利用可能な
   dvar値にリモートアクセスが可能
 ・ ランクサーバにセッティングとコンソールタブを追加
 ・ 新サーバに接続する際に”Server”タブが更新されないバグを修正
 ・ タイトルバーにバージョン番号の表示を追加
 ・ 別のサーバにスイッチした際にUI stateが持ち越されなかったバグを修正
 ・ “disconnect”ボタンを追加
 ・ マップの”set”がadmindvarを使用しない様修正
 ・ フロートさせる為に全てのフロート可能なdvar値を変更(これらのほとんどはtime-typeのdvar値)
 ・ Message Duration値を”0″に設定した際の例外エラーを修正
 ・ 全てのメッセージフィールドを140文字に切り詰め

(※)2010/12/15のパッチで、オプションのグラフィック設定に「Shader Warming(日本語字幕版:シェーダ)」
   の項目が追加されました。 これをオンにすると、ロード時間中に全てのシェーダのプリキャッシュを行い、
   マップのエリアを初めて視界に入れた際に一部ビデオカードで発生する、シェーダのコンパイルに関連
   した"引っかかり"を修正します。当然ながらオンにすると最初のマップロード時間は長くなります。


< 2010/11/20 >
■ マルチプレイパッチ詳細
 ・ CPUパフォーマンスの更なる改善
 ・ サーバブラウザのバグ修正とリスト表示の速度改善、完全なリフレッシュの頻度を低下させた
 ・ 99人以上のフレンドを持つプレイヤーがスコアボードを閲覧する際のクラッシュを修正
 ・ shift-TAB押しでSteamオーバーレイを表示した後にADSがロックされる問題を修正
 ・ スナイプ時に発生するシフトキー押下時のADSを修正(注記:シフトキーを押しながらスナイプ可能になりました)

■ シングル及びゾンビモードパッチ詳細
 ・ CPUパフォーマンスの改善
 ・ ゾンビモードのマッチメイキング機能を改善
 ・ shift-TAB押しでSteamオーバーレイを表示した後にADSがロックされる問題を修正
 ・ スナイプ時に発生するシフトキー押下時のADSを修正(注記:シフトキーを押しながらスナイプ可能になりました)




CoD:BO マルチプレイ Tips
----------------------------------------------------

マルチプレイ 国内サーバー情報

 現在日本で稼動しているサーバーの情報やIPアドレスは下のサイトから調べられます。
  Game Tracker :
http://www.gametracker.com/search/blackops/JP/
  Game-Monitor.com : http://www.game-monitor.com/ (未対応?)
  GyaASE : http://d3.jpn.org/gyaase/ (未対応)



Steamコミュを活用する

 ・ パッケージ、ダウンロード、各国ローカライズ版を問わず、すべてのPC版は
Steamworksの導入が必須になる。
   Steamを介してアップデートが自動になる他、フレンド機能、実績、コミュニティ機能が提供される。
 ・ Steam cloudによりプレイヤーのプロファイルと設定はサーバ上に保存され、ネット上のどこからでもアクセスできる。

 <Steamコミュニティに参加する>
  Steamコミュニティに参加して自分用のプロフィールを作ってみよう。
  Steamコミュニティ : https://steamcommunity.com/ ・ language=japanese

 <SteamのMW2グループに参加する>
  コミュニティに参加したら、SteamのCoD:BOグループに参加してみよう。 ゾンビCo-opを一緒にプレイしてくれる
  相棒が見つかるかも。 下のサイトからSteamコミュニティにログインして参加する。

 <SteamのCoD:BOグループ>
国内グループ
Call of Duty : Black Ops Japan (BOJP) 登録者500人を超える国内最大グループ
雑談用IRCチャンネル
friend系 #BlackOps_zatudan
http://steamcommunity.com/groups/BOJP
call of duty:2ch (COD:2ch) 2ちゃんねる住民募集用コミュ
ゾンビなんかをプレイする時に便利だと思うので宜しくお願いします。 基本的にスレ、コミュで呼びかけ→時間にチャットで打ち合わせが基本的な流れだと思う。 ゾンビをやるフレンドが無い、って人にお勧め。
http://steamcommunity.com/groups/cod2ch
Black Ops Jp (-BOJP-) ブラックオプス攻略ガイド http://www.blackops.jp/ のコミュニティ http://steamcommunity.com/groups/blackopsjp
海外グループ
Call of Duty: Black Ops 海外版の公式グループ 準備中
 
