歴 史 組 織 支 部 技 術 活 動商 標

宗家ブログリンクお問い合わせ 販 売行事予定

技 術

技術体系抜粋

1 基本
(1) 定置鍛錬法  その場突き、蹴り、受け
(2) 移動鍛錬法  追い突き、逆突き、追い突き蹴り、逆突き蹴り、蹴込み突き、受け5段
(3) 旋廻鍛錬法  手技の旋廻鍛錬法
              四方外受け、四方上げ受け、四方斜め受け、四方捕り受け
              四方正拳突き、四方鬼拳突き、四方硬拳突き、四方受け突き
              足技の旋廻鍛錬法
              四方蹴り、四方突き蹴り、四方2連突き蹴り
              肘技の旋廻鍛錬法
              四方前当て、四方外当て、四方回し当て、四方後ろ当て、
              四方下当て、四方突き当て、四方蹴り当て
2 業技        
(1) 基本業技   四方抜き、四方崩し、四方破り、四方突き分解
(2) 相対業技   1本組手、受5段組手、5段組手
             3段変化
             上段上げ3段変化、上段斜め3段変化、中段外3段変化
             中段内3段変化、下段払い3段変化
             5段変化
             上段上げ5段変化、上段斜め5段変化、中段外5段変化
             中段内5段変化、下段払い5段変化
             7段変化、浄円技法
3 形
(1) 基本形
    天位形、地位形、人位形、三才形、体位形、天位形分解、地位形分解
(2) 古流形
    ナイファンチ、ワンカン、バッサイ小、バッサイ大(祝嶺のバッサイ)
    公相君小、公相君大(祝嶺のクーシャンクー)

運足八法

運足八法とは、実技を行うために最も重要な体の移動を素早く合理的に行うための移動法であり
     送足(そうそく)、引足(いんそく)、加足(かそく)、減足(げんそく)
     交足(こうそく)、点足(てんそく)、追足(ついそく)、退足(たいそく)
という8種類を組合わせることにより行われる。
運足八法は、玄制流空手道だけでなく躰道においても最も重要な術技として受け継がれて
おり、躰道においては運足八法と運身八法の組合わせにより三次元の攻防が実践されている。

TOPへ