トピックス一覧へ    HOMEへ
SPEEDI(スピーディ)による放射能汚染予測結果(静岡県委託)
浜岡4号機で放射能を放出する事故が起きた場合のセシウム137の24時間積算値を試算
・静岡県が原子力安全技術センターへ委託
・2011年の1月〜12月の毎月1日の実際の気象条件のもとで試算
・放出放射能量を1ベクレル/時と仮定


 実際の放出量に応じて、すぐ換算できるようになっています。
 2月8日の報道では、年間を通して海上へ流れる傾向、10月のみ陸域へとしてありましたが、 実は4月も大変広く静岡県西部全域にわたっています。しかも10月より1ケタ程度大きくなっています。
なぜか当初は4月のデータだけ抜けていましたが、先ごろ追加されていたので、その4月の図を p4に掲載しました。


「静岡県の仮想計算図形」でネット検索すればアクセスできます。
一覧表の中の24番目が2011年4月1日の試算結果
ほかにヨウ素と希ガスの試算もあります(ほぼ同じ傾向)
■外部被ばくによる実効線量
日時=2011/04/01 09:00−2011/04/02 09:00の積算値
気象データ=GPV+観測値(2011/04/02 09:00)まで


【この予測は実際の放射線量分布を表しているものではありません。】
■知事コメント
「季節によってこのように風向きが変わり、このように放射性物質がもし拡散するようなことがあれば、 こうした風向きで決してどの地域も無事ではないという、こういう危機意識を持っていただくということはとても大事」
(2012年2月13日定例記者会見) 
原発震災を防ぐ全国署名連絡会作成 2012.5.25 mail:ray‐sea@nifty.com
トピックス一覧へ    HOMEへ