 
 <プレイ中にSteamオーバーレイを呼び出す>
  1) Steamが起動しているWindows画面で、タスクバーの”Steam”アイコンを右クリック → ”設定” → ”ゲーム中” →
    ”ゲーム中にSteamコミュニティを有効にする”にチェックを入れる。

  2) BOプレイ中に”Shift+Tab”キーで”Steamオーバーレイ”を呼び出す。

 <プレイ中に他のプレイヤーにフレンド登録を申込む>
  ”プレイヤー” → ”プレイヤーリスト - 最近のゲーム” → ”SteamID ページ” → ”フレンドに追加”



デディケイテッドサーバーの有料レンタルについて

 ・ Call of Duty: Black Ops PC版のデディケイテッド・サーバーは、鯖管がGameServers.comから月額課金でレンタルし、
   参加者は無料でそこに接続する形になる。 レンタルサーバーは世界18ヶ所を対象に販売が行われ、アジアでは唯一
   日本の東京が対象エリアに入っている。

   - GameServers.com Topページ
   GameServers.com - CoD:BO レンタルサーバー :
http://www.gameservers.com/blackops/
   [したらばBBS] Call of Duty鯖情報 (鯖管の情報交換所) : http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/10651/1289450703/
   BATTLEFIELD BC2 で有料サーバをレンタルする手順とか : http://fpssyndrome.com/modules/bsngaming/
   [nGamer.jp] Call of Duty : Black Ops Server 登録編 : http://ngamer.jp/?p=438


< レンタル料金 >
  最大参加人数 料金体系 ボイスチャット 備考
ランクサーバ 18人(固定) 月額: $14.95 月額: $3.50 XPとCPを獲得できる。 最大参加人数やゲームルールの変更は制限される。 鯖パスワードは設定不可。
非ランクサーバ 10〜24人 月額: $0.99ドル×参加人数
(最小の10プレイヤーでは$9.95
最大の24プレイヤーでは$23.76)
なし XPとCPを獲得できない。 最大参加人数やゲームルールを細かく設定することが可能。 鯖パスワードは設定可。
 
 ・ サーバはランクサーバーと非ランクサーバーの2タイプで、価格はランクサーバが月額14.95ドル(18人プレイに対応)、
   非ランクサーバーは対応人数が10人から24人まで選択可能で、一人あたり0.99ドル。(※ 非ランクサーバーの契約は
   最低10人から、ボイスサーバ無し、0.99ドル×10プレイヤーで月額9.95ドル、最大の24プレイヤーでは23.76ドル)

 ・ 複数月をまとめて契約すればそれに応じた割引も用意されている。
   3ヶ月契約 5%off / 6ヶ月契約 10%off / 12ヶ月契約 15%off

 ・ 非ランクサーバで鯖管が設定を変更できるもの :
   各ゲームモードの設定、Perk、キルストリーク、クラスの有無を設定、武器の制限、最大参加人数変更など。

 ・ 今後インスタントアクティベートが実装予定で、サーバーセットアップ料金は不要、5日間の返済保証があり、サーバーが
   アクティブになるまで実際の支払いは発生しない。 支払い方法は、クレカ、PayPal、小切手、郵便為替。


   317 名前:UnnamedPlayer[sage] 投稿日:2010/11/09(火) 15:31:12 ID:YwQyWD9S [11/11]
   >>297
   いや、主な問題は
   ・サバ管の俺がまだゲームできないのに俺の金でどっかの誰かが遊んでやがる。
   ・しかも支払いはすでに発生してる。
   ・ランクサバでできることが少なすぎる
     プレイヤー管理と現在のマップモードとゲームモードを変更することだけで、
     独自にマップローテーションがくめない。
     言い換えれば、サバ管が手を加えない限りそのサバは永遠にひとつのゲームモード  
    S&Dで何本専守とかCTFでいくらとったら勝ちとかそういうのもできない。
    ・名前とサバ名に[,],|が使えない。使うとゲーム内で消えて左に詰められる。 A[|]B→AB

   604 名前:UnnamedPlayer[sage] 投稿日:2010/11/10(水) 03:32:50 ID:2XRzsNRv
   ランク鯖借りて分かったこと
   ・マップのローテーションは設定出来ない
   ・ルールのローテーションも設定出来ない
   ・設定が可能なのは、テンプレとして用意してある基本ルールと鯖の名前くらい
   ・基本ルールには賭けのルールは無い(賭けは公式鯖限定?)
   ・鯖を再起動すると設定に関係無く最初はTDMになる

   322 名前:UnnamedPlayer[sage] 投稿日:2010/11/11(木) 00:45:22 ID:y/W7x4FN [2/2]
   >>319
   不具合なのかマップも変更できないw
   デフォルトで用意されてるルールリストから選ぶだけ、一見マップとルール個別に変更できると見せかけて変更されない変体仕様中


< ボイスチャット用サーバーのレンタルについて >
 ・ ボイスチャット用サーバーは別料金になる。 MumblaやTeamspeak、Ventrilo等のプラットフォームと対応プレイヤー
   (スロット)数など豊富に選択する事が可能。

   465 名前:UnnamedPlayer[sage] 投稿日:2010/09/29(水) 09:08:18 ID:M6LgI9m8 [2/2]
   あらかじめ鯖借りたんだけど、これから借りようとしてる人に忠告
   VC鯖を一緒に借りますか?って内容があるけど、Noにしといたほうがよさげ
   なぜなら、ゲーム内のVCを貸すんじゃなくて、ただ単にゲーム外でのVC鯖を貸すだけみたい
   これなら秘密基地やWithgod鯖を借りた方がイイっぽいね
   これで3ドル50セント…いい教育でした


< サーバ有料レンタルのメリット・デメリットについて >
 ・ 無料でデディ鯖を公開しない理由についてTreyarchは「不正、チート対策をふまえCODタイトルの名を汚さないため
   GameServers.comと独占契約し品質を保つ」と述べているが、同時にプライベートサーバーによるLAN接続廃止も
   名言しており、不正コピー品によるマルチプレイの防止対策が本命なのは間違いないと思われる。

 ・ ちなみに同じレンタルサーバー方式を取っているBFBC2のPC版だが、チートが完全に排除できている訳ではない。
   また、GameServers.comが一つのサーバマシンにいくつの仮想サーバを割り当てるかで快適さが違ってくるので、
   人気タイトルだけに申し込みが集中した場合、繋がりにくくなる可能性が十分にあることも考慮しておく必要がある。
   当然のことながら、GameServers.comとプロファイルを管理するSteamworksのサーバがダウンやメンテしてる間は
   マルチプレイを行えない。

 ・ メリット面としては、個人で24時間サーバを運用した場合に掛かる専用PCと電気代、プロバイダー費用を考えれば、
   月額2000円程度の出費はむしろ安上がりと言えるかもしれない。 また、ポート開放制限や貧スペックなど環境の
   問題で今までサーバを立てられなかった人も気軽に参加できるという利点もある。
   料金も、BFBC2の[16人@月-2,880円 36人@月-5,760円]と比べると、良心的な価格設定だと言えるかもしれない。



シングルキャンペーン・マルチプレイの細かい設定を変更する

   ”config.cfg(シングル・ゾンビ)”、 ”config_mp.cfg(マルチ)” をワードパッドで開いて、以下の命令文の
   数値を変更して保存します。
   ”config.cfg”、 ”config_mp.cfg” の設定をデフォルトに戻したい時は”cfg”ファイルをフォルダから削除すれば
   次回起動時に初期設定の数値で自動的に新しく生成されます。
   関連サイト:
CoD:BO cfgのコマンド一覧 (レンダー関係に関して英語での簡単な解説あり)
  

 bind2 W "cg_fov 80"
 seta cg_fov_default "80"
 seta monkeytoy "0"
 シングルとゾンビモード(ソロ)のFOV(視野角)を変更する (標準値 = 65, 1)
 「bind2 W "cg_fov 80"」は、この一文を"config.cfg"ファイルに追記します。
 これらの設定でシングルとゾンビモード(ソロ)の視界を広く取ることができます。
 ゾンビモードのCoopプレイに関してはこの命令が効かないようです。 現在調査中。

 seta cg_fov_default "80"
 マルチプレイのFOV(視野角)を変更する (最大値 = 80, 標準値 = 65)
 マルチプレイのFOV変更はメニュー画面→セッティングからも設定できます。

 bind MWHEELDOWN "lowerstance"
 bind MWHEELUP "raisestance"

 マウスホイールの下回転で、姿勢を 「立ち → しゃがみ → 匍匐」 に切り替え。上回転でその逆に。
 マウスホイールで姿勢を変えないのなら変更する必要はありません。 (シングルのみ、マルチでは反映されない)

 bind - "say hi"
 bind ^ "say bye"
 bind END "say_team ^5heal me"
 bind PGUP "say_team ^5Thanks!"
 bind PGDN "say_team ^5Sorry!"
 「-」キーで「hi」、「^」キーで「bye」と全体チャットで発言する。
 「End」 : heal me / 「蘇生してくれ」
 「Page UP」 :  Thanks / 「ありがとう!」
 「Page Down」 : Sorry / 「すまない!」とチームチャットで発言する。
 「bind X say」命令はマルチプレイのみ有効。 シングル、ゾンビモードのCoopプレイでは反映されない。

 seta ai_corpseCount "5"
 同時に表示する死体の数 (最小 = 3, 最大 = 16, 標準値 = 5)
 FPSにやや影響します。

 seta cg_blood "1"
 血飛沫を表示する (非表示 = 0, 標準値 = 1)
 よほどの低スペックでない限り、オフにするメリットはないと思われる。

 seta cg_brass "1"
 薬きょうの排出を表示する (非表示 = 0, 標準値 = 1)
 よほどの低スペックでない限り、オフにするメリットはないと思われる。

 seta cg_cursorHints "4"
 「”F”キーで武器を拾う、爆弾を設置する」 ヒントを表示する (非表示 = 0, 標準値 = 4)

 seta cg_drawBreathHint "0"
 seta cg_drawHoldBreathHint "0"
 狙撃ライフル使用時に 「”Shift”キーで息を止める」 ヒントを表示する (非表示 = 0, 標準値 = 1)
 操作を覚えればジャマなだけなので消してもよい。

 seta cg_drawLagometer "0"
 画面右下にラゴメーターを表示する (非表示 = 0, 画面右下 = 1, 画面右上 = 2, 標準値 = 0) (マルチプレイのみ)
 オンにするとなぜかシアターモードの再生時だけ表示される。 実質役に立たないのでオフ推奨か。

 seta cg_drawMantleHint "1"
 「”Space”キーで障害物を乗り越える」 ヒントを表示する (非表示 = 0, 標準値 = 1)

 seta cg_drawTurretCrosshair "1"
 据付型機関銃の十字照準を表示する (非表示 = 0, 標準値 = 1)

 seta cg_fov_default_thirdperson "60"
 観戦者視点、シアターモードでの三人称視点のFOV(視野角)を変更する (標準値 = 40) (マルチプレイのみ)
 2010/12/15のパッチで上限値が"80"から"60"に引き下げられました。

 seta cg_marks "1"
 seta cg_marks_ents_player_only "0"
 弾痕を表示する (非表示 = 0, 標準値 = 1)
 プレイヤーが撃った銃の弾痕のみ表示する (適用する = 1, 標準値 = 0)
 切ってもFPSにはあまり貢献しないです。

 seta cg_mature "1"
 残虐表現の許可 (残虐表現を規制する = 0, 標準値 = 1)(シングルのみ)
 "0"に設定すると、出血、身体欠損などの残酷表現、イベントシーンでの拷問などの暴力表現を規制します。
 スクエニ日本語版の場合は標準で身体欠損などの規制がされていますが、これを"0"に設定することで
 敵を撃っても血が出なくなるなど、規制がさらに強化されます。

 seta cg_subtitles "1"
 seta cg_subtitleMinTime "4"
 seta cg_subtitleWidthStandard "360"
 seta cg_subtitleWidthWidescreen "480"
 字幕の表示 (非表示 = 0, 標準値 = 1)
 字幕の最小表示時間 (秒/標準値 = 3)
 字幕が改行する最小横幅。(4:3スタンダード, 標準値 = 360ピクセル)
 字幕が改行する最小横幅。(ワイドスクリーン, 標準値 = 520ピクセル)
 日本語版で解像度によっては字幕が切れてしまう場合があるようです。 その場合は最小横幅の数値を
 少し(ワイドで480くらいに)減らしてみてください。

 seta cg_youInKillCamSize "6"
 キルカメラの"YOU"アイコンの大きさ (標準値 = 11) (マルチプレイのみ)

 seta cl_maxPing "200"
 ランクサーバーのマッチメイキング時の上限Ping値 (標準値 = 800) (マルチプレイのみ)

 seta com_maxfps "125"
 最大FPS値を指定する (指定しない = 0, 標準値 = 85)
 上の一行をConfigに追記すると最大FPS値を指定することが出来ます。
 「CoDエンジンはFPSが125の場合、もっともジャンプの飛距離が出る」という報告が出ています。
 「seta r_vsync "1"」になっていると最大FPS値はモニターのリフレッシュレートと同期されます。

 seta gpad_enabled "0"
 ゲームパッドを使用する (使用する = 1, 標準値 = 0)
 Xbox360コントローラーのみ対応、PC用だけでなくXbox360用コントローラーも接続可能、
 キーヒントも正しく表示される、非公式ドライバは動作不可。

 seta hud_fade_ammodisplay "0"
 seta hud_fade_compass "0"
 seta hud_fade_offhand "0"
 武器を切り替えたあと、武器名と残弾数をフェードアウトさせるまでの秒数 (常に表示 = 0, 標準値 = 8)
 視点移動を止めたあと、コンパスをフェードアウトさせるまでの秒数 (常に表示 = 0, 標準値 = 8)
 武器を切り替えたあと、残りグレネード数をフェードアウトさせるまでの秒数 (常に表示 = 0, 標準値 = 8)
 これらの数値を"0"にすることで武器情報を常に表示させておくことができます。 残弾数、予備弾数を
 常に確認できるので戦闘で優位に立てるかも。 あとは武器名を早く覚えたい人向け。

 seta m_filter "0"
 スムーズマウスを有効にする (適用する = 1, 標準値 = 0)
 マウスの動きの始めと終わりを滑らかにする。 対戦ではオフ推奨。

 seta monkeytoy "0"
 コンソールを有効にする (有効にする = 0, 標準値 = 1)
 シングルプレイの場合、"0"に設定して任意のキーをbindするとコンソールを有効にできます。

 seta name "Unknown Soldier"
 プレーヤーネームを変更する。
 最小4文字以上必要、ハイフォンやコンマなどの記号は使用不可。
 シングル設定ではゾンビモード、Dead Ops Arcadeでのプレイヤーネームになる。

 seta r_aaSamples "8"
 アンチエイリアスの倍率 (AAなし = 1, ×2 = 2, ×4 = 4, ×8 = 8, ×16 = 16)
 PCスペックが低めの人はなしを推奨。 高スペックの場合16xかけたほうがGPUが仕事をしてFPSが安定する
 という報告も。 BOの場合アンチエイリアスを切ってもなぜかFPSはあまり向上しません。

 seta r_blur_allowed "0"
 seta r_motionblur_enable "0"
 モーションブラーを有効にする (適用しない = 0, 標準値 = 1)
 PCスペックが低めの人はオフを推奨。 スレでこれがアシを引っ張ってるという指摘あり。

 seta r_displayRefresh "60 Hz"
 モニターのリフレッシュレートを指定する (標準値 = 60)

 seta r_distortion "0″
 マズルフラッシュや爆発、炎による空気の歪み(ひずみ)表現 (適用しない = 0, 標準値 = 1)
 発砲や爆発でカクつく感じの人はオフを推奨。 FPSにそこそこ影響します。

 seta r_dof_enable "1″
 被写界深度を有効にする (適用しない = 0, 標準値 = 1)
 オンにすると、照準を覗いた時に手前のピントをぼかします。
 切ってもFPSにはほとんど貢献しないです。

 seta r_drawdecals "0"
 seta r_drawfog "0"
 seta r_drawsun "0"
 デカールの表示 (非表示 = 0, 標準値 = 1)
 フォグの表示 (非表示 = 0, 標準値 = 1)
 太陽の表示 (非表示 = 0, 標準値 = 1)
 BOのコンフィグには記載されてないが、オフにするとFPSが上がるかもしれないエフェクト群。
 cfgファイルに追記することでFPSの向上が期待できる、かも。

 seta r_flame_allowed "1"
 炎の表示 (非表示 = 0, 標準値 = 1)
 マルチプレイではナパーム攻撃のダメージ範囲が見えなくなるのでオン推奨。

 seta r_fullscreen "1"
 フルスクリーン表示 (ウィンドウ表示 = 0, 標準値 = 1)

 seta r_gfxopt_dynamic_foliage "0"
 seta r_gfxopt_water_simulation "0"
 草木の動きを有効にする (無効にする = 0, 標準値 = 1)
 水面描写シミュレーションを有効にする (無効にする = 0, 標準値 = 1)
 PCスペックが低めの人はオフを推奨。

 seta r_glow_allowed "1"
 Glow(HDRエフェクト/光のにじみ)を有効にする (無効にする = 0, 標準値 = 1)
 FPSにやや影響します。

 seta r_multiGpu "0"
 マルチGPU(SLI、VGA二枚差し)を有効にする (無効にする = 0, 標準値 = 1)
 シングルGPUでもオンにするとFPSが改善するという説もあり。

 seta r_multithreaded_device "1"
 マルチスレッド対応CPUを有効にする (有効にする = 1, 標準値 = 0)
 BOの重さの原因は、C2D、C2QなどのマルチコアCPUへの最適化不足という説が有力です。 スレではマルチコアでも
 この設定をオフにした方が安定するというレスと、オンにしたらFPSがアップしたというレスが両方あります。
 2010/12/15にマルチコアCPU(C2D)とGPU最適化を含む新パッチが来ましたが、これと「r_multiGpu」については
 どの設定が有効かいまだに議論が続いています。 自身のPC環境でプレイしてみて判断するのがいいでしょう。

 seta r_rendererPreference "Shader model 2.0"
 シェーダーモデルのバージョンを指定する (標準値 = Default)
 PCスペックが低めの人は2.0を推奨。 BOは3.0くらいかな。 この設定が本当に有効かどうかはかなり微妙。

 seta r_picmip "0"
 seta r_picmip_manual "1"
 テクスチャー解像度 (最高 = 0, 高 = 1, 低 = 2, 最低 = 3)
 テクスチャー解像度の設定を自動化 (自動化しない = 1, 標準値 = 0)
 VGAのビデオメモリ容量に影響します。
 CoDエンジンはテクスチャー解像度を上げ、その代わりエフェクト系を切ったほうがキレイに見える様です。

 seta r_specular "1"
 スペキュラマップ(銃やヘルメットなどの照かり)を有効にする (無効にする = 0, 標準値 = 1)
 切ってもFPSにはあまり貢献しないです。 切っても画面は変わらないように見えるけど・・・

 seta r_shaderWarming "0"
 ロード時間中に全てのシェーダのプリキャッシュを行う (有効にする = 1, 標準値 = 0 / 2010.12.15のパッチより追加)
 マップのエリアを初めて視界に入れた際に、一部ビデオカードで発生するシェーダのコンパイルに関連した"引っかかり"
 を修正します。 当然ながらオンにするとマップロード時間は長くなります。 特に不具合のない人はオフ推奨。

 seta ragdoll_enable "1"
 seta ragdoll_max_simulating "8"
 死体に物理演算を適用する (無効にする = 0, 標準値 = 1)
 死体に物理演算を適用した場合のシミュレーション度 (標準値 = 16)
 切ってもFPSにはあまり貢献しません。

 seta r_mode "****x****"
 画面解像度を指定する (標準値 = 1024×768)
 リモートデバッガー用の変則的な解像度で表示したいときは「seta r_customMode」で指定します。
 画面解像度はFPSにもっとも影響します。 液晶モニタの場合、モニタの1by1から一段階低い解像度に設定すると
 アンチエイリアスに頼らない天然のぼかし効果が期待できます。

 seta r_vsync "0"
 FPSとモニターのリフレッシュレートを同期させる (適用しない = 0, 標準値 = 1)
 オンにすると最大FPS値がモニターのリフレッシュレートの数値に設定されます。 オフ推奨。
 オフにするとマウスのもたつきが解消されたという報告あり。

 seta r_zfeather "1"
 煙エフェクトのエッジを滑らかにする (適用しない = 0, 標準値 = 1)
 PCスペックが低めの人はオフを推奨。
 FPSにやや影響します。

 seta sensitivity "5.0"
 seta cl_mouseAccel "0.02"
 マウスの感度を設定する (標準値 = 5)
 マウスの加速度を設定する (標準値 = 0)
 加速度を上げると精密射撃の正確さは落ちますが、よりスポーティーな視点移動ができる、かも。

 seta sm_enable "1"
 影を表示する (表示しない = 0, 標準値 = 1)
 PCスペックが低めの人はオフを推奨。 FPSにそこそこ影響しますが、切ると雰囲気が半減します。

 seta sm_maxLights "4"
 同時処理する光源の最大数 (標準値 = 4)
 PCスペックが低めの人は下げ推奨。 FPSにやや影響しますが、切ると雰囲気が半減します。

 seta compassFriendlyHeight "10" (標準値 = 18.75)
 seta compassFriendlyWidth "10" (標準値 = 18.75)
 seta compassObjectiveArrowHeight "12" (標準値 = 20)
 seta compassObjectiveArrowWidth "12" (標準値 = 20)
 seta compassObjectiveIconHeight "12" (標準値 = 20)
 seta compassObjectiveIconWidth "12" (標準値 = 20)
 seta compassPlayerHeight "10" (標準値 = 18.75)
 seta compassPlayerWidth "10" (標準値 = 18.75)
 ミニマップ上の味方と自分、救急アイコンを2/3に小さくする (マルチプレイのみ)
 ミニマップ上のアイコンが重なって見にくいという人は変更してください。

 seta waypointIconHeight "20" (標準値 = 36)
 seta waypointIconWidth "20" (標準値 = 36)
 プレイヤー画面のオブジェクトアイコンを小さくする (ゾンビCo-op、マルチプレイのみ)
 オブジェクト・アイコンは射撃・索敵のジャマなのでcfgに追記推奨。 "20"くらいがおすすめ。

 seta cl_maxpackets "100" (標準値 = 30)
 seta cl_packetdup "0" (標準値 = 1)
 seta snaps "40" (標準値 = 20)
 seta rate "25000" (標準値 = 25000)
 光回線用ネットワーク設定 (ゾンビCo-op、マルチプレイのみ)

 seta cl_maxpackets "32" または "62" (標準値 = 30)
 seta cl_packetdup "1" (標準値 = 1)
 seta snaps "20" または "30" (標準値 = 20)
 seta rate "25000" (標準値 = 25000)
 ADSL用ネットワーク設定 (ゾンビCo-op、マルチプレイのみ)
 ネットワーク設定を最適化する Ping値が改善されるかも。 ただマルチで起こるカクつきは通信環境よりも
 鯖側に問題があるようなので、これで改善されるものでもないらしい。


<CoD:BO マルチプレイ Configツール>
 BOマルチプレイのConfigファイルの設定を行うツール。 OSによっては要Microsoft .NET Framework 4.0.3。
 上のConfig書き換えをツールとして行うだけですが、おまけ機能でPlayerCardのプレヴューも見れます。
 MW2のツールはかなり出来が良かったので今後のバージョンアップに期待。 動画
 Black Ops Configuration Utility : http://www.mapmodnews.com/filemgmt/index.php?id=250
 当サイトからDL →


<CoD:BO マルチプレイ 低スペックPC用Configファイル>
 http://www.geocities.jp/gensi/file/1290334263.zip
 512 名前:UnnamedPlayer[sage] 投稿日:2010/11/20(土) 20:33:38 ID:ONUoxVgu [9/12]
 >>498
 ttp://www1.puny.jp/uo/download/1290252655.txt

 ほい txt形式になってるけど、
 config_mp.cfgになおして使ってね
 あと名前の部分消してるので
 Ctrl+Fでname検索かけて自分の名前入れてください
 起動時になんかエラーっぽいのでるけど Noやらいいえやらせんたくしておいて

 これで軽くならなかったら俺はお手上げ。
 PCアクション板CoD:BOスレPart.27-512氏が調整したCoD:BOマルチプレイ用Configファイルです。
 DLした中にある「config_mp.cfg」ファイルを「players」フォルダに。 初回起動時にerrorを吐くので「いいえ」を選択。
 デフォルトに戻したい時は「cfg」ファイルを「players」から除外してCoD:BOマルチプレイを再起動すればOK。
 ZIPにはMW2用のコンフィグファイルも同梱されています。


<CoD:BO テンプレまとめ管理人のConfigファイル>
 http://www.geocities.jp/gensi/file/redbear101204_config.zip (2010.12.4版/画像/動画
 管理人の設定ファイルです。 スレでFOVが変更できない人がいる様なので参考までに。
 プレイヤー名、コントロールキー設定などはそのままなので、各自で設定し直して下さい。
 PCスペック: OS: Win7Pro / CPU: C2Q Q9550@2.83GHz / メモリ: 4GB / VGA : nVidia GTX260 VRAM 896MB



マルチプレイでDemoを録画する

 CoD:BO PC版には、自分の視点をビデオの様に録画して後で再生できるDemo機能があります。
 自身の立ち回りを後から検証したり、他のプレーヤーの動きを参考にしたりするのに役立ちます。
 他のプレーヤーを観戦するには、サーバーに接続し、チーム選択画面になったらEscキーを押します。
 関連記事 :
【俺じゃぱ】Cod4デモの録り方

Demoの録画方法>
 ・ ”config_mp.cfg”をワードパッドで開いて、以下の命令文をコピー&ペーストしてください。

seta demo_start "record; set demo_tog vstr demo_stop"
seta demo_stop "stoprecord; set demo_tog vstr demo_start"
seta demo_tog "vstr demo_start"
bind BACKSPACE "vstr demo_tog"

 ・ 録画を開始/終了するときは”Back space”キーを押します。(任意のキーにも設定可)
 ・ DemoファイルはCoD:BOフォルダ内の”player”フォルダに”demo****”(****の部分は4桁の通し番号。0000〜)
  名で保存されます。

Demoの再生方法>
 ・ 再生する時はCoD:BOマルチプレイを起動させ、”Ctrl” + ”半角/全角”キーでコンソールを開いて

demo demo****

   と入力します。







 Topに戻る